« 不登校の子どもと親は、どのように指導すればよいのでしょうか | トップページ | 一人の女性教師が「やればできるんよ」と荒れた学校を立て直した、その方法とは »

陽転思考が人生の夢の扉をひらく

 小田全宏さんが人間教育の道に入ってから20年の歳月が流れました。
 大学を出るときは、「人間教育の道に進みたい」と熱望していたが、当時はそういう職種がなんであるのか、さっぱり分からずにいた。
 その時出会ったのが、あの経営の神様と言われた松下幸之助(注)さんです。当時松下さんは88歳でしたが、松下政経塾の面接でお目にかかったときに、
「このままでは日本は駄目になる。財政が破綻するし、日本人が駄目になる。わたしはこの松下政経塾を昭和の松下村塾にしたいのや」
 の言葉が今でも深く小田さんの心に残った。
 その後、多くの塾生達は政治の道に進みましたが、小田さんはひたすら人間教育の道を進んできました。
 小田さんは自分の人生を人づくりに賭けようと、入塾当初から思っていたからです。
 そのために政経塾時代には、行動科学を研究し、感受性訓練やエンカウンター訓練などを通して、人間学の研究に没頭した。
 27歳の時に、現在の株式会社ルネッサンス・ユニバーシティの前身にあたる企業教育の会社を作った。
 その間には、市民運動として、リンカーン・フォーラムによる「公開討論会」や、「首相公選」、「マニフェスト」など数々の運動の取り組みをしてきた。
 小田さんは、それぞれに大きな手ごたえを感じましたが、20年間変わらずに訴えてきたのが、「陽転思考」を中心とした「自分づくりとリーダーシップ力」の養成です。
「人間力」は、正しい考え方を習慣にし、鍛錬することで身につきます。人は自分自身を高めようと努力すると、確実に成長し、その結果、その人個人のみならず、その人を取り巻く環境も変化します。それはとても楽しい経験なはずです。
 小田さんはこれまでの体験を通して、そのことを確信しています。
 小田さんがこの30年間一貫してみなさんにお伝えしてきたことがこの「陽転思考」という考え方です。
「陽転思考」とは「人生に起こるあらゆる出来事をあるがままに受け止め、感謝の心を抱きつつ、ベストを尽くして生きる」という考え方です。
 松下幸之助さんは、貧しく、学歴もなく、健康でもないという無い無い尽くしの中から、いわゆる成功者になりました。
 松下幸之助さんは、家が貧しく、住み込みで大阪の商家で働き、商人としてのしつけを受け苦しくつらい経験を味わった。
 生来からだが弱かったがために、人に頼んで仕事をしてもらうことを覚えた。
 何度か九死に一生を得た経験を通じて、自分の強運を信じることが出来た。
 こうしたなで、松下さんは自分に与えられた運命をいわば積極的に受けとめ、それを知らず識らずに前向きに生かしてかたからこそ、そこに一つの道がひらけてきたとも考えられます。
 運命というものは、人間の意志や力を超えたものです。
 人間の力ではどうにもならないのかといえば、必ずしもそうではないと思います。
 そこが運命の実に不思議なところだと思いますが、自らの意識や行動のいかんによっては、与えられた運命の現れ方が異なってくる。
 つまり、「人事を尽くして天命を待つ」ということばがありますが、生き方次第で、自分の運命をより生かし、活用できる余地が残されているとも考えられます。
 松下さんの生き方も、知らず識らずのうちに、自分の与えられた運命を生かすものであった、と言えるような気がするのです。
 松下さんは、その人間に残された余地は10%から20%ぐらいはあるように思っていました。
 この余地の尽くし方いかんによって、自らの80%なり90%の運命がどれだけ光彩を放つものになるか決まってくるということです。
 自分の人生はどうにもならない面があるけれども、こうだという信念をもって、自分自身の道を力強く歩むように努めていく。
 そうすれば、たとえ大きな成功を収めても有頂天にはならないし、失敗しても失望落胆しない。
 あくまでも大道を行くがごとく、処世の道を歩んでいくことができるのではないかと松下さんは、思っていました。
 小田さんの最も大切な考え方が「陽転思考」という考え方です。
 プラス発想やポジティブシンキングという表現をよく耳にしますが、「陽転思考」は単に元気に明るくという考え方ではありません。
 「陽転思考」とは、「人生に起こるあらゆる出来事をあるがままに受け止め、感謝の心を抱きつつ、ベストを尽くして生きる」という考え方です。
 もちろん「陽転思考」で生きたからといって、人の悩みが消えるわけではありません。また不可能なことがなくなるわけでもありません。
 しかしこの「陽転思考」を身につけることによって人生のあり方は大きく変わります。
 その姿を小田さんはたくさん見てきました。
 人の人生が大きく好転し、企業や組織がみるみる発展する。それらを目の当たりにすることはとてもワクワクする出来事でした。
 かつて「ありのままで」という言葉が流行ったことがありますが、私たちが自らをマイナスの言葉で縛り、その可能性を封印してしまっているとしたら、それは決して「ありのままで」ではないと思うのです。
 よく、コップの中に入っている水を見て「半分もある」と見えるか「半分しかない」と見えるか、それによって人生が決まるということが言われますが、この「陽転思考」は、深く掘り下げていくことで人生の扉が次々と開いていきます。
 かつて松下幸之助さんは、「人生の中で素直になることが最も大切なことや」とおっしゃっていました。
 素直な心とはどうゆう心であるのかといいますと、それは単に人にさからわず、従順であるというようなことだけではありません。
 むしろ本当の意味の素直さというものは、力強く、積極的な内容を持つものだと思います。
 つまり、素直な心とは、私心なくくもりのない心というか、一つのことにとらわれずに、物事をあるがままに見ようとする心といえるでしょう。
 そういう心からは、物事の実相をつかむ力も生まれてくるのではないかと思うのです。
 だから、素直な心というものは、真理をつかむ働きのある心だと思います。
 物事の真実を見きわめて、それに適応していく心だと思うのです。
 しかし素直になることに対し松下さんは、
「素直になりたいと30年心から念じていたら素直の初段になれる」
「そうすると物事が大体ありのままにみえるようになる」
「だから、大体において、過ちなき判断や行動ができるようになってくると思う」
「そしてまた30年すると二段になる。五段になったら神様やな」
 といって笑っておられました。
 とするなら、私たちも「陽転思考」の初段になるためには、30年思い続けなければならないということでしょうか。
 私も今年で「陽転思考」をお伝えして30年、ようやく初段になったかなと思うのです。
 天国から松下さんの「お前はまだまだ5級ぐらいやぞ!」というお叱りの声も聞こえてきそうです。
 まだまだ小田さんの人間学探求も道半ばです。
 あなたも是非この「陽転思考」探求にご一緒していただければ幸いです。
(注)松下幸之助:1894-1989年、実業家、発明家、著述家。パナソニック(松下電器産業)を一代で築き上げた経営の神様。PHP研究所を設立し倫理教育や出版活動、松下政経塾を立ち上げ、政治家の育成にも意を注いだ。
(小田全宏:1958年滋賀県生まれ、実業家・教育者。松下政経塾に入塾し、松下幸之助の下で人間教育、人材育成を研究。ルネッサンス・ユニバーシティを設立し多くの企業で「陽転思考」の講演や人材教育を行う。またリンカーン・フォーラムや日本政策フロンティア(最高顧問は稲盛和夫)の設立者でもある) 

|

« 不登校の子どもと親は、どのように指導すればよいのでしょうか | トップページ | 一人の女性教師が「やればできるんよ」と荒れた学校を立て直した、その方法とは »

人間の生きかた」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 不登校の子どもと親は、どのように指導すればよいのでしょうか | トップページ | 一人の女性教師が「やればできるんよ」と荒れた学校を立て直した、その方法とは »