« 授業で「学習集団づくり」をするには、どのようにすればよいか | トップページ | 授業の多くが体験学習にあてられる「きのくに子どもの村学園」とは、どのような学校でしょうか »

「デモシカ先生」だったときに仮説実験授業に出合い、子どもも教師も変わった

「デモシカ先生」という言葉がありますが、西川浩司先生は本当にデモシカ先生だったなあと思った。
 4時半に帰って、繁華街をブラブラしていました。
 転勤した学校で「おまえも年だから、少し研究したらどうや」と言われて、生活指導の研究会に参加した。
 行けども行けども頂上がない。うまくいかない。
「それほどうまくいかないのなら、教科でやってみたら」と言ってくれました。
 それで理科をかなり本や雑誌を読んで必死にやったが、今までいいかげんにやってきた授業とあまり違わなかった。
 そして、仮説実験授業に出合うわけです。
 仮説実験授業では、原則として「問題」-「予想」-「討論」-「実験」の4段階からなっています。
 問題の答は実験がきめるので、教師がきめるのではないという思想がこめられているのです。
 普通だったら、授業の終わりに「この実験からこういうことがわかりました」と、教師が言って、子どもはそれを聞いて覚える、という感じになるわけです。
 ところが仮説実験授業では、実験の結果から何がわかったかを長々としゃべってはいけません。
 だから、今まで私が一生懸命やってきたことは全部ペケなんです。
 実験の結果からいろいろしゃべるのは「押しつけ」だと意識するようになった。
 予想をたてて、しっかり討論しておけば、実験の結果、何がわかったかということは、ほとんど言わなくても明らかなのです。
 予想や討論をろくにせずに実験をやって、そのあとで、この実験から何がわかったか、ということばかりに力をいれるのは解釈主義であり、教師の権威でもって結論をおしつけることにほかなりません。
 板倉先生の講演で、「ものとその重さ」の授業書をいただきました。
 これならできそうだと思い5年生にその授業を始めたのです。
 全然勉強しない子どもがいました。やっと教室に入れても本もださないんです。
 ところが「ものとその重さ」を始めたら、「ぼくするで」と言うんです。
「ものとその重さ」の授業が終わって、子どもたちに感想文を書いてもらったら「ものすごくよかった」ということを書いてくれました。
 窓ぎわで遊んでいた子も、すごく勉強するようになりましたし、意見も言うようになりました。
 一つのことができれば、子どもはすごく変わってくるものなんですね。
 子どもはもちろん、教師も本当に変わるんです。それを発見してビックリしました。
(西川浩司:公立小学校で最初に仮説実験授業を実践。「授業書の内容、ねらいをどのように子どもたちに伝えるか」ということを追求し、実践的に示した)

 

|

« 授業で「学習集団づくり」をするには、どのようにすればよいか | トップページ | 授業の多くが体験学習にあてられる「きのくに子どもの村学園」とは、どのような学校でしょうか »

授業のさまざまな方法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 授業で「学習集団づくり」をするには、どのようにすればよいか | トップページ | 授業の多くが体験学習にあてられる「きのくに子どもの村学園」とは、どのような学校でしょうか »