« 教師に向かない人、向く人とは、教師に必要な人間としての資質とは何か | トップページ | 能力を身につけるには、どのようにすればよいのでしょうか »

「教えずに、考えさせる授業」では子どもたちに力はつかない

 教え込み、詰め込み教育の反動として、知識を教えることは、もはや古いし悪いことであるような風潮が広まり、きちんと教えない授業が目につくようになった。
 導入時にほとんど知識を与えないまま、考えたり討論したりする授業をときどき見かける。
「教えずに、考えさせる授業では、子どもに力がつかない」と感じていた教師は多い。
 知識があってこそ人間はものを考えることができる。
 学習は、与えられた情報を理解して取り入れ、それをもとに、推論したり発見したりしていくことである。
 教えずに考えさせても、自ら学び、自ら考える子どもは育ちません。
 「教えて、考えさせる授業」は、
(1)基本事項は教師が教え
(2)子どもどうしの説明や教え合い活動で理解を確認し
(3)理解を深める課題によって問題解決や討論などをして
(4)授業の最後に今日の授業でわかったこと、わからないことを自己評価して記述させる。
 これが「教えて考えさせる授業」の基本的な流れです。
「教えて考えさせる授業は、あたりまえで、とっくにやっている」という教師の中にも、「教える場面」(教師が一方的な説明)と「考えさせる場面」(問題を与えて子どもに解かす)さえつくれば「教えて、考えさせる授業」になっていると思ってしまっている教師もいるようです。
 「教えて考えさせる授業」のそれぞれの段階での注意点をまとめてみると、
1 教える
 教材、教具などを工夫して、わかりやすい教え方を心がける。
 また、教師主導で説明するときも、子どもたちと対話したり、ときおり発言や挙手を通じて理解状況をモニターしたりする姿勢をもつ。
2 考えさせる
(1)教科書や教師の説明したことが理解できているかを確認する
 ・子どもどうしの説明、教え合い活動を入れる。
 ・「授業でわかったこと、まだよくわからないこと」を記述させたり、質問カードで疑問を提出する。
(2)理解深化
 多くの子どもが誤解してそうな問題や、教えられたことを使って考えさせる発展的な課題を用意する。
(3)参加意識を高める
 小グループで、協同して問題を解決させて参加意識を高める。
(市川伸一:1953年東京都生まれ、東京大学教授。専門は認知心理学、学習過程の分析と教育方法を研究)

 

|

« 教師に向かない人、向く人とは、教師に必要な人間としての資質とは何か | トップページ | 能力を身につけるには、どのようにすればよいのでしょうか »

授業のさまざまな方法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 教師に向かない人、向く人とは、教師に必要な人間としての資質とは何か | トップページ | 能力を身につけるには、どのようにすればよいのでしょうか »