« 子どもの脳を成長させるには、どのようにすればよいか | トップページ | 子どもの潜在能力を引き出すモンテッソーリ教育で学ぶ楽しさを知る »

キレやすい子どもは、脳からみてどのようなのでしょうか

 衝動性が高く、我慢や切替えが難しい子どものことをいいます。
 私たちが何かを我慢する時、こめかみの4センチくらい上にある前頭葉背外側部という場所からGABA(ギャバ)という化学物質が分泌され、動きや考えを止めることができるのですが、キレやすい人はここの動きが悪いんです。
 さらに、突然暴れだしたり、過剰におびえたりする人は、「怒り」「おびえ」をもたらすノルアドレナリンの分泌が高く、「幸せ」「癒し」のセロトニンの分泌が低いことがいろいろな実験で証明されています。
 セロトニンはノルアドレナリンやドーパミンを調整する役割を持っていますから、この分泌が少ないとなるとキレたりするのは当然の結果といえるでしょう。
 どうして、そのような脳構造になってしまうのかというと、原因としては、遺伝子、育ち方、環境ホルモンの3つが考えられます。
1 遺伝子が原因
 「キレやすい」ものだけではありません。
 例えば、「内向的」「はまりやすい」「優柔不断」「やたらと元気」…といった特性がありますが、これはいってみれば『脳の癖』です。
 私たちの脳には、もともとこうした癖を持った遺伝子が存在しているんです。
 もちろん、人によって持っている遺伝子は違いますけれども。
 このいくつかの遺伝子群が環境や周囲の人、さらには自分自身との関係に刺激されながら互いに作用し合って、はまりやすい脳やキレやすい脳を作り上げていくのです。
 脳の癖の何割が遺伝子によるものかとういと、約6割です。
 ですから、脳の問題は、まずは遺伝子の問題として捉えて、その後で人間関係や社会に原因を探っていくべきものなのです。
 もっとも、脳は刺激に対して非常に敏感ですから、環境によってある癖が強まったり、癖の性質そのものが変化したりということはあります。
2 育ち方が原因
 セロトニンは「幸せ」や「癒し」の物質といいましたが、子どもの頃に十分な愛情をもらえずに育つと、このセロトニンの分泌機能が発達しないといわれています。
 特に赤ちゃんは、母親と一緒に過ごし、愛情を注いでもらうことによってセロトニン系を育んでいきます。
 しかし、日本は核家族化や地域社会の崩壊が進み、時間をかけて子育てをすることが困難になっています。
 結果、セロトニン分泌機能が充分でない子どもが増えたのではないかと考えられます。
 それに、子どもの遊び方の変化も、要因の1つです。
 少子化やテレビやゲームなどの普及によって、「内遊び」「1人遊び」の傾向は加速される一方です。
 しかし、体を動かすことは「集中」のノルアドレナリンや「やる気」のドーパミンの分泌を増し、脳の発達には非常に重要なことなんです。
 また、大勢で遊ぶことは、コミュニケーション能力や人間関係から生じるストレスの対処法などを学ぶことにもなり、セロトニン系を育てることになるんです。
 親はできるだけ子どもと接し、さらに外で友達と遊ばせることが、健全な脳の発達に欠かせないということです。
3 環境ホルモンの影響
 環境ホルモンとは、人間が本来持つホルモンによく似た化学物質のことです。これが体内に入ると、脳に深刻な影響をもたらします。
 知能指数の低下、注意力・集中力の低下、衝動性・暴力性の高まり…。特に胎児にとってはごく少量でもかなりの影響力があります。
 注意力が散漫で、やたらと動き回ったりする症状を、ADHD(注意欠陥・多動性症候群)といいますが、このADHDの原因の一つに環境ホルモンがあると指摘している学者もいます。
 実際に、アメリカの子どもの約5%がこのADHDで、今も数は増えているという調査結果が出ており、日本でもキレる子どもや学級崩壊には、これが影響しているのではないかといわれています。
 子どもというのは落ち着きがないのが当り前で、よく動き回っている時は「やる気」のドーパミンが過剰に出ている状態でもあるので、うまく作用すれば、自発的でやる気のある「大物」ということになります。
 けれども、バランスの悪い出方が続くと、反社会的人格障害に発展する可能性もあります
(篠原菊紀:1960年長野県生まれ、脳科学者。公立諏訪東京理科大学教授。専門は脳神経科学、応用健康科学。「学習しているとき」「運動しているとき」「遊んでいるとき」など日常的な場面での脳活動を調べている)

 

|

« 子どもの脳を成長させるには、どのようにすればよいか | トップページ | 子どもの潜在能力を引き出すモンテッソーリ教育で学ぶ楽しさを知る »

さまざまな子どもの指導」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 子どもの脳を成長させるには、どのようにすればよいか | トップページ | 子どもの潜在能力を引き出すモンテッソーリ教育で学ぶ楽しさを知る »