« 担任とクラスの子どもたちとの人間関係のつくり方 | トップページ | 国語科:「大造じいさんとガン」 »

親はどのように子どもを育てればよいでしょうか

 子どもが2~3歳になると、友だちを意識し自己主張し出します。
 親は手がかかりますが、手抜きや無視はやめましょう。
 手をつくせばつくすほど子どもへの愛は深まるものです。
 手遊びをさせるようにして前頭葉の発達をうながし、友だちと遊び、社会体験をさせましょう。
 小学校に入学しても困らないように、身の回りのことは自分でできるようにします。
 また、集団の中で話ができ、生活できるようにします。
 子どもの前で先生や友だちの悪口は言わないようにしましょう。
 勉強は強制せず、とにかく、やる気にさせることです。
 子どもを家ではお客様扱いはしないこと。
 生活に必要なことは、手伝いをしっかりやってもらいます。
 一人で生活できる人間に育てることを目的としているためです。
 小学生のころから新聞を読ませましょう。
 ニュースは親といっしょに見て話し合いましょう。
 友だちとキャンプやボランティア、ホームスティ、旅などをできればさせましょう。
 中学1年くらいまでは、ギャング時代です。
 もう仕方がない、家をこわされてもがまんです。
 友だちと身体が疲れるほど遊ばせましょう。多少のケガも気にしないことです。
 自分の家の周り30軒くらいをよく見るようにします。
 それぞれの家に何かをかかえています。
 病気や失敗・成功、思わぬできごと、欲、人間関係などその気になれば何からでも学べます。
 思春期はすべてに活動的な時期です。
 親に反抗したりして、自分のイライラの処置に困っているのです。
 しかし、良い悪いはしっかり教えることは必要です。
 多少の悪さ、遊びは目をつむることが必要な時もあります。
 それまでの育て方の良し悪しがこの時期に表面化します。
 親はわが子をよく観察し、子どもが自分で乗り切る土台をつければよいと願うようにします。
 静かに争うことなく、ようすをみる度量をつけましょう。
 家庭の一体感がなくならないよう、食事は全員でする工夫をしましょう。
 親は世の中のさまざまな体験から学び、人生を生きる価値観を身につけるようになります。
 そして、自分なりの人生観が確かな子育て観や信念にもなって、ほめ方やしかり方にも反映します。
(渡部平吾:1945年生まれ 埼玉県公立小学校、群馬県内県立高校に20年間勤務。保育園・子供館の創立に関り、園長・館長)

 

|

« 担任とクラスの子どもたちとの人間関係のつくり方 | トップページ | 国語科:「大造じいさんとガン」 »

子育て・家庭教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 担任とクラスの子どもたちとの人間関係のつくり方 | トップページ | 国語科:「大造じいさんとガン」 »