« 子どもたちに結果を求めすぎない   新牧賢三郎 | トップページ | 保護者と教師が共に気持ちをよせて取り組むことができることは何か   佐藤友子 »

担任が保護者に最も好かれることとは何か

 保護者に好かれる担任についてのアンケートで不動の1位は、
「うちの子をよく見てくれている」
 ということです。
「この先生は、うちの子をよく見てくれている」
 これが保護者から信頼される担任の最大の特徴です。
「最近、うちの子はどうでしょうか?」
 と、保護者から聞かれて
「ええ、うまくやっていますよ」
 という返事だけではもの足りません。
「うちの子をよく見てくれている」とは、細かな点までよく情報をもっているという意味です。
 具体的なエピソードを思い出せなければ意味がありません。
 そうならないためには、気づいたことはメモしておくクセをつけておくことです。
 具体的な情報がたくさん得られます。
 まめに保護者に連絡することも心がけましょう。まめさが重要です。
「よく見ている」「連絡する」という姿勢を伝えるのが重要です。
(諸富祥彦:1963年福岡県生まれ、 明治大学文学部教授。「現場教師の作戦参謀」として、抽象的ではない実際に役立つアドバイスを先生方に与えている。「教師を支える会」代表)

 

|

« 子どもたちに結果を求めすぎない   新牧賢三郎 | トップページ | 保護者と教師が共に気持ちをよせて取り組むことができることは何か   佐藤友子 »

保護者にどう対応するか」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 子どもたちに結果を求めすぎない   新牧賢三郎 | トップページ | 保護者と教師が共に気持ちをよせて取り組むことができることは何か   佐藤友子 »