« 不幸なことが自分に降りかかったときどう考えればよいか、信仰とは   本多弘之 | トップページ | よい授業を見ることが一番勉強になり、授業観が変わる  宮本博規 »

保護者からの問い合わせや苦情に、どのようにすれば保護者と信頼関係がつくれるか   小山田 穣

 学校には様々な問い合わせや苦情が寄せられます。
 このようなとき、
「学校への不満や文句だと受け止め、親や子どもに原因や問題がある」
 と考えるか、
「学校が気づいていないところを教えてくれたのだと受け止め、そのための解決の方策を考える」
 かでは、その後の対処に大きな違いが出てきてしまいます。
 保護者との信頼関係づくりのためには
1 保護者に担任から、学習内容や学級の様子、子どもの様子をこまめに伝える
 このためには、学級だよりや連絡帳、授業参観や保護者会等で、
(1)日々の授業の状況
 今、指導のうえで力を入れていることやそのポイント。
(2)学級や子どもの様子
 学習や生活面でがんばっている姿、家庭にお願いしたいこと。
 などを日頃から伝えることが大切になります。
2 保護者と担任の双方向の協力を依頼する
 年度当初の保護者会や日頃の学級だより等で、
(1)「子どもの成長のためには学級と保護者の協力が必要であること」
(2)「そのためには、学級から子どもや学級の様子、協力してほしい」
 ことなどを伝えていくので、
(3)「家庭からも心配なこと、問い合わせ等ありましたら気軽にお伝えください」
 といった双方向の情報提供を大切にしていく担任の姿勢を示し、それに行動で丁寧に応えていくことが重要になります。
(小山田 穣:小学校教師、東京都教育委員会指導主事、校長を経て東京学芸大学特任教授)

 

|

« 不幸なことが自分に降りかかったときどう考えればよいか、信仰とは   本多弘之 | トップページ | よい授業を見ることが一番勉強になり、授業観が変わる  宮本博規 »

保護者との協力関係をつくる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 不幸なことが自分に降りかかったときどう考えればよいか、信仰とは   本多弘之 | トップページ | よい授業を見ることが一番勉強になり、授業観が変わる  宮本博規 »