カテゴリー「教育の方法」の記事

教科書を教えることの本当の意味とは何か

 教科書を教えるとは、一体どうすることなのか。
 教科書の中には、基礎・基本と言われるものが必ず書かれている。キーワードというものが、各ページに必ずいくつかある。
 教科書を教えるとは「基礎・基本とキーワード」をきちんと教えることである。
「教える」ということは、つめ込むことではない。子どもの思考体制のなかにきちんと位置づけることである。
 ということは、子どもが、その内容が面白いと思い、調べたり、考えたりして自分のものにすることである。
 つまり「教える」ということは、子どもが「基礎・基本とキーワード」を「追究したい」「調べたい」といったものに転化することである。
 具体例を示そう。教科書につぎの文があった。
「1972(明治5)年、日本で初めて鉄道が開通して、これまで半日かかった東京・横浜間を53分で走りました」
わずか2行の分である。
 子どもたちは、さし絵を見て、どんな蒸気機関車だったかはわかる。
 この文を読み、絵を見て、つぎのような「はてな?」を引き出すことである。
(1)
53分かかったというが、距離はどのくらいなのか
(2)
時速何キロメートルで走ったのか
(3)
駅はいくつあったのか
(4)
何を運んだのか、人だけでなく運ぶような物があったのか
(5)
どんなルートを走ったのか
(6)
1日何便くらい走っていたのか
(7)
料金はどのくらいだったのか
(8)
誰でも乗れたのか
(9)
造るのにどのくらいのお金と時間・日数がかかったのか
(10)
日本に鉄道を造る技術があったのか
(11)
文明開化と、どんな関係があったのか
 これだけ引き出すことができれば、超Aのクラスと言えるのだが。
 これらのことを調べることは、補充・発展学習になる。
 しかし、このことを調べることによって、はじめて教科書の文や絵の本当の意味をつかむことになるのである。
 教科書を教えるには、行間に書かれていることをつかみ、表現されていない大切な内容を把握しなければならない。
 長さ29キロの鉄道を53分で走った。時速40キロをこえていたというから、当時の人々の驚きがわかる。
しかも、29キロの3分の1は、海を盛り土して走ったというのだから、これまた驚くべきことで、当時、土地が足りなかったのかと思ってしまう。
 海を盛り土して鉄道を造ったのは反対運動がはげしく、土地を売ってくれなかったためである。
 それに、政府が大急ぎで鉄道を造ろうとしたため、反対者を十分に説得する時間的ゆとりもなかったのである。
 明治2年には、全国の113か所で一揆があり、このままでは明治政府は倒れるのではないかという状況であった。
 日本国民には「明治政府は、江戸幕府とは違うぞ」ということを思い知らすには、鉄道が一番よいと考えたのは大隈重信と伊藤博文であった。二人は反対派を説得し、イギリスの協力を得て、鉄道敷設を始めた。
 とにかく、人々の反対をのりこえて、太鼓の合図で東京の新橋駅を列車が出発したのである。
 当時の金にして880億円(国の歳入の3分の1)という巨額の金を投じて、とにかく完成したのである。
 この列車は予想通り「日本人に驚きと衝撃を与えた」のである。国民は文明開化とは何かということを、鉄道の開通で理解し、政府への反対運動が減ったのである。
 明治政府は次々と改革の手を打つことができたのである。
 教科書では、わずか二行しか書かれていないことを、このあたりまで発展させれば十分ではないだろうか。
 子どもたちが、こういった「はてな?」を引き出して追究すれば、私も、子どもたちも「教科書ってすばらしい。短い文の中にすごい内容がある」ということを発見していくのである。
 私は、教科書の著者でありながら、教科書の本当の意味、使い方をこのときまで知らなかったのである。
 教科書の使い方などというものは、誰も教えてくれなかった。だから自分で工夫するしかなかった。
 今の教科書でも、このように内容が圧縮されて記述されているところがある。それを見つけることである。
「教科書を教える」ということは、こういうことを言うのである。
(
有田和正:19352014年、福岡教育大学附属小倉小学校、筑波大学付属小学校,愛知教育大学教授、東北福祉大学教授、同特任教授を歴任した。教材づくりを中心とした授業づくりを研究し、数百の教材を開発、授業の名人といわれた)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子どもの個性を生かす分団式動的教育法 

 及川平治は成績が劣る子どもに適切な教育を実施するために、内容によってグループに分けて学習する分団式教育を行った。
 分団式教育は授業の最初からグループ分けするのではなく、一斉授業の中で、教材内容や、子どもの学習の状況に応じて、「全体」「グループ」「個別」と変化させて学習し、子どもが能動的に学習する力や自学自習する力を育てることを目的とした。
 分団式教育はグループ学習のみならず、全体学習も含んだ教授方法である。
 グループ学習をする分団は固定しないで、教材内容や、学習者の学習理解状況に応じて、日々編成し直した。
及川の提唱した「分団式動的教育法」は、
(1)
教育を固定した形式にとらわれず、動的にとらえる
(2)
子どもの能力は多様であるという事実をふまえる
(3)
学習法を訓練するという立場に立つ
という「三大主張」に立脚したものであった。
 わが国の「個性」を生かす教育の原点は、明治末期からの教育改革の動向と関連し、及川の「分団式動的教育法」は子どもの能力や特性の違いに応じた教授・学習活動を展開させようとするものである。
 及川の「個性」を生かす授業は、教授・学習を一体化して、子どもの自己活動を重視し、教師の授業を構成する力が必要となる。
 形式主義を批判し、「指導の個別化・学習の個性化」をねらい、学級の全員がわかる授業をするという願いで生まれた及川の実践はわが国の大きな遺産となっている。
(
及川平治:18751939年、苦学して教師となり、明治末年から昭和10年代初期まで兵庫県明石女子師範学校附属小学校で主事として教育改革に挑み、わが国教育の発展に多大な功績を残した)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おしつけの授業をやめると、遊んでいた子も、勉強するようになり意見も言うようになった

 「デモシカ先生」という言葉がありますが、私は本当にデモシカ先生だったなあと思います。4時半に帰って、繁華街をブラブラしていました。転勤した学校で「おまえも年だから、少し研究したらどうや」と言われて、生活指導の研究会に参加した。行けども行けども頂上がない。うまくいかない。
 「それほどうまくいかないのなら、教科でやってみたら」と言ってくれました。それで理科をかなり本や雑誌を読んで必死にやったが、今までいいかげんにやってきた授業とあまり違わなかった。そして、仮説実験授業に出合うわけです。
 仮説実験授業では「問題は原則として、問題-予想-討論-実験の4段階からなっています。問題の答は実験がきめるので、教師がきめるのではないという思想がこめられているのです」
 普通だったら、授業の終わりに「この実験からこういうことがわかりました」と、教師が言って、子どもはそれを聞いて覚える、という感じになるわけです。
 ところが仮説実験授業では「実験の結果から何がわかったかを長々としゃべってはいけません」
 だから、今まで私が一生懸命やってきたことは全部ペケなんです。「実験の結果からいろいろしゃべるのは押しつけだ」と意識するようになった。
 「予想をたてて、しっかり討論しておけば、実験の結果、何がわかったかということは、ほとんど言わなくても明らかなのです」
 「予想や討論をろくにせずに実験をやって、そのあとで、この実験から何がわかったか、ということばかりに力をいれるのは解釈主義であり、教師の権威でもって結論をおしつけることにほかなりません」
 仮説実験授業の創始者の板倉先生の講演会で、「ものとその重さ」の授業書をいただきました。これならできそうだと思い5年生にその授業を始めたのです。
 そのクラスに全然勉強しない子どもがいました。やっと教室に入れても本もださないんです。ところが「ものとその重さ」を始めたら、「ぼくするで」と言うんです。
 「ものとその重さ」の授業が終わって、子どもたちに感想文を書いてもらったら「ものすごくよかった」ということを書いてくれました。窓ぎわで遊んでいた子も、すごく勉強するようになりましたし、意見も言うようになりました。
 一つのことができれば、子どもはすごく変わってくるものなんですね。子どもはもちろん、教師も本当に変わるんです。それを発見してビックリしました。
(西川浩司:公立小学校で最初に仮説実験授業を実践。「授業書の内容、ねらいをどのように子どもたちに伝えるか」ということを追求し、実践的に示した)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仮説実験授業とは

 1963年に板倉聖宣氏によって提唱された。問題にいくつかの予想(仮説)を立て、みんなで討論し、結果(答え)を実験で確かめていくことを繰り返して、科学(自然科学、社会の科学)の基本的な概念や法則を教える授業です。
 一流の科学者がその法則を発見した道筋(問題意識・思考・感動)を追体験する授業であるともいえます。
 仮説実験授業では,たとえそのことが真理であっても子どもに押しつけてはいけない,押しつけないからこそみんなのものになるのだという考えでやってきています。
 板倉さんは授業書を作るとき、一番もとにしているのは,「子どもたちが興味を持つかどうか」「子どもたちが,おもしろく思って,授業に参加してくれるかどうか」ということだけです。
 従来の教科書を使ってする授業とは違います。「授業書」とよばれる印刷した紙を使います。授業のときにわたします。教科書・ノートをかねています。教師にとっては指導書でもあります。
 「授業書」は小学校低学年から大人までけっこうたくさん作成されています。小さい子どもへの仮説実験授業への入門にいいのが〈くうきと水〉。環境問題をあつかった〈食べ物とうんこ〉。力学入門の〈ばねとその力〉は有名な仮説実験授業の代表的な授業書です。
 予想と討論→実験による検証、という定まったパターンで授業をすすめてゆきます。
 現在では理科の授業書に限らず、いろいろな教科や高校での授業プランなども作られています。ホームルームや道徳の教材もあります。
 『仮説実験授業のABC』(仮説社)をご覧ください。授業書やその入手方法、授業の思想・運営法など書かれています。授業をするまえにぜひ読んでいただきたい本です。
 板倉さんは「仮説社」の設立・運営にも参画され、雑誌『楽しい授業』(月刊)などに精力的に教育や学校、授業に関する文章を執筆されています。全国の小・中・高校で実施しているところもあります。
(
板倉聖宣:1930年生まれ、国立教育研究所物理教育研究室長を経て「仮説実験授業」を提唱。仮説実験授業研究会で教師の協力を得て「授業書」(テキスト)を多数執筆、私立板倉研究室室長)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

自律的学習とはどのようなものか

 学習とは、学習者である子どもが、生活から出発して、生活によって、生活の向上を図るものである。
 学習は自己の発展それ自身を目的とする。
 学習は、異なった遺伝と異なった環境とを持っているものが、機会均等に自己の発展を遂げ、自己を社会化していくのが学習である。
 画一的な教育方法を打ち破ぶる「自律的学習法」は、学習者である子どもが、独自(個別)学習から始めて、相互学習に進み、さらにいっそう進んだ独自(個別)学習を行う組織的な学習方法である。この「自律的学習法」は、性格・能力の異なった子どもが異なったように活動し、しかも、自由と協同に富んだ社会化された子どもを育成しようとするものである。
 この「自律的学習法」を実践するためには、環境の整理が大切である。教師もひとつの重要な環境である。教師は学習の指導者で、また共学者である。環境に順応し、さらにこれを創造することは、教師が創造発展することと同じことである。学習すれば教師と子どもがともに全自己を活動させてともに伸び、ともに歓ぶことができる。
 このように学習ができるように構成組織した「自律的学習法」は、真剣にこれを実践したならば、他律的教育を実践して得た結果よりもすこぶる有効であって、われわれを驚歎させることは、長い期間(明治43年から大正9年)、多くの学校(鹿児島県女子・京都府女子・奈良女高等各師範学校)の子どもで経験したことである。
 私は、教師の教育力を尊重したい。私は子どもの本能を基礎として、教師指導のもとに、自律的学習をとげて人間らしく発展することが可能であることを子どもから教えられた。
 「伸びていく」は子どもの信条である。
(木下竹次:18721946年、奈良女子高等師範学校附属小学校の主事として、子どもの自律的学習を基本にした「合科学習」を実践し,雑誌「学習研究」を通じて全国に普及させた)

続きを読む "自律的学習とはどのようなものか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大正自由教育とは

 大正自由教育は欧米で活発化した新教育(エレン・ケイ『児童の世紀』やアメリカではデューイや進歩主義教育等)が日本にも影響を与えた新教育運動(1920年代~1930年代前半)
 それまで教師中心の画一的で型にはめた注入主義教育のスタイルから、子どもの関心を中心にしたより自由な教育の創造を目指そうとした運動が大正デモクラシーの風潮を追い風にして広まった。
 注目された学校に、成城小学校( 澤柳政太郎-個性尊重・自然と親しむ・心情の教育・科学的研究を基とする教育)、玉川学園(小原國芳-人格を育む全人教育)、池袋児童の村小学校(野口援太郎-子どもの個性と自発性を尊重する実験校)、自由学園(羽仁吉一・羽仁もと子-真の自由人を育てる学校)、明石女子師範附属小学校(及川平治-子どもを学習過程の主体とした分団式動的教育)、奈良女子師範附属小学校(木下竹次-子どもの自律的学習を基本にした合科学習)、千葉師範附属(手塚岸衛-子どもの自発性、自主性を最大限に発揮させる自由教育)
 このほかに、鈴木三重吉らの「赤い鳥」(1918年~1936年、芸術として真価ある童話と童謡を創作。当時,文壇で活躍していた人たちが執筆した)や生活綴方教育(1910年前後~、子どもたちの生活の中で起きたことを日記や作文に書かせ、感想を話し合う。芦田恵之助(随意選題綴方)、小砂丘忠義(綴方生活を編集)、北方性教育運動(社会科学的に生活を把握する眼を綴方を通して育てる)がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

荻須正義(おぎす まさよし))(小学校)   「問題解決学習」

Photo_4  子どもが主体となって、問題や疑問を解決しながら理解を深めていくような学習法で、戦後に理科や社会科において提唱され広まりました。
 荻須先生は、初等理科教育の分野で問題解決学習のパイオニアとして知られています。
問題解決学習ポイントは、
(1)児童の発達段階に応じ年間を通してどんな力をつけさせたいのか明確にし、それに沿って指導計画を立てる。
(2)なるべく児童の日常生活の中から素材をみつけ、児童の中に興味・疑問が生まれるように教材化する。(当たり前に見ていたものが、当たり前ではないことを意識する)
(3)児童の経験以外のところに連れ出そうとしてはいけない。
(4)事前に何度も実験するなど、十分に教材研究をしておく。
(5)授業では、「問題」は教師から与えるのではなく、子どもの中から生じてくるように仕向ける。
(6)あくまで児童が主体であって、教師はそれを援助する。
(7)大人の概念を押しつけるのではなく、先生は「知らない」という立場に立って子どもと一緒に探求していく。
(8)子どもの実感や言葉や気持ちを大切にし、大人の概念によって否定しない。
(9)探求の見通しを立て、共有化したら、児童が自分で確かめていく。
(10)まとめの際に、次の授業への興味をつなぐ投げかけをする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

いじめの指導 さまざまな子どもの指導 ものの見方・考え方 カウンセリング 不登校 人間とは(心理・行動・あり方) 人間の生きかた 保育幼稚園 保護者との協力関係をつくる 保護者にどう対応するか 保護者の実態 優れた先生に学ぶ 優れた学級担任とは 優れた授業とは 優れた教科授業例 先生の実態 危機管理 叱る・ほめる・しつける 各国の教育 各国の教育改革 各教科の授業 同僚・管理職との関係 問題行動の指導 国語科の授業 地域 子どもから学ぶ 子どもたちに対する思い 子どもたちの関係づくり 子どもと向き合う 子どもの失敗 子どもの実態 子どもの成長をはかる 子どもの指導の方法 子どもの見かた 子どもの話し方 子育て・家庭教育 学び合う学び 学力 学校の実態 学校組織 学校経営と組織 学校行事 学級づくり 学級の組織と活動 学級の荒れ 学級崩壊 学級通信 学習指導・学力 学習指導案 実践のための資料 家庭 宿題 掃除 授業づくり 授業のさまざまな方法 授業の実態 授業の展開・演出 授業の技術 授業中の生活指導 教師との関係 教師と子どもの関係づくり 教師に必要とされる能力 教師の人間としての生きかた・考えかた 教師の仕事 教師の心の安定 教師の成長・研修 教師の話しかた 教師の身体表現力 教材・指導案 教材研究 教育の技術 教育の方法 教育の理念や思い 教育史(教育の歴史と変化) 教育改革 教育法規 教育行政(国・地方の教育委員会) 新学級づくり 特別支援教育 理科の授業 研究会開催情報 社会環境(社会・マスコミ・地域) 社会科の授業 算数・数学科の授業 経営とは 英語科の授業 評価 話の聞きかた