カテゴリー「教師と子どもの関係づくり」の記事

教育は人間味が大切、子どもたちに教師の個性をアピールして仲よくなろう

 教師が子どもたちに教えるということは、ロボットが行うのではなく、人間対人間のつきあいです。
 教師が、その人ならではの個性を発揮することが大切です。
 すると、子どもたちは「ぼくたちの先生は、こんな人なんだ」と、教師の勉強以外の一面を知ることができ、教師に親しみを持つことができます。
 子どもたちは「私たちの先生はね、〇〇なんだよ」と教師の話をあちこちでします。
 それは、子ども同士でも、それぞれの個性発揮を出しあえる雰囲気づくりの第一歩となります。子どもたち同士の人間関係を深めることもできます。
 私は、次のように、得意なことを積極的に子どもの前で披露したり、好きなことをおおげさにアピールします。
(1)自分ことを話す 
 子どもの頃のこと、家族のこと、失敗したこと、趣味などを話すようにします。
 子どもたちも、どんどん自分のことを話してくれるようになります。
(2)得意なものを披露
 得意なものがある教師は、子どもたちに、これでもかというくらい披露しましょう。
 イラストが得意な教師は、いっぱいイラストを描きましょう。 
 私は、子どもと初めて対面するときに、いきなり体操の前方倒立回転とびをします。そして、最後に、私のギターでみんなと歌を歌います。卒業生に出会うと、よくこの話になります。
(3)おおげさに「好き」をアピールする
 好きなことを、ちょっとおおげさに言うだけで、子どもたちは食いついてきます。
 私は、ネコが好きです。「3度の飯よりネコが好きだ」と、強烈にアピールしていきます。
 ネコが描かれているグッズを子どもたちが持っていた場合は、おおげさに食いつきます。
 逆に、嫌いなものを強烈にアピールするものおもしろいです。
 好き嫌いだけでなく、他のことでもちょっと大げさにすると、子どもたちは食いついてきます。
(4)服装
 服装でも個性を発揮することができます。
 最近は、おもしろいイラストがプリントされているTシャツがよく売られています。
 そういったおもしろい服を着て子どもたちの前に立てば、それだけで、子どもたちは話かけてきます。
 私は、Tシャツの上にチャック付きのジャージを着ています。
「君たちに、いいものを見せてあげよう」と言って、チャックを下ろして、Tシャツを見せます。何も言わずに下ろすなど、やり方次第で、盛り上がります。
 方言が言える、グルメ、雑学を多く知っている、楽しい遊びを多く知っている、など、自分の個性を発揮するものがあれば、どんどん子どもの前でアピールするべきです。
 普通に生活していて「指がやわらかい」など、何の役に立たないことでも、子どもたちと仲よくなることができます。
(飯村友和:1977年千葉県生まれ、千葉県公立小学校教師。教育サークル「明日の学級づくりを語る会」代表)

| | コメント (0)

教師と子どもが危機的関係にならないよう、教師が日常すべきこととは

1 子どもと共に遊び、語り合う教師
 子どもについての理解を深め、子ども一人ひとりの興味や関心、悩みや不安、考え方や行動の特徴を把握するために、子どもたちと日常から触れ合いを深めることが大切である。
 教師が子どもたちと遊んだり、雑談できる機会を作るように心がけたい。
 そのとき、教師が1人の人間として心を開いて語りかけると、子どもも心を開いてくる。
 また、教師は、子どもの話を真剣になって聞くように努め、途中で口をはさんだり、説教しないようにしたい。
 触れ合いを通して、子どもたちは少しずつ心を開いてきて、話しかけたり、相談するようになるものである。
 教師が子どもたちの良さや可能性を伸ばすように努めると、子どもは教師に期待されていると感じ、期待に応えようと行動し、問題を起こすことは少ない。
2 教師が生き方のサンプルを示す
 教師として、社会の一般常識をしっかりと身に付けて行動し、教師が1人の人間として真摯に生きていく姿を子どもに示すように努めたい。
 そのためには、教師が教養を深めるように努める。
 そして、教師は服装や言葉遣い、行動等に常に注意を払うようにする。
 さらに、子ども一人ひとりを1人の人間として尊重する姿勢を忘れない。
 子どもの意見もよく聞き、その考えが子どもの生き方に深く影響していることを理解して接するようにしたい。
「だめ」「間違い」と教師がすぐに発言を否定するようなことは、やめたいものである。
3 子ども一人ひとりの居場所をつくる
 子ども一人ひとりの存在を大切にし、子ども自身が存在感を抱くようにしなければならない。
 子ども自身が学級に必要とされていると意識したとき、学級への所属感が高まり、自分の居場所が学級内にできるのである。
 子どもたち一人ひとりが役割を分担し、遂行することにより、自己存在感を抱くようになる。また、友だちの役割遂行に協力することにより、学級の一員としての連帯感を高めることになる。
4 失敗を生かす力を培う
 人生は、ある意味では失敗を乗り切っていく過程でもあると言える。
 教師は、子どもが失敗しそうな時、すぐ手を出してしまう傾向が強いが、適度な失敗も必要である。
 子どもが失敗した時、別の方法を考えることが大切なことを教え、子どもと一緒になって解決する姿勢が大切なのである。
(荻野一郎:元東京都公立中学校長)

 

| | コメント (0)

子どもに「先生嫌い」と言われたとき、どうコミニケーションをとればよいですか

 子どもが教師を嫌いというのは二次感情です。一次感情は私を見守って、支えてというリクエストです。
 子どもが「嫌い」と言ったら、何をしてほしいと願っているのかを考えるようにしましょう。
 女子と男子では「嫌い」の意味合いが異なります。女子は注目してほしいというリクエスト、男子は敵対するという宣言です。
 人は関わりを持つと、大きく分けて「好き」「普通」「嫌い」の3つの感情をもつようになります。
 好きと嫌いには、共通している思いがあります。それは「認められたい」です。つまり、相手に振り向いてほしいのです。
 私自身、出会ったばかりの4月、心当たりがないのに「先生、嫌い」と言われたことがあります。
 彼女の様子を見ていくと、友だちとの関係がうまくいかなかったり、前の担任との違いによる戸惑いがあったりしました。
 それに気づいてほしい、というサインが「嫌い」という言葉になったのです。
 男子は不満があっても、いつまでも根にもちません。
 しかし、誤解や不満が積もり、それが限界に達すると、嫌いという感情に変わります。
 積もり積もった感情ですから、慎重に対処したほうがいい。そんな時は「嫌いにさせてごめん」と謝ります。
 良好なコミュニケーションを築くには、教師から声をかけることです。女子は量、男子は質を意識します。
 小学校高学年の女子は、話しかけるとそっけない態度をとりますが、多くの場合、それは周囲へのポーズです。だからといって、教師が声をかけないでいると、相手にしてもらえないと不安になります。
 女子への声かけは、時間よりも回数で、こまめに声をかけるようにします。
 特別なことを話題にすると友だちの目が気になりますが、立ち話で日常の話題なら気兼ねなくできます。5秒もあれば十分です。
 男子は教師に話しかけることは稀です。男子は男子と一緒にいるほうが楽しく、安心できるからです。
 男子への声かけは、教師と話をしたという満足感が大事になります。そのポイントは、男子にとって重要な話題を一つに絞ることです。
 そのためには、男子が気になっていること、気にしてほしいことを事前に下調べをし「把握」しておきます。
(城ケ﨑滋雄:1957年鹿児島県生まれ、千葉県公立小学校教師、教育委員会、不登校対策教員として不登校児童と関わる。荒れた学級の立て直し、小学校教師として教育情報雑誌「OF」等で情報発信している)

| | コメント (0)

手におえない生徒に関わり続け、信頼されるには、どうすればよいか

 クラスには、担任の言うことを聞かないやんちゃな生徒が必ずいる。言われたことが出来ない生徒もいる。
 そんな、生徒への対応の基本が「生徒を一度は受け入れる」である。
 どんなにやんちゃな生徒にも必ず言い分がある。どんな問題行動でも、まず生徒の言い分を聞くということだ。
 ただし、法に触れること、命に関わることであれば、どんな理由があろうと止めねばならない。
 問題行動の原因の多くが、生徒間のトラブルであったり、教師への不満、授業への不満だったりする。
 そのような生徒の考えを聞く耳を持たず、頭ごなしに正論だけをぶつけても生徒は納得しない。
 生徒の話を聞くことが教師には必要なのだ。
 目の前の生徒の思いと気持ちを理解する方法を教師は持たねば、生徒の思いを知ることはできない。
 生徒への対応の方法や技術を20通りは身につけなければならない。
 生徒は、納得しないと動かない。
 生徒の納得を得るには「担任が生徒に信頼されていること」が必要だ。
 信頼できる教師の言うことなら、生徒は変えていこうと動き出す。
 そのために必要なことは、生徒との信頼関係をつくることである。その第一歩が「生徒を一度は受け止める」という教師の姿勢なのだ。
 信頼関係を築くためには、生徒の良さや行動を認めることだ。自分のことを認めてくれる大人の言うことなら生徒も従う。
 生徒は認めて育てることが基本だ。
 生徒を認めるには、生徒を丸ごと受け止めることが必要となる。
 どうにもこうにも手に負えない生徒がいても、目の前の生徒を丸ごと受け止める度量を持たなければならない。
 私は毎日「どの子も大切にされなければならない」「どの子も一人の例外もなく可能性を持っている」とノートに書き続けた。
 あきらめそうになる自分をこの言葉が何度となく救ってくれた。手におえない生徒に関わり続けることができたのは、この二つの言葉があったからだ。
 生徒も人間である。自分のことに一生懸命になってくれる人の存在を決して忘れない。
 生徒は認めて育てるのだ。
(垣内秀明:1965年長野県生まれ、長野県公立中学校教師。教育サークルTOSS中学信州代表)

| | コメント (0)

子どもの心をわしづかみにするには、どうすればよいのでしょうか

 子どもは教師が笑顔で接することで安心する。
 教師は、毎朝、鏡に向かって笑顔の練習をするとよい。特に大事なのは目である。目で笑っているかをよく見ることだ。
 教師が笑顔で話しかけてくれるだけで、子どもはその教師に心を寄せ、関心を持つようになる。
 教師にとって、いつでも笑顔でいることはかなり難しい。「なめられてはいけない」という思いがあるからだ。
 子どもに、なめられないために必要なことは、子どもを納得させるだけの力を身につけること。教師が言ったことは、やってみせ行動で示すことだ。
 子どもは納得しないと動かない。そのために必要なことは子どもと信頼関係をつくること。そして、その第一歩が子どもを一度は受け止めるという教師の姿勢なのだ。
 子どもに信頼されるには、教師自身が教育技術や、なぜそのように指導するか、考え学び続けることは言うまでもない。教師が成長を止めたら、絶対にその教師を信頼しない。
 そのために必要なのは、教育書やビジネス書などを読書することだ。
 それと、セミナーに参加し、指導法と共に、講師の考え方と人生観を学ぶことだ。
 子どもが納得する教師の語りとはどんなものか学ぶ必要がある。
 子どもに「〇〇しなさい」「〇〇してはいけません」「〇〇をやめなさい」と、注意しても納得しなければ、子どもは動かない。
 そのためには、教師は日常生活で「ハッと感じたこと」は、メモしておくことだ。
 休み時間や授業中の出来事、清掃の姿や給食配膳の姿など、ハッと思ったことはすぐにメモして、子どもに語って聞かせる。そのうえで
「私は、こう考えるけど、みんなはどう思う?」
と、投げかけてみることだ。
 そして、それに反応する子どもの姿をよく見ることだ。
 子どもの考えを知り、教師が何を考えているかを理解し合うチャンスにもなる。
 このとき、大事なことは、子どもの考えを、まず一度は受け入れる度量だ。
 教師と考えが違う子どもも出てくる。それを一度は受け入れ、そこからお互いの考えを納得するまで語り合うことだ。
 子どもは自分のことを理解してくれる人のことは信じるようになる。
(
垣内秀明:1965年長野県生まれ、長野県公立中学校教師。教育サークルTOSS中学信州代表)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子どもとつい「なあなあ」になってしまう、どうすれば改善できるか

 教師が子どもたちと馴れ合いになり「なあなあ」になってしまう関係である。
 子どもたちと馴れ合いになってしまう教師は、子どもたちの要求に流されたり、教師自身の迷いに子どもたちを巻き込んだりして、悪循環を続けてしまう。
 こうした状況では、学級の秩序や規律を保てず、授業が成立しない。
 子どもたちの教師に対する不満や不信、反抗が増大し、子どもたちの対立や孤立、いじめ、不登校など、負の連鎖を招くことが多い。どう改善すればよいのでしょうか。
1 叱る力とほめる力を強くし、子どもたちと対峙する力を伸ばすこと
 叱るときは、どうしてそれがいけないことかを、感情的にならずに、冷静に説明することが大切であり、ほめ言葉でそれをフォローしたい。
 教師が自らに自信がないと、子どもたちを叱ることも、ほめることもできない。
 叱る力(目標達成力、父性)とほめる力(組織維持力、母性)を磨き、強くしてほしい。
2 子どもたちの個に応じ、興味・関心を喚起する教材や学習活動を準備し、子どもたちを指導する感覚を強くすること。
3 教師は自己成長の志を高く持ちたい
 教師が陥る落とし穴に、自らの問題点に気づかず、いつまでも成長しない点があげられる。
 若いうちから、校内の研究授業をはじめ、教育センターや自主サークル等の研修に積極的に参加し、他の教師たちとの交流を深め、力量を高めなければならない。
 同僚や先輩教師との出会いやネットワークを広げ、人間力の向上もはかりたい。
 教師の仕事は、自らチャレンジし、苦悩した分、確かな力量となっていく。
 20歳代で頑張った分が30歳代に生かされていくのである。前向きに取り組みたいものである。
4 子どもたちとの距離感を持つ
5 意図的、計画的に仕事を進める感覚を持つ
6 授業づくりに真正面から取り組み、子どもを夢中にさせる授業を実践することにより、指導者としての感覚を獲得したい。
7 失敗を恐れることなくチャレンジする態度を身につけたい。
(
光武充雄:元佐賀県公立小学校長、臨床心理士)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何でもうち明けられる教師になるには、どうすればよいのでしょうか

 教育という仕事は、相手の生命に火を点じて、目覚めさせる点にある。
 それには、何よりも先ず教師たるわれわれ自身が、みずからの生命に火を点じなくてはならない。
 子どもたちの心をつかむには、子どもたちが、自分の考えていることを、何の遠慮もなく、自由に話させるようにさせることだといえましょう。
 そのためには、まず教師自身がその根本において、自分も子どもも、共にひとしく一人の人間であるという自覚に立って、子どもたちに接することが、基盤だろうと思います。
 生徒たちから、何でもうち明けられる教師になるために、
 第一に必要なことは、教師が生徒と人間的に同一の基盤に立つということではないかと思うのです。
 そのうえに、さらに必要なものとして、教師は何よりもまず人間的な暖かさが必要だと思うのです。
 それには、生徒のために、常に親切に尽くしてやるように努力することでしょう。
 そのうえに、今一つの条件はといえば、相手の心の扉を「開けるこつ」とか、テクニックとでもいうものを、身につけることでしょうね。
 もちろん、生徒から信頼されることが必須の条件となってきます。
(
森 信三:1896年-1992年、愛知県生まれ、哲学者・教育者。全国を教育行脚した。神戸大学教育学部教授、神戸海星女子学院大学教授。1975年「実践人の家」建設)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子どもは気質によって受け取り方が違う、気質によってどのような言葉かけをするとよいでしょうか

 人間はそれぞれ違った気質を持って生まれます。同じ言葉をかけても、ある子は喜び、別の子は傷つくことがあるように、気質によって受け取り方が違います。
 ですから、子どもの気質を知ってそれに合った言葉かけをするとよいでしょう。
 また親と相性が合う子、合わない子がいます。親は自分の気質を知るとともに子どもの気質にも目を向けてみると、子育ての大きな助けになるでしょう。
 気質は胆汁質・多血質・粘液質・憂鬱質に分けることができ、シュタイナー()はそれぞれの気質をよく知って教育を行うことが大切だと述べています。
(1)
胆汁質の子ども
 自己主張がはっきりしていて、意志が強く、言葉もはっきりしています。口答えする生意気な子どもに見えてしまいます。
 意志がはっきりしているので反抗もしますし、生意気な行動を取って怒られたりします。
 叱られやすいので、納得できないと荒れてしまいます。子どもの話を「そうだったんだ」と同調して聞いてあげることが大切です。
 「子どもだから仕方がない」ではなく、どこかで「これはすべきではない」という止める規準をつくり、ブレーキをかけます。
 頭ごなしに叱るのではなく、子どもが落ち着いてきたら、話をしたり、手で示したりして実際にやってみせてあげて、なぜいけないのか納得させるとよいでしょう。
 小学三年生くらいから考える力がついてくると自己分析もでき抑制力がついてくると努力をするようになります。
 正義感が強く論理性があり弁も立つので優れたリーダーシップを発揮できるようになります。
(2)
多血質の子ども
 いろいろなことに興味を持つために、落ち着きがなく、一つのことに集中するのが苦手です。
 遊びが定まらず、今ここにいたかと思ったらすぐ次の遊びに行きます。
 何にでもすぐ反応してしまいますから「落ち着きなさい」と言いたくなりますが、そうすると余計に落ち着かなくなってしまいます。
 おおざっぱな生活リズムをつくることが大切です。
 朝は散歩をする。時間になったら昼寝をする。起きたらおやつにする。寝る時間になったら寝かせる。といった大きな生活リズムにだけ神経を使い、それ以外は使わないようにしましょう。
 次々関心が移る子どもにいちいち対応していると親の方が疲れてしまいます。淡々と生活しましょう。
 子どもが目移りしないように、たくさんの物があふれないよう、余計なものはしまっておいた方がいいでしょう。狭い閉じられたところで自由に遊ばせるのがよいと思います。
 話言葉は「やった」「だから」と言うように、脈絡がわからないので何を言っているのかわからないことも多いです。
 人と接するのが好きで、どんな人ともつきあうことができ、まわりの人を明るくさせ、大人からは可愛らしく見え好まれます。人と人を結びつける潤滑油的なところがあります。
(3)
粘液質の子ども
 ゆっくりしすぎるほどゆっくりしています。一つのことをすぐに止めて、次のことに移ることが難しい傾向があります。
 言葉を発しにくく何を言っているのか分からない場合があります。
 遊びを邪魔されても、ぼーっとしていて抵抗があまりありません。言葉をあまり発しません。
 目立たないけれど、存在感がある。任されたら仕事はきちっと仕上げるので、まわりから信頼を得られる人です。
 こつこつ仕事をこなしますから、同じことを緻密にやらなければならないような仕事に能力を発揮します。
 間違いをして叱られてもそうひどく落ち込まないのも特徴です。
 ゆっくり話ますので、聞くのに時間がかかります。やさしく、できるだけゆっくりと話を聞いてあげることです。
 基本的に豊かなファンタジーの力を持っていますのが、身体が重いような感じで、動くことが少なくなりがちです。
 そこで意識的に少しでも動きやすい、まわりでみんなが遊んでいるような場所に連れて行った方がいいでしょう。
 大きくなってから動かそうとしても無理ですから、小さいときから動く喜びを体験させてあげてください。
(4)
憂鬱質の子ども
 孤独感がただよい、社交性がなく、何かを極めていく人という感じがします。
 特定の人以外は自分を閉ざし、顔つきもあまり明るくはなく、いつもちょっと悲しそうな表情をしているように見えます。
 言葉ははっきり出てくる方ですが、砂遊びのようなことはあまり好みません。
 自分のことが話題になるのを好まないので、ほめられたとしても傷つくときもあります。
 叱られたりすると「自分はダメだ」とひどく落ち込みます。傷つきやすいのが特徴です。
 基本的に脚光を浴びることを好まない。仕事にじっくり取り組むことが好きで正確さを重んじます。
 緊張度が高いので親には本心が話せても、教師には話したがらないことがあります。その意味では、親が話を聞いてあげることが必要な子どもだと言えます。
 育てやすいと感じる子どもは自分の気質によく似た子どもでしょう。
 しかし、可愛くない、憎らしいと思ってしまう子どもも自分の気質に似ていることがあります。
 親が自分の嫌なところをわが子に見てしまうと、その子が嫌いになり、自分にないものを持っている子どもが可愛く感じるということもあるのです。
 つまり、親が自分の中の何を見ているかが、子どもの好き嫌いを左右しているわけです。
 気質はあくまで子どもを見るときの視点の助けです。気質を裏付けにして子どもを観察するのです。
 それなのに「だれだれは、どういう気質である」という決めつけをして、それだけで子どもを見ようとすることは、子どもを見る目をさまたげることになります。
 どうかこのことを忘れずに、上手に気質を利用してください。
(
)ルドルフ・シュタイナー:1861- 1925年、 オーストリア出身の神秘思想家、哲学博士。シュタイナーの人間観に基づき、独自の教育を行うヴァルドルフ学校は600校。
(
堀内節子:小学校教師を経て1975年に愛知県豊橋市に「にじの森」幼稚園を開園し前園長。シュタイナー教育を取り入れた幼児教育を実践)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

教師は人間関係のプロであれ               諸富祥彦

 教師という仕事は、絶えず人間関係の中で行う仕事である。
 教師の悩みは、子どもや保護者との対応にかかわる悩みと、教師同士の人間関係にかかわる悩みである。いずれも人間関係にかかわる悩みである。教師は人間関係のスキルを磨くほかはないのである。
 教師が身につけるべき人間関係の定石は、たとえば、次のようにである。
(1)自分がカーッとなったとき、すぐに言動に移さず、一呼吸置くべし。
(2)自分の考えが正しいか、間違っているか以上に、それを言うことが、相手にどんな影響を 与えるかを考えよ。
(3)同じ内容でも、どんな言葉、どんな言い方であれば相手が抵抗なく聴くことができるか、相手によく伝わるか、考えてから言葉にせよ。
(4)相手が興奮しているとき、さらに追いつめるひと言を放ってはならない。火に油を注ぐだけである。しばらく”間”を置き、クールダウンすること。
(5)相手を理解したら、理解していることを言葉や態度、表情で伝えよ。
(6)相手を落ちつかせたら、まず自分が落ちつくこと。ゆったりしたペースでやわらかい口調で語りかけれこと。
(7)相手に何か伝えたいことがあるときは、まず、相手の話を聞いたうえで、相手の自尊心を損なわない仕方で、わかりやすく伝えること。
 そして、こうした人間関係の定石を、ハウツーの形で具現化したものが、カウンセリング・テクニックなのである。
(諸富祥彦:1963年生まれ、明治大学教授,臨床心理学、カウンセリング心理学)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子どもたちとうまく対応している教師の共通点    河村茂雄

 教師の感覚と、今の時代に育った子どもたちの感覚がずれていても、それはごく自然なことです。子どもたちの心情を察することが難しくなったのもうなずけることです。
 大事なことは、かかわろうとする教師のほうで、自分たちの感覚とはずれているという事実をまず受け入れることです。
 今の子どもの特徴を前提とするのです。
 前提と考えておけば、必要以上に腹を立てることも、少なくなります。そして、そういう状態の子どもに見合った対応を、そのレベルからしていこうとするのです。

 私の調査したなかで、子どもたちとうまく対応している教師たちがいます。その先生方に面接した結果、大きな共通点があったのです。それは、
 ささいなかかわりの中でも、小さな言葉がけのレベルで「最近の子どもたちの実態を、とりあえずそのまま受け入れ、そのうえで、それに対する対応を具体的に実施していた」ということです。
 特に印象に残った中学校の男性教師がいました。一見厳しそうな先生でしたが、通りかかった生徒たちが、気さくに先生に声をかけていました。彼は
「叱れば子どもたちがよくなろうと努力するなら、しつこく叱る」
「でも、今の子どもたちは頭から叱るとへそを曲げて、叱った内容について努力しないばかりか、余計やらなくなる」
「子どもをよくしてあげたいと思ったら、結果として、自分から努力する方向に心を向けてあげないといけない。その方法を工夫しないといけないと思う」
「自分はそのことを、十年前に痛感した」
と言っていた。

 ただし、強調しておきたい点が一つあります。
 それは、子どもたちとの対応がうまい教師と、そうでない教師とには、能力的に大きな違いはない、という点です。
 子どもたちの実態を受け入れ、それに応じて、一つ一つ具体的な対策を取り入れているかどうかの差なのです。

 事前にそういう心構えをし、具体的な対策を立てておけば、子どもを叱りたくなる場面が少なくなり、自然とほめることが多くなります。
 このようななかで、教師と子どもたちとの人間関係が、だんだんと良好になっていくのでしょう。

(「教師のためのソーシャル・スキル-子どもとの人間関係を深める技術」河村茂雄著 誠信書房 2002年)
(河村茂雄:1959年生まれ、早稲田大学教育学部教授。15年間公立学校教諭を経験した。学級崩壊,学級経営など教育実践に生かせる研究成果を多数提供している)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

いじめの指導 さまざまな子どもの指導 ものの見方・考え方 カウンセリング 不登校 人間とは(心理・行動・あり方) 人間の生きかた 保育幼稚園 保護者との協力関係をつくる 保護者にどう対応するか 保護者の実態 優れた先生に学ぶ 優れた学級担任とは 優れた授業とは 優れた教科授業例 先生の実態 危機管理 叱る・ほめる・しつける 各国の教育 各国の教育改革 各教科の授業 同僚・管理職との関係 問題行動の指導 国語科の授業 地域 子どもから学ぶ 子どもたちに対する思い 子どもたちの関係づくり 子どもと向き合う 子どもの失敗 子どもの実態 子どもの成長をはかる 子どもの指導の方法 子どもの見かた 子どもの話し方 子育て・家庭教育 学び合う学び 学力 学校の実態 学校組織 学校経営と組織 学校行事 学級づくり 学級の組織と活動 学級の荒れ 学級崩壊 学級通信 学習指導・学力 学習指導案 実践のための資料 家庭 宿題 掃除 授業づくり 授業のさまざまな方法 授業の実態 授業の展開・演出 授業の技術 授業中の生活指導 教師との関係 教師と子どもの関係づくり 教師に必要とされる能力 教師の人間としての生きかた・考えかた 教師の仕事 教師の心の安定 教師の成長・研修 教師の話しかた 教師の身体表現力 教材・指導案 教材研究 教育の技術 教育の方法 教育の理念や思い 教育史(教育の歴史と変化) 教育改革 教育法規 教育行政(国・地方の教育委員会) 新学級づくり 特別支援教育 理科の授業 研究会開催情報 社会環境(社会・マスコミ・地域) 社会科の授業 算数・数学科の授業 経営とは 英語科の授業 評価 話の聞きかた