カテゴリー「優れた教科授業例」の記事

国語(小学校)「ちいちゃんのかげおくり」の授業

 この作品は、これまで何度も3年生を相手に授業をしていますが、いつもうまくいきます。
 これは悲しい暗く重たいといった印象を受ける作品です。
 この話は、ちいちゃんが亡くなる寸前までは暗く沈んでいます。
 ちいちゃんが最後、昇天してしまうのですが、上に上がったら、きれいなお花畑でお父さん、お母さん、お兄さんが待っている。
 そして笑いながら駆け寄ってくるというラストになっています。
 私は、これは作者・あまんきみこさんの、幼いものへのやさしさだと思うのです。
 あまりにも悲惨な話だから、最後の場面を用意して、子どもたちにホッとさせたかったんじゃないかと。
教師「ちいちゃんとお父さんやお母さん、お兄さんたちはみんな、生きて会えたんですか?」
 という質問をしたらいいと思います。
 そうしたら子どもたちはもう一回考えます。
 いくら明るく描かれていても死後の世界のことです。
 だから本来の意味での明るさ・楽しさではないんですよということが言外にわかると思います。
 お父さんが出征していくことが決まって、みんなでお墓参りに行って、その帰りに家族四人で「かげおくり」というあそびをする場面があります。
 自分たちの影をじっと見つめて、サッと空を見上げるとその影に残像が空に映って見えるのです。(第一章)
 この第一章で
教師「この場面で皆さんが、ちいちゃんかわいそうとか悲しいと思うところに線を引きなさい」
 と言ったら、圧倒的多数の子どもが線を引くのは、お父さんが出征していく場面の、
子どもたち「おとうさんは白いたすきをかたからななめにかけて・・・」というところと、
「“からだのよわいおとうさんまでいくさにいかなければならないなんて”おかあさんがぽつんといったのが、ちいちゃんの耳にはきこえました」というところです。私が、
教師「ここを読んでどうして悲しいと思いましたか」と聞きました。すると、
子どもたち「お父さんは戦争に行ったら死ぬと思う」
 と言います。
子ども「“からだがよわい”と書いてあるから、そんな人が戦争に行くなんて負けてる」
 というわけです。
 重ねて私が、
教師「お父さんは戦争に行くと自分はどうなると思っていますか」と聞くと
子ども「生きて帰りたいけれども帰れない、死ぬことを覚悟している」
 という答えが返ってきました。
教師「じゃ、お父さんが死ぬことを覚悟しているのがわかることば・ことがらが二つあるんです。考えてごらん」と問いました。
子どもたち「先祖の墓参り、ふつうそんなんお盆かお正月にしか行かない」と言います。
 もうひとつは、
子どもたち「お父さんが、“かげおくり”をして影が空に映ったときに、きょうの記念写真だなあと言ったのは、これで四人そろって写真をとることなんてないと思ったから、そう言ったんじゃないか」と。
 それはそうかもしれません。
 このように、子どもが言ったことを教師がうまくすくいあげて、それをもう一回子どもに返して、集中するところはいっしょに考える。
 そういう授業をしていったら子どもたちは楽しいんじゃないでしょうか。
 教科書教材というのは、あくまでも資料のひとつです。
 漢字だけはちゃんと教えておかないといけないでしょうが、教科書の作品ばかりをしなくていいと思います。
 そして、浮いた時間で、やっぱりいろいろな名作を読ませてあげてほしいのです。
 そのことは実は、読書指導につながる国語の授業だと思います。
 あまんきみこさんの「ちいちゃんのかげおくり」をするなら、あまんさんの他のいろんな作品を用意しておかなければなりません。
 勉強したあとに、
教師「いいお話でしたね。あまんさんの作品、他にもこんなのがあるよ」
 と言ったら飛びついて読みます。
 このことの積み上げが、自然に子どもたちを本好きにするのではないかと思います。
 私は読み方の授業の延長線上に読書指導があるんだと考えています。
 教科書にある、いい作品一つで勝負しようなんてことはダメだと思います。
 一つの作品だけにシャカリキになる人に限って、長時間やる傾向があるようです。
 一つの教材を9時間も10時間もかけるのです。私はせいぜい5、6時間でいいと思います。
「くまのこウーフ」などの作者・神沢利子さんは、以前、講演でこんなことを言われていました。
「私たちの書いた作品は、作者の手をいったん離れたら、読み手がどう読んでもいいんです」
「だけど、私たちが書き上げた作品というのは、子どもたちの手に届くときには新鮮なはずです。おすしにたとえたら新鮮なネタです」
「ところが料理人の先生が、ああしたりこうしたりしているうちに、だんだんネタが古くなってしまって、子どもが興味を失ってしまう。そんな授業はしてほしくない」
 私は、これを一つの作品は長い時間かけず、短時間でしてほしいということだと受け取りました。
 私の娘が4年生のときです。2学期のある日、「今、国語で何勉強してるの」と聞いたことがあります。
 そのとき彼女は「今日から『ひとつの花』やねん」と実にうれしそうな顔で答えました。
 それからずいぶんたってから、また同じように「今、国語で何勉強しているるの」と聞いたら、今度はイヤそうな顔をして「まだ『ひとつの花』やねん」と言うのです。
 私はこのことばをいまだに忘れることができません。
 これは神沢さんが講演で言われていたこととピタリと重なります。それ以来、私はいよいよ、そう思うようになりました。
(持田俊介:元大阪府交野市立小学校校長)

 

| | コメント (0)

優れた授業(国語科)を参観し、学んだこと

 出会いが人を作る。それも存在感のある人との出会いが人生に新たな眼を開いてくれる。
相澤秀夫先生はその一人である。
 宮城教育大学教授の相澤秀夫先生は全国の中学校で国語・道徳の師範授業をされている。
 また様々な教員研修の講師を務めておられる。
 2014年に兵庫県のある中学校で師範授業をされたので参観に行かせていただいた。
 その相澤先生からの学びである。
 さっそうと風のように教室に入られた。
「今日は立つ必要は無いからきちっとつけなさい」
 と机をつけさせる。
 みるみる教室内に参観者のスペースができてくる。
 気持ちよく場所が空いていく。
「机の上には教科書とノート、鉛筆二、三本、赤ペンと消しゴム、そのほかの物はしまいなさい」
 シンプルな指示、柔らかい声であるが、全員やらせる。やらせきる。
 今日の学習の目当てを板書される。
「すぐに写しなさい。素早く書きなさい。鉛筆から煙が出るくらいに早く書きなさい」
 という指示が出る。
 おそらくもう二度と出会うことのない子ども達との1時間の授業、1分1秒もおろそかにはできない。
 そして黒板の左端に「すばやく」と書かれる。
 それから呼名をしていく。
 返事は「かしこい声」で返事をしなさい。「かしこい声」と黄色で左端に記す。
 手に持った座席表(B4版)を見ながらひとり一人の名前を呼ぶ。
 声を聞いてほめる。全員をほめる。表情もほめる。そして握手をしていく。
 全員呼名握手を終える頃にはすっかり相澤先生の世界になっているのである。
 5分かかっていない。旧友に再会したような柔らかい空気になっている。
 中学校2年生の定番教材「走れメロス」の学習である。
 今日の学習はメロスが体力を使い果たし、半ば諦めるところから、刑場に到着する場面までである。
 最初に範読、抑揚と歯切れの良さ、けして大きな声ではないが聞きやすい。
 リズムがある。テンポが良い。聞き入ってしまう。
「今の速さで一斉に読みなさい。全員で読みなさい」
 そして範読。
 次は焦点化して短い段落になる。
 そして文になる。
 更に読ませる。
「もう一度」「もう一度」「念のためにもう一度」繰り返す、繰り返す。
 この音読がすごい。すごいとしか言いようがない。ここまで読ませるんやと思う。
 そして焦点化された文を板書され、
「この部分はどのような様子を説明しているのか、三行から五行で書きなさい」
 机間指導に入られる。
 参観者に呼びかける。
「先生方も赤ペンを持ってノートを見ていきなさい」
 この机間指導こそが「相澤メソッド」の真骨頂である。
 赤ペンでマークされ、手に持っている座席表の余白に何事かメモされる。その生徒にしか聞こえない言葉かけをする。
 ペア席になっている。お互いにあいさつをさせる。最後にはお礼を言わせる。
 隣の人の考えを披露し合う。
 自分のノートに書かせる。そしてその下にその人の名前を付記させる。
 何のために話し合うのか。話し合いは「考え合い」である。
 先ほどの座席表を見ながら生徒の言葉や考えをつないでいく。
 まるで織物を織るように子どもたちの発表が新たな発見や言葉の意味を広げていく。
 机間指導時に瞬時に子どもの意見を読み取り、意図的に指名を行って、子どもの学び合いをマネジメントする。
 この手法、深い教材研究と授業経験がなければできるものではない。
 子どもに学び合いをさせるには、「学びをつなぐ」ための意図的指名が重要である。
そして、そのためには深い教材研究が必要だ。
 重要な表現は板書される。その字が大きく、美しい。
 あっという間の50分間であった。
 授業を終えた生徒の顔は風呂上がりのように晴れ晴れとしていた。
 知的なまなざしに変わっていた。50分間で賢くなった。
 いわゆる「教室の奇跡」を見せていただいた。
 授業参観を終え、言葉に対する挑み方、生徒の意見の取り上げ方、全体の流れのコーディネートのあり方、数々の貴重な学びがあった。
(大阪府寝屋川市公立中学校長大原武史)
(相澤秀夫:1949年宮城県生まれ、国公立中学校教諭・指導主事、文部科学集教科調査官及び海外子女教育専門官、宮城教育大学教授を経て宮城教育大学名誉教授。専門は国語科教育)

 

| | コメント (0)

授業例:理科(中学校・物理):弾性ってゴムにしかないの?

 授業は学習課題方式で行います。
課題提示「物体に力が働くこと」
1 授業の目標
 物体は、力を受ければ、速さや向きを変えるなど運動を変えるか、変形します。このことを「ゴムやバネにだけでなく、すべての固体に弾性がある」ことを獲得させます。
 そして、後半には、分厚い実験机さえも変形することから、力と変形の視点を獲得させます。
2 導入の説明
教師:「それではワークシートを配ります」(列ごとに配布します)
教師:「今日は、力と変形について学習します。物体に力が働くと、物体にはどのような変化が起こるでしょうか」。教師が、実験机の上でバレーボールを転がしたり、押したりしてみせます。
生徒:「転がったり、へこんだりする」「物体が動く」「形が変わる」・・・・・
教師:運動の状態が変わる、変形、弾性、弾性限界など、力が加わることの結果と弾性について説明し、共通の認識を生徒に持たせます。
教師:「弾性を示すものを挙げてください」
生徒:「スポンジ、飛び箱の踏切板、空気入れ・・・・」
教師:「弾性を示さないものを挙げてください」
生徒:「ガラス、石、鉄、銅、アルミ缶、木、金属・・・・・」
教師:「いろいろ弾性を示さないものが挙げられましたね。それでは課題をだします」
(ワークシートに次の課題がある)
課題「鉄やガラスの棒は弾性を示すでしょうか?」
3 予想:
ア-鉄の棒は示すがガラスの棒は示さない 
イ-ガラスの棒は示すが鉄の棒は示さない 
ウ-両方とも示す 
エ-両方示さない 
オ-見当がつかない
4 予想と討論
教師:「課題を考えるにあたって質問のある人」
生徒:「ガラス棒はどのくらいの太さですか?。・・・・・」
 質問を受けて、疑問をはっきりさせ全員に課題に取り組ませます。
教師:「予想を決めた人は理由を書いてください。前に勉強、実験、経験したこと。見たり聞いたりしたことなどを根拠の材料としてください」
 3か月ほど続ければ、4分ほどで予想と理由を全員が書けるようになります。
 予想を板書したあとに、それぞれ理由を発表させます。
ア-鉄の棒は示すがガラスの棒は示さない 5人
イ-ガラスの棒は示すが鉄の棒は示さない 2人
ウ-両方とも示す            6人
エ-両方示さない           13人
オ-見当がつかない           0人
 討論が終わったら、予想の変更を認め、もう一度自分の考えを書かせます。そして、予想分布をもう一度板書します。
5 実験-課題解決
 実験台の上に、生徒用のイスが2つ置かれ、そこに鉄棒が2本橋渡しされています。
 1本には100gの重りがぶら下げられています。
教師:「もう少し重い、フックを使って1kgの力学台車をぶら下げてみましょう」
 さらに、台車を1,2,3台とぶらさげ、鉄棒をしならせます。
 重りを取り去ると、またまっすぐになっています。
 今度は1m以上の長さのガラス棒2本を、先ほどの生徒用のイスにのせます。1本に100gの重りを1つずつ下げていきます。
 600gほどで大きくしなります。重りを取り去ると、元に戻ることを見せます。
6 発展
 生徒の思考を揺さぶるために、レーザー光線を用いた光てこで、実験用机が変形するかを問います。
 分厚い実験机の上にレーザー装置をセットして、鏡を貼り付けた黒板に向けます。
 レーザー光が天井に反射して見えます。
 教師が机の上に乗ると、レーザー光が移動します。
 実験机も弾性を持ち、力を受けて変形しているのがわかります。
「すべての物体は弾性を持つ」と納得してくれます。
(松本浩幸:1963年生まれ 北海道公立中学校教師)

 

| | コメント (0)

どうすれば子どもたちが「動く」社会科の歴史授業になるのでしょうか

 子どもが発言し、歴史事実を自分の問題として考えるようになることを、安井俊夫先生は「子どもが動く」と表現する。
 「動く」ことによって、子どもは自分の発言や行動から「何かをつかむ=わかる」ことになる。
 そこで私たち教師が知りたいのは、どうすれば子どもたちが「動く」のか、ということである。
 子どもたちが「動く」ためには、
(1)子どもの発言を引き出す
 安井先生は子どもが感じたままの発言を重視する。そうすれば、子どもが発言しやすい。
 子どもが歴史の事実を自分の問題として考えるようになる。
 子どもたちが感じたまま発言をすることで、授業が活性化する。
 安井先生は「発言を引き出す授業」を「ヤマ場のある授業」とも言う。
 毎時間の授業で展開する必要はなく、4~5時間の内の一度でよい。
 「ヤマ場」をつくるためには、それまでの授業で事実をとらえさせることが必要である。
 そのために、子どもが自分で調べ、探し、発表できる教材プリントを用意しておく。
 そのときに重要なのは「わからせていくのではなく、子どもが自分の力で何かをつかんでいくことでなければならない」と安井先生は言う。
(2)社会科通信
 子どもたちの授業中の発言や感想をB5判に編集したものである。
 「ヤマ場のある授業」のあとに出される。
 授業中に発言できなかった子どもも、自分の考えを主張する機会が保障される。
 子どもたちは社会科通信をみることで、自分の考えを再考することができる。
(安井俊夫:1935年東京都生まれ、千葉県公立中学校教師、愛知大学教授を歴任した。教育学者。専門は社会科教育法。社会科授業づくりには定評がある)

| | コメント (0)

説明文の一部をいたずらをして消す国語の授業とは

 説明文をいたずらする方法というのは、国語の教材の文章が、一部が消されたり、段落が入れ替えられたりといういたずらをする。
 その文章を元に戻していく過程で、子どもたちに深く考えさせる仕掛けだ。
 この説明文は小学校3年生の教科書から拝借した。福田秀貴先生は授業の狙いにあう教材をいつも探している。
 この日は説明文「めだか」のプリント教材を使っての勉強。
 冒頭に「めだかの学校は 川の中」というおなじみの歌詞があり、それに続く本文で、メダカは危険の多い川の中で身を守るためにどんな行動をとるか、体の仕組みはどうなっているかを解説している。
 子どもたちは本文から、メダカが身を守る方法を抜き出していく。すぐに、
(1)水面近くでくらす
(2)素早く泳ぐ
(3)集まって泳ぐ
 の三つが挙がった。
 ここで先生が、挿絵のコピーを取り出した。
「この文にはこんな挿絵が付いていたんだよ」
 身を守る方法が一つひとつ絵になっているのだが、あれれ……本文には三つしか書いていないのに、絵は4枚ある。
 「あーっ、いたずらだ」「ジョニーが文を消したんだ」
 どうやら元の文にあった、身を守る「第4の方法」を、ジョニーが消してしまったようだ。
 残った絵には、ゲンゴロウに襲われそうなメダカが、濁った川底近くにいる様子が描かれている。
 子どもたちはこの絵から、どんな文が消されたのか考えていった。
 ジョニーは筑波大付属小(東京)の白石範孝先生のニックネーム。
 白石先生は7月末、この6年1組で模範授業を行った。
 そこで使った教材の文章は、一部が消されたり、段落が入れ替えられたりといういたずらがしてあった。
 文章を元に戻していく過程で、子どもたちに深く考えさせる仕掛けだ。
 本家ジョニーは東京に戻ったが、ジョニーのいたずらは福田先生が引き継いだ。
 福田先生は多くの研修会に参加し、そこで学んだ先輩教師たちの「技」を、積極的に授業に採り入れている。
 ジョニーもその一つだが、自分なりの工夫を加えることも多い。
 例えば朝の会・帰りの会。朝の会の学習活動は〈月〉詩の音読、〈火〉暗唱、〈水〉ペア音読……とメニューを日替わりにした。
 帰りの会のスピーチも、曜日ごとに違うテーマで行う。マンネリ化するのを防ぐ狙いだ。
「じゃあ身を守る第4の方法、自分だったら何て書く?」
 半分くらいの手が挙がった。でも先生はなかなか指名しない。
 そのうちに、一人、二人とさらに手が挙がってゆく。
「ぱっと反応できる子は一部だけです。多くの子に挙手のチャンスを与えるため、時間をかけて待つようにしています」
 いったん手を下ろさせ、近い席同士で話し合わせることもある。
 こうすると、全員が誰かに自分の考えを伝える機会を得るという。
 実は、元の文章から先生が消した部分はほかにもあった。
 筆者はそこに何を書いたのだろう? 接続詞や、冒頭の「めだかの学校」の歌詞をヒントに考えていく。
「川の中は危険だから、みんなでおゆうぎしているヒマはない、みたいなことが書いてあると思う」「歌と現実の差を表しているんじゃない?」
 活発に発言は続く。
 筆者の意図を見据えながら、「自分だったらどう書くか」まで考えていく。それが先生の最終目標だ。
(福田秀貴:青森県八戸市立小学校教師を経て指導主事)

 

| | コメント (0)

どうすれば理科好きの子どもを育てることができるのか、その手立てとは

 ある調査によると、小学校の教師の62%が理科は苦手だということです。
 たとえば、理科の授業で実験はしない。実物も見せない。教科書を読んで学習は終わり。
 というように実験の準備や栽培など、いろいろなことが面倒だというわけです。
 これでは、子どもに理科の感動を伝えることはできません。
 実は、大前暁政先生も大学を出たての新卒のころは、理科の授業のやり方がわからず、途方に暮れていた経験があります。
 新卒の時代は、とにかくがむしゃらに理科の実践を続けました。
 授業のやり方もわからず、ネタももっていないので、同僚に教わったり、先輩の教師にネタを聞きに行ったりして、勉強を続けました。
 そして、子どもが熱中した実践を記録に残していきました。
 そして、1年後、学級で「どの教科が一番好きか」をアンケートしたところ、理科が第一位になりました。
 子どもたちが熱中した事実だけを追い、実践を続けてきた成果が出たのでした。
 理科は、感動を生むことのできる教科です。実物に触れることで感動し、実験から新しいことがわかって感動できます。
 理科好きの子どもを育てるための、教師の手だては、おもしろいネタを準備し、授業のやり方を工夫していると、子どもたちが理科を好きになります。
 最先端の科学を紹介するだけで、子どもたちは理科に興味を持つようになる。たとえば、
「大昔、地球がまるごと全部凍っていたのではないかという仮説があるのです」などと言うと、どんな子でも興味津々で耳を傾けてくれる。
 理科のおもしろさは、ちょっとしたことでも感じることができる。
 野草の名前は、においや形などの特徴を示していることがある。
 キュウリグサは、葉をすりつぶすとキュウリのにおいがする。
 春の野草のホトケノザは「葉の形が、仏様が座っているところに似ているというので『仏の座』という名前がつきました」と言って、子どもたちが気付かないようなところを、教師が気づかせてやると、子どもたちはとても喜びます。
「そうだったのか、先生!」と、子どもたちは感動して喜びます。たとえば、
「密閉したビンの中で、ろうそくを燃やした。ろうそくの火が消えた後、ビンの中に酸素はあるか?」と問うと、子どもたちの意見は分かれる。
 空気中の酸素濃度が少し減っただけで、ろうそくの火が消えるという事実に子どもは驚く。
 あっと驚く事実を示すためには、子どもたちが常識と思っていることと逆のことを授業化すればよい。
 自分で実験をして確かめたり、友だちと討論をしたりしながら、結論を考え出していくことが楽しい、と思えるようになればすばらしいことである。
 基礎学力を身につける指導も大切である。
 ノート指導や、実験までの準備の指導など、教師が教えなくてはならないと思う。
 文章や図・表、観察物や実験などから、気づいたことをいろいろな面からださせる指導や、結果から結論を導く方法、討論の方法など、教師は指導のやり方を知る必要がある。
 私は新卒のころ、理科の授業のやり方がわからず、途方にくれていた。
 授業のネタももっていなかった私は、同僚に教わったり、先輩の教師のネタを聞きに行ったりして、勉強を続けた。
 そして、子どもが熱中した実践を記録に残していった。子どもが熱中した事実だけを追い、実践を続けた結果、一番好きな教科のアンケートで理科が第一位になった。
 理科好きの子どもを育てる教師の手立ては、
(1)おもしろいネタを準備する。
(2)授業のやり方に重点をおく。
 の二つである。
 おもしろいネタを準備し、授業のやり方を工夫していると、子どもたちは理科好きになります。
(大前暁政:1977年岡山県生まれ、岡山市立小学校教師を経て京都文教大学准教授。理科の授業研究が認められ「ソニー科学教育プログラム」入賞。日本初等理科教育研究会会員。日本教育実践方法学会所属。「どの子も可能性をもっており,その可能性を引き出し伸ばすことが教師の仕事」ととらえ,現場と連携し新しい教育を生み出す研究を行っている)

 

| | コメント (0)

授業名人の玉田泰太郎は、どのような授業を行ったか

 玉田泰太郎は「1時間の授業をどう組織するか」というとき、子どもたちが学習の主体者として、どう授業を創りだすかということが重要だと考えました。
 授業では教師にとって教えるにたる、子どもにとって学ぶにたる内容を明確にし、具体的な学習課題として提出します。
「何を」教えるかを的確に反映し、子どもたちの学習意欲をかきたてる「課題」が用意できるかどうかが、授業が成立するかどうかの鍵になりますと言っています。
 例えば、理科の授業で、アブラナやナズナで花の何が実になったかを追究してから、学習課題「チューリップの花が咲いた後、実や種子ができますか?」を出す。
 討論後、チューリップのめしべの子房や胚珠を観察し、さらに収穫しておいた実や種子を観察します。それで花が繁殖器官であることが、より確かになります。
 玉田の1時間の学習課題方式の授業は原則的につぎのように構成しています。
(1) 教師による学習課題の提示
(2) 子どもが自分の考えをノートに書く
(3) 教師が「異なる意見に対する子どもの意見分布」を挙手で確認
(4) 子どもによる意見の発表・討論
(5) 他の子の意見を聞いて、子どもがノートに考えを書く
(6) 討論後の意見変更・分布を教師が子どもたちの挙手によって確認する
(7) 教師または子どもが実験・観察で確かめる
(8) 子どもは「実験・観察の結果とわかったこと」をノートに書く
(9)「実験の結果とわかったこと」を早く書けた子どもから読ませる
 それぞれの項目について、説明すると、
1 子どもは自分の考えをノートに書く
 課題が本質にせまる子どもたちの学習課題になったとき、子どもたちは主体的に学習課題に立ち向かうようになります。
 授業では、まず、学習課題に対する自分なりの予想や論拠をノートに書くことから始めます。
 自分の持っている生活経験や学習で獲得したこと、頭の中で構築した考え、直観的なひらめきなど、あらゆるものを使って、学習課題に立ち向かうのです。
 もちろん、疑問や問題点もあらいだして、自由に自分自身なりの考えをだいじにしていくのです。
2 討論
 予想を確認したあと、討論にはいります。
 授業では子どもたちが主役であり、主体的に学習課題を解決していくのですから、教師はできるだけ子どもたちにまかせます。
 討論で、わからない、迷っている子どもの考えをまずとりあげ、少数意見をだいじにし、子どもたちが集団で学習課題の持つ本質的な意味をえぐりだし、解決していくことをだいじにします。
 したがって、学習課題そのものが、子どもたちの多様な考えを出し合い、知恵を集めることによって、その本質が明らかになり、深められ、対立点も浮き彫りになるような中身を持っているものでなければならないのです。
3 討論をふまえて、ねりあけた考えを書く
 討論で追究したことを踏まえて、自分の考えを再検討し、再び学習課題に対する自分の考えをノートに書きます。
 多様な考えの中で、自分自身の考えがどうゆさぶられ、ねりあげられ、深められたかを、主体的に再認識することをだいじにします。
4 実験・観察でたしかになったこと
 実験・観察は、討論を通して自分たちが構築した理論の確かめとして意味を持ちます。
 実験・観察の後、子どもたちは確かになったことを、ノートにまとめます。
 ここでも、追究した論理と、実験・観察をどう結びつけてとらえたかが問われます。
 教師が実験・観察の解説をしたり、まとめたりしなければならないということは、子どもたちが学習課題を主体的に追究して、解決できなかったことになります。
 もし、そうであるなら、学習課題を再検討して、新しい学習課題をぶつけることが必要です。
 学習課題は子どもたちが集団で取り組んでも、手の届かないものであれば、子どもたちの思考は止まってしまいます。
 逆に、安易に誰でもすぐに解決するものであれば、やはり思考は働きませんし、子どもたちの認識を深めることもできません。
 子どもたちがその学習課題に挑戦する手だてを持っていて、しかも、より高次の葛藤やジグザグの試行を経て、新しい発見、飛躍の喜びを実感できるような学習課題でなければならないのです。
(玉田泰太郎:1927~2002年、元東京都公立小学校教師。科教協の会員となり、授業づくりの名人として知られ「ばねの両端にはたらく力」は,学習課題方式の授業の典型である)

 

| | コメント (0)

理科(小学校):「チョウの一生」、学び合いを創造することは教師にとって最も大切な指導力である

 授業で学びと学び合いを創造していくことは教師にとって最も大切な指導力である。
 理科で学ぶ「チョウの一生」は、受験勉強のためだけであれば、教科書を使って、モンシロチョウの卵から成虫になるまでの変化、つまりチョウが完全変態であることを教え、昆虫の体のつくりは、頭・胸・腹と足六本と教えればことたりる。
 しかしそれは、教育ではない。何も育てていない。昆虫という生物体の基礎を獲得させ、それを生きて働く力にするためには、まず、教師と子どもがモンシロチョウを集めることが必要になる。あるいは、キャベツ畑に出かけ、卵を採取してこなくてはならない。それらは、共に学び合おうという集団でなければやりとげることはできない。
 次に、可能なかぎり子どもたちに、小さい卵から幼虫が誕生して羽化するまでのチョウを飼育させる。大量のキャベツを食べながら脱皮を繰り返してさなぎになる様子や、青い幼虫がさなぎの中でチョウに変わり、羽化する場面など、チョウが見せる変化をすべて観察できるように育てさせなければならない。
 教師は、子どもとともに観察し、驚きや感動をともに味わい、疑問を調べていくことになる。子どもたちからは「なぜ脱皮するのか」「なぜキャベツしか食べないのか」「なぜ幼虫からチョウへと姿を変えることができるのか」・・・・・といった疑問が出てくる。
 チョウと人間がさまざまにつながっていることを考える力は、こうした疑問をともに出し合ったうえで得られるものだ。チョウの青虫時代はキャベツを食べ、人間にとっては害虫である。
 しかし、成虫になった蝶は植物の受粉を助け、動物としての人間のために植物の繁殖を助ける。
同じ仲間であるガは、嫌われているが、その一部は、一個の繭から千メートル近い糸を生み出し、絹織物を誕生させ、世界の歴史までをも変えた。
 「生きて働く力」をつけるために必要となるのは、書物を探したり、養蚕農家などに足を運んだり、この目で確かめることを通した子ども集団の学び合いである。子どもの疑問を丁寧に生かそうとすればするほど、指導のための学習が必要になる。
 逆にまた教師の学びの蓄積があってこそ、子どもに疑問を生み出させることができる。かなり広くて深い学習を必要とするし、子どもとともにその学びをつくり上げるのは、大変な苦労を必要とするが、喜び、感動も間違いなく大きい。
(
金森俊朗:1946年生れ、元小学校教師、北陸学院大学教授。「仲間とつながりハッピーになる」教育や人と自然に直に触れ合う命の授業を行う。NHKで日本賞グランプリ受賞)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「あとかくしの雪」の介入授業から斉藤喜博の個人学習・組織学習・一斉学習を考える

 子ども(小学校四年生)が「あとかくしの雪」(あるところに、なんともかとも貧乏な百姓が~この日に雪がふれば、おこわをたくもんもある)を朗読する。
教師「「なんともかとも貧乏ってどんなこと?」「どんなお百姓?」
子ども「何もない」「貧乏」
斎藤「今のような問題は、個人学習とか組織学習のなかで、問題にし、整理しておかないと」
斎藤「こういうものは一斉学習の問題にはならないですね」
斎藤「昨日の組織学習で、一斉授業はこれとこれを勉強するんだとう課題が子どもの学習の中から出たでしょう。それを黒板に書いてみてください」
教師「どうして大根を一本盗んできたのか」「どうして足あとが消えたのか」と黒板に板書する
斎藤「組織学習でどれが重要で、どの問題からやっていけばよいか、考えておくべきだったのですね」
教師や参観の先生たちと話し合いながら板書をつぎのように書き直す
1
なんともかとも貧乏な百姓
2
どうして旅人は大きな家にとまらなかったのだろうか
3
どうして大根を一本ぬすんできたのか
4
どうして「おら、なんにもいらんぞ」と言ったのか
5
どうして旅人は、うまいうまいとしんからうまそうに食べたのか
6
どうして足あとが消えたのか
斎藤「先生や子どもたちから、もっと問題が出れば、それを書き足したり、同じような問題は一つに集めたりするわけですね」
斎藤「問題というものは、個人学習や組織学習の中から出てくるものであり、教師が意識的に子どもに働きかけ、子どもの中につくり出していくものです。それにも軽重があるわけですね」
斎藤「軽いものから対象にしていき、その課題を突破することによって、つぎの課題が求められるようにしていくわけです」
斎藤「子どもから出た問題を、捨てたり、一つに集めたりしながら、残された問題に二重丸や三重丸をつけたりする。そういう作業をすることによって、一斉学習では、こういう問題を、こういうふうに攻めていくのだということが確認されるわけです。ここまでいかなければ組織学習は終わらないわけですね」
斎藤「この問題の中で、どれを一番重くみているんですか」
教師「どうして足あとが消えたのか」「どうして旅人を何もないのにとめたのか」
斎藤「それでは、それに二重丸をつけてください」
斎藤「こうするのが問題の整理ですね。個人学習なり組織学習のときに、子どもたちがいろいろな問題をノートに書いていく。変更されたりする。教師はそれを見ていて、その中から必要なものを学級の前に出し、ときに説明してしまったり、課題(問題)として重要であることを指摘したりします」
斎藤「一斉学習への整理をするとき、重要なもの、つぶしてしまわなければならないもの、これらを黒板に書いて、これとこれは似ているから一つの問題にするとか、関係があるからそばに並べて書くとか、これは○印、これには◎印をつけようか、子どもたちと話し合いながらやっていきます」
斎藤「そういう整理をしていく中で、だんだんと問題が明確になっていくわけです」
斎藤「そういう作業をするなかで、教えるものは教えてしまうわけです。『なんともかとも』は非常にむずかしいわけです。これは先生が教えてしまってもいいんです」
斎藤「『どうして旅人は大きな家にとまらなかったのだろうか』も組織学習でつぶしておくとよかったですね。非常に通俗的なものが出てきますから」
教師「どうして大根を一本ぬすんできたのだろう?」
子ども「旅人に何もしてやれるものがないから」
斎藤「10本でなく、どうして一本だけ盗んできたの?」
子ども「旅人だけに食べられるだけあればいい」
斎藤「どうして旅人だけ。自分もいっしょに食べればいいじゃない」
子ども「『しかたがない』と書いてあるから。どろぼうをすると悪い」
教師「しかたがないって何を? 何がしかたがないの」
斎藤(教師に)「それはもう、わかってやるほうがいいのですよ。大変いいことを言っているんです。『しかたがない』って書いてあることを根拠にしている。『どろぼうをすると悪い』と言っているんだから、これ以上確かなことはない。そういうことには感動してやるとよい。その発言のなかにあるものをみんなに伝えてやるといいですね。この子はいまこういう大事なことを言ってるんだと、課題をここでつくって考えさせていくといい」
Y先生「○○さんは、『しかたがない』と言ってるね。大根をほんとうは十本も盗んでね、それを食べてもいいんだけれどね、それを食べてもいいんだけれどね、でもこの百姓、そんなことしなかったね。だから旅人に食べさせるだけでいい・・・・」
斎藤「それでは、この子の発言をもとにしての課題をちっとも出してない。この子の言ったことを、その通りくどくど言っているだけですね。この子は核心をぴしゃっと言ってるわけです。それをもとにして、みんなで考える対象になる新しい課題をつくって、子どもの前に提示しなければ」
Y先生「そしたらね、あの百姓はね、大根やきをいっしょに食べたのか」
子ども「いいえ」
Y先生「一本盗んできたね」
子ども「旅人に食わしてやった」
斎藤「これでは授業は前進しませんよ。子どもはこれだけいいことを言ったのに、ここまでしかひろがらない。これだと教師としての作業は何もできないから、授業が平板になってしまう。子どもは言い放しになり、授業が発展していかないですね。もうすこしふくらませてみてください」
Y先生「『一本ぬすんできて』とあるけれども、百姓の気持ちはどうだったろう」
斎藤「そうじゃなくて、この子は『しかたがない』ということを証拠として出しているんです。その証拠を明らかにしてやり、ふくらませてやらないと」
斎藤「この『しかたがない』の背景はどういうことなのか、はっきりさせないと。『しかたがない』というときは、大変な思いなんだよ。大へん重い言葉ですね『しかたがない』」
斎藤「『しかたがない』の前はどうなっています」
子ども「何ひとつ旅びとにもてなしてやるもんがない」
斎藤「そうですね。そのあと、『それで、しかたがない』となっている」
(
井上光洋:19422000年、元大阪大学大学院教授、東京学芸大学名誉教授。斎藤喜博の授業論を研究)
(
北川金秀:1944年生まれ、元神戸大学附属住吉小学校教師)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

理科:探究のために知識を与えておくことが熱中させるポイント(中学校)

 「探究のために知識を与えておく」ことが、探究活動で生徒を熱中させるポイントになる。
 今回は「化学式」という知識を事前に与えておく。化学式を先に教えることにより、根拠のある予想ができるようになる。
 炭酸水素ナトリウムを加熱して分解する実験がある。教科書には、用意するものとして石灰水と書いてある。これでは実験する前から、発生する気体は二酸化炭素と分かってしまい、おもしろくない。知的興奮とはほど遠い。
これを、つぎのように展開するだけで、生徒は探究的に取り組む。
(1)
物質は原子からできていることを先に教える。
(2)
炭酸水素ナトリウムの化学式(NaHCO3)を教える。
(3)
化学式を根拠に、できる物質を予想させる。
(4)
予想した物質を確かめる方法を考える。
(5)
自分の予想が正しいか実験で確かめる。
(6)
予想外の結果になったら、次の予想を立て、再び実験で確かめる。
 化学式を先に教えることにより、根拠のある予想ができるようになる。
 理科は、根拠・理由を大切にしたい。生徒たちは、水素や酸素、二酸化炭素の他、炭素、ナトリウム、水も予想する。
 発生した気体を集め、わくわくしながらマッチで火をつけてみたり、火のついた線香を入れてみる。教科書にある「石灰水を入れて振りなさい」という指示にしたがっただけの実験とは違う。緊張感がある。
 火が消えてしまうと「あっ」と声があがる。「酸素じゃないんだ」と納得する。その「○○でない」という考察も記録するように指示しておく。それが科学である。
 「火が消えたから、二酸化炭素かもしれない。石灰水で調べよう」と、つぎの探究へと進む。
 何の知識もなしに「調べなさい」といわれても、生徒はとまどうだけだ。
(小森栄治:1956年生まれ、埼玉県公立中学校教師を経て日本理科教育支援センター代表。「理科は感動だ」をモットーにした理科授業でソニー賞最優秀賞を受賞。また埼玉県優秀教員表彰を受ける)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

いじめの指導 さまざまな子どもの指導 ものの見方・考え方 カウンセリング 不登校 人間とは(心理・行動・あり方) 人間の生きかた 保育幼稚園 保護者との協力関係をつくる 保護者にどう対応するか 保護者の実態 優れた先生に学ぶ 優れた学級担任とは 優れた授業とは 優れた教科授業例 先生の実態 危機管理 叱る・ほめる・しつける 各国の教育 各国の教育改革 各教科の授業 同僚・管理職との関係 問題行動の指導 国語科の授業 地域 子どもから学ぶ 子どもたちに対する思い 子どもたちの関係づくり 子どもと向き合う 子どもの失敗 子どもの実態 子どもの成長をはかる 子どもの指導の方法 子どもの見かた 子どもの話し方 子育て・家庭教育 学び合う学び 学力 学校の実態 学校組織 学校経営と組織 学校行事 学級づくり 学級の組織と活動 学級の荒れ 学級崩壊 学級通信 学習指導・学力 学習指導案 実践のための資料 家庭 宿題 掃除 授業づくり 授業のさまざまな方法 授業の実態 授業の展開・演出 授業の技術 授業中の生活指導 教師との関係 教師と子どもの関係づくり 教師に必要とされる能力 教師の人間としての生きかた・考えかた 教師の仕事 教師の心の安定 教師の成長・研修 教師の話しかた 教師の身体表現力 教材・指導案 教材研究 教育の技術 教育の方法 教育の理念や思い 教育史(教育の歴史と変化) 教育改革 教育法規 教育行政(国・地方の教育委員会) 新学級づくり 特別支援教育 理科の授業 研究会開催情報 社会環境 社会環境(社会・マスコミ・地域) 社会科の授業 算数・数学科の授業 経営とは 英語科の授業 評価 話の聞きかた