カテゴリー「学級の組織と活動」の記事

学級経営の急所とは何か、すぐれた教師と、ひどい教師とはどう違うのか

 すぐれた教師は子どもの力を伸ばす方法を知っている。欠点を直すのではなく、良いところを伸ばそうとする。
 人間とは不思議なもので「良いところ」を認められ、ほめられると、さらに努力する。心地よいものだから努力してしまう。良いところは、ほめられるとどんどん伸びていくのである。そして「良いところが伸びた結果」として、それまでの「欠点」も、少しずつなくなっていく。
 ところが、反対に「欠点を直すように言われる」と、気力が減じてしまう。欠点を言われるのは、いやなものである。努力をしてみたところで、せいぜい人並みになるだけである。欠点を言う教師を憎みさえする。せっかく「子どものため」と思って、教師が努力しているのに、逆の結果になってしまうことが多い。
 教師自身のことにしたって同じである。自分のクラスをすばらしいクラスにするのに一番いいのは、自分の得意な分野をまずやっていくことである。「良いもの」をとりあげると「良い結果」が出てくるようになる。また、他人がやってよかったことを試してみて、自分にとってよかったら、どんどんやっていくことである。
 私は将棋が好きだ。だから、クラスに将棋をとり入れてきたし、クラブも作ってきた。好きなことは苦にならない。また、私は小学生の時から百人一首をやってきた。したがって、百人一首もとり入れてきた。子どもに覚えさせ、競技もやってきた。
 「五色百人一首」は、一試合が三分でできる。すき間時間にできる。「テープ」に「読み方」を入れておけば、子どもだけで熱中する。しかも、百人一首を覚え、親・子どもからも感謝される。「みんながやってよかった」ものは、とりあげていくことが大切なのである。
 すぐれた教師と、ひどい教師の差とはなんだろうか。
 すぐれた教師は、教育の結果が悪い場合は、自分自身にほこ先を向ける。自分がいたらなかったからだと思い、自分の技量が未熟だったからだと思う。有田・野口両先生がそうである。そして、すぐれた結果に対しては、それを子どもの功にするか、だまって笑っている。
 ひどい教師はまるで逆である。子どものひどい姿に接すると、それを子どものせいにする。あるいは家庭のせいにする。ひどい教師に習えば、子どもは三日で反発し、ひねくれていく。それを前の担任のせいにする。
 荒れている中学校、そこに勤める多くの教師に共通するのは、その責任を家庭のせいにして、小学校の責任にする。駄目な中学の教師は、自分のひどい授業を棚にあげて「非行の芽は小学校にあった」などという。中学生から信望のある中学校の教師はいくらもいるが、そういう教師は決して責任を他に転嫁しない。
 学級経営の急所は「人間である教師が人間である子どもと、どのような絆をつくっていくか」ということなのである。
 人間と人間との絆をつくるのだから、相手を人間として認めるということが出発点となる。
 教師は「ぼくは先生なんか大嫌いだ」と憎らしく言う子どもをも、受け入れ包み込まなければならない。教師はいかなる状態のいかなる考え方の子も、丸ごとすべて暖かく包み込める心構えが必要である。内心嫌だと思っていることは相手にも伝わるのである。簡単ではないが、心の革命を必要とする。
 相手の人格を認めるなら、子どもを「君、さん」とつけ、よびすてにしないことである。人間の絆はこうしたところからつくられていく。
 絆をつくるのだから「会話」が必要になる。ニッコリ笑って「面白いマンガ教えて」ぐらいの会話ができればいい。むろん全員の子とするのである。ニッコリ笑って、子どもに話しかける。これだけで教室は明るくなっていく。
 子ども同士の関係も目配りが大切である。休み時間に誰と遊んでいたかを聞いていくと、一人ぼっちで残る子が出てくる。一人ぼっちの子は、教師が何とかしなければいけないのである。
 子ども同士の間にある「差別」を許さないことも大切だ。弱い子どもを陰険にいじめる子どもがいるものである。断じて許してはならない。教師が見のがしてはならないのである。見のがしていたら、学級づくりは失敗する。
 学級は、いっぱい人間が集まった集団である。人間と人間のつきあいの場、生きていく場なのである。だから、教師は「あたたかく」「公平」「誠実」「明るく」なければならない。あたたかく、公平で、誠実で、明るい人が中心になっている集団なら、うまくいくに決まっている。
 逆に、つめたかったり、不公平であったり、ごまかしたり、暗かったりする人が、集団の中心になっていたら「学校に行くのもいや」ということになるのである。学級の性格は、実は教師の個性の照り返しである。
 成功体験を子どもたちに与えることが大切である。
 子どもたちが授業で「成功体験」を実感することによって「勉強への意欲」をもつばかりではない「生きていく力」も獲得するのである。「どの子にも成功体験を与える」こと、「どの子もできるようにさせる」ことをぬきに、人権を語ることはできない。
 自分のクラスの一人ひとりの子どもに「成功体験を味わわせる授業」を「意図的・計画的」に組み立ててきただろうか? この責任は教師が負うべきなのだ。
 教師は子ども集団を統率できる統率力がなければならない。統率者は情熱と責任観を持ち、学ぶ者でなければ人のうえに立つことはできない。教師が謙虚に学ぶとき、子どもも、ついてくるのである。
 統率のためには、クラス全員が共有できる目標をつくらなければならない。まず教師がはっきりと心に描くことだ。それを、クラス全員のものにしなくてはならない。目標を映像としてとらえられるまで具体化する。
 目標を達成するための仕組みをつくらなければならない。楽しいクラスを目標とするクラスでは「集会係」「イベント係」などが大活躍することになるだろう。授業も、むろん楽しいものにする必要がある。
 そして、実際に子どもを動かすことが必要になる。教師はガキ大将のごとき能力が必要なのである。子どもを動かす原理はいくつかあるが、最も大切なことは「ほめる」ことである。ほめて、ほめて、ほめまくるのである。「努力」を認められ、ほめられるとき、人は動くのである。
(
向山洋一:1943年生まれ、元東京都公立小学校教師、教育技術法則化運動代表を務めてきた。教師を退職後、TOSSインターネットランドの運営に力を注いでいる)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子どもたちがその気になって、そうじに取り組むようになるには、どうすればよいか

 汚い学校では、たいしたことはできない。そうじがまずいのに、他のことはうまくいく、ということはなかなかないのである。生徒が不安定になりガサガサしてくる。
 担任は新学期に、そうじのやり方を生徒たちに説明し、一年間こんなふうにやってほしいと言うだろう。その説明どおりに生徒が動いてくれたら、こんなに楽なことはないのだが、そうはいかない。根本的な問題は、生徒が教師の言ったことを、自分からすすんでやろうとするかどうか、ということである。
 生徒がその気になるのは何によってなのか。一番いいのは、教師がそうじを本当に大切なことだと思っており、しかもそうじが好きでやり方を自分のものにしている、ということである。
 この場合、最初の説明の段階から当然熱が入り、その熱気が生徒に伝わるだろう。お手本を見せる教師の姿を見て、生徒が自分もあんなふうになりたい、という気持ちが出てくればしめたものである。つまり、教師の生き方が見本になり、自分もあんなふうになりたいということになって初めて、そうじが生徒のものになるのである。このような教師と生徒の関係なしには、自分からすすんでそうじをやろうなどと思わないだろう。
 最近の多くの教師たちは、そうじを本当に大切なものだとは思っていない。まして、そうじが好きな教師なんてほとんどいない。だから、新学期の説明も熱が入らず、言ってることが生徒の心に届くこともほとんどないだろう。生徒の手本になるわけでなく、これでは生徒が本気になってそうじをするわけがないのである。
 普通の教師は、どうすればそうじを指導できるようになるのだろうか。まず、そうじについて、できそうなことだけを決めることが大切だ。そして、そうじが好きでなくとも、決めたことは仕事として一生懸命に努力することである。仕事として自分に強制することである。つらいことになるだろうが、生徒に強制するのだから、自分だけ楽をしていいわけがない。
 このような努力を三年、五年と続けていくうちに、そうじの技術が少しずつ身につくことになり、そうじの意味がわかり、技術が身につけば、自然とそうじが自分のものになり、好きになるだろう。
 そうなれば、生徒たちへの言葉は力を得ることになるだろう。まず、生徒に要求したことは、自分も歯をくいしばって一年間やりきることである。これは教師への信頼にかかわることである。
 なにもそうじに限ったことではない。しつけについても、同じことが言えることだろう。ああなりたいという大人が身近にいなければ、子どももすすんで努力しようということはむずかしいのである。しつけられるのは嫌だけど、それを身につけなければ一人前の大人になれない、それは恥ずかしいことだ、ということがなければむずかしいのである。
 地域の共同性が崩れ、価値観が多様化した今、しつけはとても困難になった。これでは、迫力を持って生徒に向かうことは無理である。残された道は、学年の教師たちが、最低限どこまでまとまって動けるか、ということになる。みんなで決定し、それをどこまでいっしょに実現していけるか、ということである。
(
河上亮一:1943年東京都生まれ、埼玉県公立中学校教諭、教育改革国民会議委員、日本教育大学院教授を経て、埼玉県鶴ケ島市教育委員会教育長、プロ教師の会主宰)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「帰りの会」は集団の力を活用して子どもたちを指導する大事な場面である

 帰りの会は私にとって、集団の力を活用しながらさまざまな指導を子どもたちにしていくもっとも大事な指導場面であり、学級集団の歪みを正し、軌道修正を図っていくために欠かせないものだった。
 私は帰りの会で子どもたちの行為をほめたり、しかったり、あるべき姿を話すことで成果をあげてきたと思っている。
 そのためには、日頃から子どもたちの様子をしっかりときめ細かに観察しておくことが必要である。そして、子どもたちの心に響く評価と指導を、しかもタイムリーにできるように心がけることである。
 たとえば清掃の時間に、ほうきの先にからみついているゴミを手でじかに取っている子を目にして感心したので、そのことをすばらしい行為として話す。すると、翌日にゴミ取りが数人に増えたのである。
「このごろ、黒板がとてもきれいだ。やる気が見て取れるね」とか、毎日の帰りの会を評価と指導の場としても大切にしてきたのである。
(大阪隆夫:1941年福井県生まれ、元横浜市立中学校教師。シュタイナー教育を研究し各種学習会等で講義。ネット上の教育相談室で相談員)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝の会でやる気を出させるにはどうすればよいか

 朝の会は、たんなる連絡の場ではない。今日1日のやる気を引き出し、子どもたち全員が一丸となってつき進もうとする気持ちを持たせるところである。子どもたちの出番をたくさんつくることが大切である。その方法は
1 歌を歌って心を結び合う
 明るい雰囲気で、みんなのやる気を引き出すには、みんなで歌を歌うといい。
 みんなで大きな声を出して歌うことによって、心を結び、感情的な一体感をつくり出すことができます。
 歌うときには、教室の壁いっぱいに広がり、おたがいの顔を見合いながら歌うようにする。このように並んで歌うと、全員の気持ちが1つになり、みんなの顔がほころんでくる。
 合唱するときには、低音部の子どもと高音部の子どもは、教室の前と後ろに集まり、対面するように並んで歌う。
2 日替わりでミニ係り活動をする
 あらかじめ係の活動日を決めて、継続的に活動がおこなえるようにする。例えば
(1)
月曜日:クイズ(クイズ係)
(2)
火曜日:本の紹介、紙芝居の上演(図書係)
(3)
水曜日:歌、リコーダー演奏(音楽係)
(4)
木曜日:室内ゲーム(ゲーム係)
(5)
金曜日:ダンス(ダンス係)
3 短いスピーチをする
(1)
低・中学年
「きのうの出来事」をテーマに20秒くらいの話をさせる。気軽に話をさせる。1日に2人ずつ順番に発表していく。かならず質問をさせるようにする。聞く習慣づけをするためである。最後に教師は発表者と質問者のよい点を見つけ、ほめるようにする。
(2)
高学年
「今日のニュース」をテーマに30秒くらいの話をさせる。ラジオ、テレビ、新聞から得た情報をメモするようにさせ、自分の感想も話すようにさせる。
(加藤辰雄:1951年愛知県生まれ、元名古屋市立小学校教師。愛知教育大学非常勤講師)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝の会・帰りの会は学級づくりの決め手である、何かを仕掛けよう

 朝の会、帰りの会は担任と子どもの絆を太くしていく、学級づくりの重要な取り組みです。どのような仕掛けがあるでしょうか。
 A担任は退勤前、子どもたちを朝、教室で迎えるための言葉を黒板に書きます。いつも黒板に描かれているA担任の顔の絵から吹き出しが二つ出ています。大きい吹き出しは子どもたちへの呼びかけの言葉です。小さい吹き出しは漢字・算数・学校のできごとなどの三択クイズです。例えば「集会で校長先生の話で出ていた動物は次のどれでしたか?」
 朝、やってきた子どもたちは、この黒板を読んで、クスッと笑ったり、「わかった!」と叫んだりします。毎日のニュースを書くのです。ちょっとしたことでも、子どもたちは大喜びします。
 朝、学校に出勤すれば担任はまず教室にいきましょう。子どもと個人的に話しかけ、つながりを深める大事なひとときです。気分がすぐれないと顔に表れます。お天気先生と言われないよう、「顔の表情は教師は演じるもの」という意識が大切です。
 朝の会でやってほしいのは、子どものスピーチです。多くの学級でやっています。B担任は「話をつないでいくスピーチ」をしています。一人の子どもがスピーチをする。次の子は、その話の中で関係するところを見つけて話をつないでいく。
 この方法によって、子どもたちの話を聴く力が伸びます。前の子のどこにつないで話すか考えながら聞くためです。授業中の「つけたし発言」や作文指導にも結びつきます。
 「読書タイム」もいいものです。低学年なら読み聞かせをしている担任もいます。中学校では、10分間読書タイムで落ち着いてきた学校もあります。最初マンガの本を手にしていた問題児が伝記を読むことに夢中になった事例もあります。
 一日の終わりの「帰りの会」は、子どもたちも疲れ気味なので、てぎわよく進めましょう。
 その日の授業や掃除、給食でがんばった子や気配りのできた子を「輝く星」としてみんなで喜びほめたたえる仕掛けをします。
 いつも同じ子がなるのではなく、どの子も登場するよう、星マークの飾りに名前を書いて飾っていくものよい。学級の歩みと重なって、子どもたちも本気になってがんばります。
 「教室はまちがうところだ」「まちがいの宝物でいっぱいになる教室」になるようにと、「まちがいの宝物」を教室に短冊で掲示している学級もあります。
 日々のちょっとしたことの継続が思わぬ喜びを子どもたちにも担任にももたらしてくれます。
(
前田勝洋:1942年生まれ、元愛知県公立小学校校長。学び合う教師を常に意識して小中学校を学校行脚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

いじめの指導 | さまざまな子どもの指導 | ものの見方・考え方 | カウンセリング | 不登校 | 人間の生きかた | 保護者との協力関係をつくる | 保護者にどう対応するか | 保護者の実態 | 優れた先生に学ぶ | 優れた授業とは | 優れた教科授業例 | 先生の実態 | 危機管理 | 叱る・ほめる・しつける | 各国の教育 | 各教科の授業 | 問題行動の指導 | 国語科の授業 | 地域 | 子どもから学ぶ | 子どもたちに対する思い | 子どもたちの関係づくり | 子どもと向き合う | 子どもの失敗 | 子どもの実態 | 子どもの成長をはかる | 子どもの指導の方法 | 子どもの見かた | 子どもへの話し方 | 子育て・家庭教育 | 学び合う学び | 学校の実態 | 学校経営と組織 | 学級づくり | 学級の組織と活動 | 学級の荒れ | 学級崩壊 | 学級通信 | 学習指導・学力 | 学習指導案 | 実践のための資料 | 家庭 | 掃除 | 授業づくり | 授業のさまざまな方法 | 授業の展開・演出 | 授業の技術 | 授業中の生活指導 | 教師との関係 | 教師と子どもの関係づくり | 教師に必要とされる能力 | 教師の人間としての生きかた・考えかた | 教師の仕事 | 教師の心の安定 | 教師の成長・研修 | 教師の話しかた | 教師の身体表現力 | 教材・指導案 | 教材研究 | 教育の技術 | 教育の方法 | 教育の理念や思い | 教育史(教育の歴史と変化) | 教育改革 | 教育法規 | 教育行政(国・地方の教育委員会) | 新学級づくり | 理科の授業 | 社会環境(社会・マスコミ・地域) | 社会科の授業 | 算数・数学科の授業 | 経営とは | 英語科の授業 | 評価 | 話の聞きかた