カテゴリー「子どもの実態」の記事

教師が子どもが見えないのは、子どもに願いを持ち過ぎるからである

 相変わらずクラスの子どもたちは思うようにならない。私は自分の力不足を感じていた。
 そんなとき、学年主任に、
「子どもが見えないんです(理解できない)」
 と相談すると、
「おまえは、子どもに願いをもちすぎる」
「子どもに、こうなってほしい。ああなってほしいと」
「そういう願いを先にもつから、子どもたちの『いたらないところ』ばかりが目につく」
「だから子どもの本当の姿が目に入ってこない」
「願いを持つ前に、子どもをよく見て、子どもを理解しようよ。難しいことだけど」
「そこから、その子にふさわしい願いが生まれてくるんじゃないか」
 と、つぶやくように諭してくれた。
 それまでは、気づかぬうちに自分が描いていた子ども像に近づけるよう願っていた私。
 子どものためと言いつつ、自分の理想や想いだけを子どもに押しつけていた。
 私は「願い」「かかわる」という一方向で授業や子どもを見ていた。
 これでは子ども主体といいながら、やはり教師の立てた構想に都合よく子どもを操っているだけのことだった。
 私はこれまで、教育の技術とか心構えとかいうマニュアル化できそうなスキルを吸収することばかりにとらわれていた。
 学年主任の口から出てくる哲学のような言葉に最初は戸惑ってしまった。
 それでも、学年主任を中心に毎日のようにだれかの教室に集まっては、子どもや授業について語り合ううちに、先生方の子どもを見つめる力量の奥深さに魅了されるようになっていった。
 その日の授業での子どもの発言やノートから、その子のものの考え方や生活背景を推し量ってみたり、子どものささいな言動に成長を見つけたりするこの時間が、教師としての基盤づくりになった。
 毎日のように繰り返された語らいの中で、
(1)「子どもをとらえ」・・・
(2)「願い」・・・
(3)「かかわり」・・・
(4)「子どものとらえ直し」・・・
(5)「願いの見直し」・・・
(6)「かかわり」・・・・・
 というように螺旋的に連続していく教育の営みをイメージできるようになってきた。
 その子の生活や経験をも含んだ背景を理解することの大切さを知る楽しさと難しさを実感する場として授業に挑んだとき、授業の本当のおもしろさや怖さにふれることができたような気がする。
(山崎準二:1953年山梨県生まれ、静岡大学教授、東京学芸大学教授、東洋大学教授を経て学習院大学教授。専攻分野は教育方法論・教師教育論)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

授業中じっとしていない子どもを「学ぼうとする身体にする」にはどうすればよいか

 子どもたちの身体を支える背筋力の低下は著しく、学べない身体になってきている。
 子どもたちは長時間、身体を支えられなくなってきているのである。
 また、すぐに疲れ、授業中じっとしていない子どもが増えてきた。
 生活リズムが遅寝・遅起き・疲れの蓄積という状態になっているのである。
 子どもたちの身体は、
(1)身体が緊張する
 精神的な緊張が身体の緊張となって現れる。
 緊張する子どもたちは授業中、周りの気配に気を配り、息をひそめ、身体を硬くし、過度の緊張の中で耐えているのである。
(2)学習すること拒否する身体
 緊張して身体が学習を拒否する場合や、学習に意味を見出さず、学ぶことが自分とは関係のないものになっている。
(3)他者と学ぶことを拒否する身体
 他者とつながることのできない身体になっている。
 他者とのかかわることに価値をみいだせない、他者とかかわることに恐怖感を持つ。
 これは、他者を必要としないあそびを多く経験し、また自分に近い同質の子どもたちとしかあそばない子どもたちにとっては、他者とかかわる楽しさもわからないので、他者とかかわることには、否定的な感情しかもたらさないのかもしれない。
(4)一元的価値観の身体化
 学習することが人格に対する評価と直結していると意識し、身体が緊張し、閉じていくのである。
 子どもは評価基準を敏感に感じとり、失敗や「できない」ことが許されないという価値観を身体にまとってしまっているのである。
 子どものからだが硬く、緊張した状態が、学びを硬直した、自分のものでないものにしている。
 必要なことは、人がつくった価値観、評価からいったんからだをひきはなし、内から涌いてくるエネルギーに身にまかせて生きるしかない。
 子どもたちが、学ぶ身体をつくるために必要なこととは何か。
 身体ごと交わる実践をするとよいのではないか。
 子どものからだが硬く、緊張した状態が、学びを硬直した、自分のものでないものにしている。
 必要なことは、人がつくった価値観、評価からいったんからだをひきはなし、内から涌いてくるエネルギーに身にまかせて生きるしかない。
 近年、身体ごと交わることから実践を開始する事例が増加しているといわれる。
 それは「閉じこもった身体」をもった子どもが多くなっているからである。
 そのような子どもの身体が必要としているのは「応答を楽しむ場」である。
 学ぶ身体をつくるには、学級や授業が「応答を楽しむ場」であることを十分に知らせ、「応答を楽しむ身体へと育てる」ことが必要になってくる。
 そのためには、たとえば小学校低学年の場合には、子ども同士の応答・掛け合いによって成立するあそびを経験させることが有効だと考えられる。
 誘い合ってあそべない子どもたちなので、先生が一緒にあそんで楽しむことを一学期のモットーとし「鬼ごっこ」「氷おに」「花いちもんめ」「かごめかごめ」などを宮平恵子は行っている。
 中野譲も「めだまやき」をしながら抑圧されたエネルギーの発散を図り、週一回のレクリエーションで、「指まわし」「お互いの背中さすり、たたく、もむ」などをしている。
 集中した状態でのあそびは、やりとり自体を楽しむものであるといってよいであろう。
 こうしたやりとりの心地よさを経験し、それが許され、つくられていく場所が学級であるということを、子どもたちにまさに身体で実感させていくことが求められているのである。
 このことは、緊張し、拒否するからだを解放し、学ぶことや他者を拒否しない身体をつくることでもある。
 応答を楽しむことの重要性は、他者との感情の共有、一体感をつくり出すだけでなく、やりとりという共同活動によって変わるという授業の本質にかかわることだからである。
 飯塚麻子は、中学校一年生の国語の授業で、群読から始めている。
 生徒たちは、声を出すこと、他者の声と溶け合うことで心地よい経験をし、これから始まる国語の授業に向けて身体がほぐされ、開かれているのである。
 中野が身体の問題にこだわった実践を展開しているのは、学級に間違っていいよというベースがないという意識がある。そのため、授業方針として
(1)授業のどこかに多様な表現活動を取り入れる
 例として、身体表現、劇化・発表、テレビ番組つくり。
(2)子どもにどんな授業がよいか問う
 子どもたちの「手作業を伴う学習がしたい、身体を動かす学習がしたい、わかりたい」という要求をうけて、図工で木工、社会でリサーチ、算数でつくる・折るといいった活動をする。
 これは、子どもが求めている授業、すなわち現在の授業が抱える問題点や課題を明確化した上での授業構想だといえる。
(長瀬美子:1963年生まれ、大阪大谷大学教授。専門は、あそび研究(あそびの発展と人間関係の発達)、幼児の認識の研究(科学的認識と物語的認識))

 

| | コメント (0)

偏差値45~55の生徒の特徴と偏差値45以下の生徒の特徴、このグループからの脱出法とは

1 偏差値45~55の生徒の特徴と、そのグループからの脱出法とは 
 この偏差値にいるのは大多数の受験生です。
 普通の学校にいて普通の暮らしをしていて、目立たず、特別悪いこともなく、テストもほどほどにできているグループです。
 付和雷同的で、個性や独創性、積極性もあまりみられないのです。つねに満足できぬものを持っています。
 このグループからの脱出は不可能に近いのです。
 だから私は、河合塾の入塾式で昔、この集団の生徒たちに向かって、
「今までの生き方や小中学校での訓練・暗記式の勉強の仕方や考え方では絶対ダメ」と言ってきました。
 これまでのやり方にこだわりがちなグループなので、発想の転換をして、生き方、生活の仕方、勉強法の全てを変えた時にだけ、変われるかもしれないのです。
 親も、友だち親子をやめることではないでしょうか。
 つまり、今までの生き方、勉強の仕方をあきらめること。
 一人で生きる決意をし、親も子どもを自立させる方向に推めること。特に訓練主義から抜けることです。
2 偏差値45以下の生徒の特徴と、そのグループからの脱出法とは
 十人十色のさまざまなタイプの人がいるのがこのグループです。
 これまで何も勉強らしいことをしてこなかった子が、ときどきいます。そういう子はすごく伸びることがあります。
 例えば、今まで出会ったことがないような教師や大人に接したとき、あるいは、本・社会・世界が本当に興味深く面白いと考えられたとき、その子は、ものすごく弾けて、メチャクチャ勉強するようになる。
 それから、このグループには高校中退者や非行などで学校からはじき出された子どもも多いのです。
 この子たちも3分1ぐらいは、何とかなります。
 やり方がうまく当たれば大当たりになる可能性があります。
 学校からはじき出されたのは、人間関係などが原因の場合もあり、学力の問題だけではないのです。
 その子たちは、社会に出ても大学を出ていないとろくな仕事しかなかったり、出世もできないし、バカにされるので面白くない。
 それで反抗心から大学へ行こうと思ったという生徒もけっこう多いのです。
 このタイプの生徒は、勉強の仕方については何も分かっていないし、自分で大学に行こうとしているわけですから、先生の言ったことを守る者が多いのです。
 そういう子は、スタートの偏差値が低いので、それこそ偏差値が20とか30とか伸びたりします。最高の伸びを記録するのです。
 残りの3分の2ぐらいの生徒は人間不信があり、大人の手には乗らないかもしれません。
 親や教師の言うことを聞かない生徒も多いのです。親に怒られて予備校へ来ているのです。
(牧野 剛: 1945-2016年、岐阜県生まれ、高校教師等を経て、河合塾国語科の専任人気講師(30数年間)。河合塾の数々のイベント・シンポジウムを企画し、実現してきた)

 

| | コメント (0)

子どものときの遊びは、人間らしい人間になるために絶対に必要である

 遊びは、大人社会の縮図といえます。
 大人が実社会で経験する、葛藤や挫折、あるいは実際に使われている大人社会の技術のひな形が、子どもの遊びの世界でもさかんに使われます。
 子どもたちは群れ遊びのなかで、人と人との交わり方である「共感能力」「融合能力」「連帯能力」を、徐々に、しかし着実に身につけていくのです。
 それは、まともな人間になるうえで、欠くことのできない経験の蓄積でもあり、生きる知恵ともなるのです。
 不幸にして、幼児期から少年少女期にかけて、ほとんど群れ遊びをせずに育った子どもは「人を信頼したり」「本音で話し合ったりする喜び」を知らずに大きくなっていきます。
 そして、青年期にも親友を作るすべを知らないまま、社会人となります。
 勉強がよくできると、そこ、そこの大学に合格し、就職難のときでも入社試験に合格はします。
 しかし、そこからが大変です。初対面の人にはマニュアル的な対応しかできない。
 対人関係では「相手の心の動きが察知できず」に、後味のよくない結果に終わってしまうといった元秀才は少なからずいるのです。
 子どものとき、日光の下、集団のなかで毎日のように遊んだ子は、大脳の古い皮質が鍛えられ強くなります。
 いろんな人と親しくなったり、少々の挫折にへこたれない強靭さといったものは、大脳の古い皮質の働きです。
 たくましさ、バイタリティ、粘り強さといった、人間として生きる力の源ともいうべき野生は、大脳の古い皮質の発達に左右されます。
 群れ遊び抜きで成長したつけは、必ず回ってきます。
 幼児から少年少女期にかけての群れ遊び、外遊びは、人間らしい人間になるために、絶対必要な糧なのです。
(岸本裕史元:1930-2006年、神戸市生まれ、元小学校教師。百ます計算の生みの親。1985年 「学力の基礎を鍛え落ちこぼれをなくす研究会(落ち研)」(現「学力の基礎をきたえどの子も伸ばす研究会」)代表委員)

| | コメント (0)

偏差値60以上の生徒と50以下の生徒の習慣はどのように違うのか

1 授業を受けることが学習上、最も効率がよい
 偏差値60以上の生徒は、授業を必ずきちんと受けます。偏差値50以下の生徒は、授業は眠いし、つらいし、面白くないと思っています。
「授業を受けることが、学習上、最も効率がいい」ということは納得のいく合格を果たした受験生が散々言ってきていることです。 
 学ぶことは、まず「他人の脳」によって理解されて構築された論理を「自分の脳」で再現しようとすることから始まります。
 これを再現するためには、自学自習をして、ただ文字を追い求めるよりも、教える側の熱意や「五感で感じる体験」も交えて、理解したい事象を追体験する授業のほうが圧倒的に効率的です。
 授業があとで思い出しやすいことを、偏差値60以上の子は実感によって知っています。授業のいろいろな場面やキーワード、ビジュアルが活き活きと再現され、理解できるのです。
2 授業時間中は、受験本番のシミュレーションをする
 偏差値60以上の生徒は、授業時間中は本番のシミュレーションをします。
 目標である大学の入試問題の時間をしっかりと確認して、入試問題の大問題数と設問数、あるいは論述式なら論述答案の分量を見定め「ペース配分シミュレーション」始めるとよい。
「ペース配分シミュレーション」とは、設問1題にかけられる時間、論述答案作成時間などには、どれだけの時間を配分できるのか、という「ペース配分シミュレーション」です。
3 ノートは自分の言葉で書く
 偏差値60以上の生徒は、ノートを自分の言葉で書きます。
 ノートは、あとで読み返したときに、自分を納得させるもの。
 だから、ノートは「わからなかった理由」や「以前、習った〇〇を見よ」「ここは重要」「後で、先生に聞こう」「テストに出そう」等、自分の言葉で書き、後で読み返したときに、自分を納得させるものにしょう。 
 これに対して、偏差値50以下の生徒は、自分からメモやノートをとらなかったり、先生の言ったことを一言一句すべてノートにとったりする。
4 事務処理の能力
 偏差値の高い子は、事務処理の能力が高くて正確である。
 やらなければいけない目的が認識されていて、なるべく簡潔にすまそうとします。
5 ストレスはあって当然
 偏差値60以上の生徒は、ストレスは多少あって当然だと思っています。
 偏差値50以下の生徒は、ストレスを成績不振の原因あげ、依存性が高く精神面が弱く自分の勉強ができない。
 他人への依存性が高いと、誰かが自分のストレスを取り除いてくれるという根拠のない期待や願望が生まれます。
 どこかで「頼れるのは自分しかない」という気持ちの切り替えが必要です。
6 新聞を活用しよう
 偏差値の高い生徒の多くは、新聞を読む習慣があり、偏差値の低い生徒はその習慣がほとんどなかった。
 新聞はつぎのような学習上の価値があります。
(1)読み返せる
 文章の全体を見渡した上で読み返せる。
 入試で言えば「問題文の全体像、全体量をつかみ、わからないところをチェックしておいて読み返す」ことにつながるでしょう。
(2)関連づけられる
 新聞は手元にあるわけですから「これらの関係はどうなっているのだろう?」という関係性を見出すことがきます。
 その上、政治欄、社会欄、外交欄、スポーツ欄というようにグルーピングされている記事がならんでいるわけですから、いくつかの記事を比較したり、自分なりに結び付けたりすることができます。
 記者の考えられた記事が、自分の脳で考えるオピニオンに変わっていき、問題点の因果関係を構築していく経験といった、知のワンダーランドを提供してくれるでしょう。
(3)考える
 社説を読んで、諸々の分野の記事を教養とし、社説と自らの意見を葛藤させることは、新聞ならではの醍醐味です。
 新聞で受験的な面で価値があるのは記事の歴史や背景や側面を解説してくれる「コラム」です。
7 適度に運動する
 高い成績を維持している生徒は「決まった運動」をしているケースが非常に多い。しかも「疲労しない程度」ということも共通しています。
 偏差値の低い生徒は、運動と勉強は無関係と思っています。
 運動機能と脳は使っていないと錆びるのです。身体を適度に動かさないでいると、思考が停止するだけでなく、社会性も低下し自己中心化します。
8 時間
 偏差値60以上の生徒は、ぶち当たって苦しんだ経験をもとに学習計画を柔軟に変更していくが、偏差値50以下の生徒は、時間をかけて計画立案するのが好きで、計画を頑なに守ろうとする。 
 偏差値60以上の生徒は、時間は使い方であって長短ではない、偏差値50以下の生徒は、時間をかければかけるほど学力は上がると思っています。
(齊藤淳一:1963年生まれ、河合塾20年以上のキャリアがあり、河合塾進学アドヴァイザー)

 

| | コメント (0)

深刻化するネットトラブルとは、学校としてどう対応すればよいか

 ネットトラブルの背景には、
(1)お互いが顔を合わせなくとも交流できる
 本来は相手の顔を見たら言えないことを書き込んだり、匿名だからバレないだろうとか、別人になりすましても大丈夫などの心理が働くことがあります。
(2)書き込んだ人の特定が難しい
 掲示板やプログなどに書き込んだ人の特定が困難であることから、事実関係の把握を難しくしています。
(3)発信者と受信者が、相互にコミュニケーションができる
 情報の発信と受信の両方が可能になり、見知らぬ人との送受信も可能となり、非行や被害が発生する要因の一つになっています。
 インターネット接続が可能なスマートフォンが普及し、子どもが自室で深夜に利用することなどで、トラブルの発見が遅れる傾向があります。
 ネット利用が低年齢層まで拡大し、トラブルが発生しています。たとえば、
 メール・SNSで友人とけんか、他人の悪口や個人情報の書き込み、仲間外れ、ゲーム内でのトラブル、詐欺、迷惑メール、架空請求など
 東京都のインターネットトラブル相談窓口での相談は
(1)架空請求
 スマートフォンを利用してアダルトサイトに勝手に有料会員登録された。
(2)交際
 ネットで知り合った相手に自撮り画像や個人情報を要求され渡してしまった。
(3)削除方法
 SNS、掲示板、動画サイトなどの内容の削除
 などが上位で、中学生(526件)、高校(455件)が多く、全体の87%を占めていました。
 ネットトラブルが生じ、その結果として心身への影響や被害・加害の問題が発生しています。その現状を分野ごとに見ていくと、
(1)家庭
 高額課金(ゲーム依存)、クレジットカード無断使用、ネットショッピングトラブル(詐欺)
(2)友人
 スマホ・ケータイ依存、ネットいじめ(LINE外し、既読スルー、メール・プロフの悪用)、なりすまし投稿(誹謗中傷)など
(3)個人情報
 個人情報の漏えい(氏名、住所、携帯番号、家族情報)、自撮り画像、性的脅迫、盗撮画像、SNS(なりすまし、誘い出し)
(4)有害情報との接触
 薬物、暴力、危険物、アダルト、ギャンブルなど
(5)著作権侵害
 動画、音楽など違法ダウンロード、肖像権、プライバシー侵害
(6)犯罪予告
 などがみられます。
 これらのトラブルが原因となって生じる問題として
(1)日常生活
 睡眠不足、金銭浪費、遅刻、怠学
(2)感情コントロール、コミュニケーション能力の低下
(3)被害や加害の発生
 いじめ、詐欺、性被害、盗撮など
 ネットの加害者は悪意のもった者から、軽い気持ちによる者まで広範囲にわたる。
 被害に遭った子どもは、自分が交流している相手を善意の人とうけとめ、悩みや相談ごとを繰り返し行うため、悪意を持った相手にとっては格好の標的となる危険があります。
 学校に求められる取り組みとしては、子どものネット利用の実態について継続的にアンケートを実施し、その結果を学級だよりなど家庭向け情報発信や定期的な家庭向け・教員向け研修会の開催、学校でのネットにかかわる取り組み方針(ガイドライン)の策定などがあげられます。
 また、危機管理の観点からトラブル発生時には、警察をはじめとした関係機関への相談をためらわない姿勢が求められます。
 問題が進展すると解決策が限定的になり、書き込まれた情報が瞬時に拡散してしまい、取り返しがつかなくなることにも注意を要します。
 トラブルの背景の一つには、見えない相手とのコミュニケーションの問題があります。
 トラブルを乗り越えるには、日常での「対面コミュニケーションスキル」が必要で、そのためには子ども同士の「人間関係づくり」に視点をおきながらスキルの向上を図ることがボイントになると言えます。
(石橋昭良:元警視庁少年育成課副参事、文教大学教授。臨床心理士)

 

| | コメント (0)

偏差値60以上の子と50以下の子の学習習慣の違いとは

 勉強の得意な状態は「面白い」→「好き」→「得意」というステップをたどります。
 私は河合塾で進路指導に携わってまいりました。
 多くの生徒に接してきた経験から、偏差値60以上の子と50以下の子の学習習慣に、次のような特徴的な違いを感じずにいられませんでした。
1 暗記
 出会いの繰り返しが、記憶になります。とにかく「出会い」の数を増やすこと。
(1)偏差値60以上の子
 インプットの際には「脳」と「ノート」に「自分が納得した跡を残し」つつ、精神的には「また出題されるだろうな」など、ゆとりを持つ。
 ただ暗記することが目的ではなく「何回も、覚えたいことに出会える機会を用意する」
「暗記カード」は「短文・穴埋め方式」「逆引き」になっていたりする。
「暗記カード」のネタは教科書、模擬試験、辞書だったりと、特別なネタではない。
(2)偏差値50以下の子 
「一発で覚えよう」とし、「覚えられない」ときは、そこで思考が止まります。
「暗記カード」は「1対1」対応になっている。
2 たとえ話・比喩
 先生は説明する際に、よく比喩を用います。比喩表現に触れ、理解する機会を意識的に設けましょう。
 たとえ話・比喩を理解できる力は「要点を聞いて、物事の全体像を理解する能力に比例している」ように思えます。
(1)偏差値60以上の子
 たとえ話・比喩が理解できる。
 「1を聞いて10を理解する」ことができます。
(2)偏差値50以下の子 
 たとえ話・比喩が理解できない。
 10を聞いて1しか理解できない。
3 質問力
 質問力と学力は関係あると私は考えています。まず「質問の質」を上げる。
 小さな理解を積み重ねて、試験の出題者の意図するところに考えが及ぶまで、少しずつ達成感を得られる機会を優先し、その積み重ねが質問の質を上げ、学力向上につながるのです。
(1)偏差値60以上の子
「自分から自分に質問」しています。
 その結果として発生した「問題点」の視点が間違っていないか、今後どういう方向性で考えていくかを確認したくて質問します。
 入試問題の場合、「その入試問題の作成意図と求めるもの」理解している。
(2)偏差値50以下の子 
「わからない」「知らない」が一体となって「すがる思い」で質問してくる。
 放っておくと質問しない。
 入試問題の出題者の意図には、到底考えも及ばない状態です。
4 英語
 英語を例にした勉強の基本(1から順番に)
「五感を使って、自分の頭で覚えれば」必ず脳のどこかに引っかかる
1 英文は「使う形」で飲み込み、忘れることを前提にする
2 忘れたときには「自分の言葉」で書かれたノートを見る
3 また忘れたときには、ノートを見て、書いて、紙の辞書を引く
4 センテンスで使える自分に気づく
5 英語は5つしか文型がないことに改めて気づく
6 初めて見る単語も怖くないことに気づく
7 五感で覚えることのメリットに気づく
(1)偏差値60以上の子
 英語が好き、少なくとも英語に触れることが「苦手でない」生徒です。
 英語は入試だけにとどまらない汎用科目。
(2)偏差値50以下の子 
 英語は単語・熟語・文法の暗記。
6 国語
 どの教科にも通じる「物事を理解する道具」としての言語量が、少ない生徒が多い。
 国語では、思考するための道具としての言語量が大切です。
(1)偏差値60以上の子
 国語はベースになる知識をもとに情報を正しく読む。
(2)偏差値50以下の子 
 国語はフィーリング。
7 数学
 数学の初歩は大切である。数学の初歩は入試に出ないが入試問題を解くには必要なこと。基礎は、実際に入試に出るが、入試に出たら9割の受験生が正解すること。
 例えば「解の公式」は入試には出ないが、「解の公式」を知らず、公式に数値を入れて何百回解いても「数学力」はつかない。
 数学が苦手でも、入試問題を見渡して「抜けている初歩」を固めましょう。
(1)偏差値60以上の子
 数学は「運用と訓練」をもとに応用がある。
(2)偏差値50以下の子 
 基礎が大切と思うあまり初歩をおろそかにし、数学の全体像を見ようとしない。
 数学はひらめきと思考力。
8 地歴・公民
 「なぜ、どうして」を考え抜こう。
(1)偏差値60以上の子
 「なぜ、どうして」を思考し、考え抜くことで理解する。
(2)偏差値50以下の子 
 とことん「暗記」に決まっていると、教科書の重要部分の暗記に終始してしまう。
9 理科
 理科は日本語の読解力が求められます。「設問が何を言っているのかわかる」ことができて「説明」が求められる問題が多々あります。
 公式・定理も重要だが、問題文を読めるように。
 理科は科目の中の分野ごとの出来・不出来が大きいケースが多い。
 好き・得意分野をきっかけに「解ける喜び」を実感して得意になるようにしましょう。
(1)偏差値60以上の子
 理科は分野ごとのポイントを押さえて科目の全体像を知る。
(2)偏差値50以下の子 
 理科は定理や公式、計算が面倒。
(齊藤淳一:1963年生まれ、河合塾20年以上のキャリアがあり、河合塾進学アドヴァイザー)

 

| | コメント (0)

学ぶことが嫌いな子どもが多い、勉強の喜びを得るにはどうすればよいか

 世の中で最も「学ぶ」ことが嫌いなのは、中学生や高校生ではないでしょうか。「学ぶ」ことにネガディブなイメージを持っています。
 それは「学ぶ」ということが、テストや受験のために直結していて、やらされているとしか感じないためです。
 学ぶことそのものがつまらない、おもしろくないと感じてしまっています。
 ところが、自分が社会の一員として仕事をするようになってから、私は受験勉強にも意味があるということに強く気づきました。
 受験勉強を通じて行ったトレーニングが、仕事をする能力の基礎になっている。いまこうして活動する私自身を形作っているのです。
 勉強すること、勉強そのものが、人の能力を磨く、ひいては社会で活躍できる人材を作るということです。
 また、知的なことに上手に触れると、すごくわくわくしてくる。
 この知的興奮というものは、何事にも置き換えることができない充実感と幸福感をもたらしてくれます。
「学ぶ」ということに背を向けずに、真っすぐな気持ちで取り組むことができれば、誰もがその充実感と幸福を手に入れられるのです。
「勉強の喜び」とは、知的興奮との出会いです。知的な興奮って、かなりいいものなんですよ。
 興奮と聞いて想像するのは性的なことや、アクション映画を見たり、音楽で気分が盛り上がる感じでしょう。
 でも、知的な興奮を巻き起こされたときの感触というものは、人生でも華ですね。ソワソワするほどです。
 しかし「まったく知的興奮の経験がない」という人が多い。
 知的興奮を経験すると、いままで知らない快楽を知ったなあと感じます。
 勉強という行為でも、ドーパミンを出すことは可能なんですね。性的興奮と同じメカニズムで起きるのです。
 だから、極端なことを言えば異性にモテなかったとしても、勉強でドーパミンを出せば、似たような興奮や快楽が得られて、人生寂しくなくなるという大きなメリットもあるわけです。
「学ぶ」ということで得られる興奮や喜び。それは「感動」です。
 知らないことを知ったとき、疑問に思ったことが解決したときの「そうだったのか!」という感じのことです。例えば次のような話があります。
 古代ギリシャのアルキメデスは王様から「王冠が純金製か調べよ」と命ぜられました。王冠をつくるとき、金を減らし、銀を混ぜたという噂があったからです。
 解き明かそうと、悩みに悩んでいたアルキメデスは、気分転換に公衆浴場に出かけます。
 浴場の湯船に入ったところ、満たされたお湯がザーッと流れ出ました。
 その瞬間、アルキメデスは「わかった!」と叫んで裸のまま、飛んで家に帰り、王冠が純金でないことを突き止めました。
 発見した方法は、満水の容器に王冠と同じ重さの金を沈めて、あふれた水の体積を測る。同様に銀でも測る。
 すると、金のほうがあふれる水が少ないことがわかった。金の方が重く比重は19.3、銀は10.5でした。
 最後に王冠を水に沈めると、金よりあふれた水が多かった。そこで、銀が混ぜられていたことがわかったのです。
 アルキメデスは、発見したとき、興奮と感動で裸で走り出したのでしょう。
 歴史に名を残す人は、みんな裸で走り回りたくなるほどの発見に、興奮し感動を味わっています。
 誰も知らなかったことを知る。これは知的な興奮の結晶です。
 実は、その結晶が集まっているのが教科書なのです。歴史学者の知的興奮があつまって歴史の教科書になる。化学者の発見が化学の教科書に満ちている。
 人類の偉人や天才たちが発見したその驚きがつまっているのが教科書なのです。
 でも、そういうふうに教えてもらっていないから、感動すべきことなのかどうかがわからない。
 知的感動にはポイントがあり、それを教えてくれる導き手が必要なのです。
 教科書の中に冷凍保存されているものをちゃんと解凍して味わえば、学者が発見したときの興奮を、私たちも再体験することができる。
 そういう知的興奮をどれだけ自分に巻き起こせるかが、勉強する上でのカギです。
 いかに学んで感動するか。学ぶ感動を日々得ることができたら、学校での勉強はもちろんのこと、人生そのものがものすごく楽しくなります。
(齋藤 孝:1960年静岡県生まれ、明治大学教授。「身体感覚を取り戻す」で新潮学芸賞を受賞。専門は教育学、身体論)

| | コメント (0)

あなたに中学生の心が聞こえますか?

 中学校時代は小学校時代に比べて、あらゆる分野との関係が一気に拡大する「黄金時代」であるといえる。
 まず第一に、行動範囲が大幅に広がり、何かを実現することが可能になる。
 学校の自治を自分たちで行うという意識が生まれる。
 校則を吟味し、批判的精神をもって全てに耳を向け、受け入れるか否かを判断し始める。
 学校のひとつひとつの教科について「誰が」「何を」「どのように」教えているのか、そこにどんな価値が生まれるのか、実に気難しく考えるようになる。
 そして受け入れがたいものは、自らの手で行動を起こして、変えていこうという自主性が芽生える。個の確立にとってある意味、革命的な時期でもある。
 だから「黄金時代」と言ってみたものの、その反面、様々な抵抗を示す時期でもあり「暗黒時代」という、諸刃の剣的な言い方もできる。
 それと同時に、自分が不得意なものに粘り強く挑戦し、それを克服して自分を高めたいという知識欲も大変強くなる。
 例えば、私の場合、苦手だった数学を強くするため、1日に問題集を何十ページも自分に課し、正答率が自分の定めた基準以下だと、間違えた問題1題につき問題集を1ページを追加した。
 中学生にとって、自分の努力に対する他人の評価はもちろん大切である。
 その一方、「評価されればそれでいい」ではなくて、その真価をちゃんと評価してくれているのかどうか、評価の理由付けも大きな意味を持つ。
 ちゃんと相手が自分を見て、理解した結果の評価なのかが、逆に相手への、自分なりの評価軸になる。
 受け入れるものと、受け入れないものとの、自分なりの基準を作り上げるのも、この時期である。
「認められたい相手」と「認めない相手」とを明確に差別化する。
「認めない相手」に対しては「一見、従順な無視」をもって向き合う、静かなる反発も始まる。
 また「無関心さ」が顕著に現れるのもこの中学校時代である。
 中学校時代は自分の力を最大に発揮する挑戦の始まりの時期です。
 それだけに、定められた規範が与える保障と制約をうとましく思い、自我の芽生えて、その保障と制約から飛び出して自分独自の何かを確立したいという葛藤が生まれる。
 その結果、自分を取り巻く人間関係もより複雑になり、ぶつかり合うことが多くなる。
 この繰り返しからの中から「過去」を壊して「未知なる何か」を求めるため、楽しいようで、全ての挑戦からあらゆる不協和音が生まれる。
 あまり良い思い出がないと中学生時代を振り返る人が多い。
 中学校時代は、皆、自分を発揮し始め、人間関係での葛藤や自意識過剰や人に認められたい願望が高まり、そこからいろいろな新しい視座獲得の時期を迎えている。
 中学校時代とはまさに「過去と現在から離脱し、未来へ向けての冒険の旅につながる第一のトンネル」である。
 そんな中学校時代でもがいている時、言葉はある意味、当てにならず、その答えは中学生の行動、まなざしの中にあるのだ。
(
長谷部葉子:東京都出身、慶應義塾大学准教授。不登校、高校・大学受験失敗などの経験から、20歳代半ばで寺子屋を立ち上げ、教育支援に携わる。教育とコミュニケーションを研究
)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今どきの保護者・子どもの対応で、教師は精神的な疲れがドーッと来る

 以前から、小学校高学年の大変さというのはありましたけど、小学校の低学年から大変ですね。
 落ち着いて話が聞けない子ども、何かをやると言うと最初からイヤダーと叫ぶ子。いまは、1,2年生はおとなしく椅子に座って、先生の言うことをよく聞くという状況じゃないですよ。
 私のクラスでも、1人の男の子が手当たり次第に友だちに暴力をふるうんですよ。その子は小さいころ病気がちで、友だちと交わりのないまま小学校に入ってしまった。どうやって人と繋がったらいいのか、分からないんですね。
 そういう人と繋がれない子どもが急速に増えています。その一方で、ちょっとした刺激や苦痛にも耐えられない、ひ弱な子どもがいます。
 家庭では、父親が不在で、母親がいつも子どもとだけくっついている。
 それで、感情だけで可愛がるか、怒るかで、客観的に子どもを見ることができないんです。だから、子どもの気持ちが安定しないんですね。それでひ弱な子や、わがままな子ができる。
 特に、高学年の男の子は、がわがままになっている子が多いんですよ。
 母親は男の子をどう扱っていいかわからないですよ。それで子どもはいうことを聞きません。父親がかかわっていれば、バンと言ってくれるはずなんですが。
 母親は同姓として分かる部分があるので、女の子には結構厳しくしつけますから、逆に5,6年生になると女の子はしっかりします。
 中学生になると男の子は女性教師に対して差別的な目で見てくるんです。それは母親との関係のせいなんですね。もう歴然としています。
 私自身、男子生徒が後ろを向いて座ったり、好き勝手におしゃべりして、授業なんてどうでもいいよ、というポーズをとられたり、さんざん試されました。
 そういう時に、私は「何、その話、面白そう」と言って、クラス全体の話に持っていったりするんです。
 そうするうちに「この先生、少々のことでは動じない」とか「自分たちの中に入ろうとしているな」とか思ってくれる。
 子どもたちは敏感ですね。今はとってもなついてくれるんだけど。その辺、若い教師が一生懸命なあまり、子どもと正面にぶつかって、すごく苦労している人もいます。
 子どもは、人の気持ちが分からなくても平気という雰囲気がある。聞きたくない子どもの話は聞かなくても平気。
 何か話し合いをさせると、すぐにケンカが始まってしまうので、教師はどこで介入するか常に神経をピリピリさせていないといけないんです。
 地域にもよるでしょうが、怖さで子どもたちを押さえつけるというのは、子どもたちは受けつけないです。
 まず、子どもの話を聞いて、自分たちの思いを教師が受けとめてくれて、それから何かアドバイスをしてくれる先生を求めますね。
 高学年になって問題が起きてルールを決めるときも、教師が「こうしなさい」と言うのではなく
「その問題について、あなたたちはどう考えるの?」と聞いて、
「それだったら、どういうルールが必要?」
って考えさせて、その上で決めないと、子どもたちは守らないです。
 だから、時間がかかっても話し合いで決めさせます。
 今、親が人の話を聞けなくなっている。授業参観の時に後ろで親たちのうるさいこと。ベチャベチャしゃべって。クラスの男の子が「うるさい!」って怒鳴ったんで、私は笑ってしまったんですけど。
 母親はわが子の話を聞かないんです。しかも、自分はわが子の話を聞いているつもりなんです。
 実は子どもがちょっと何か言うと「あなたは、こうで、こうなんでしょう」と話を横取りしてしまう。
 子どもは、まただ、と思って話すことをやめてしまうし、親は子どもが納得したんだと思い込むんです。
 親は、学校に対する苦情はバンバンいいますよ。
 例えば、運動会をやった後、第一声に出てくる言葉が「子どもたちの先生の話を聞く態度がなってない」「あの時の進行が悪かった」なんですよ。
 うちの学校で、高学年の子が集団万引きしたんですよ。そしたら、その中の1人の親が、学校に抗議に来たんですね。
「ウチの子はそんな子じゃない。友だちにそそのかされた。学校の集団生活でこういう子どもにされた」
「学校側が子どもに対する具体的な指導の方針をきちんと示さないかぎり、二度と子どもを学校には出さない」って言って、子どもを学校に来させないんですよ。
 他の学校で子どもがいじめられたらしい。学校が善処しなかったら、裁判を起こすという親もいました。
 担任は、それでなくても大変なのに、裁判なんか起こされたら、本当に落ち込みますよ。
 担任とよく話し合えば、誤解だったとか、自分も見直さなければいけない点があるとか、見えてくるはずなんですけれど。
 そうしないで、親はバーッと感情をぶつけてきて、校長や教育委員会に言ったり。感情のままにという解決の仕方です。
 そういう風に言ってくる親のまわりには「学校に言うべきよ」って応援する親が必ずいるんですよ。
 逆に、まともに考えている親たちがものを言えない雰囲気がある。以前だったら「そうは言っても、ウチの子もこうだから」となだめ役になってくれる親がいたんですが、今は少なくなりました。
 日々教師は、親との対応、子どもとの対応の中で、精神的な疲れがドーッと来る。忙しさの中にも、精神的なゆとりのなさと、時間的な大変さがあるんです。
(
別冊宝島編集部)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

いじめの指導 さまざまな子どもの指導 ものの見方・考え方 カウンセリング 不登校 人間とは(心理・行動・あり方) 人間の生きかた 保育幼稚園 保護者との協力関係をつくる 保護者にどう対応するか 保護者の実態 優れた先生に学ぶ 優れた学級担任とは 優れた授業とは 優れた教科授業例 先生の実態 危機管理 叱る・ほめる・しつける 各国の教育 各国の教育改革 各教科の授業 同僚・管理職との関係 問題行動の指導 国語科の授業 地域 子どもから学ぶ 子どもたちに対する思い 子どもたちの関係づくり 子どもと向き合う 子どもの失敗 子どもの実態 子どもの成長をはかる 子どもの指導の方法 子どもの見かた 子どもの話し方 子育て・家庭教育 学び合う学び 学力 学校の実態 学校組織 学校経営と組織 学校行事 学級づくり 学級の組織と活動 学級の荒れ 学級崩壊 学級通信 学習指導・学力 学習指導案 実践のための資料 家庭 宿題 掃除 授業づくり 授業のさまざまな方法 授業の実態 授業の展開・演出 授業の技術 授業中の生活指導 教師との関係 教師と子どもの関係づくり 教師に必要とされる能力 教師の人間としての生きかた・考えかた 教師の仕事 教師の心の安定 教師の成長・研修 教師の話しかた 教師の身体表現力 教材・指導案 教材研究 教育の技術 教育の方法 教育の理念や思い 教育史(教育の歴史と変化) 教育改革 教育法規 教育行政(国・地方の教育委員会) 新学級づくり 特別支援教育 理科の授業 研究会開催情報 社会環境(社会・マスコミ・地域) 社会科の授業 算数・数学科の授業 経営とは 英語科の授業 評価 話の聞きかた