カテゴリー「保護者にどう対応するか」の記事

保護者が学校に来てすごい剣幕で不満をぶちまけるとき、どう対応すればよいのでしょうか

 ともかく聴くことです。すぐに弁解しようとせず、説得しようとせず、逃げずにひたすら聴くことです。
 保護者が自分の思いをぶちまけないうちは、教師が保護者に何を言っても反発されるでしょうから。
 教師が保護者の話をひたすら聴けば、そうやって教師が正面から聴いてくれたことに感謝されることもあると思います。
 保護者に誤解がある場合もあるでしょうが、誤解をとくのは保護者の話の最後の方でもできます。
 また、やり場のない怒りや不安を保護者がぶつけに来ておられるのだと思えば、聴く方にも余裕が生まれます。
 ただし、学校に反省すべきところがある場合は、むろん素直に認めてください。
 聴く教師は大変でしょうけれど、保護者と学校とのあいだに信頼関係をつくるチャンスでもあるのです。
(竹内健児:1962年生まれ、徳島大学准教授、立命館大学心理・教育相談センターカウンセラー、法政大学学生相談室主任心理カウンセラーを経て、奈良大学臨床心理クリニック専属実習指導教員。臨床心理士)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

保護者からのクレーム対応「さしすせそ」とは何か、クレーム対応のポイントとは

 保護者からのクレーム対応の「さしすせそ」とは
「さ」最初が肝心:ボタンのかけ違いからトラブルに発展することがある。
「し」しっかり傾聴:十分に時間をとって、要求を聴き、背後の真意を読む。
「す」すばやく対応:ズルズルと対応と回答を遅らせない。
「せ」正確な記録:「言った」「言わない」の事実誤認から問題がこじれる。
「そ」組織で対応:一人で抱え込み、悩み、職場で孤立しないようにする。
 保護者からの理不尽なクレームは今後も増え続け、病気休職する教師も増加すると9割の教師が考えている。
 保護者の理不尽な言動は、学校全体として受けとめて、管理体制を組む必要がある。管理職や生徒指導の教師が一緒になって理不尽な要求を言う保護者に、どのように対応していくのか適切か考えなければいけない。
 保護者と面談するときは、管理職を含む複数の教職員で対応する。場所は会議室などにし、教室で担任が一人で面談しないこと。
 教室は密室空間になり、精神的安易さから後で「言った」「言わない」のトラブルのもとになり、問題解決がこじれる原因になる。
 保護者と気持ちよく面談するためのコツは
(1)
部屋の入口まで迎えに出る
 保護者は子どもをサポートする教師のパートナーになってほしい相手である。だから、来校されたことをねぎらい、歓迎の気持ちを示したい。
(2)
保護者と教師は机の角をはさんで90度の位置に座る
 90度は親しみを感じさせる位置である。多くの人にとって、利き手側に教師がいると、落ち着きやすい。
(3)
話の最初は、子どもの最近の肯定的なエピソードから
 子どものがんばっている姿や成長の様子などを具体的に話すと、子どもをちゃんと見てサポートしている学校の姿勢を伝えることになる。
 保護者対応のポイントは
(1)
初期対応
 保護者の話は感情を抑えて素直に聞く。相づちはやや低めの声で、語尾を下げて「はい」などと発音する。
 あわてずに、クレームの真意を読み、冷静に説明する。弁解がましく説明しない。
 学校側に非があれば、素直に謝罪する。誤解があれば、説明不足でみなさまにご迷惑をおかけして申し訳ございませんと。
(2)
事実の確認
 こみいった内容は、連絡ノートでやりとりせず、直接面談し、笑顔で話し合う。
 事前に打ち合わせ、聞き役、調整役などを分担し、周到な準備をする。
 教師然とした態度や上から目線的な話し方、ため口は避けること。言葉尻で保護者は怒り出す。
 面談内容は正確に記録(5W1H)する。可能なら録音もとる。
 最後に「このたびは貴重なご意見をいただき、誠にありがとうございました」
(3)
組織的に早期対応する
 学年の同僚教師、管理職へ速やかな報告をし相談する。
 管理職、学年の同僚教師、生徒指導、養護教諭、カウンセラー等の複数の教職員で早期対応する。
 関係教職員による「ケース会議」を立ちあげる。
(4)
教育委員会・専門機関と相談・連携する
 保護者が教育委員会へ通告しそうな場合、あらかじめ事前連絡し、助言・支援をもらう。
 保護者が裁判所に訴えることがあるので、教育委員会の顧問弁護士、警察へ相談する。
(
古川 治:1948年生まれ、大阪府公立小学校教師・指導主事・校長、東大阪大学教授を経て、甲南大学特任教授)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教師は子どもや保護者との対人関係能力が重要となっている、どのようにすればよいか

 教師の仕事は子どもとの関係はもちろん、保護者との関係を抜きにして考えることはできない。
 最近は、子どもや保護者との信頼関係の構築が課題となっている。そうした点からすれば、人間関係の視点を正面にすえて教師の仕事をとらえ直す必要がある。
 全国の学校で目立ってきているのが保護者による教師へのクレームである。なかには無理難題を要求するようなケースがある。
 保護者のクレームには担任だけでなく校長が対応することが多い。ある小学校の校長が語った、ごく日常的なクレームの事例を次に示します。
 若い親はわが子のことに必死ですから、たとえば担任に次のような注文をつけることがしばしばあるのです。
「先日、運動会の短距離走を保護者席から見ていると、うちの子が一等のはずなのに、どういうわけか二等にさせられた。うちの子を一等にすべきだ!」
と言う激しい物言いにつられて担任がつい
「そんなことを今さら言われてもゴール到達結果はすでに判定されたわけですから、変更はできません」
などと返答してしまうと、水かけ論になってしまいます。
 確かに混戦だったので、眺める場所によって結果が違って見えたのかもしれません。しかし、問題は判定結果がどうかということよりも、その対応次第では保護者との関係がこじれてしまう点にあります。
 このクレームへの対処法について、校長は次のように語っています。
 このクレームに対しては、担任はとっさに次のような判断を下せるかどうかがポイントだと思います。
 注文の内容とその口調から、その親のわが子かわいさの気持ちの表れだと受け止め、親としての気持ちにそうことが第一だと判断する。
 そこで、その気持ちにまず耳を傾けるという態度を取る。同時に、短距離走の判定は係りが厳正に見て下していると明確に伝え、結果をいじれば当の本人も周囲もどう感じるだろうか、問いかける。
 そして、一等に近かったその子のがんばりを評価し、次の機会にまた挑戦しましょう、と励ます。
 こうした話し合いの手順を丁寧に踏んでいけば深刻なもめごとにはならず、おそらく保護者も最終的には納得してくれるはずです。
 この語りから、基本的な対処法を導き出すことができよう。
 まず、クレームに対しては、少しでも距離を置きながら冷静に接すること。クレームの背後に潜む本音は何であるかを探ること。
 保護者の欲求に共感しつつ、同時に学校の基本方針や判断も明確に伝えること、などである。
 こうした対処は、とりもなおさず保護者との信頼関係を、教師自身が最初から創り出していく手立てにほかならない。
 子どもや保護者に寄り添いながら、さまざなニーズに応え、抱かえる問題を解明し、問題解決に向けた手だてを講じて、子どもや保護者の生活を充実させ、喜ばれ満足するような関係を築きあげなければならない。
 そこで、この対人関係という視点に絞って求められる教師の資質・能力は
(1)
誠実な人柄で、個々の状況に応じて適切に対処できること
 その上で、個々の状況に応じて適切に対応できる対人関係能力を欠くことははできない。
 日常的なことばのやりとりなどを見直しながら信頼関係を図り、相手の潜在能力を引き出す、コーチング手法も参考となる。
(2)
対人関係能力は教職についてから、学校現場の経験によって磨くことができる
 人間性の資質に弱点があったとしても、経験を通じて習得される対人関係能力はある程度カバーできるだろう。
(3)
対人関係能力に決定的に問題があって、学校現場の経験をいくら積んでも対人関係能力を磨くことがきわめて難しい場合には、教職には不向きである。他の職種を選択したほうが当人にとっても幸せであると判断される。
 教師は常に研究し探求していく態度が求められていると思います。
 探究心がないと、授業の教材研究であれ、生徒指導、学級経営、保護者との人間関係であれ、教師の職務すべての領域で発揮される実践の原動力が弱くなり、実践すべてが振るわなくなるだろう。
(
今津孝次郎:1946年生まれ、名古屋大学教授・附属中高校長を経て名古屋大学名誉教授。専門は教育社会学、学校臨床社会学、発達社会学)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モンスターペアレントのタイプによって無理難題にどのように対応していけばよいのでしょうか

 モンスターペアレントが学校や教師に突きつけてくる無理難題は想像を絶するものがあり、どんな場面で何を言いだすか、まったく予想もつきません。
 現実の事例を分析していくと、次の5つのタイプに分類できます。
(1)
わが子中心型
 なんでも自分の子どもを中心に考えてしまう過保護・過干渉タイプの親たちです。たとえば「自分の子どもに学芸会の主役をやらせよ」といった、勝手な主張をしてきます。
 問題は偏った愛情にあるわけです。ただ断るのではなく、親の主張をよく聞いてみるべきです。
 そのうえで「どうすることが子どものために正しいのか」を、しっかりと話し合い、教師はその子を軽んじているわけでなく「親と同様に大切に思っている」と、しっかりと伝えていかなければなりません。
 子どもへの愛情に共通の基盤が作れたら摩擦は小さくなり、互いを理解できるようになっていきます。
(2)
育児放棄型
 子どものことに関心がなくて、子育てを放任状態にしている親たちです。大人として未熟で自己中心的な考えが根本にあります。たとえば「学校からの呼び出しにはいっさい応じない」など、親の責務を果そうとしないので、教師にとって非常に厄介な存在です。
 親が精神的・生活的に自立できていないことが多いので、教師から威圧的に要求してはいけません。不信感をつのらせるだけです。
 相手を大人として尊重しながら、ていねいさや親切心をもって接していくことが大切です。
 そうしているうちに「今度の先生は違う。私にも子どもにも親身になってくれる」と、受けとめてもらえたならば、学校に協力する姿勢もめばえてきます。
(3)
常識がない型
 常識と非常識の区別がついてない親たちです。サービス過剰の社会の影響によるのか、急速に増えてきたタイプです。たとえば「深夜や早朝でも、かまわずに教師に電話をかけてくる」など、教師の私生活を無視してくる。
 過剰サービスに慣れきっている人たちです。どんな要求をしても通るものと、とらえています。
 
「非常識すぎる」とはねつけたくなる教師も多いでしょう。
 しかし、教師も外から見れば、非常識なところをもっていると自認できていれば、もっと心を広くして親の話を聞けるようになってくるはずです。
(4)
学校依存型
 本来、家庭でやるべきことまで、平気で学校に頼んでくるタイプです。駄々っ子のような甘えがあります。たとえば「毎朝、家まで子どもを起こしに来てほしい」と、その要求はあまりに身勝手です。
 世間の常識に反しています。しかし、根本的な心理はわが子中心型と似ているところもあり、根っこの部分では悪い人ではない場合がほとんどです。
 親が「朝、起きられなくて」と口にしたら「お母さんも大変ですよね」と教師があいづちを打ちながら、親の話を聞いてあげる姿勢が大切です。
 こうした親は、人にぐちを言ったり、甘えたいという気持ちが強いだけです。そのように要求したくなる背景をよく理解して、うちとけていくことです。
(5)
権利主張型
 給食費は義務教育だから払う必要がない、など自分の要求を通すために法律や権利を振りかざしてくる親たちです。
 このタイプの親たちは、ささいなことでも、すぐに教育委員会などに訴えがちです。
 学校と張り合い、言い負かす知的快感を覚えるタイプが多いと考えられます。 
 このタイプの親に対しては、理論で言い負かそうとするのではなく、親の主張にじっくりと耳を傾けてあげることが大切です。ただ、同意をしないように心してください。
 権利論ではなく、わが子が給食のたびに肩身の狭い、辛い思いをしていることを伝え「本質論と分けて考えていきませんか」と提案すれば、素直に聞く耳を持ってくれることでしょう。
 とにかく現在は、親も教師もストレスをためている時代です。親からムチャな要求を突きつけられれば、ストレートに反応しすぎて、事態をこじらせるケースが多いようです。
 まず、親の話に耳を傾ける姿勢がとにかく重要です。それまで敵意をむき出しにしていたような人ほど、転換しやすいともいえるでしょう。
「今度の先生は違う」と親近感を持ってもらえたならば、教師への接し方は変わってくるものです。それほど、親の話によく耳を傾けることが大事なのです。
 また、常日頃から親とのあいだに親密な信頼関係が築けていたならば、モンスターペアレント問題などは、ほとんど発生することもなくなります。
 仮に、ちょっとしたことで誤解が生じて、親が学校にかけつけてきたとしても、日頃からの良好な関係があれば、短時間でその誤解が解けるようなケースも珍しいことではなくなるはずです。
 私は「学級便り」を毎日、保護者向けに発行して、保護者との関係は良好に保てていたと自負しています。
 学級便りでなく、毎日ひとりずつ順番に保護者に電話するだけでもいいのです。「今日、○○くんは、こんないいことをしましたよ」と連絡するだけでいいのです。
 「いちいち連絡してこなくてもいい」と返してくる親に「お母さん、そんなこと言わないで聞いてください。本当に○○くんは立派だったんですから」と続けると、電話を切られることはまずないはずです。
 自分の子どもをほめられてうれしく思わない親などいないからです。
 私は、毎日3人の子どもの、いい部分を発見してノートにメモしていました。あの子のメモが少ないと気がつくと「よし、あの子のよいところを見つけよう」と集中すれば必ず新たな発見があります。
 よいことを電話や家庭訪問の際に伝えるようにしていると、保護者によっては「そんなこと言われたのははじめて」と喜んでくれ、信頼関係が深まっていきました。
 今の教師が多忙で苦しんでいるのはよくわかります。しかし、こうした地道な積み重ねが何より大切だということは昔から少しも変わりません。
 注意してほしいのは、保護者の話をよく聞くことと、要求をなんでもかなえるのとは、まったく別の問題だということです。
 トラブル時にこそ、教師の専門職としてのリーダーシップを発揮してほしい。教師がリーダーシップを放棄していれば、一時しのぎはできても、本質的な解決は遠ざかります。
 自分の子どもを主役にしてほしいという親の要望が多かったために、16人の桃太郎が登場する劇を上演した幼稚園があります。こうしたときほど、イヌなどの役の大切な役割を理解してもらえる教育的なチャンスなのです。
 無理な要求を突きつけられたときにこそ、その話を受けとめて聞いてあげた後に、どうして叶えることができないのかを説明して、納得してもらうことが大切です。
 それは、教育というものが、どういうものであるかを理解してもらうためのチャンスです。こうしたときに教師に何よりも求められるのは「毅然とした対応」です。
 毅然というのは、教師がプライドと自信を持って、教育とは何かということをはっきりと伝えていく姿勢の強さです。
(
尾木直樹:1947年生まれ、教育評論家。高校・中学校教師22年間を経て退職し臨床教育研究所「虹」を設立。早稲田大学客員教授、法政大学教授などを経て、法政大学特任教授)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親が「万引きの原因は学校にある、信じてやれるのは親たけだと言い張る」とき、どうすればよいのでしょうか

 被害を受けた店が、警察に被害届を出しました。その店に行って事情をお聞きしますと「今回だけでなく、以前から商品がとられるたびに、Aくんの他、三人の生徒をマークしていた。今回は防犯カメラに犯行が記録されている」とのことでした。
 
「息子が恥ずかしいことをしてしまった。すぐにでも店に謝罪にいきたい」と、言って子どもに反省を促す親の横で、Aくんの父親は「息子は、学校生活に満足できないと、いつも家で言っていた。万引きはいけないことだが、息子がそれをした原因は学校にある」
「学校の先生は、一方的に私の息子を疑っている。息子が主犯格だと決めつけているが、家で本人に聞いたら『友だちに声をかけられたから』と言っている」
「この子を信じてやれるのは、私たち親だけだ。誰が何と言おうと、息子を最後まで信じてやりたい」
 これに対して、学校側は「まずは事実の確認が大事なこと、被害にあった店への謝罪が必要ではないか」と、伝えたのですが、納得していただけませんでした。
 他の親のみなさんも、同じ歩調をとるようにとAくんの父親に言葉をかけたのですが、結局、別々に対応することになり、店の人も不信感を持たれたようでした。
 このような場合、どう対応すればよいのでしょうか。
「最後は私たちだけ」という言葉を裏返せば「学校を信用していない」ということです。
 Aの父親は様々な体験から、一種の人間不信の状態になっていると考えられます。
 
「こうすべきだ」との説得はひとまず控えて、父親の言い分をよく聞き、親が冷静に考えられる状態になってから
「今後のAくんにとって、どのような方法がいいのか、一緒に考えてみましょう」と話しかけるとよいでしょう。
(
諏訪耕一編集:1937年愛知県生まれ、元愛知県公立中学校教師。長野県に不登校の子どもの回復施設「浪合こころの相談室」を開設した)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

殴られたほうの生徒の親が「殴った生徒を呼んで土下座させよ」と言い張るとき、どうすればよいでしょうか

 中学二年生のA男は、以前から問題行動のある生徒でした。
 学校生活でも、教師に暴言を吐いたり、ささいなことから同級生に暴力をふるったり、学校の器物を壊したりして、指導を受けたこともありました。
 ある日の夕方、そのA男の母親から学校に電話がかかってきました。
「うちの子が殴られた。今から学校に行きます」という内容でした。
 母親も中学時代から問題行動を繰り返して警察の世話になったことがあると教頭が教えてくれました。
 まもなく、母親とA男が学校に来たので、私は生徒指導担当と一緒に相談室で詳しい話を聴くことにしました。
 それによると、上級生がA男は「生意気だ」ということで、A男は上級生に胸ぐらをつかまれ、腹を三発ほど殴られたということでした。
 殴ったのは三年生の三人で、すぐに名前を特定できました。その中には、A男が以前暴力をふるった生徒の兄も含まれていました。
 話をしているうちに、母親が「今すぐ、その三人を呼んで、土下座させて謝らせてほしい」と言い始めました。そこで
「その三人に連絡をとって話を聞いてみます。まず事実を確認させてください」
「その上で、きちんと対応をとります。しかし、土下座ということについては、いかがなものでしょうか」
と、少しなだめるように答えました。
 それでも、母親はがんとして「今すぐ、その三人を呼んで、土下座させて謝らせてほしい」と言い張りました。
 さらに母親は
「私がその子たちの家に行ってもかまわないが、そうなると親同士のけんかになってもっと大事になるかもしれませんよ。それでもいいんですか」
と、脅すような感じで言いました。
 土下座についても
「この子が前に殴ったときは一対一だったから、それはけんかでしょう。それでもこの子は謝らされました」
「今度のことは集団の暴力でしょう。だから土下座くらいさせるのが当たり前」
「そうでないと相手の子は反省しないし、またやらないという保証にならないでしょう」
と、強い口調で言ってきました。どうすればよいのでしょうか。
 この母親のような言動は「子どものけんかに親が出る」と言って、昔からよくないこととされてきました。
「今すぐ呼んで土下座させよ」「その子の家に私が行ってもいいが・・・・」
と、まさに脅迫まがいです。
 すぐに、この場に関係者を呼んで謝罪させることは、しない方がよいでしょう。
 当事者、双方に、よく事情を聞き、日頃の思いを吐き出させてから、謝罪をさせるべきです。それにしても、子どもに土下座はさせるべきではありません。
(
諏訪耕一編集:1937年愛知県生まれ、元愛知県公立中学校教師。長野県に不登校の子どもの回復施設「浪合こころの相談室」を開設した)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気になる子どもやその保護者と、じょうずに付き合うには、どうすればよいのでしょうか

 問題行動の多い気になる子どもと、その保護者のことで頭を悩ませている先生も多いのではないでしょうか。
 教師はどのように関係を築いていくか、ということが重要になってきます。
 教師には、様々な能力が求められます。その中でも、授業力と保護者対応能力、この二つは重要な能力です。
 管理職にとっては、良い授業をする教師が望ましいが、保護者対応能力が高い教師の方が安心できる教師です。
 教師が保護者の信頼を勝ち取るには、家庭訪問や個別懇談会、日頃のやりとりの能力が強く求められます。
 今の教師は高い保護者対応能力が要求されるのです。気になる子どもやその保護者と、じょうずに付き合うには、どうすればよいのでしょうか。
1 初めて親に連絡するのは、良いことから
 私は、気になる子を担任した時、じっとその子を観察します。その子が良いことをしたら
 
「きみは、いいところがあるなぁ」
 
「今日、家に帰ったら、必ずうちの人に、先生にほめてもらったことを言うんだよ」 
と言います。そして、その日の夜、保護者に電話します。
「今日、○○くんは学校で、こんないいことをしました。ちょっとうれしくて、思わず電話をしてしまいました」
「えっ! まだ言ってないのですか? 今日、うちに帰ったら話をするように言ったのですけど」
すると、ほとんどの保護者は「え~、本当ですか? そんないいことをしたのですか?」と、うれしそうに答えてくれます。
 いわゆる問題行動の多い子の保護者は学校からの電話は悪い話と身構えます。
 しかし、今度の担任は「うちの子のいいところを、見ていてくれる」という思いを持つことになります。大きな効果があるのです。
2 その子だけが、ほめられる行為をしたときは、おもいっきりほめる
 問題行動の多い子が、一人だけで、よいことをしたとき、みんなの前で、おもいっきりほめます。
 すぐに行動が変わるわけではありませんが、少しずつ変わっていきます。それまで荒れていた子が、落ち着いていくのです。
 私の気持ちが子どもたちの心に届いているような気がするのです。
 よいことをした時にはほめ、悪いことをしたきは叱る、という基本的な態度は絶対に変えません。ひいきをしない、色めがねで見ない教師として、信用してくれるのだろうと思います。
3 子どもが問題行動を起こした時、子どもの口から親に報告させる
 私は、まず、その子の口から親に報告させるようにしています。なぜか?
 親がわが子から直接話を聞くことによって「自分の子どもが悪い」という覚悟ができるからです。
 しかし、ほとんどの教師は、子どもに問題行動があった時は、直接、親に説明します。
 すると「うちの子が、本当に悪いのか?」と、親は子ども呼んで真偽を聞きます。
 子どもは親の迫力にたじろいで「いや、ぼくだけじゃない」「そんなことしてない」と否定する子どもいます。
 親はわが子がかわいいですから「悪いのはうちの子じゃない」とわが子の擁護に回り、教師に不満を言ってくる親もいます。
 こうなると、関係者を集めて、責任を明確にしなければならない。解決に時間がかかってしまうのです。それを避けるためです。
4 問題を早く解決するために、すぐに家庭訪問する
 問題行動を起こしたとき、子どもは親が怖いですから、自分の都合の悪いことは話しません。そんな時は、親は教師に不満を向けてくるものです。
 私は保護者から電話がかかってきた時、どうも私が聞いていたことと違う、自分の都合の悪いことは話していないな、と判断したら「お母さん、電話で言っていても何ですから、今から行きます」と、すぐに家庭訪問します。
 そこでじっくりと話を聞くのです。家庭訪問する利点は
(1)
電話では教師に言えることでも、面と向かうと言いにくくなる。
(2)
子どもに面と向かって「今日、先生が聞いていた話と違うな」と言うと正直に答える。
(3)
次の日に延ばすと、記憶があいまいになり、事実が不明確になる。
(4)
家族が一緒だと、わりと冷静な判断をしてもらえる。
(5)
家庭訪問されることが嫌な親は、教師にすぐにこられると困るので、少しのことでは電話してこなくなる。
5 問題行動の多い子に「いつも、おればっかり叱られる」と思わせない
 教師が子どもと接するときは、成績のよい、おとなしい子には評価が甘くなりがちで、問題行動の多い子には、同じことをしても厳しくなりがちです。
 例えば、問題行動の多いAくんが授業中に隣の子と話をしていたら「こら! A、また話をして、授業を聞いていないな」といった叱り方になりがちです。
 そうすると、Aくんは、自分だけ注意されたことに不満をもち、不信感にもつながりかねません。
 私は、このような場合、話をしている子どもたち全員を注意します。「いつも、おればっかり叱られる」と思わせないことが大切なのです。
(
楠木 宏:1956年生まれ、三重県公立小学校教頭。教育研究三重県集会理科部会助言者)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

保護者との対応に悩む教師へのアドバイス

 保護者との関係に悩んでいる小学校の先生に私が、まず最初にアドバイスすることは「親は簡単に変わりません。あきらめましょう」ということです。
 親はもう長年生きているんだし、すべての子どもの親が教育に熱心であるという教師の思い込みのほうが間違っている。まずは「あきらめましょう」という前提で対応するのです。
 そうしないと、熱心な先生であればあるほど、親を何とか変えようとする。でも、変わってくれない。「なぜ私がこんなにカリカリしているんだろう」と感じてしまう。
 そうすると、無力感や徒労感を感じてイヤになってしまう。その子に関わるのもイヤになる。そうすると、その子に関わることを放棄してしまうことがある。
だから
「親のことはあきらめて、まず目の前の子どもが勝負ですよ」
「子どもたちに何ができるかに視点を変えていきましょう」
と、申し上げるんです。
 二番目は、多くの先生がやってしまうことなんですけど、クレームをつけてくる親に[正論で対応しようとする]ことです。
 親はキレてしまいます。親がキレると教師もキレる。そうすると悪循環のまま。
 つまり、正しいことを言うかどうかは親との間でそんなに大切じゃないんです。まず「関係づくり」に徹しましょう。よく話を聞きましょうと。
 うなずいて、この先生は私の味方なんだなあ、というふうに感じてもらうことが先決です。
 三つめは、デパートの苦情処理を参考にするとよい。デパートては、苦情を言ってきたお客さんは最高のお得意様になる可能性がある人だと。だから「もてなせ」と言っているそうなんです。
 確かにクレームを言ってくる親は、まだ子どもや学校に関心があるわけで、話を聞いたうえで
「ありがとうございます」と感謝して
「本当にお子さんのことを一生懸命考えてくださっているのがよくわかりました」
「私たちは、そのために何ができますか」
というふうにもっていくと、もしかしたら、学校のための戦力になってくれるかもしれない。
 だから、私はよくこう言います。正論で勝負しようとするやり方は空手である。力対力で勝負する空手である。
 カウンセリングマインドというのは相手が責めてきたら、その相手の力を積極的に利用する合気道の精神なんですよと。
 そういう精神は親との対応でも必要なのかな、と思うことがあります。
(
諸富祥彦:1963年福岡県生まれ、 明治大学文学部教授。「現場教師の作戦参謀」として、抽象的ではない実際に役立つアドバイスを先生方に与えている。悩める教師を支える会代表)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

保護者に授業のレベルが塾より低すぎると、指導内容にダメ出しをされたときどうすればよいか

 小学校高学年になると、授業のレベルが低すぎると、授業内容にダメ出しをしてくる保護者がいます。
 授業内容のレベルを上げるように要求したり、指導法にも細かく口出ししてきて困る場合があります。
 
「学校の授業は塾とは違うんだよ」などと、塾に通う子を否定するような態度は避けましょう。子どもや保護者の不信感を大きくしてしまいます。
 子どもから、塾の様子を聞くことで、授業の参考にしたり、塾とは異なる学校ならではの授業の工夫に役立てたりすることができます。
 学校での学習のよさは、異なる能力の子どもたちが、同じ内容を学ぶところに、よさがあります。
 子どもたちがお互いに意見を交流して、さまざまな考え方を学んだり、間違いを認めたり、他の子の意見を取り入れたりと、授業を通して「人として大切な力」を育んでいきます。
 このような、学校で学ぶことのよさを伝え、わが子が授業を楽しんでいる様子が保護者に感じられれば、こうした保護者からの苦情は自然に影をひそめるものです。
 いつも、教科書通りの授業を、何の工夫もせずに続けていると、必ずこのような苦情を言ってくる保護者が出てきます。
 子どもが授業を楽しんでいれば、授業のレベルにかかわらず、保護者は学校の授業に納得してくれるものです。
 ときおり、パズルやクロスワード、迷路やクイズなどを授業に取り入れて「考えること」「学ぶこと」を楽しませましょう。
 当然、レベルの高い問題にも触れさせることになり、保護者も子どもも、学校の授業に満足してくれます。
 理解が早くて計算や漢字技能に長けている子も、ゆっくり確実に習得する子も「よくがんばった」と充実感を味わうことのできる授業にするのが理想です。
 そのためには、学習内容は同じでも、練習量やレベルに応じた課題を与えるような工夫が必要です。
 例えば、学習内容を習得するために、計算ドリルの5番までを全員の課題とし、早く終えた子は10番まで、余裕のある子は発展プリントに進む、などの工夫が考えられます。
(
中嶋郁雄:1965年鳥取県生まれ、奈良県公立小学校教頭。子どもを伸ばすためには、叱り方が大切と「叱り方研究会」を立ち上げる。教育関係者主宰の講演会や専門誌での発表が主な活動だったが、最近では、一般向けのセミナーでの講演や、新聞や経済誌にも意見を求められるようになる)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親から「子どもも育てたことがないくせに」と若い教師を不安に思ったとき、どうすればよいのでしょうか

 ある保育園長が、新卒のころ園児のトラブルで親と話をしていた際に「子どもを産んだこともないくせに!」と面と向かって言われて本当に落ち込んだことが何度もありました。
「私だって一生懸命なのに」と、腹が立って泣いたことがあります。 
 当時の私は、ちょっと上から目線でモノを言っている雰囲気を漂わせていたんだろうと思います。
 相手の親の家庭の状況をおもんばかったりすることもなく、親の不安やグチ、わが子への思いは聞き流して、ともかく伝えておかなければいけないという一心から、保育園側として言いたいことや論理だけを、押しつけていたんだろうなぁと思います。
 ようやく30歳を過ぎてから、自分も結婚し、子どもができて、働きながら子育てをすることが、どんなに大変かがわかった。
 職場でやらなければいけない仕事は山のように降ってくるし、家のこともやらなきゃいけないし、わが子がどこかで悪さをして、他人に迷惑をかけているのではと不安に思ったり。
 そこでようやく、多くの親が、ときとして激しい口調で「子どもも産んだこともないから、わからないでしょうけど!」と、つっかかってこられる意味がわかりました。だって、ついついそう言いたくなりますもん。
 
「私だってつらいのよ。そのことをちょっとは先生が受け止めてよ!」という、一種の悲鳴にも似た思いがこみあげて出てきたのかもしれません。
 それにね、正直いって、相手が自分より10歳も年下だと「こんな若い先生に、わが子を任せて大丈夫かしら」という漠然とした不安がよぎるのは普通です。
 しかし、若い先生の登場を、子どもたちは待ち望んでいます。だって若くて元気だし、いっしょに遊んでくれるし、話題だって合うことが多い。みずみずしさは、最高の宝物なのです。
 若い教師は「好きで教師になったので、子どもたちとの関係づくりはいいけれど、保護者対応はだいぶ苦手です」という人も多いと思います。
 だって「モンスターペアレント」という言葉も流行っていますし、そもそも大学では、保護者対応について何も教えてもらってないし、不安が先に立つことがありますね。
 先ほどの保育園長の話のように、誰もが一つや二つの失敗や苦い経験を持っています。その先輩教師から、いくつかのアドバイスを謙虚に聞いておくと、いますぐには実行できなかったとしても、一年後にはけっこう役立つと思います。
 恥ずかしくて、そんなこと隣の先生になんか聞けない。忙しそうだし、邪魔しちゃ悪いからと思っていてはだめです。
 誰もが失敗を重ねて、ときには叩かれて、少しずつ自信をつけていくのが若い教師の特権でしょう。
 隙を見せないようによろいで身を固めていると、他の教師も、どうアドバイスしていいかわからなくなります。少し肩の力を抜きませんか。
 ある男性小学校教師が新任で五年生を担任したとき、保護者から「なぜ大事な五年の担任が新人なんだ」と書かれた連絡帳を10冊も受け取ったそうです。その地域は私立中学校への受験熱のたいそう高いところなので、五年生は一つの筋目。
 それで、その教師は「一件一軒、電話をかけては、どういう意味で書かれたんでしょうか?」と聞いたそうです。
 表に見える保護者からの攻撃的な言動にたじろくことはあるでしょうが、ビクついたり、うろたえたりせずに、教師のほうから一歩先の行動を起こすことが大切かもしれませんね。
 もし、あなたが「子どもも育てたことがないくせに!」と親から言われたら、あなたはどう反応しますか?
 
「そうなんです。まだ若くてすいません。経験が足りなくて」と、このように切り返すと、相手もいくぶんビックリします。事実なんですから、素直に認めるのです。
 そこで、すかさず
「だから、教えて欲しいんです。学校では、お子さんはこういう側面を時々見せることがあります。お家ではいかがでしょう。親御さんなりに感じたり、知っておられることがあれば、教えていただけないでしょうか?」
と言えば、今度は保護者の方がしゃべらなくてはいけなくなるのです。「えぇー、私が答えなきゃいけない場面になっちゃったわぁ」と。
 会話は言葉のキャッチボールなのです。保護者にボールを投げ返せば、そこから会話が始まるのです。
 子どもを真ん中に置きながら、話を進めていく。教師が感じている学級での子どもの状況。それに、子どもの家庭での様子を交えながら話し合う中で「等身大の、その子の評価」を話し合い、保護者自身が願っていることを確認してみませんか。
 子どもの課題を確認して、その成長を喜び合えるところに、教師と保護者の関係づくりの基本があるのです。
 保護者は、わが子が一番です。「一分の一」で見る側面が強いのです。他方で、教師はクラスの中の一人として見ることが多く「40分の一」「30分の一」として考える傾向があります。
 お互いが歩み寄り、そのズレを修正することが、子どもの本当の姿や思いを、いっしょになって確認し手を携えることにつながります。
 保護者と教師は敵ではありません。保護者を怖がらずに、子どもの成長を、ともに喜び合う存在なのです。
(
小野田正利:1955年生まれ、大阪大学教授。専門は教育制度学、学校経営学。「学校現場に元気と活力を!」をスローガンとして、現場に密着した研究活動を展開。学校現場で深刻な問題を取り上げ、多くの共感を呼んでいる)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

いじめの指導 | さまざまな子どもの指導 | ものの見方・考え方 | カウンセリング | 不登校 | 人間の生きかた | 保護者との協力関係をつくる | 保護者にどう対応するか | 保護者の実態 | 優れた先生に学ぶ | 優れた授業とは | 優れた教科授業例 | 先生の実態 | 危機管理 | 叱る・ほめる・しつける | 各国の教育 | 各教科の授業 | 同僚・管理職との関係 | 問題行動の指導 | 国語科の授業 | 地域 | 子どもから学ぶ | 子どもたちに対する思い | 子どもたちの関係づくり | 子どもと向き合う | 子どもの失敗 | 子どもの実態 | 子どもの成長をはかる | 子どもの指導の方法 | 子どもの見かた | 子どもへの話し方 | 子育て・家庭教育 | 学び合う学び | 学校の実態 | 学校経営と組織 | 学級づくり | 学級の組織と活動 | 学級の荒れ | 学級崩壊 | 学級通信 | 学習指導・学力 | 学習指導案 | 実践のための資料 | 家庭 | 掃除 | 授業づくり | 授業のさまざまな方法 | 授業の展開・演出 | 授業の技術 | 授業中の生活指導 | 教師との関係 | 教師と子どもの関係づくり | 教師に必要とされる能力 | 教師の人間としての生きかた・考えかた | 教師の仕事 | 教師の心の安定 | 教師の成長・研修 | 教師の話しかた | 教師の身体表現力 | 教材・指導案 | 教材研究 | 教育の技術 | 教育の方法 | 教育の理念や思い | 教育史(教育の歴史と変化) | 教育改革 | 教育法規 | 教育行政(国・地方の教育委員会) | 新学級づくり | 理科の授業 | 社会環境(社会・マスコミ・地域) | 社会科の授業 | 算数・数学科の授業 | 経営とは | 英語科の授業 | 評価 | 話の聞きかた