カテゴリー「子どもの成長をはかる」の記事

読書指導で子どもは変わる   杉本直美

 今までの読書指導の多くは国語科の教材の読み、特に文学作品の読みに偏重し、自立した読み手をいかに育てるかという視点に欠けていた。
 読解指導のあと、主人公の気持ちを考えたり、主題を考えたりすれば読書指導であるという授業がいまだに見受けられる。
 読解力が向上すれば、読書行為に転移するものではない。
 何のために読むのか、それが自己形成にどのようにかかわるのか、そのことを子どもたち自身が実感しない限り、主体的に読むという行為は生まれない。
 そこで重要になるのが読書生活である。
 読書生活というのは、本や新聞、雑誌などを始めとした実生活における多様な媒体から情報を得て、必要に応じて選択し、組み替え、創り出し、将来へとつなげていく日々の生活である。
 読書という行為や読書生活そのものを取り上げて教材化し、子どもたちと共に考え、創り出していく。
 そうすることでこれまでとは違う読書指導の姿が見えてくるだろう。
 例えば、国語の授業のとき、教科書の物語を読み合うことの面白さは、互いの考えの交流による新たな発見や考えの交流にある。
 読書指導で、「クライマックスはどこか」という明確な課題意識をもって物語を読む。
 その上で、今までの読書生活の中で読んだ本の中から一冊を選び、クライマックスを中心に作品を紹介し合う。
 過去に読んだ作品を、授業で取り上げた作品と比較しながら紹介するという学習は、過去に読んだ本を再読することになる。
 目的をもって読むという活動が展開される。
 自分の読書生活の現状を意識させるとともに、今後の読書生活の広がりへの期待を込めての学習活動でもある。
 家で読書をしなかった中学生の子どもが読書指導をきっかけに、変化した感想を次のように述べています。
「読書をしてから、やっぱり生活は変わってきたと思います」
「テレビを見る時間は本を読む時間にかわりました」
「本屋に行っても新刊はチェクするようになりました」
「好きな作家も見つけ、本を読む時間と考える時間が増えたと思います」
「何か細かいことに目がいくようになりました」
「前はボーッと眺めていただけのものを『なんで?』『どうして?』と考えるようになりました」
「なぜかは分かりませんが、本を読み始めてから私の生活は変わりました」
 子どもたちは自ら自立した読み手として、自信をもって、これからの社会を力強く生きていくことができだろう。
(杉本直美:1966年生まれ、川崎市立中学校教師を経て、国立教育政策研究所 学力調査官・教育課程調査官)

 

| | コメント (0)

「聞いてまとめる力」を鍛えていかないと子どもの学力は伸びない    成瀬 仁

 「聞いてまとめる力」を鍛えていかないと学力は伸びないと成瀬 仁はつぎのように述べています。
 聞くことは大切です。
 しかし、静かに聞いているのに質問すると答えられない子どもがいる。
 人の話を聞き取って、相手の言いたいことを感知できないのである。
 この「聞いてまとめる力」は学力の基本で、これを鍛えていかないと、学力は伸びない。
 鍛えるためには、子どもに語り、子どもに質問して聞くことが重要なのだ。
 例えば、学校では月に一度くらい全校朝会で校長講和がある。私は講和が終わった後、「今日の校長先生の話で、3つ大事なことは何でしょう?」「校長先生が、みんなに言いたかったことは何でしょう?」と子どもたちに聞く。
 さらに、毎日の朝の会で私が話した後、「さて、先生は、どんなことを話したのでしょう?」と聞くことを私はときどきやる。
 私は国語の「話すこと、聞くこと」に関する授業の終わりの5分間を使い、話を2分間します。
 話の後「この話では3つの大切なことがあると言っていました。
「さてその大切なことは何でしょう?」
「ここで先生が言いたかったことは、何でしょう?」
 と子どもたちに問います。
 この取り組みを続けるうちに、子どもたちはいつの間にかメモをとって聞くようになった。
 自分で覚えられないときにはメモが必要であるということを意識させるためにも、重要な学びとなる。
 このように、授業中のちょっとした時間でも、子どもたちの「聞いてまとめる力」をつける取り組みができるのである。
(成瀬 仁:公立小学校教師。オーストラリア公立小学校での勤務経験がある。また、幼稚園の経験もあり、多彩な教職経験を生かし、子どもと環境、教師の雰囲気について考えながら、現役で教壇に立っている)

| | コメント (0)

大人のずるさを敏感にキッャチし、押しつけを嫌がる小学校高学年の子どもに、人間のすごさを伝える

 体も心も変化する小学校の高学年の時期に、人間のほんもののすごさを伝えると子どもたちの背筋がシャンとなる。
 小学校高学年の子どもは体も心も変化する時期です。
 伝えたいのは人間のすごさです。
 この時期の子どもは、ほんもの志向です。
 大人は本気で子どもと向き合うことが要求されます。
 大人のなかにあるずるさやウソを敏感にキャッチし、大人の権威を押しつけられるのを嫌います。
 ほんものの大人にであったときの子どもの受けとめかたはすばらしいものがあります。
 私の学校では、そば職人といっしょにそばをつくる授業をします。
 職人のあざやかな技や、そばにかける職人の情熱をまのあたりにした子どもたちは、職業観を新たにします。
 以前、ホスピス(末期のがんなど治癒の困難な疾患にかかった患者とその家族に対して、快適な生活を送れるように支援およびケアを提供する)活動されている人を招いて子どもたちに語ってもらいました。
 私は子どもたちに死を教えるということに、不安がありました。
 しかし、患者が精いっぱい生きる姿を語られることによって、子どもたちは生きていることのすばらしさをしっかりと受けとめました。
 人間がシャンとする、というか、子どもの背筋がピンと伸びたような時間になりました。
(
行田稔彦:1947年新潟県生まれ、和光小学校・和光鶴川小学校校長、日本生活教育連盟委員長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子どもを成長させるためには、絶えず追究し創造し、新しいものを子どもたちのなかにつくり出さなければならない

 教師の仕事は、追究者・創造者として絶えず追究し創造し、新しいものを子どもたちのなかに、つくり出していかなければならない仕事である。
 子どもたちに一つのものをつくり出したときには、つぎのより高いものを目ざして、追究をはじめ、新しい創造をしていかなければならないものである。
 それは、山にへばりつくようにして、大きな石を頂上まで石を押し上げていったときに、そこで新たに見える高い山に向かって、また石を押し上げていくようなものである。
 そこには創造する喜びがあり、追究者・創造者としてのかけがえのない体験をすることもできるからである。
 課題を突破した結果、生まれた子どもたちの新鮮な典型にふれる喜びがあり、それによって自分を新鮮にしたり、子どもから豊かに学びとることができるからである。
 教師の仕事にはそういう喜びがある。
 また、教師がそういう喜びを持ち、子どもから学ぶことができるようになったとき、教育の仕事は成立したと云えるのであり、子どもの成長を助けることができたとも云えるのである。
 教師はそういう仕事を休みなく続けていかなければならないものである。
 一時間の授業からつぎの一時間の授業へと、また一学期から二学期へと、さらに今年の一年間からつぎの一年間へと、新しい課題をつくり出してはそれを突破し、そこに生まれた新しい事実から、またつぎのより新しい事実へと追究し創造していかなければならないものである。
 教師は、授業とか行事とかのなかで、そういう創造をつづけないかぎり、子どもたちの成長を助け、子どもたちの可能性を引き出すことなどできない。
(斎藤喜博:1911年~1981年、1952年に島小学校校長となり11年間島小教育を実践し、全国から一万人近い人々が参観した。子どもの可能性を引き出す学校づくりを教師集団とともに実践した。昭和を代表する教育実践者)

 

| | コメント (0)

子どもの脳を成長させるには、どのようにすればよいか

 脳を鍛える基本は「ワーキングメモリー(脳へのメモ)を使う」ことです。そのためには子どものワーキングメモリーを鍛えることだ。
 たとえば、「28+36」の繰り上がりのある計算は、一桁目の8+6=14の繰り上がりされた数字1を脳にメモ(ワーキングメモリーを使う)して二桁目の2+3+1=6を計算して、64となります。
 この計算は教師が教えたからできるのではなく、子どものワーキングメモリーが発達したからできるのです。
 このような計算は反復練習をしないとワーキングメモリーは伸びません。
 国語でも同じことが言えます。
 読みの授業では、少なくともその前に書いてあったことが脳にメモ(ワーキングメモリー)されていないと、文章を深く読み取れるはずはありません。
「これ、それ」が何を指しているのかという問題も脳にメモされていないと答えることができません。
 漢字を書けるようにするのもワーキングメモリーのトレーニングです。
 子どもたちが学習しているときには、さかんに脳のメモを使っています。
 そのメモ帳をある程度のあいだ頭の中に置けるようにしておくことが大切です。
 躾けができるかどうかも関係してきます。
 また、ワーキングメモリーが弱いと、人とコミュニケーションしているときに、
「この人、今どう思っているのだろう」
 といった人の気持ちを考えにくくなります。
 わがままで自己中心的になってしまうおそれがあります。
 脳のトレーニングは、できないことができるようになることです。
 できるようになると、脳を育てる物質の分泌が増加します。
 できるようになったら次に進むという学校のシステムはよくできていると思います。
 脳を育てるための学習以外の習慣は、まず運動することです。
 手を使った作業も前頭葉を活性化します。
 人と関わることも脳を鍛えることにつながります。
 笑いも前頭葉を活性化します。
 バランスのよい食事も脳にとって大切です。
 脳の半分は脂肪なので肉・魚の脂肪は重要です。
 同時に緑黄色野菜を食べて酸化を防ぐようにします。
 ぶどう糖(炭水化物)は脳の唯一のエネルギー源で、蓄えはできません。だから朝昼晩と規則正しく食べる必要があります。
 タンパク質は神経細胞の材料になります。
(篠原菊紀:1960年長野県生まれ、脳科学者。公立諏訪東京理科大学教授。専門は脳神経科学、応用健康科学。「学習しているとき」「運動しているとき」「遊んでいるとき」など日常的な場面での脳活動を調べている)

 

| | コメント (0)

才能はつくるものである

 才能はあるものではない。
 才能はつくるものだ。
 正しい努力を続ければ、やっただけの能力が必ず身につく。
 500回やってできない人も、5000回やればできるようになる、ということを忘れてはいけないのです。
 自分には才能がないという悩みと悲しみは、ばかげた間違った考え方である。
 人間は環境の子どもである。
 へたな努力をすれば、へたな才能が育つ。
 正しい努力(一つのことができたら、それをくり返しやること)を積み重ねた人がすぐれた才能を示す。
 手先の仕事をするある工場で、
「生まれつき手の遅い工員がいます。なんとかなりませんか」
 と社長が鈴木に言った。鈴木は、
「それは手でなく、頭がおそいのですよ」
「いいコーチをつけて、卓球の練習をさせてください」
「卓球は瞬間的に体と頭が同時に働かなければなりません」
「うまくなったとき、仕事の能率も上がっています」
 と言った。
 それから半年後、社長から仕事の能率が上がったと礼状が鈴木に届いたそうです。
 子どもの短所を生まれつきと放置せず、短所は時間をかけて訓練すれば逆に長所とすることもできると鈴木は信じています。
 だれにでも短所はあります。
 それを放置しないで、すぐに長所にする行動に移す。
 これは人の一生の運命を左右するほど大切なことです。
(鈴木鎮一:1898~1998年 ヴァイオリニスト、音楽教育家。才能教育運動をおこし音楽教育システム(スズキメソッド)は世界的に評価されている)

 

| | コメント (0)

能力を身につけるには、どのようにすればよいのでしょうか

 教育とは、教えよう、やらせようと一生懸命にやってもどうもうまくいかない。
 みんな、教えることだけに夢中になって、育つという子どもの実体を忘れている。
 どうしたら能力が身についていくか、ということについて深く追求しなかった。
 つまり、教育の「教」ばかりを行って、目的である「育」のほうを忘れてしまっているということです。
 自分には生まれつき能力がないと嘆くのは身勝手なことです。
 わたしたちが自由に日本語をしゃべるのは、実は非凡なわざなのです。
 能力が育っていれば日本語をなにげなくしゃべるように、やさしく感じるものです。
 能力が身につくようになるには、身につくまでくり返し努力することです。
 鈴木は過去に間違った練習や努力で、自分の能力に絶望しました。
 楽器を練習するとき多くの場合、一つの曲がひけるようなると、どんどんつぎの曲へ移ってしまいます。
 しかし、そういう努力を続けていると平凡な演奏しかできなくなります。
 音楽ばかりでなく、なんでもそうです。
 りっぱになっていく原則は、身につけた力を、ぎりぎりの高さにまで築き上げていくことです。
 鈴木は過去の間違った経験から、練習方法を正しいほうに変えました。
 子どもたちの楽器の練習は、会得した一つの曲をうんと練習させます。
 毎日3回ずつ、約3か月間ひかせるのです。
 しかも一方では、その曲の世界最高の演奏を絶えず聴かせる。
 もっとりっぱに、もっとりっぱにと。
 そうすると、やがて高さというものが生まれてきます。
 また勘を育て、技術をこえた、曲をひき終わった後の精神的な態度の領域にまで達します。
 能力は自分でつくるものだと鈴木は信じています。
 くり返し、くり返しやることだ。
 そのために根気ということが問題になります。
 どんなことでも、ことの成否は、やり抜くかどうかにかかっているともいえるでしょう。
 根気も育てなければならないものです。
 そのためには、しばらくのあいだ忍耐することです。
 自分をたたき起こす。
 このしんぼうが運命を決めるのです。
 しばらく続けていると、必要な根気の能力が生まれてきます。
 その根気の能力が手伝いを始めるので、しだいにやりやすくなり、根気が続くのです。
(鈴木鎮一:1898~1998年 ヴァイオリニスト、音楽教育家。才能教育運動をおこし音楽教育システム(スズキメソッド)は世界的に評価されている)

 

| | コメント (0)

子どもたちが元気になり、勇気がわいてくるには、どうすればよいか

 人は笑顔、励まし、まなざしの中で元気とか勇気が湧いてくる。
 学校は、自信と達成感と居場所が子どもたちにあることだ。
 そのためには、授業、友だち、給食の三つが必要条件になる。
 この三つをきちっと指導できる教師がプロである。
 なかでも、授業は要になる。
 的確な発問に子どもが元気よく答える。
 子どもどうしのうなずきや問い返し、共感や支持など、学び合い支え合う学習集団があるかどうかである。
 真剣に学ぶ規律ある教室の空気が子どもの落ち着きをつくりだし、学びを深める。
 「学習が遅れがちな子」「家庭に課題のある子」「心身に障害のある子」といった課題のある子どもたちを底上げすれば、できる子どもをさらに伸ばし、全体の高まりの中で個人も伸び、学習集団全体が高まる。
 学習が理解できること、心身にハンディがあっても、みんなの輪の中で生きていけること。
 家庭に課題があっても「そんなことは、あなたの責任や努力とは関係のないこと」と支えられる教育環境があれば、子どもたちは明日に希望がもてる。
 机に向かっている子どもは、みんな同じように見えるが、家庭や地域の暮らしの中に、子どもの教育課題が隠れている。
 見ようとしないと見えてこない。
 学校外の暮らしに心を寄せないと、本当の子どもの姿が見えない。
 学校で教科指導しているときだけが教師の仕事ではない。
 教師の人間性・人格そのものがお手本である。
 その意味で教育は奥が深いし、教師の責任は非常に重い。
「先生に出会ったおかげで、今の自分がある」と、教え子に言ってもらえたら、教師冥利に尽きる。
(明石一郎:大阪府公立小学校教師、全国同和教育研究協議会事務局長、大阪府教育委員会指導主事、貝塚市立小学校校長を経て関西外国語大学教授)

 

| | コメント (0)

「遊び」の効用は限りなく大きい、遊びを活用して「元気はつらつとした子ども」を育てよう

 平成の初め、全国的に都市型過疎化が進行し、東京都台東区に統合して新しい小学校がスタートすることになった。
 そのとき学校が心配したのは「校区が広くなって子どもたちが登校をしぶるのではないか」ということであった。
 そこで、子どもにとって「魅力的な学校を創る」ことをテーマに掲げて、地域人材を活用する授業展開を様々に試みた。
 そうした活動の中で、子どものやりたいこととして選んだのは「遊び」の導入であった。
 毎朝15分間、子どもが好きな遊びを選んで行う。
 ただし、校庭が狭いことからサッカーのようなチームゲームは禁止し、1人で遊べることに限定した。その遊びの種類は、
 マラソン、鉄棒、なわとび、バスケット・シュート、お手玉、折り紙、読書、けん玉、あやとり、竹馬、一輪車、パソコン、自由研究である。
 実はこれらの遊びはすべて「腕が上がる」ようになっている。
 遊びを導入した結果、学校に新しい雰囲気が生まれたのである。
 学校で「好きな遊びができ、遊びを選ぶことができ」「遊びで腕を上げることができ」 「遊びで仲間ができる」という雰囲気が生まれた。
 腕をあげるために、子どもは次にここまで上達したいと「めあて」を決め、学級のボードに「見て見てカード」を掲げる。
 その遊びの時間を「チャレンジ」と名づけている。
 保護者も参加していいが、教えない。子どもが見よう、見まねで上達するのを見守る。
「魅力ある学校づくり」は効果があり、上野小学校に不登校児童がいない状況が何年も続いたのである。
「遊び」の効用は大きかった。遊びの効用とは、
(1)遊びには面白さとともに開放性と自由性があり、夢中になれる
 そのため心身がリフレッショする。朝の遊びは目覚めを促し、気持ちをシャンとさせ、情緒が安定する。
(2)遊びで仲間内での約束やルールを学び、社会性が身につく
 勝ったり負けたりすることで敗者復活の対処の仕方を身につける。
 だから、勝敗にこだわらなくなり、自他の力関係を客観的に判断できるようになる。社会性が自然に身につく。
(3)遊びは練習し、頑張ればできるようになるので忍耐力が身につく
 上達するためには繰り返し練習する必要がある。好きな遊びだから練習が苦にならない。
 自然な形で練習の大切さと、頑張ればできるようになる、という忍耐力や生き方の基本を身につけることができる。
(4)遊びは全身を鍛える
 けん玉や竹馬は全身のバランス感覚が得られる。手先と体と頭が一緒になった運動である。
 巧緻性が高まり、集中力が生まれる。体を動かすことと、精神を働かすことの統合が起こる。
(5)遊びを選ぶことの教育的効果も大きい
 きょうは何で遊ぶか、という「自分のやりたい」ことを選ぶことは子どもの主体性や個性を育てる。
 それは子どもの個々の生活感覚や学習への態度を豊かに形成する。
 小学生の暴力行為が増加しているが、子どもの遊びの減少が背景にあるのではないか。学校は遊びを積極的に生かすべきである。
 東京都品川区のある小学校の朝、登校すると15分間子どもたちは校庭で思いっきり遊ぶ。「生き生きタイム」の時間である。
 どの子どもも元気はつらつとした表情で明るい。「朝ごはんを食べてきたから」と口々にいう。
 校長は「子どもの目覚めが悪いことに気づいて、目覚めを促すために外に出て遊びをさせた。その結果、朝ごはんを食べてくるだけでなく、10時前就寝も多くなった、学力も高まった」と語っている。
 また、高学年担任の教師は、
「これまで朝の授業は反応がなかなか返ってこなかったのが、生き生きタイムを実施したあとは、いい反応が返るようになった」と言う。
 最近の子どものテレビ漬けや夜更かしはかなり深刻な状況であるが「早寝・早起き・朝ごはん」を提唱するだけでは十分でない。それができるための仕掛けが必要である。
 子どもの心に「早起きしなければ」と思わせる動機づけが必要である。「生き生きタイム」はそのための仕掛けである。
 最近の子どもは体全体を動かす遊びが足りない。子ども同士が群れになって行う遊びが少ない。
 遊ばないと、勝ったり負けたりの敗者復活の経験ができない。
 遊びはストレスを発散させる特効薬だが、その薬を与えられないため、すぐキレる、暴力を振るうなどの短絡的な行動に走る。
 遊びだけではない。多くの面で「子どもらしさ」が失われているのではないか。
 将来的には「人間力」形成は重要だが、今の子どもに必要なのは、元気はつらつとした「子ども力」ではないかと考える。
 その意味で、朝の15分間の「生き生きタイム」はどこの学校でも真似してほしいことである。
 それは子どもが1日通して学習も生活も有意義に過ごせることが最も重要だからである。「遊び」は活力の源なのである。
 しかし、最近の子どもはテレビゲームのような室内遊びに熱中するが、戸外で遊ぶ姿を見ることが少なくなっている。
「遊び」の効用は限りなく大きいのである。
(高階玲治:1935年樺太生まれ、北海道で小・中学校教師、北海道立教育研究所副部長、盛岡大学教授、国立教育研究所室長、ベネッセ教育研究所顧問、ベネッセ未来教育センター所長、教育創造センター所長を務めた。専門は、教育経営、学習指導、特別活動など、講演と幅広く活躍した)

 

| | コメント (0)

集中力とバランス感覚は、子どもたちに小中学校を通じて身につけてほしい一番大事な力です

 社会に出て、自分のキャリアの基礎技術を得る、最初の大事な5年ぐらいが20~30代前半にあります。
 そこでは体力と耐力が必要なわけですが、耐力を支えるのが「集中力」と「バランス感覚」です。ぜひ小中学校で身につけてほしい力です。
 もし、子どもに集中力があるのなら、多少学力が低くても、夢は何かと語れなくても、大目に見てあげてほしいですね。
 集中力を養う方法は、百ます計算や音読がすごくいいと思います。
 今や世界中に広めようとしている陰山英男さんの百ます計算。
 これで養われる力は計算力だけではないですね。
 単純計算を繰り返すことで脳が刺激されて、脳の力、考える力が増すこともあるでしょう。
 それ以上に集中力が増します。
 あるいは「声に出して読みたい日本語」で有名な齋藤 孝さん推奨の音読も、毎日やることで、記憶力だけでなく、集中力が高まるすごくいい方法だと思います。
 また、これらの方法が広まる前から、跳び箱を使ったり、ロボットを作らせたりして、集中力を高めたり、引き出す技術を持った先生が日本中にたくさんいるわけです。
 こういう先生とぜひめぐり会ってほしいですね。
 集中力は、本当に子どものころに身につけることじゃないかと僕は思います。
 興味の対象が見つかったときに、集中力さえあれば、それが絶対に身につきます。
 もう一つのバランス感覚は、主に小中高を通じて身につける力です。
 昔は地域社会が豊かで、兄弟の多い子の兄貴分に鍛えられることがあったんです。
 僕は一人っ子だから兄弟では揉まれなかったんですが、住んでいた公務員住宅の隣に5人兄弟のあきちゃんという子がいました。
 あきちゃんが左利きだったもんですから、僕も一緒にお兄ちゃんに野球を教えてもらって左打ちになっちゃった。
 そういうことが昔はきっといっぱいあったのに、地域社会もごそっとなくなった。
 それに兄弟も親戚付き合いも少ないから、子どもたちは、親と子、先生と生徒という縦の関係と、友達の横の関係だけになりがちなんですね。
 学校がこぢんまりとして暴力的ないじめがなくなった一方で、ナナメの人間関係ができにくいわけです。
 世の中にいる厳しいおじさん、いろいろ教えてくれる優しいおばさん、お兄さん、お姉さん、そういうナナメの関係に揉まれていないので、人間の関係性や距離感が非常に学びにくくなっている。
 僕は、ナナメの関係というのはすごく大事で、地域社会を学校の中に復興させなきゃいけないと主張しています。
 とりわけ人間との距離感を学ばせるためには、今の社会はあまりにも過酷すぎます。
 あまりにも核家族化し、地域社会がなくなり、学校も小規模化しています。
 だから、人の関係に限らず、物やお金を含めた世界全体と自分との距離を学ぶ機会が少ないですね。
 そういう、昔は黙っていても育った、まっとうなバランス感覚が、現在は育ちにくくなっていることを親は非常に意識しなくてはいけません。
 小中学校を通じて、この集中力とバランス感覚はすごく大事です。これがあれば、周りにどんな人が現れても、そこから学びとる力が自然に育まれていきますから、自分の興味がどこへ向かっていっても大丈夫な子になると僕は思っています。
 これが、小中学校でぜひとも身につけたいことの話です。
(藤原 和博:1955年東京都生まれ、東京都初の中学校の民間人校長として杉並区立和田中学校の校長を務めた)

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

いじめの指導 さまざまな子どもの指導 ものの見方・考え方 カウンセリング 不登校 人間とは(心理・行動・あり方) 人間の生きかた 保育幼稚園 保護者との協力関係をつくる 保護者にどう対応するか 保護者の実態 優れた先生に学ぶ 優れた学級担任とは 優れた授業とは 優れた教科授業例 先生の実態 危機管理 叱る・ほめる・しつける 各国の教育 各国の教育改革 各教科の授業 同僚・管理職との関係 問題行動の指導 国語科の授業 地域 子どもから学ぶ 子どもたちに対する思い 子どもたちの関係づくり 子どもと向き合う 子どもの失敗 子どもの実態 子どもの成長をはかる 子どもの指導の方法 子どもの見かた 子どもの話し方 子育て・家庭教育 学び合う学び 学力 学校の実態 学校組織 学校経営と組織 学校行事 学級づくり 学級の組織と活動 学級の荒れ 学級崩壊 学級通信 学習指導・学力 学習指導案 実践のための資料 家庭 宿題 掃除 授業づくり 授業のさまざまな方法 授業の実態 授業の展開・演出 授業の技術 授業中の生活指導 教師との関係 教師と子どもの関係づくり 教師に必要とされる能力 教師の人間としての生きかた・考えかた 教師の仕事 教師の心の安定 教師の成長・研修 教師の話しかた 教師の身体表現力 教材・指導案 教材研究 教育の技術 教育の方法 教育の理念や思い 教育史(教育の歴史と変化) 教育改革 教育法規 教育行政(国・地方の教育委員会) 新学級づくり 特別支援教育 理科の授業 研究会開催情報 社会環境 社会環境(社会・マスコミ・地域) 社会科の授業 算数・数学科の授業 経営とは 英語科の授業 評価 話の聞きかた