カテゴリー「子どもたちに対する思い」の記事

トラブルメーカーの子どもとどう関係をむすべばよいか

 いまの子どもたちとつきあうのは、本当に疲れる。
 いいかげんにしてくれよと言いたくなる。
 とにかく子どもたちは我慢ができない。
 トラブルは日替わりメニューのように起きる。
 教室にはトラブルメーカーの子どももいる。
 こうした子どもたちを相手に教師はどうすればいいのだろうか。
 佐藤 博はつぎのように述べている。
 クラスに荒れが広がり始めると、佐藤は子どもの言動を許せず苛立った。
 教室にザラついた空気が流れ、不信は不信を呼び、子どもたちは佐藤の言うことを聞かなくなった。
 佐藤は教師に向かないと悩み、自己嫌悪に陥った。
 子どもの現実を変えることができないと佐藤が悟ったとき、子どもへのまなざしを変えなければと考えた。
 大人でも否定的な視線に包まれて自分を変えることは難しい。
 腹立たしい子どもらを嫌わないためには子どもの見方を変えるほかない。
 子どもは大人の満足のために存在しているわけではない。
 子どもだった自分を思い出してみればわかる。
 思春期はもともと多感で扱いにくい存在なのだ。
 しかし、子どもとうまくいかないとき教師は苦しい。
 佐藤は荒れる子どもを担任して苦しむ自分に焦点を当てていた。
 しかし、焦点を当てなければならないのは生きづらい社会のなかで悶えている子どものほうではないかと思い至った。
 純粋に生まれてきた子どもが、先に悪くなる社会などあるわけがない。
 そう思えば子どもたちも可愛く見えてきた。
 一人ひとりの子どもを丁寧に見れば、どんな子どもにも健気な気持ちや成長したいという願いや小さながんばりがある。
 肯定的な子どもの発見が教師と子どもとの関係を変える。
 教育は恋愛に似ていると佐藤は思い始めた。
 人は恋するとき、好意を寄せてくれて、善きものを見いだしてくれる相手に、自分を向上させようとするエネルギーが生まれる。
 教師が苦手な子どもに対して、関心や期待を寄せることはできる。
 どんな子どもにも誇りがあり、愛されたい、成長させたいと願っている。
 いつまでも悪い子はめったにいない。
 大人になる過程でいつか変わり成長する。
 目の前の悪いことをする子どもを嫌わず、
「悪いことをしても信頼してくれた先生がいた」
 という思いを子どもに残すことが教師の仕事だと考えるようになった。
(佐藤 博:1948年生まれ、元東京都公立中学校教師・教育科学研究会常任委員・学びをつくる会世話人)

 

| | コメント (0)

子どもは自分が心に描いている教師のイメージで反応する

 子どもの心の中に描かれている教師のイメージを分析してみることが重要である。どのような姿に、子どもたちが教師を描いているのか正しく把握しておくことが必要になる。
 子どもは自分が心に描いている教師のイメージで反応する。したがって、教師の客観的な姿を正確に反映しているわけではない。そのため、学級に40人の子どもがいれば、40通りのイメージがあることになる。
 そこで、教師と子どもとの人間関係は、子ども一人ひとりの教師のイメージを明確にすることが人間関係の検討にとって大切なことである。
 子どもが好きな教師の人間像には、その教師の指導方法や態度、能力や学識、にじみ出る教師の人格、性格や言動、年齢や性別など、いろいろな面から描き出される。
 この教師像を正確につかむことは容易ではないが、好きな教師の条件を選択させたり、自由に記入させて、子どもが願う教師の姿をとらえることができる。
 子どもが教師はこうあってほしいと願う理想的な姿から、教師は指導の欠点や子どもとの関係の持ち方を反省する機会が得られる。
 好きな先生・嫌いな先生の研究は多いが、好き嫌いの条件の例をつぎに示すと
(1) 好きな先生
 ユーモア、親しみやすい、やさしい、はきはきしている、いっしょに遊ぶ、教え方がうまい、公平、指導熱心、陽気、 清潔なみなり、知識・教養がある
(2) 嫌いな先生
 えこひいき、短気・怒りっぽい、こごとをいう、独断的、いばる、親しめない、不公平、時間を守らない
(岸田元美:1922年生まれ、徳島大学名誉教授、元鳴門教育大学副学長)

| | コメント (0)

目の前の子どもを救ってあげたいという一心が日本の教育を変える

 今の日本は、多くの人が夢を持つことなく、流れに身を任せて生きているように思います。社会全体が無力感にさいなまれているような感じがします。
 
「人が人を思いやる」という当たり前であるはずのことが現代社会では薄れています。
 私は、これからの社会に求められているものの一つは「ホスピタリティ」だと思っています。それは、相手の立場に立ち、相手に思いやりの心を持って接していき、心配りをしていこうという姿勢です。
 私は、日本の教育を変えたい。そう考えています。
 明らかに公教育の教育現場で欠けているもの、教育で最も重要なもの、それは「ホスピタリティ」だと私は思います。
 
「ホスピタリティ」は、生徒にいつも無償の心でもてなすという意味で、あくまで心のあり方です。いつも、生徒や保護者の立場に立ち、思いやりの心を持って接していこうとする意識です。
「なんとか、目の前の生徒を救ってあげたいという一心」これこそ、ホスピタリティの真髄だと私は思います。
 その気持ちを持ち続ければ、いつかは必ず相手に伝わるものなのです。
 一途に相手を思いやり、成功体験を与えたいと思えば、生徒に興味を持って、一生懸命に触れ合おうとします。
 が、そう簡単には事は進みません。しかし、迷い、悩みながらも最後まで生徒を信じ、励まし、あきらめずにぶつかっていく。
 その結果として「先生のおかげで、こんなふうに変わったよ」と生徒に言われたら、先生にとっても、きっとこのうえない成功体験になるでしょう。
 また、生徒の家族もわが子の成功体験と感動を分かち合い、変わっていきます。
 それは何物にも代えがたい至福のときであり、私は少しでも多くの人たちにこの瞬間を味わってほしいと願っています。
 生徒がいて、保護者がいて、先生がいて、みんな心と心でつながって一つのコミュニティをつくっているのが教室です。
 みんな笑顔で楽しそうにしている。そこに行くだけでみんなが元気になり、夢や目標を持つようになり、明るく前向きに変わっていく。ホスピタリティが日本の教育を変えるのです。
 塾の先生というと、勉強ができて成績がよい人材が求められるというイメージがあると思います。しかし、私は、いわゆる学力よりも人物を重視して採用しています。
 私の塾の先生の適性は、つぎのようなものがあげられます。
(1)
子どもの視点に立てる
(2)
コミュニケーション能力がある
(3)
動機づけができる
(4)
自責性(自分で自分の過ちをとがめ、自分に責任があると考えること)がある
(5)
チャレンジ精神がある
(6)
主体性がある
(7)
モラルがある
 これら、すべての根底にある「人となり」は、目の前の生徒を何とかしたい、という強い想い、つまり「ホスピタリティ」の心があるかどうかなのです。
 この「ホスピタリティ」さえあれば、これらの適性は必然的に身についてくるものだと私は考えています。
 私は「無我夢中」という言葉が好きです。無我夢中の生徒たちを見ると、私は涙が出るくらい感動します。
 いまでこそ、東京個別指導学院は一部上場企業に成長しましたが、ここにいたるまでには数多くの苦難がありました。
 うまく対処できずに落ち込んだとき、私を発奮させてくれたのが、生徒が無我夢中になって学習をしている姿でした。
 机にしがみつき、必死に学習している、そんな姿です。そして、生徒が「やればできるんだね」と満面の笑みをこぼした、あの笑顔でした。
 もしかしたら、私は心のどこかで、人を何かに夢中にさせたいと思っているのかもしれません。
 人が目の前に立ちはだかる壁や課題を乗り越えていく瞬間を見て感動したいと思っているのかもしれません。その瞬間があるからこそ、人は生きていく意味があると思っているからです。
 子どもたちには、もっと無我夢中になってほしいと思います。自分で目標を立て、それに向かって突き進む姿は何よりすばらしいと信じています。
(
馬場信治:1958年東京都生まれ、大学在学中に塾を創設、公文教育研究会を経て、個別指導塾を運営)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子どものおこないを善意でとらえると、これまでとちがった教育の世界が開けてくる

 子どものおこないの見方について家本芳郎はつぎのように述べています。
 教師は毎日、子どもの行為に接していますが、基本的に、善意でとらえることです。
 たとえば、遅刻する子どもがいます。この子どもと対話をはじめるとき、教師は善意と悪意のどちらに立って接するかで、子どもとの接し方が正反対になります。
 遅刻した子どもを悪意でとらえると「規則を破るだらしない子ども」だとなります。そういうとらえ方をして、子どもに接すると、よい結果をもたらしません。教師の悪意はすぐに子どもに察せられ、反発をまねくからです。
 善意でとらえると「何かわけがあって遅れたにちがいない。でも、よく学校に来てくれた。うれしいことだ」となります。そうとらえれば、「よく学校に来てくれたね」と、ねぎらいの言葉をかけることから、対話をはじめることができます。
 なにごとによらず、あくまで善意で子どもをとらえることが望まれています。たとえその結果、裏切られてもいいではないか。裏切られても、裏切られても、善意でとらえ、信じてやる、それが教師の仕事だと思います。
 「そうはいっても、とてもそんな気持ちにはなれない」というのが現実でしょうが、ときに、余裕をもって、だまされたと思って、三回に一回でもいい、善意でとらえてみれば、またちがった教育の世界が開けてくると思います。
(
家本芳郎:19302006年、東京都生まれ。神奈川の小・中学校で約30年、教師生活を送る。退職後、研究、評論、著述、講演活動に入る。長年、全国生活指導研究協議会、日本生活指導研究所の活動に参加。全国教育文化研究所、日本群読教育の会を主宰した)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

いじめの指導 さまざまな子どもの指導 ものの見方・考え方 カウンセリング 不登校 人間とは(心理・行動・あり方) 人間の生きかた 保育幼稚園 保護者との協力関係をつくる 保護者にどう対応するか 保護者の実態 優れた先生に学ぶ 優れた学級担任とは 優れた授業とは 優れた教科授業例 先生の実態 危機管理 叱る・ほめる・しつける 各国の教育 各国の教育改革 各教科の授業 同僚・管理職との関係 問題行動の指導 国語科の授業 地域 子どもから学ぶ 子どもたちに対する思い 子どもたちの関係づくり 子どもと向き合う 子どもの失敗 子どもの実態 子どもの成長をはかる 子どもの指導の方法 子どもの見かた 子どもの話し方 子育て・家庭教育 学び合う学び 学力 学校の実態 学校組織 学校経営と組織 学校行事 学級づくり 学級の組織と活動 学級の荒れ 学級崩壊 学級通信 学習指導・学力 学習指導案 実践のための資料 家庭 宿題 掃除 授業づくり 授業のさまざまな方法 授業の実態 授業の展開・演出 授業の技術 授業中の生活指導 教師との関係 教師と子どもの関係づくり 教師に必要とされる能力 教師の人間としての生きかた・考えかた 教師の仕事 教師の心の安定 教師の成長・研修 教師の話しかた 教師の身体表現力 教材・指導案 教材研究 教育の技術 教育の方法 教育の理念や思い 教育史(教育の歴史と変化) 教育改革 教育法規 教育行政(国・地方の教育委員会) 新学級づくり 特別支援教育 理科の授業 研究会開催情報 社会環境 社会環境(社会・マスコミ・地域) 社会科の授業 算数・数学科の授業 経営とは 英語科の授業 評価 話の聞きかた