カテゴリー「授業中の生活指導」の記事

授業中、わざとふざけたことを言ったり、揚げ足をとって、授業を妨害する子どもに、どのように対応すればよいでしょうか

 授業中、教師の問いかけや友だちとの意見交流で、わざとふざけたことを言って、授業を台無しにする子どもがいます。
 また、教師の発言の揚げ足をとって、授業を妨害する子どももいます。
 このような行為は、授業の雰囲気を壊し、他の子に迷惑となります。どうすればよいのでしょうか。このような子どもには、
「真剣に相手をせず、軽く受け流して、授業の雰囲気を守ることに専念する」
とよいと思います。指導のポイントは
(1)授業のペースを乱さない
 子どもが授業の流れを壊す発言をした場合、大切なのは、授業のペースを乱さない
ことです。
 そのために、子どものふざけた言葉に「真剣に取り合わない」ことです。
 幼い子どもを母親がなだめるように「軽くたしなめて、受け流す」くらいの「余裕」で応じましょう。
(2)他の子をバカにしたり、迷惑になる態度には厳しく
 他の子をバカにしたり、周りに迷惑になるような態度をとった場合は、軽く受け流して終わってはいけません。
「今の言葉をもう一度言ってみよ」と、毅然とした態度で叱りましょう。
 教師の毅然とした態度ほど、子どもにこたえるものはありません。
 ほとんどの場合、これだけでOKです。反省が見られたら、あとは何事もなかったかのように授業を続けましょう。
(3)教師が「無視した」と受け取られないようにする
 教師が子どもを軽く受け流す対応の仕方は、冷たくあしらわれ、無視されたと受け取られるかもしれません。そうならないように、
「耳が日曜日」「また遊んであげるから」
など、たまにはユーモアで返す余裕も見せなくてはなりません。四角四面な叱り方をするだけでは、到底聞き入れてはくれないものです。
(4)周りの子どもたちに問う
「今の行動が、立派だと思う人?」と、他の子どもたちに問うようにします。
 当人の言動が周りの子どもたちにとっては、迷惑になると知れば、授業をかき回す発言をしなくなるものです。
(中嶋郁雄:1965年鳥取県生まれ、奈良県公立小学校長。子どもを伸ばすためには、叱り方が大切と「叱り方&学校法律」研究会を立ち上げる。教育関係者主宰の講演会や専門誌での発表が主な活動だったが、最近では、一般向けのセミナーでの講演や、新聞や経済誌にも意見を求められるようになる) 

| | コメント (0)

授業に必要な物をよく忘れる子どもは、どのように指導すれば忘れ物がなくなるか

 授業で使用する「コンパスを忘れました」と報告に来る子どもは、
「先生が何とか解決してくれるだろう」
と、先生に助けを求めて来ます。
 教師が、忘れ物をした子どもに、
「なぜ忘れたのか?」
「あれだけ忘れるなと言ったのに」
などと、厳しく注意しても、その後に、教師が忘れ物をした子どもに、
「先生の物を使いなさい」
「隣のクラスの子に借りなさい」
などと、教師が解決してしまっては、忘れ物をした子どもは、同じことを繰り返すことになります。
 忘れ物を繰り返す子どもは、持ち物の確認を家庭で行う習慣が身についていません。
 ですから、保護者の協力を欠かすことができません。
 家庭に連絡を入れて、次の日の準備の確認を保護者と一緒に行うように協力を求めなくてはなりません。
 また、特別な持ち物が必要になる場合には、あらかじめ家庭に連絡を入れて、準備をしておくようにお願いするようにしましょう。
 忘れ物をすると教師に「叱られるのが怖い」のではなく、
 忘れ物をした子どもに
「授業で自分自身が困るのだ」
ということを分からせなくてはなりません。
 そのために、忘れ物をした子どもには
「何か解決策を考えているのか?」
と、問うようにしましょう。
 教師は解決してくれないこと、忘れ物をした子どもが、自分で考えなくてはダメなことを教えるためです。
 忘れ物をした子どもが、忘れ物をすれば、困るのが自分だと身をもって経験することで、真剣に考え、忘れ物をなくすようになっていきます。
(中嶋郁雄:1965年鳥取県生まれ、奈良県公立小学校校長。子どもを伸ばすためには、叱り方が大切と「叱り方&学校法律」研究会を立ち上げる。教育関係者主宰の講演会や専門誌での発表が主な活動だったが、最近では、一般向けのセミナーでの講演や、新聞や経済誌にも意見を求められるようになる)

| | コメント (0)

授業中、そわそわして落ち着かず、集中力に欠けるクラスは、どう指導すればよいか

 教師の目を盗んで好き勝手なことができる環境をつくっていることが問題です。
 授業に参加しなくても、おとなしくさえしていれば、叱られることも困ることもない授業に教師がしていまっているということです。
 クラス全員が授業に集中するように、子どもたちの考えを書かせたり、突然、指名して発表させたり、ぼうっとしている子どもに声をかけたりと、様々な指導の工夫が必要です。
 いつノートチェックが入るか分からない、となれば、子どもは嫌でも授業に参加せざるをえなくなり、教室が心地よい緊張感に包まれます。
 世の中はテンポが速くなっています。授業の組み立てを短時間のユニットを組む工夫をすることで、集中力が持続する授業づくりに努めましょう。
 例えば、導入の10分間は計算や漢字のゲーム、次の15分は教師の発問を考える、その次の10分間は意見の交流タイム、最後の10分間はドリルで練習、といった具合に。
 教師の目を盗んで、こっそり勝手ことをやっている子どもを、個別に集中して叱ってはいけません。
 その子は運悪く見つかっただけで、他にも授業に集中できてない子はたくさんいたはずです。叱られた子にすれば「何でオレだけ?」と、反抗したくなります。
 何度も注意したくなる子もいます。何度も叱ることが続くと「あの子はダメな子」というレッテルが貼られる危険があります。
 そうならないように「隣の子はできているか、お互いに確認してね」と、子ども同士で気をつけ合うような指導法を取り入れ、教師の直接指導を少なくする工夫が必要です。です。
 何となく教室の雰囲気がだらけてきたなと感じたら、一斉に教師の方を向かせたり、思い切って授業を中断してしまいましょう。
 クラスの雰囲気を変えたうえで授業を再開した方が集中して学習することができます。
(中嶋郁雄:1965年鳥取県生まれ、奈良県公立小学校校長。子どもを伸ばすためには、叱り方が大切と「叱り方&学校法律」研究会を立ち上げる。教育関係者主宰の講演会や専門誌での発表が主な活動だったが、最近では、一般向けのセミナーでの講演や、新聞や経済誌にも意見を求められるようになる)

| | コメント (0)

授業中、子どもの飽きを緩和するためには、どのようにすればよいか

 授業中、あくび、手悪さなど、子どもの「飽き」を感じることはありませんか?
 そんな時に力を発揮するネタをお教えしましょう。子どもたちはリフレッシュし、授業に再び集中します。
1 合言葉
 お決まりの合い言葉をみんなで言います。すると、子どもたちは元気になり、授業に集中できます。
(1)合い言葉を決めておき、教師が途中まで言ったら、子どもたちが続きを言う。
 例えば、
 教師「やる気がある子は」、子ども「背中ピシッ」
 教師「準備ができたら」、子ども「手はおひざ」
 教師「教室は」、子ども「間違うところです」
 教師「できなくても」、子ども「がんばる姿が美しい」
 ちょっと笑わせて緊張をほぐしたい時は、ボケを入れるとよい。
 教師「〇〇先生」、子ども「最高です」
 教師「西南戦争」、子ども「西郷です」
2 3分間の雑談タイム
 学習をバンバン進めたい時は、説明中心のつまらない授業になりがちです。
 それでも、授業中に3分間の雑談タイムを設ければ、子どもたちはがんばれます。
 教師は「もし、みんなががんばったなら、授業中に3分間だけ自由な時間をあげます。この時間は、席を立って誰とおしゃべりをしてもよいです」と言う。
 授業中、教師は子どもたちが飽きてきたと感じたら、3分間の雑談タイムを取る。子どもたちは笑顔で立ち歩き、おしゃべりをしてリフレッシュする。
 どんなにつまらない授業でも、子どもたちは、この時間を楽しみにがんばることができる。
3 教師の質問に、子どもたちが声をそろえて「そーですね」と答える
 先生の質問にクラス全員が「そーですね」と答えます。
 声をそろえて言うことで、クラスに一体感が生まれます。
 また、子どもの声が大きくなります。
 そして、授業にテンポが出て、子どもが飽きにくくなります。
 授業中、クラスみんなで一斉に声を出す機会を増やしましょう。
(1)教師が「今日は、いい天気ですね」と天気に関する質問をする。これがスタートの合図。
 子どもたちは「そーですね」とクラス全員で声をそろえて答える。
(2)続いて、教師は「割り算は難しいですね」などの質問をくり返す。
 子どもたちは、その度に「そーですね」と答える。
(3)いくつか質問をした後、
 教師が「鼻の長い動物は」と聞く。勘のいい子どもが「ゾウですね」と答え、笑いが起きる。
 教師「10を別の言い方で」、子ども「とうですね」
 教師「ジャンケンでチョキに勝つのは?」、子ども「グーですね」
 教師「頭の中にあるのは」、子ども「脳ですね」
 教師「英語で2は?」、子ども「ツーですね」
 など、くだらないやりとりが楽しい。
(中村健一編:1970年山口県生まれ、山口県岩国市立小学校教師。授業づくりネットワーク、お笑い教師同盟などに所属。笑いとフォローをいかした教育実践は各方面で高い評価を受けている。 また、若手教師を育てることに力を入れ、多くの学生に向けて講演も行っている)

| | コメント (0)

授業中、教師の話を聞いていない子がいたとき、突然クイズを出すと、話を聞くようになる

 授業中、教師の話を聞いていない子がいたとき突然クイズを出します。
 教師の話をよく聞いていた子だけが分かるクイズです。
 子どもたちは、教師の話を注意深く聞くようになります。
 進め方は、
(1)授業中、教師の話を聞いていない子がいたとき
 教師は突然「ラーメンが食べたい」と言う。
(2)教師は
「おしゃべり禁止。先生は今、何が食べたいと言ったでしょう」
「1番、カレー。2番、寿司。3番、ラーメン」
「決めた人は、顔を伏せます」
と言う。
(3)子どもたち全員が伏せたら、教師は、伏せたまま、決めた番号を指で出すように指示する。
(4)子どもたち全員が番号を出したら、指を出したまま、顔を上げさせる。
(5)教師は
「正解は3番のラーメンです」
「正解だった人は、起立!」
「先生の話をとても良く聞いていましたね。拍手~!」
とほめる。
 繰り返し行うと、子どもたちは教師の話をよく聞くようになる。
(中村健一:1970年山口県生まれ、山口県岩国市立小学校教師。授業づくりネットワーク、お笑い教師同盟などに所属。笑いとフォローをいかした教育実践は各方面で高い評価を受けている。 また、若手教師を育てることに力を入れ、多くの学生に向けて講演も行っている)

| | コメント (0)

授業開始のチャイムがなっても席に着かずに遊んでいる子どもがいるとき、どう指導すればよいか

 授業開始のチャイムがなっても席に着かずに遊んでいる子どもは、どこの学級にもいるものです。そんな時に次のような「指導」をします。以外と子どもたちにはききます。
 5分ほど席につかないで遊んでいた子どもを指名して、
「1週間にみんなは30時間ほど授業を受けます。1時間の授業で5分無駄になると、1週間でどのくらいの時間が無駄になりますか」
と問いい、黒板に計算させます。
子どもは黒板に、5分×30=150分、と板書します。
「みんなはこの1年間で35週ほど授業を受けます。1週間で150分無駄になると、1年間でどのくらいの時間が無駄になりますか。」と問い、黒板に計算させます。
子どもは黒板に、150分×35=5250分、と板書します。
「5分無駄にすると、1年間で5250分無駄になるわけです。授業117時間分です」
「1年間の体育の時間が105時間ですから、たった5分無駄にしていけば、体育を1年間できなくなるのと同じことになってしまうのです」
 ここまでさせると子どもたちは、たった5分ザワツイていただけで、1年間では、(自分たちが一番好きな)体育の総時数以上の時間が無駄になることを感じとります。
 この指導は効果が高いです。「けじめをつけよう!」という理念の固まりみたいな言葉より、数字を出す話のほうが、はるかに効果があるのです。
 もちろん授業がおもしろければ、子どもたちは授業を待つようになるので、このような指導もいらないのですが・・・。
(菊池省三:1959年生まれ 福岡県北九州市公立小学校教師、2015年に退職。コミュニケーション教育を長年実践した。「プロフェッショナル-仕事の流儀(NHK)」などに出演、「 菊池道場」(主宰)を中心に全国で講演活動をしている。 北九州市すぐれた教育実践教員表彰、福岡県市民教育賞受賞)

| | コメント (0)

子どもたちのおしゃべりで授業が進まないとき、若い教師はどのような工夫をしているのでしょうか

 子どもたちのおしゃべりで授業が進まないとき、若い教師の工夫をしている方法は
1 とにかく待つ
(1)
おしゃべりに教師も混ざって、楽しみ、話の空白で瞬時に
「さて、この楽しい雰囲気で授業を進めよう。次は」
などと言って、教師のペースに戻ります。
 とにかく待つ。静かになるまで絶対に始めない。
(2)
無理に進めない。しりとりとかして、落ち着いたら始める。
(3)
気づくまで黙ってみんなを見る。
(4)
教師が子どもの目を見て黙る。
(5)
教師が話さず待っている。
2 しゃべってはいけないことを「きまり」する
(1)
なぜしゃべってはいけないのか、きちんと説明します。
 教師や友だちの話を聞きたい人や、学習したい人がいるので、じゃまをしてはいけない、ということを「きまり」と位置づけます。
(2)
始めに「このカードが出ているときは、だまって話を聞こう」と約束して、しゃべってしまう子がいたときに「お静かにカード」「聴く時間カード」のプラカードを掲げる。
(3)
教師が「グーのハンドサイン」をしたら注目するという約束を4月にしておく。
 黙ってハンドサインをする。
3 授業に時間の区切りを入れる
「聴く時間」「書く時間」「話し合う時間」などのメリハリをつける。
 45分間ずっと黙っているのではなく「ここは全員聴いて」「今は書く時間だから、おしゃべりはいりません」「隣の人と2分間、話し合って」とわける。
4 よく聞いている子どもをほめる
 早く静かにできた人や班をほめる。
5 音を鳴らす
(1)
旅先で買ったベルを鳴らします。すぐに静かになり注目します。
(2)
チャイムや楽器の音を鳴らし、静かにする合図にする。 
6 ゲームをする
(1)
「これ何本?」と言って指を立て、「じゃあこれは?」と続けるうちに、子どもたちのほとんどが「〇本」と反応してくれるので
 そこで「いい集中力じゃん! そのまま聞いてね」というようにしていました。
(2)
簡単なゲームをして、注意をこちらにむけ直す。
7 叱る
 静かになるまで待つ。うるさいときは、思いっきりしかります。
 そして説明します。「勉強したい人がいるのに、その権利を奪うな」と。
8 小さな声で静かに語る
(
佐藤/隆:1957年生まれ、都留文科大学教授。教育科学研究会副委員長、『教育』編集長。教育学、教育実践学、教師教育論を主な研究領域としている)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子どもが教師の問いかけに無反応で、私語が多く集中しないとき、どうすれば教師力をつけることができるか

「先生、授業うまいなぁ」「先生に教えてもらったら、ようわかるわ」と、子どもに言われるのは教師冥利である。
 教師から一目置かれる先生に共通しているのは「授業が上手で、子どもに好かれ、保護者からも信頼され、職場で人望が厚い」教師だ。
 では、そうした「教師力」の根元になる授業づくり・学級経営の基本は何か。
 授業とは「何ごとかを、わからせようとする教師の活動と、何ごとかをわかろうとする子どもの活動との統一」といえる。
 子どもが、教師の説明や問いかけに、何の興味や関心を示すことなく、無反応であったり、私語が多く態度が横柄で、集中しなかったりすれば「授業が成立していない」ことになる。学級も「荒れ」てくる。
 成立していない授業の特徴は、教師と子どもの信頼関係が崩れている時である。
例えば
(1)
教師の一方的な話に終始する
(2)
よく手を挙げる子どもや「できる子」だけを相手に進める
(3)
わからない子を無視する
(4)
子どもの失敗や間違いに無関心である
(5)
威圧的な叱責だけの対応をする
教師の存在である。
 ひと言でいえば、子どもたちの「安心感」や「居場所」がなく、何か「ギスギス感」が支配的な学級である。笑いもなくなる。
 どうすればよいのでしょうか。
 改善策は、そんなに難しいことではない。
 要は学級の子どもたちが「居心地よく感じる」環境を整えればいいのだ。
 この学級は「安心していいところ」と子どもが感じた時「学習意欲」も湧き上がる。
そのポイントは、
(1)
子どもの気持ちを受けとめること
(2)
話をよく聞くこと
(3)
教師と子ども、子どもと子どもを「つなぐ」視点をもつ
ことだ。
 学習内容が理解できない子どもが
(1)
どこで誰が「不満」をもっているのか
(2)
どこで誰が学習の「つまずき感」をもっているのか
と、原因や背景を真剣に吟味し、そのことをきっかけにそのことをきっかけに、他の子どもの認識も子どもの認識も発展させるような学習内容を構成・展開することである。
 すると、教師は、それまでの学習としての子どもが「生活者」として見えてくる。
 一人ひとりの子どもの生活背景が見えた時に、授業に深みが出る。
 学級集団が一つにまとまるのもそういう時だ。
 教科指導と生活指導の統一が「授業づくりの基本」である。
 学級経営も授業づくりも一日ではできないが、一日一日の積み重ねが大事だ。
 あなたは、子どもが好きですか?
(明石一郎:1955年大阪府生まれ、貝塚市立小学校教師、全国同和教育研究協議会事務局長、大阪府教育委員会首席指導主事、貝塚市立小学校校長を経て関西外国語大学教授)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

授業中に私語が多く、周囲の生徒の学習に迷惑をかけている生徒に、どう指導すればよいか

 授業不参加型の私語が、授業妨害になるレベルに至れば、まず教師として私語を止めさせることが重要です。
 具体的な方策は、
1 私語があったときは、直地に止めるように注意し、毅然と対処する。
2 私語があったときは、授業を一時中断し、私語をしている生徒を凝視し、その生徒が授業妨害していることをわからせ、静かになるまで待つ。
 しかし、これには限度がある。長時間授業を中断することはできない。
3 私語をしている生徒に、教師が質問をする。
 今、教師が説明している内容、板書した内容等について質問し答えさせる。
4 授業の規律や授業のリズムを確立する
5 私語が少なくなるよう授業を改善する
 一斉授業で、教師の説明や解説が中心の授業は、私語が起きやすいものです。そこでつぎのような工夫をします。
(1)
授業中に生徒に質問、発問をしながら授業を進めていく。
 生徒はいつ質問がくるかと、気が抜けない。私語がしづらくなる。
(2)
生徒の活動の場を多く取り入れたり、ノートをとらせる、生徒間で協議させる、発表させる、板書させる、調べさる、視聴覚資料を活用する。
 なお、授業中の私語の原因として、
(1)
学業不振のため、授業についていくことができないため。
(2)
性格上の問題
(3)
情緒障害(LD<ADHD等)
(4)
さまざまな原因が複合的に起きる
(
緑川哲夫:1948年東京都生まれ、元東京都教育庁主任指導主事、東京都公立中学校長、東京農業大学教授
)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャイムが鳴ったのに席に着かず、私語やマンガを読んだり遊んだりして授業が成立しない時、どう対応すればよいのでしょうか

 チャイムが鳴り、授業の挨拶をしようとしても、教室が騒然としているとき、どう対応すればよいのでしょうか。
 このような場合、注意すべき子どもをピンポイントで指導して、学習態勢の確立をはかるようにするとよい。
 子どもの名前を呼び、具体的な指示を出した。
「〇〇くん、前を向いてください」
「□□さん、口を閉じてください。号令がかかっています」
「△△さん、手を膝の上に置きましょう」
 そして、その子がきちんとしたら
「OKです。ありがとう」、「はい、できました」
と言うようにした。 
 また、一度で直らない子には
「〇〇くん、2回目の注意です」
と、毅然かつ冷静に指導した。
 このようにして、全員の学習態勢が整ってから授業に入るようにした。
 そのとき、個別の子にも全体の子どもたちにも、もくどくど説教はしなかった。
 きちんとできたことを認めて授業を始めた。
 ほかの方法の例を次に示すと、
「教科書の〇ページの一番上の番号1を指でさしなさい」
と指示を出す。
 教師が「5,4,3,2,1」と数えて少し待ったあと、教室の端の子から一人ずつ「〇、〇、〇、×、・・・・・」と言いながら評価していく。
 また、リズミカルに「マル、バツ、マル、マルのマル」などと言いながら机間を回る。
 これを何回か実施すると、すぐに教科書を開いて指がさせるようになった。自然に学習態勢が整った。
 よくない方法は「静かにしなさい!」といった全体への注意です。
 子どもたちは自分に向けられた言葉だと感じない。
 大声でどなると、全体萎縮させ、きちんとしている子にも「なんで僕たちまで怒られるの」といった受けとめ方をされてしまう危険がある。
 注意や指導は、それを必要とする子に直接向けられるべきである。
 ほめることは、全体へふくらませて効果がある。しかし、叱ることは、その個人に限定したほうがよい。
(
神部秀一:群馬県公立小学校教師
)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

いじめの指導 さまざまな子どもの指導 ものの見方・考え方 カウンセリング 不登校 人間とは(心理・行動・あり方) 人間の生きかた 保育幼稚園 保護者との協力関係をつくる 保護者にどう対応するか 保護者の実態 優れた先生に学ぶ 優れた学級担任とは 優れた授業とは 優れた教科授業例 先生の実態 危機管理 叱る・ほめる・しつける 各国の教育 各国の教育改革 各教科の授業 同僚・管理職との関係 問題行動の指導 国語科の授業 地域 子どもから学ぶ 子どもたちに対する思い 子どもたちの関係づくり 子どもと向き合う 子どもの失敗 子どもの実態 子どもの成長をはかる 子どもの指導の方法 子どもの見かた 子どもの話し方 子育て・家庭教育 学び合う学び 学力 学校の実態 学校組織 学校経営と組織 学校行事 学級づくり 学級の組織と活動 学級の荒れ 学級崩壊 学級通信 学習指導・学力 学習指導案 実践のための資料 家庭 宿題 掃除 授業づくり 授業のさまざまな方法 授業の実態 授業の展開・演出 授業の技術 授業中の生活指導 教師との関係 教師と子どもの関係づくり 教師に必要とされる能力 教師の人間としての生きかた・考えかた 教師の仕事 教師の心の安定 教師の成長・研修 教師の話しかた 教師の身体表現力 教材・指導案 教材研究 教育の技術 教育の方法 教育の理念や思い 教育史(教育の歴史と変化) 教育改革 教育法規 教育行政(国・地方の教育委員会) 新学級づくり 特別支援教育 理科の授業 研究会開催情報 社会環境(社会・マスコミ・地域) 社会科の授業 算数・数学科の授業 経営とは 英語科の授業 評価 話の聞きかた