カテゴリー「各国の教育」の記事

アメリカは教育崩壊からどのようにして学校を立ち直らせたか

 アメリカはヴェトナムとの戦争の影響で、1960年代には、極端な人権主張、反体制・反伝統の風潮がアメリカ社会を覆い、若者の反抗、麻薬の蔓延、離婚の増加、フリーセックスなどが蔓延していった。
 教育界においても学校が崩壊の極みにあった。一部の急進的な学者たちが「教育の人間化」を主張した。「学校でのルールの押しつけはいけない」「子どもへの寛容さが大切」などと、教師の権威や学校の管理体制を攻撃した。その結果、学校の規律は崩壊し、暴力、麻薬、アルコール、タバコ、喧嘩、いじめ、教師への反抗が広がった。学校はまさに「病めるアメリカ」の縮図となっていた。
 こうした状態を国家的危機と捉えて、レーガン政権は1983年 にレポート『危機に立つ国家』で教育改革を訴えた。こうした政府の呼びかけに呼応して、教育現場で立ち上がった人々がいた。ワシントン州タコマ市のフォス高校の教師たちである。1991年フォス高校は暴力問題を早急に解決するという声明を出し、そのために規律の強化を行った。生徒たちには「喧嘩をすれば、除籍される」と宣言した。その結果、1992年には、喧嘩は12件へと激減し、翌年には3件となった。フォス高校は、コミュニティと協力して「ゼロトレランス地域」を宣言し、秩序と安全の確保を謳った。ゼロトレランスとはルール違反を見逃さない厳格な教育ということである。
 フォス高校のゼロトレランス方式の成功は、全米に伝わり、各地に広まっていった。1997年にクリントン大統領は「規則を整備し、ゼロトレランス方式を確立すべきである」と呼びかけた。ゼロトレランス方式が全米に急速に広がるにつれ、暴力や麻薬などの犯罪的な問題行動は急速に沈静化していった。それにつれて、ゼロトレランスの概念は、欠席・遅刻、怠学、授業中の態度など、日常的な規律立て直しにも拡大されていった。
 ごく小さな規律違反にも、教師は直ちに注意を与え、あるいはごく軽い罰を与えて、問題の芽を小さなうちに摘み取ってしまおうとする「段階的しつけ」という考え方である。逆に良い行いをすると、誉められたり、ご褒美を与えられたりする。たとえば、小学校で一般的な指導方法は次のようなものだ。
 子どもが授業中におしゃべりをしたり、宿題をやってこなかったら、教師から注意を受ける。逆にゴミを拾って教室をきれいにしたり、友達に親切にしたら、担任の先生から褒められ、特に良い行いに対しては、全校の朝の放送で表彰され、ご褒美が与えられる。子どもには一人一人行動記録カードを持たせ、褒められたり叱られたりしたら、記録させる。各人毎の善悪の集計が行われ、これが行動評価一覧表として掲示板に貼り出される。誰が「善い子」か「悪い子」か、一目瞭然となる。子ども達は競って「善い子」になろうとする。特に「悪い子」は、教師が保護者を呼び出して、反省を促す。
 破れた窓を放っておくと、また次の窓が破られ、それが徐々に拡大し、ついに街全体が荒廃する、という「破れ窓の理論」があるが、これを教育現場に適用したのが「段階的しつけ」である。
 中学や高校になると、「お仕置き」が多用される。放課後の居残りや土曜日登校による補習、放課後の教室清掃、校長の横での昼食、などの方法がある。かつての日本でも廊下に立たせるというやり方があったが、まさに同様の「お仕置き」である。お仕置き部屋を設ける学校が多い。ブースで仕切られた席があり、遅刻や宿題を忘れた生徒は、教師の監督のもと、孤独な環境の中で、自分の行為について反省させられる。
 こうしたお仕置きでもなかなか立ち直らない問題生徒は、オルタナティブ(代替)・スクールという各教育管区内に設置されている特別指導用の学校に送られる。手のつけられない問題生徒を正規の学校に放置しておくと、大多数の善良な生徒たちの規律正しい教育環境を乱すし、また、こうした問題生徒は、別の環境で立ち直らせる必要がある、という考えからである。また不登校や引きこもりの生徒も、オルタナティブ・スクールに強制的に出校させて、専門家の指導も加えて立ち直らせる。
(
伊勢雅臣:1953年東京都生まれ、製造企業に就職、経営学博士、国民文化研究会理事)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

教師にとって仕事への意欲と喜びを生み出してくれるものは何ですか?

 新任教師のあなたはスタートラインに立ちました。出発の準備もできました。緊張していますか、もちろん、楽しみと不安の両方があるでしょう。それでいいのです。
 教師という職業はリスクの高いスポーツでしょうか? 少なくとも、エキサイティングで挑戦しがいのある職業です。どのような道を進むのかが、いつも未知数なのです。
 でも、よいサポートがあればたくさんのことができます。そして、成功するために一番大切なのは、十分な訓練と心の準備です。
 これからの人生には二つの状況があると考えてください。一つは、あなたから力を吸い取っていく事態、そしてもう一つは、あなたにエネギーを与えてくれるという事態です。
 あなたが向かい風のなかにいるときは、楽しくない人や足を引っ張る人といっしょにいるのではなく、あなたが前に進んでいけるようサポートしてくれる人を見つけましょう。
 幸いにも、教師という仕事はさまざまなことを自分で決められます。あなたに、仕事への意欲と喜びを生み出してくれるような教材や活動を見つけてください。
 マーティン先生は、古いオルガンが教室にあったので、毎日、子どもたちにオルガンを弾いていました。子どもたちは声を張り上げて歌っていました。教師と子どもが、歌と音楽の喜びを共有していたのです。
 学校での一日を歌で始めることが、彼らによいサイクルをもたらしました。オルガンと音楽がマーティン先生にとって、一番強さが得られる源泉だったのです。そこから得たエネルギーをもとに、彼は子どものための実践に力を注ぐことができたのです。
 さあ、あなたにとっての力の源泉は何ですか?
(アストリ・ハウクランド・アンドレセン:1952年生まれ ノルウェーの小学校副校長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教師は一人ひとりの子どもと個別の関係性を結ぶ必要がある

 私は米国や英国の学校を素人の目で見てきた経験をもっています。
 日本の学級や先生と雰囲気がちがうのですね。われわれの目から見ると、授業をやっていないような雰囲気なんですね。
 いわゆる一斉授業ではなく、グループ学習、ないしは個別学習です。小学校の段階でも一斉授業もなされているのですが、その割合は低く、むしろ個別学習の時間が多いということでした。
 子どもたちはバラバラですし、勝手なことをやっている。だけども、先生はちゃんとそこにいて、しっかり指導しているわけです。やっぱり、集団のあり方が日本と全然ちがうんだと思いました。
 英国の学校を見ていますと、先生と子どもたちが一対一でコミュニケーションをしているですね。
 僕も精神科医として、不登校の子どもと個別に話をしてカウンセリングしているんですが、個別に話をするとすごく話ができるんです。
 学校という場は集団としてのコミュニケーションはたくさんなされていますが、教師と子どもとの個別なコミュニケーションはあまりなされていません。
 そのありかたを変えれば、子どもたちは集団に適応するために教師の言うことは聞きます。
 しかし、それは教師という一人の人間に対する信頼感でなく、教師という役割に対する適応なのです。
 教師は個性ある一人ひとりの子どもの個別の関係性を結ぶ必要があると思います。
(
田村 毅:1957年東京生まれ、東京学芸大学教授を経て、東京都に田村研究室(カウンセリング&クリニック)を開設。専門は思春期精神医学、家族療法)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イギリスでは教師に暴力をふるう親が問題になっている

 イギリスでは教師に暴力をふるう親が問題になっている。
 イギリスでは体罰が1986年に禁止されたが、校内暴力がめだつようになり、1995年には生徒からの暴力で教師が負傷する数が5000件に達した。これは10年前の6倍以上であった。
 それがいつか「親が生徒と同じことを始めた」と言われるようになった。親から教師への暴力件数は2005年に216件であったが、その件数は氷山の一角に過ぎないといわれる。暴力を受けたと報告すると、教師としての手腕が疑われると考えたり、学校選択制を採るイギリスでは学校の評判が低下するのを恐れるからだ。
 教師が暴力を受けた事件として、つぎのような例がある。母親が小学校に通う子どもの担任に呼び出され、遠足費用の支払いを催促された。帰り際に、数人の教師たちの笑い声が耳に入った。彼女は、てっきりバカにされたと思い込み、戻ってきて、妊娠5カ月だった担任の肩と顔面を殴った。その場に倒れた担任はすぐに病院に運ばれた。幸い母子ともに命に別状はなかったが、社会に大きなショックを与えた。親が教師に暴力を振るって、そのままで済むわけがないと2002年に3カ月の禁固刑の実刑が下された。
 また、「教師から叩かれた。学校でいじめられた」などと、子どもが親にうそを言ったことが原因で、親が教師に暴力を振る事件もおきている。
 イギリスの暴力事件は2005年には1995年の10倍に増えた。
 親の教師に対する暴力は、暴力が蔓延する社会風潮を反映しているのではないか。また、イギリスは階級社会と呼ばれているが、サッチャー元首相の政策もあって、あらゆる分野で競争が激化し所得格差が開いたことがあげられる。「社会で正当に評価されていない」と不満を抱き、怒りをくすぶらせている人も少なくない。
(
多賀幹子:広告会社の編集者を経て、フリージャーナリスト。女性・教育・異文化を取り上げる)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロンドンの小学校は学校別成績番付で順位によって学校の浮き沈みが決まる

 近年、ロンドンの小学校が学校別成績番付(リーグ・テーブル)によって、強いプレッシャーのもとにおかれている。学校は、学校別成績番付(リーグ・テーブル)の順位によって、その浮き沈みが決まってしまうからだ。
 学校別成績番付(リーグ・テーブル)に示される各学校の実績は、在校生の社会階層構成の実態に密接に関係している。
 教育熱心な親たちは、成績のよい学校の通学区に引っ越したり、よい教会立学校(公立学校よりすぐれている)の入学許可を得るために礼拝に出席したりする。
 反対に、人気のない学校はしばしば定員割れを生じ、その結果、ほかの学校から締め出された子どもたちや、国外や国内他地域から越してきたばかりの子どもたちを受け入れることになる。そして、そうした子どもたちは、多くの場合、通常以上にさまざまな支援の必要性を抱かえているのだ。
 つまり、学校の悪評と定員割れとが、人間関係上・行動上の問題を抱かえる子どもたちを多く引き受けざるを得ないという結果をもたらすわけで、学校は容易に悪循環に陥る。
 学校の評判に、なにより響く、学校別成績番付(リーグ・テーブル)の順位はさらに下降し、心配する親たちの不信感を倍加させ、それはまた職員の募集や勤続確保をも妨げて、ひいては監査官たちの注意を惹きつけることになる、というわけだ。
 小学校に新たに重要な施策として、リテラシー・アワー(読み書き集中練習時間)やニューメラシー・アワー(計算集中練習時間)が導入された。これらは、11歳時の英語と算数の全国一斉学力テスト(ナショナル・テスト)に向けた準備をなにより優先するという方向にさせるものだ。
 それぞれの学級で自発的な活動をしたり、自分の興味関心にしたがって仕事を深めていくなどといった教師の自由はほとんどもう過去の話で、今では指示的で詳細きわまる全国共通教育課程によって、教室で子どもたちの学習する事柄は、細部まで規定されている。
 教育水準監査院の監査の結果、問題校を特別措置()のもとに置く手段は、その学校への支援を強化し、問題の処理に努力を焦点化させるためだ、という。
 しかし、現場では、失敗校と公に名指しされ、先生や生徒を集めるのにも困ることになり、よりいっそうの下降スパイラルの途をたどる、といったことになりがちだ。
(ウェンディ・ウォラス:教育ジャーナリスト 教育問題記者として「タイムズ教育週報」特集主任記者を5年にわたり務める 英国内の新聞、雑誌などへの寄稿多数)
(
)特別措置:学校を失敗校として、監督のもとにおかれ、学校改善の策定を求められる。二年以内に改善がみられない場合、閉校を命じるか、フレッシュ・スタートの措置がとられ、学校名を変更し教職員を一新させる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学校は訴訟の脅威にさらされている

 訴訟社会で学校も訴訟の脅威にさらされている。
 訴訟社会のなかで、ある種の親たちは、まとまったお金を手に入れるチャンスがあるのは、宝くじに当たるか、学校を訴えるかのふたつだけだ、といった受けとめさえする存在なのだ。
 たとえばケイリーという子どもは、よく事故を起こす。ある日の午後、ビー玉を飲み込んでしまったことがある。そのさい彼女の母親は、正規のルートをとおしての解決策さえ決まらぬうちに、すぐさま学校を訴えると電話で脅してきたのだった。
 英国の校長たちは、子どもが運動場で転んだり、廊下でつまずいたりするだけで訴訟を起こされかねない脅威にさらされている。
 教師たちもまた、自分の勤めている学校を訴えかねない。
 多くの学校が、クレームから身を守ろうとして、教育活動を削減したりもしている。遠足で子どもたちを校外に連れ出すのをやめたりする学校も出てきている。
 イングランドでは、子どもに30分の居残りを命じた校長が、人権法違反で弁護士に告訴された。
(アストリ・ハウクランド・アンドレセン:1952年生まれ ノルウェーの小学校副校長)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

新任教師のころから、誰よりも一生懸命に生徒のために働いた、クラス運営に必要なお金も自腹で工面した

 教師になりたてのころから、私は小学校で誰よりも一生懸命に生徒のために働いていた。また、クラス運営に必要なお金を工面した。もちろん今だに、ほぼ誰よりも一生懸命働いている。
新任から4年間、私は次のように働いていた
40人の5年生のクラスを午前8時から午後3時まで教えていた。
90分の算数の補習を求める子どもたちのために、朝6時半から授業を始めていた。
20人の子どもたちにギターを教えるために、休憩もとらず、昼食も食べないでいた。
50人の子どもたちとシェークスピア劇をつくるために、放課後、午後5時まで居残っていた。
・週に3晩、午後5時半から真夜中まで働いていた。
・すべての週末、午前11時から深夜2時まで働いていた。
・休暇中は毎日登校し、朝6時から夕方の5時まで、無報酬で生徒たちに教えていた。
・毎年1週間、クラスの子どもたちをワシントンDCに連れていった。
・クラスの子どもたちをオレゴン等で行われるシェークスピア祭りに連れて行った。
 私はたえず子どもたちを食事に連れて行った。子どもたち全員に誕生日プレゼントを贈った。クリスマスの日には、子どもたち家に行き、玄関口にプレゼントを置いてきた。
 美術品やスポーツ用品を買うのに何千ドルも費やした。私はギターや文学作品の本を買うお金を用意し、シェークスピア劇の制作資金(5000ドル以上)を工面した。
 必要なお金を工面するため、私はアルバイトを始めた。放課後は車で小包を街じゅうに送り届けた。週末には食料品の宅配をした。1年間、週末にアイスクリーム会社でも働いた。深夜勤務で一晩中新聞配達もした。しかし、身を粉にして働いても、お金は足りなかった。子どもたちを旅行に連れて行ったり、備品を買ったりするのにお金が足りなくなるたびにクリジットカードを使った。
 私の場合は極端な例だったが、熱心な教師の誰もがかなり自腹を切っているのは確かである。
(レイフ・エスキス:米国の教育を根本から変える力を秘めた小学校教師として注目されている。ロサンゼルスの貧しい移民家庭の子どもたちが多く通う小学校のクラスを22年間受け持ち、学力を飛躍的に伸ばし、品格のある子どもを育て、教師として初めて、アメリカ国民芸術勲章を受章)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私の学級には恐怖はない、静かで礼儀正しい安らぎの場所である

 今ほとんどの教室は、恐怖によって管理されている。問題は、多くの教師たちが教室の秩序を保ちたいと願うあまり、秩序を保つためなら何でもするところにある。
 「結果が手段を正当化する」という考え方は、今日、子どもたちへの対応の中心にあるからだ。ときに教師たちが直面している、手の施しようがないほど悲惨な状況を考えれば、しかたがないと思えなくもない。
 教師は恐れている。かっこ悪いこと、子どもたちに好かれないこと、言っても聞いてもらえないこと、生徒が自分の手に負えなくなることを。
 生徒たちはもっと恐れている。叱られること、恥をかかされること、級友たちの前でバカみたいに見えること、悪い成績をとること、親の怒りを買うことを。
 これは教育界にいるすべての人に影を投げかけている問題である。学級運営の問題なのだ。
 新任のころ、私も、学校がはじまる最初の日に子どもたちを威嚇する計画を立てた。私がボスであることをはっきりわからせたかったのだ。同僚の何人かも同じことをした。私たちは、子どもたちに秩序を守らせることに成功したと思い込んでいた。
 だが、正直になろう。いくら効果的であっても、手段を選ばないやり方は、教育的に見て正しい方法だとはいえない。もっとじょうずなやり方があるはずだ。
 ある日、優れた教師が語っているビデオを見た。彼は、教えるときやしつけをするときには、つねに子どもの立場に立って物事を見、教育手段の近道として恐怖を用いてはいけないと言っていた。
 実際、その後の教員生活を通して、教室の雰囲気を改善すれば子どもたちをいろいろなことに挑戦させやすくなることを知った。恐怖のない教室をつくりあげるのは簡単ではない。何年もかかるかもしれない。しかし、やってみる価値はある。
 私たちは、子どもたちがよりよい人間になるのを助けてやるべきなのだ。
 今の私の学級には、恐怖はない。私の教室を訪れた人がいちばん感心するのは、子どもたちの学力でも、私の授業の仕方でも、手際よく飾られた教室の壁でもない。クラスの雰囲気に感嘆するのだ。静かで、信じられないぐらい礼儀正しい。安らぎの場所である。
(
レイフ・エスキス:UCLA大学院卒、米国の教育を根本から変える力を秘めた小学校教師として注目されている。ロサンゼルスの貧しい移民家庭の子どもたちが多く通う小学校のクラスを22年間受け持ち、学力を飛躍的に伸ばし、品格のある子どもを育て、教師として初めて、アメリカ国民芸術勲章を受章)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米国では2,3年でやめる新任教師が多い

 若い教師は毎年どこでも、悲しい経験をする。優秀な若い教師がいても、試練に耐えられず、2,3年もするとやる気をなくし、教職をやめてしまう。
 その結果、つねに経験の浅い教師が教えるというサイクルから抜けだすことができない。教職というのは経験がものを言う職業なのに、若い新米教師ばかりが目につくのだ。
 可能性のある若い教師を教職にとどまらせることができなければ、子どもたちは貧困と無知のサイクルから抜けだすチャンスを失い、学校もうまく機能しないだろう。
 親は子どもたちの教師を支える必要がある。どんなに優秀でも、若い教師は孤独感を感じているからだ。親からの支えや評価があれば、長く教職にとどまり、有能な教師になれるだろう。そうでなければ3年もたたないうちにやめてしまう教師が圧倒的に多い。
 今の教育を嘆き、責めるのはたやすい。親は子どもたちを正しく育てていない。テレビは子どもを破壊してしまった。教師のレベルはひどい。社会は教育に適切な資金を出そうとしない・・・・。
 こうした非難には、ある程度の真実が含まれる。しかし、教育が危機に瀕している最大の理由は、往々にして、よい人間が教職にとどまらないことにある。
(レイフ・エスキス:UCLA大学院卒、米国の教育を根本から変える力を秘めた小学校教師として注目されている。ロサンゼルスの貧しい移民家庭の子どもたちが多く通う小学校のクラスを22年間受け持ち、学力を飛躍的に伸ばし、品格のある子どもを育て、教師として初めて、アメリカ国民芸術勲章を受章)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

英国の校長は実践者としての姿を示す

 英国では校長は文字通り教師のヘッドである。実践者としての性格が強い。子どもと接し、子どもの様子を把握していることが第一の役割である。
 子どもの学習の実態を把握し、教師に助言をしていた。カリキュラムを方向づけ、教材の選択の教師の相談相手をする。
 校長は、教師の歓談する部屋(スタッフルーム)で、教師の相談にのり、助言をする。
 授業研究に校長も参加し、実践的経験や見識を示し、実践者のリーダーとしての顔をもつことで、学校での校長の立場は変わっていくだろう。
(
澤柳政太郎:1865年長野県松本市生まれ-1927年、文部官僚、教育者、貴族院勅選議員。文部官僚のとき小学校令を改正し4年から現在の6年の課程にした。京都帝国大学総長、成城小学校を創設し大正時代の新教育を推進。帝国教育学会の会長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

いじめの指導 | さまざまな子どもの指導 | ものの見方・考え方 | カウンセリング | 不登校 | 人間の生きかた | 保護者との協力関係をつくる | 保護者にどう対応するか | 保護者の実態 | 優れた先生に学ぶ | 優れた授業とは | 優れた教科授業例 | 先生の実態 | 危機管理 | 叱る・ほめる・しつける | 各国の教育 | 各教科の授業 | 問題行動の指導 | 国語科の授業 | 地域 | 子どもから学ぶ | 子どもたちに対する思い | 子どもたちの関係づくり | 子どもと向き合う | 子どもの失敗 | 子どもの実態 | 子どもの成長をはかる | 子どもの指導の方法 | 子どもの見かた | 子どもへの話し方 | 子育て・家庭教育 | 学び合う学び | 学校の実態 | 学校経営と組織 | 学級づくり | 学級の組織と活動 | 学級の荒れ | 学級崩壊 | 学級通信 | 学習指導・学力 | 学習指導案 | 実践のための資料 | 家庭 | 掃除 | 授業づくり | 授業のさまざまな方法 | 授業の展開・演出 | 授業の技術 | 授業中の生活指導 | 教師との関係 | 教師と子どもの関係づくり | 教師に必要とされる能力 | 教師の人間としての生きかた・考えかた | 教師の仕事 | 教師の心の安定 | 教師の成長・研修 | 教師の話しかた | 教師の身体表現力 | 教材・指導案 | 教材研究 | 教育の技術 | 教育の方法 | 教育の理念や思い | 教育史(教育の歴史と変化) | 教育改革 | 教育法規 | 教育行政(国・地方の教育委員会) | 新学級づくり | 理科の授業 | 社会環境(社会・マスコミ・地域) | 社会科の授業 | 算数・数学科の授業 | 経営とは | 英語科の授業 | 評価 | 話の聞きかた