カテゴリー「教師の話しかた」の記事

動かない子、傷つきやすい子を支え、動かしていくための技法にはどのようなものがあるか

 動かない子、傷つきやすい危険域にいる子どもを動かしていこうという場合、熱意さえあれば、通ずるものでもない。
 熱意が逆にあだになる場合もある。別の常識が必要なのである。どうすればよいのでしょうか。
 長年の経験から得た、そのような子を支え、動かしていくうえでの原則や基本的な技法を次に述べたい。これはまさに経験知である。
1 押しつけない
 人は、押しつけや強制されていると感じると、反発し抵抗しようとする。それは、子どもでも同じである。
 心に傷を抱かえている子どもは、それまで支配されたり、虐げられていることも多く、支配されることや強制されることに敏感である。
 子どもが一番見ているのは、相手が価値観や方法を押しつけてくる相手か、自分をありのままに受け止めてくれる相手かということだ。
 押しつけられていると感じると「なんだ、それが目的か」と、そこで心を閉ざすか反発が生じて、前に進まなくなってしまう。
 ところが、教師も親も、つい結果を急いでしまい、期待通りに動かそうとすることが、どんなに多いことか。
 まず、本人の主体性を尊重するように働きかけ、こちらの期待で動かそうとしないということを心がけることが大事だ。
 自分の主体性を尊重してくれると感じると、子どもはその人に対して安心感を持ち、やがて信頼を抱くようになる。
 人は自分を尊重してくれる人を信頼するのだ。
 まずは、いったん、子どもの気持ちを受け止めてあげることだ。
 一呼吸おいて「そう。〇〇したいの」とそのまま返してあげる。
 すると、子どもはほっとして、その内側にある事情を語り始めるだろう。それに寄り添いながら、同じ目線で、一緒に解決策を模索したらよい。
 たいがいは、何か傷つくことがあって、現実を受け入れられなくなっているだけで、目の前の不満を整理していくと、自分の中に眠っている本音が見えてくる。
 たとえば「友だちに、いやなことを言われたけど、本当は好きだし、続けたい」などといったものだ。
 押しつけでなく、自分の主体性を尊重されていると思うことで、自分の問題について、その子なりの考え、折り合いをつける糸口が見えてくる。その後の良い行動にも結びついていくのだ。
2 否定的な判断や決めつけをしない
 教師や親の言葉の使い方に重要なポイントがある。
 傷つきやすい子どもに関わる場合は、言葉の微妙なニュアンスがとても大事になる。
 一言、声を聞いただけで、視線ひとつで、この人は押しつけてくる人だと、子どもはかぎ分けてしまう。もうそれで、シャッターを下ろしてしまうだろう。
 当の教師や親は、なぜ子どもが心を閉ざしてしまったのかに、気づいていない。
 もっとも子どもがカチンとくるのは、決めつける言い方をされることだ。
「あなたは、いつもそうなのね」「どうせ、そういうことだと思った」「そんなんでいいと思っているの」
 というような言い方に、自分を否定的に決めつけられていると、強い反発を感じる。
 その一言が逆方向を向く引き金になりかねない。
3 許容語を使う
 では、どういう言い方が、受け入れられやすいのだろう。許容語を使うということだ。他の可能性を排除しない表現のことだ。たとえば
「〇〇だ」ではなく「〇〇じゃないかな」
「〇〇に決まっている」ではなく「〇〇っていう気がする」
「〇〇しろ」ではなく「〇〇してみるのは、どうかな」
「〇〇するな」ではなく「〇〇って思うんだけど、どうかな」
といった、やや控えめな表現だ。
 断定的な言い方をすると、感情的な反発が沸き、言われた内容よりも、決めつけられたことへの怒りや不快さが先にたつ。そうなると、考えや行動の変化につながらない。
 控えめに言われると、反発よりも「そうかな」「できるかな」と、自身の中に取り入れて、考える余裕が生まれる。
 あとあとも、そのことが心に残りやすいのだ。つまり、この時点で、心の抵抗を突破している。
4 オープン・クエスチョンを活用する
 決めつけない言い方で、とても重要な技法がオープン・クエスチョンである。
 たとえば「どうして」「どうやって」「どんなふうに」と言うと話がふくらんでいきやすい。
 イエスかノーで答える質問というのは、訊問でも受けているような気持ちになり、次第に心を開く気持ちをなくしてしまう。わざわざ抵抗の壁を作っているようなものである。
 オープン・クエスチョンをよく使う人は、話を聞くのが上手である。 
 オープン・クエスチョンを増やすように心がけるだけで、子どもがよく話してくれるようになり、手にはいる情報も格段に増えるだろう。
5 本人の視点を重視し、最小限の言葉で反応する
 話を聞くうえで大事な技法は、こちらができるだけしゃべらずに、本人が話す時間を多くするということだ。
 大人が口を挟むと、子どもは伝えることをあきらめてしまう。
 できるだけ余分なことを言わずに、最小限の反応で、しかも、話しやすい雰囲気にする。
 そのためには、相槌やうなずき、顔の表情で反応したり、
「へぇ-」「そうなんだ」「すごい」「本当に」
 といった、意味のない言葉で応じるのが基本だ。さらに
「それでどうなったの?」「とうして」「どうやって」
 といったオープン・クエスチョンで話を掘り下げていく。
 こちらは、ほとんど何も言っていないのだが、本人はとてもよく話をしたと感じる。本人の視点で話を展開し、本音の気持ちも、そうしたやり取りの中から語られていく。
 ところが、押しつけになってしまいやすい人は、しゃべりすぎてしまう。自分がしゃべることが、子どもと話をすることだと勘違いしている人もいる。
 しゃべりすぎるということは、子どもではなく自分の視点になっているということだ。
 それでは子どもは受け止められたとは思わないし、意図を感じて反発するだけで、何ら好ましい変化は生じない。
 特に問題が起こったときは、教師や親はできるだけだまっていて、子どもがしゃべれるように方向づけをしないと、解決の糸口が見えてこない。
(魚住絹代:1964年生まれ、大阪府教育委員会スクールソーシャルワーカー。1982年法務教官となり、以後、福岡、東京、京都の少年院に12年間勤務。非行少女の立ち直りに携わる。2000年に退官後は京都医療少年院で音楽療法の講師となるかたわら、2002年から、大阪府の公立小・中学校に、スクールサポーター、家庭教育サポーターとして勤務。子ども、家庭、教師の相談支援をしている)

| | コメント (0)

話術を習得する近道とは、話し手の根本的に大切なこととは何か

 芸でも仕事でも、一人前のことができるようになるまでは「見習い」と呼ばれます。これは、「未熟なうちは、見て習いなさい」ということです。
 あまり「教えてくれ」と言うものじゃありません。簡単に教わったことは、それだけ早く忘れます。
 それに対して、教わってもいないのに、自分で一生懸命に見て身につけようとした技術は、いつまでも覚えているものです。話術もそうだと思います。
 ですから、職業上の話術を身につけたいのであれば、まずは上手いと思う人の現場に行って、そばで邪魔にならないように見せてもらうのがいちばんでしょう。
 表面的な言葉づかいだけでなく、場の「空気」を読みながらの対応、駆け引き、相手とあうんの呼吸のようなものを見て習う。
 それをできるだけ早く、実践の中で試してみる。それが職業上の話術を習得する、いちばんの近道だと思います。
 話は聞き手があきないようにしなければなりません。
 落語もそうでしょうけど、我々は一応の台本がある話でも、お客さまの反応を見ながら変えていきます。
「かたい話が続いて、お客さまがちよっと疲れてきたな」ということがある。
 そのときには息抜きになるような話をアドリブで入れます。
 どんなに良い話をしていても、聞く人が途中で飽きてしまったり、疲れてしまったりしたら、何にもなりません。しゃべっていないのと同じことになってしまいます。
 そういう場面をいかになくしていくかということが、大事なんです。
 あえて人まえでしゃべるのは、より分かりやすく、面白く伝えるためですよね。話を上手にできるようにするには、まず、そういう意識が必要だと思います。
 話し手の自信が話を生む原動力となります。
 本当によく勉強したことというのは、自然と人に話したくなるものです。教師であれば、先生としての自信が、話を生む原動力になります。
 生徒からどんな質問をされても答えられるように、あらゆる角度からそのことを勉強しておく。見識を広げておく。
 そうすることでまた、より興味を持ってもらうための工夫、もっとわかりやすく説明するための配慮もしやすくなると思います。
 よく勉強していて、自信があるからこそ、相手に応じて話し方や話の切り口を変えられる。
「今この話をしても分かりにくくなるだけだな」と思ったら、話したい知識でも引っ込めておく。そういうことが柔軟にできるようになるといいと思います。
 自分が変われば、相手もかわります。
 人間関係の基本は、自分が変われば、相手もかわるということです。
 わかりやすい例で言えば、自分が敵対的な態度をとれば、相手も敵対的な態度で返してきますし、自分が友好的な態度をとれば、相手も友好的な態度で返してくるものです。
 高座の上でお客さま方に話すのに、気を引き締めたり、少しゆるめたり、また引き締め直したりということはします。それによって、お客さまも集中して聞こうとしたり、肩の力を抜こうとしたりするんです。
 その駆け引きは、舞台に上がる前から、もう始まっています。舞台に上がるとき、緊張した面持ちで歩いていくのか、それとも「やあ、どうも」という感じで出ていくのか。最初の言葉をどんなテンションで語り出すかも重要です。
 厳粛な雰囲気で、話しだすまでたっぷり間を取って、重々しく語り出すのか、それとも軽く明るい声で、ニコニコしながら語り出すのか。それも話術の一部です。
 何に基づいてそういう変化をつけるかといったら、一つには、どんな話をどういう風に伝えたいのかというイメージの違いでしょう。
 もう一つは、場の「空気」です。場の「空気」が崩れていたり、堅くなっていたりすることがある。そのときには、なぜそうなったのかということも考慮に入れて、自分の出方を決めます。
 話のまくらでお客さまの雰囲気をつかむ。
 我々は「枕」の部分をしゃべりながら、その日その日のお客さまの雰囲気をつかんでいます。それから本題に入るんです。
 少ししゃべってみる、お客さま方の反応を見る。またそれに応じて変えていく・・・・・・。
 我々は、今日のお客さまはこうだなというのをつかみながら、お話の仕方を変えていきます。
 枕は軽い世間話などをして、お客さまに肩の力を抜いていただこうということもであります。
 あるいは、本題と少しずつ関係のある話をして、だんだんとお客さまを日常から講談の世界に引き込んでいく、そういうことにも「枕」を使います。
 その人の生きざまが話の中にでます。
 昔から「芸は人なり」なんてことをよく申します。芸には、その人が今、生きているすべてがでます。話というのもまたそうでしょうね。
 その人の人生経験、年齢なりの声や風貌、やしなってきた知識、仕事に向かう情熱、そのときの熱意、人に対する思いやり・・・・・・。
 ようするに、その人の生きざま全てが、話の中に出ます。これはなかなか大変なものです。だから、時間をかけて、人間の修業からしていきます。
 話す人間に魅力があるか。
 講談師は高座でしゃべって、お客さまに来ていただいて、お金をいただく商売ですから、厳しいところがあります。
 話す人間に魅力があるかということが、そのまんま結果に出てしまう。言ってみれば、人間そのものが商品なんです。
(一龍斎貞水:1939年東京都生まれ、 講談師、人間国宝。「講談は守るべきものと開拓すべきものがある」が座右の銘)

| | コメント (0)

子どもたちが教師の話や説明を聞きたくなるようにするには、どうすればよいか

 授業をするとき、授業の進め方、課題や解決の方法、答や学習の成果など、子どもたちに話をし、説明しなければなりません。
 教師の話や説明に、子どもたちが興味関心を持ち、聞きたくなるようにするには、どのようにすればよいのでしょうか。
1 本音で語れ
 子どもの心に、説明を強く印象づけたい場合、あっと驚く本音で話し始めることで、子どもの興味関心を高め、その後の説明を聞かせてみよう。
 この方法を多用すると、子どもが教師の話を楽しみに待つようになる。
 飾らない話しぶりに好感が持てるし、本音の真意が何であるのかが楽しみであるからだ。
「では、話します」と言うだけで、子どもたちが期待に満ちた顔で教師の話を聞くようになる。
 こうしたことを繰り返すことによって、子どもたちの聞く態度を育てることができる。
 教師の話をがまんして聞かせることだけでは、子どもたちの聞く態度は決してよくならないのだ。
2「たとえ」を使う
 あっと驚く「たとえ」を使うと、子どもたちの心に驚きや感動を与える。例えば、
「学級はすいかと同じだ。熟れてくるほど、中身の種が育ってくる」
「計算力とラーメンは同じだ。速くできても、まずかったでは意味がない」
 よく練っておかないと、こうしたたとえは、決まると格好がいいが、子どもたちに通じないと逆効果である。
 そして、普段から「〇〇と〇〇は似ていないかな?」と考えることが大事だ。
 こうした「たとえ」を使った説明はインパクトが強い。だから子どもたちの記憶にいつまでも残ることになる。
 インパクトのある「たとえ」は、子どもの内面に浸透して、子どもが自分を律する際のルーツとなるのである。
3 注意事項が複数の場合は、頭文字で話す
 注意事項が複数になってしまう場合は、その言葉の頭文字を取って話す。
 通常、子どもへの説明は、一時に一事を短く話すことが原則。しかし、複数の内容を説明しなければならないことが多い。
 そこで、頭文字で印象づけ、その後、詳しく説明する方法が効果的なのだ。例えば、
 特別教室への移動するときの注意事項を説明するときの頭文字は、「あくま」で。
 「あ」歩いて、「く」口を閉じて、「ま」間に合うように。
 頭文字は、合言葉になる。教師がいないときも、子どもたちが互いに声を掛け合える集団へと育つのだ。
4 当たり前と思われている事柄を問いかける
 子どもたちが「当たり前だよ」と考えているような事柄を説明するときは、問いかけた後に説明をするようにする。例えば
「なぜ、ハンカチやちり紙を持ってくる必要があるんだろう?」
 当たり前を問い直してみると、子どもたちは「あらためて聞かれると、わからないなあ」と自覚することができ、その後の説明に耳を傾けるようになる。
5 子どもたちのテンションが低いときは、活動を取り入れる
 テンションが低いことが多い月曜日など、説明を聞けるような状態にないときは、まず活動をさせてから説明をする。
 例えば、朝なら「おはようございます」と言わせるだけでもよい。座って行う活動が続いたのなら「立ちなさい」と言うのもよい。
 なにか活動を取り入れて、空気を変えてから、次の説明をするようにする。
 活動は二回繰り返すとよい。一度目の活動に必ず「ダメ出し」をして、レベルアップを要求する。こうしておいてから、説明する。
 教師の話を子どもたちが聞いていないとき、のっけから「静かにしなさい」と怒鳴って静かにさせると、教室の雰囲気は急激に冷えていく。
 そこで、活動をさせる。活動にダメだしをすることで集中力を高める。しかし、二回目以降は、改善された点をほめるようにする。それによって空気をあたためることができる。
6 教えない
 子どもたちの意欲を高めたいときの手法の一つが「教えない」こと。
 本来与えられるべき情報を、制限したり、与えなかったりすると、子どもは知りたいという意欲を高めるようになる。
(山田洋一:1969年北海道札幌生まれ、私立幼稚園に勤務後、北海道公立小学校教師。「北の教育文化フェスティバル」代表、「お笑い教師同盟」副代表、「実感道徳研究会」副代表)

| | コメント (0)

教師が子どもとつながり、信頼されるには、どのようすればよいか

 教師をやっている以上、子どもへの語りは実に重要だ。
 教師の失敗談、小さい頃の思い出話、怖い話、人生論などを、子どもに語ることは、子どもの心に宝を残すことになる。
 しかし、すべての教師が、語りが得意ということはない。
 語りたいことはあるのだが、どんな風に語ったらよいのか悩む教師が多い。
 もちろん、苦手だからと、語ることをできるだけ避ける、という手もある。
 しかし、メッセージのない教師は、子どもとつながることも、信頼もされないだろう。
「何を考えているのか分からない教師」は、子どもには理解しにくいのだ。
 もし、自分の話術に自信がなければ、絵本の読み聞かせをするとよい。
 そこで、教師が伝えたい内容と合致した絵本を選び、子どもたちに語る代わりに、読んで聞かせることにする。
 例えば、予定より早く授業が進み、時間が余ったとき、
教師「絵本を読みます」
教師「今日の絵本は、落語を題材にした『じゅげむ』です」
教師「じゅげむ、じゅげむ、五劫のすれ切れ、・・・・・」
何度も「じゅげむ、じゅげむ」が出てくるので、途中からは
教師「さん、ハイ」と言って、子どもたちと一緒に言うようにする。
 教師が絵本を読み終えた頃には、
子ども「先生、覚えたい」「五劫のすれ切れまでは言える」と、子どもたちは言う。
子ども「先生は言えるの?」という質問が出たので、
教師「言ってみようか。先生のは速いよ。それに、一回も息継ぎをしないからね」
と、宣言してから、すらすらと「じゅげむ」を暗唱してしまう。
子ども「先生、すごい!」「どうやって覚えたの?」と感嘆の声があがる。
 次の日から、私は「じゅげむ先生」と呼ばれるようになった。
(山田洋一:1969年北海道札幌生まれ、私立幼稚園に勤務後、北海道公立小学校教師。教育研究サークル「北の教育文化フェスティバル」を主幹し、柔軟な発想と多彩な企画力による活動が注目されている)

| | コメント (0)

子どもの意欲や行動を引き出すためには、どのように説明すればよいか

 ある事柄について、聞き手である子どもたちに、教師がわかりやすく話すことを説明と言います。
 わかりやすく説明するためには、
(1)結論を先に
(2)全体から細部へ
(3)具体的に
(4)キーワードを使う
 ことが重要です。
 教室での説明は、子どもたちが知らないことを知ったり、経験する場面で行われます。
 子どもたちが知らないことであるため、目的やなぜ必要なのか理解できず、それに取り組む意欲も湧いてきません。
 教師が教室における説明の意義と目的を十分に理解した上で、説明することが重要です。
 何かを知ろうとすると、そのための情報が与えられていることが重要です。
 そのため、教室における説明では、わかりやすく伝える以外に、次のような要素がより重要だと考えます。
(1)目的:何のために
(2)必然性:なぜ
(3)規準:どれくらい
(4)意欲喚起:子どもたちがやりたくなるように
 教室でこれらをきっちりと伝える説明をすることによって、子どもたちは学習の見通しと納得、安心感、「よし、やってみよう」という意欲を持つことができます。
 教室で説明するとき、指針を与え、意欲を喚起させ、行動を引き出すことがとても重要だと私は考えます。
「説明がうまくいく」→「子どもが行動を変える」→「子どもにとっても、教師にとっても説明の効果が見える」→「説明の素晴らしさを見直す」というサイクルの実現をめざします。
 そのための行動を引き出す説明のルールは
(1) 自己選択から自発性を引き出す
 指示されて行動する子どもが、指示されなくても、「よし、やってみよう」と行動する子へと子どもが変容するためには、自発性が育たなければなりません。
 そのためには、例えば「AかBか」自ら選択して行うことや、選択して行ったことが順調に進むという経験を積み上げることです。
(2) 実感から納得を引き出す
 子どもが、自ら行動を起こす動機として重要なのは納得です。
 人間は理由や理屈がわかっている方が行動しやすいものです。
(3) 安心感から意欲を引き出す
 人間が意欲的になるには、安心が必要です。
 子どもの意欲を引き出し、望ましい行動を引き出すためには、安心を与える教師からの説明、教室全体の温かい雰囲気にする教師の説明が必要です。
 教師からの、後押し、推奨、失敗の容認、行動への承認が約束されていれば、子どもは意気揚々と行動を起こすに違いありません。 
(4)興味関心から積極性を引き出す
「先生の話を聞いていたら意欲が湧いてきた」という言葉が引き出せたら、説明の効果大と言えるでしょう。
 話を聞ける子どもを育てるためには、やはり興味関心の持てる話から始めていくほかないでしょう。
 すぐれた教師は、楽しい話や話し方によって、子どものよい話の聞き方を引き出しながら、最終的に、いろいろな話が聞けるように育てていくものです。
(山田洋一:1969年北海道札幌生まれ、私立幼稚園に勤務後、北海道公立小学校教師。「北の教育文化フェスティバル」代表、「お笑い教師同盟」副代表、「実感道徳研究会」副代表)

| | コメント (0)

教師に一番大切なのは説得力である、どうすれば身につくか

 教師に一番大切なのは説得力である。説得力がなければ、どんな言葉も相手を動かさない。
 やる気を出させるにも、励ますにも、叱るにも説得力がなければ効果はない。
 自分でどんなにうまく話せたと思えても、内容が相手に伝わっていなければ、目的を果たしていない。話の効果を決めるのは聞く側なのだ。
 うまくいかなかったら、何がいけないのかを反省し、改善していく。プロは、自分のどこに問題があるのか考えるべきなのである。
 対人関係の真理は「人を見て法を説け」である。
 人には、活動的な人、おとなしい人、勝ち気な人、気弱な人、目立ちたい人、目立ちたくない人、傲慢な人、謙虚な人、人にはいろいろな性分がある。
 相手の性分に合わせなければ説得はできない。
 人を見る目の二つ目は「相手の状況」である。
 私は、莫大な数の家庭と接してきた。世の中にはほんとうにいろいろな家庭環境があり、想像もできない状況もあるものだということを実感してきた。
 相手の状況を見ることは説得力に絶対必要だ。
 説得力には話し手の魅力という問題が付きまとうことも知っておかなければならない。
 魅力ある人が語れば、その言葉に惹き付けられ、説得力を感じるというのは事実だ。
 人を育てる教師は、言葉に説得力を増そうとする以前に、自分に魅力を付けなければならない。
 そのためには「与える」精神を根底に養っておかなければならない。そのために、全人格的な工夫をするのだ。
 説得力は、話の技術だけの問題でなく、教師の生き方、人間性の問題であるということだ。
 まず「受けとめる」器の大きさが必要なのだ。
 受け止められない子どもがいたら、自分の器を大きくするチャンスである。自分が成長すれば、受け止められない子どもは減る。
 受け止めることが、相手を理解する第一歩だからだ。
 受け止め、その子の思考を探ってみる。すると、その心の奥にある不安感やそれを引き起こさせている状況や過去の歴史が見えてきたりする。
 そうして少しでも理解できれば、望ましい方向への対策も立てられる。
 説得力で大切なのは「相手に好かれること」である。
 人は好きな人の言うことならきく。相手が嫌いであれば、いくらいいことを言ってもきかない。
 まどろっこしい話し方は嫌われる。ささっさと結論から入るべきだ。
 話は「相手の頭の中に絵を描くことだ」と言われる。イメージを抱かせながら話すことだ。そのために有効なのが、例話や比喩だ。
 論だけの話は流れに乗りにくい。相手の心に応じ、論にぴったりした経験談や比喩などを挿入していくことが重要になる。
(平 光雄:1957年愛知県生まれ、愛知県で小学校教諭となり、学級担任は30年以上となる。問題を抱えた生徒たちを数多く立ち直らせるなど、プロ教師としての手腕が高く評価されている。話力総合研究所(東京本郷)に通い、永崎一則氏のもとで話力学を学ぶ)

| | コメント (0)

教師が子どもや保護者の信頼を得るには、自分なりの語りの技を身につけなければならない

 教師は話すことを商売としていると言ってよい職業ですから、もっとも重要なのは話し方の技能ということになるでしょう。
 授業における発問や指示は話し方の技能が前提となります。
 生徒指導において、子どもたちを指導したり説得したりするのも話し方の技能が前提になります。
 学級で連絡したり説明したりするのも話し方の技能が必要です。
 保護者会で学級の様子を報告したり、職員室の先生に相談したりするのも同様です。
 話し方の技能というと、わかりやすい話、明快な話、おもしろい話など、いわゆる話術のことと考えられています。
 しかし、あまりにもなめらかな話は、ときに嫌味に聞こえる場合があります。
 なめらかに話をする営業マンというのは、確かに一定の成果をあげます。
 しかし、トップに立つような営業マンは決して、ただ、なめらかに商品の宣伝ができる人ではなく、実感のこもった世間話のできる人であったり、たどたどしい口調ながらも、消費者に寄り添って自分の迷いや見解を誠実に語る人であったりすることが多いそうです。
 やはり、人間は感情をもっていますから、話のうまさよりも、共通の察し合う関係をいかにつくれるかにかかっているのだといえそうです。
 あまりにもウケをねらった話は誠実さを欠いた印象を与えることもあります。
 教師の話し方の技能にも同じことが言えます。ただ、なめらかで、うまく話すことが子どもたちや保護者に伝わる話し方ではない、ということは意識したほうが良いでしょう。
 少々たどたどしくても、その教師独自の語りこそ聴きたいと思っているのです。
 学級の最初の学級懇談会で保護者が、どんな先生か評価するのは人間性です。
 なめらかに話をする先生は有能な印象を与えるかもしれませんが、どこか冷たい、裏があるのではないかというイメージを与えがちです。
 保護者たちは、その先生がどれだけ誠実に一生懸命やってくれそうな先生かということを見ています。
 それは、教師がしゃべった話の内容より、その先生の表情や仕草、迷いやものの見方や考え方などの総合的な印象、つまりは、その先生の独自の語り方によって判断されているのです。
 例えば、保護者の一つ一つの質問に対して質問者の方を向いて話したとか、目線を合わせながらも、他の保護者への気づかいがあったとか、教師が自分の言いたいことだけ言って保護者の話を聞かない態度とか、といったものを見ているのです。
 保護者会で一人ひとりの保護者と対話を成立させられる教師は、間違いなく子ども相手でも同じことをしてくれるはずです。
 わが子をあずけるにたる、信頼を寄せられる教師か否かは、そうした印象によって判断されるわけです。
 教師はまず何より、子どもや保護者を前に対話を成立させられるような自分独自の語りを身につけなくてはならないのです。
(堀 裕嗣:1966年北海道生まれ、札幌市立中学の国語科教師。92年、国語教育研究サークル「研究集団ことのは」代表、「教師力BRUSH-UPセミナー」代表。文学教育と言語技術教育との融合を旗印に長く国語科授業の研究を続けている)

| | コメント (0)

教師の言葉や話し方でクラスは変わる

1 子どもの言葉を聞き逃さないで、気づける教師になる
 毎日の生活の中で、子どもたちの投げかけてくる言葉やつぶやきから、たとえば友だちや家で何かあったなと気づけるようになりたいと私は思っています。
 私は、子どもたちの話やつぶやきを聞き逃さないようメモしています。
2 話や指示は短く話す
 ダラダラと話さず、結論をシンプルに伝えるようにします。
 指示は瞬間的にイメージできる言葉で端的に話します。
 子どもたちの空気を読み、瞬時に判断して、話します。
 子どもたちに良い話をするときは、先に「先生、今からほめたいんだけど」と先にほめることを宣告します。
 予告されれば、教室の空気がサッと柔らかくなり、子どもたちは気分よく話を聞けます。クラスがガチャガチャしているときや、何度も注意される場面が続いているときなどに特に効果的です。
3マンネリを防ぐ
 授業のマンネリ、教室での決まりきった対応は、子どもが予測できます。
 子どもたちに「やっぱり」と思わせていないでしょうか。「やっぱり」の積み重ねは教室の空気の弛緩を生みます。
「え? こんなお題で書くの」といった、「え?」を増やしていくことで、子どもたちの授業への意識が高まるのです。
4 話題つくり
 日頃から、出かけたとき、テレビを見ているときなど、何を見聞しても「これを子どもに話すならこう・・・・・」と考えます。
 こうすれば何でもネタ集めになります。趣味みたいなもので楽しくやっています。話し方の間なども考えてメモすることで、自分の経験値を一つあげることになるのです。  
5 子どもに「ありがとう」と言う
 生きていくうえで効果を実感する魔法の言葉に「ありがとう」があります。
 何度注意してもきかない。そんな状態で注意しても解決しません。そこで登場するのが「ありがとう」です。
 注意する代わりに、例えば、朝あいさつしてくれて「ありがとう」と言うのです。
「ありがとう」を言おうとすることが「その子の良さ」を探すことにつながるのです。
 ほんの些細なことでもいいから、何かその子の良いところはないか、という「子どもの見方」につながるのです。
(森川正樹:兵庫県生まれ、兵庫県私立小学校教師。研究教科は国語科。教師塾「あまから」代表、教師の笑顔向上委員会代表、基幹学力研究会幹事、読書会「月の道」主宰)

| | コメント (0)

子どもたちの心をつかむため、教師の発声や表情はどうすればよいか

 教師の声は、明るくはっきり、大きな声が基本です。
 教師の熱意と頑張りを子どもたちや保護者に伝えるためのものです。
 教師は、子どもたちの心を揺さぶり、動かしていかなければならない。
 そのため、エネルギーを常に発散させねばならない。
 発声の練習には、顔の表情の練習も加えていきます。
「一生懸命に頑張っている」という表情です。
 教師が楽しんでいる表情です。
 苦しそうではダメです。 
 つまらなさそうでもダメです。
 あくまでも楽しんでいる表情です。
 教師が楽しんでいなければ、子どもたちも楽しめません。
 頑張っていることが、楽しいという姿勢です。
 メリハリが大切ですから、真顔の練習もします。
 そうした表情のメリハリだけで、子どもたちをコントロールすることができるようになります。
 先生の表情から、子どもたちは「あ、まずいな」「先生、楽しそうでよかった」と、読み取るからです。
 早口が悪いのは、聞き取れない、間がないからです。
 間がないと、聞き手の脳の中で、どんどん情報が上書きされてしまうわけです。
 感情を込めた読み方も勉強する必要があります。
 必要に応じて、身振り手振りもして、動き回って語ります。
 教師が子どもたちをしっかりと見て、自分が見られているということを子どもたちに意識させるのです。
「先生は私に伝えようとしている」
「ちゃんと伝わっているかを確認している」
と、一人ひとりの子どもたちに思わせる。
 声以外に最も大事なのは目の動きです。
「目は口ほどにものを言う」というのは本当です。
 教室では、教師はせかせかせず、まんべんなく、子どもたちを見ていくことが重要です。
 極力、子どもたちを均等に見てあげます。
 教師は、子どもたちを目だけで追ってはいけません。身体ごと、一人ひとりの子どもと正対する。肩から向かわなければダメです。
 教師は自分が思っているよりも、かなりゆっくりとしたスピードで、子どもたちを見ないと、伝わりません。
 教師が子どもたちを見ているつもりでも、見ていないことが多い。
 そのコツをつかめば、子どもたちが30人だろうが100人であっても、伝えることができるはずです。
(大矢 純:1966年生まれ、授業学研究所所長。数学の授業や教員育成などの経験をもとに、授業学の確立と普及を行っている。各地の学校で研修や講演、コンサルティングを行っている)

| | コメント (0)

教師は言葉による指導が大部分、授業を録音して聴いて、言葉の修業をすると驚くほど力がつく

 自分の授業のイメージと、実際の授業にはズレがあります。
 その違いを認識することが、授業上達への第一歩です。
 毎日、1時間、授業を録音しましょう。
 録音したものを聴くと、
「やたらと話が長い」
「くどい」
「説明がわかりにくい」
「えーっを連発する」
「一本調子」
「同じトーン」
「あいまい」
「子どもをほめていない」
など、いろいろなことがわかります。
 聴いていくうちに、
「こんなはずではない」「これは、私ではない」と、ひどすぎ、いやになってきます。
 あまりにも、自分のイメージとかけ離れているのです。
 私は、3年間、毎日聴きました。いやになりましたね。
「なんて、へたくそなんだ!」
「だれだ、おまえは!」
「あっ、おれか」
 このような自問自答を続けました。
 今は笑えますけど、当時は笑えませんでした。
 録音したものを聴くことにより、いろいろなことを発見します。それが大切なのです。
 自分を客観視することができます。自己改革を迫られます。
「子どもが悪いのではない」
「悪いのは、自分だ」
 私は、毎日、気づいたことを直してきました。
 無駄な言葉を省いていきました。
 ストップウォッチを持って、時間を計ることもしました。指示の時間を計ったのです。
 やっているうちに、いろいろなことがわかってきます。
 授業を録音し、聴いてみましょう。
 教師の指導の表の部分は、言葉による指導が大部分です。
 ですから、言葉について修業しましょう。意識して実践すると、驚くほど力がつきます。
 本当に教師は話がへたですね。今までに、うまいと思った方は10人いません。ほとんどの教師が問題外です。
 テレビ番組は、いい教材になります。
 言葉は、自分の意識のあらわれです。ですから、心が変わらないと言葉は変わりません。
(杉渕鉄良:1959年東京生まれ、東京都公立小学校教師。「教育の鉄人」と呼ばれる実践家、子どもを伸ばす為に命をかける熱血教師。ユニット授業研究会代表。その実践スタイルは全国の教師、保護者から支持を受ける。2003年夏、日経スペシャル「ガイアの夜明け」に出演。PHP「VOICE」や、経済誌「プレジデント」での教育シリーズに取り上げられ、各方面からの注目も高い。ユニット授業、10マス計算、表現読み、指名なし発言など、子どもの可能性を引き出すため、さまざまな工夫を凝らした教育実践を行っている)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

いじめの指導 さまざまな子どもの指導 ものの見方・考え方 カウンセリング 不登校 人間とは(心理・行動・あり方) 人間の生きかた 保育幼稚園 保護者との協力関係をつくる 保護者にどう対応するか 保護者の実態 優れた先生に学ぶ 優れた学級担任とは 優れた授業とは 優れた教科授業例 先生の実態 危機管理 叱る・ほめる・しつける 各国の教育 各国の教育改革 各教科の授業 同僚・管理職との関係 問題行動の指導 国語科の授業 地域 子どもから学ぶ 子どもたちに対する思い 子どもたちの関係づくり 子どもと向き合う 子どもの失敗 子どもの実態 子どもの成長をはかる 子どもの指導の方法 子どもの見かた 子どもの話し方 子育て・家庭教育 学び合う学び 学力 学校の実態 学校組織 学校経営と組織 学校行事 学級づくり 学級の組織と活動 学級の荒れ 学級崩壊 学級通信 学習指導・学力 学習指導案 実践のための資料 家庭 宿題 掃除 授業づくり 授業のさまざまな方法 授業の実態 授業の展開・演出 授業の技術 授業中の生活指導 教師との関係 教師と子どもの関係づくり 教師に必要とされる能力 教師の人間としての生きかた・考えかた 教師の仕事 教師の心の安定 教師の成長・研修 教師の話しかた 教師の身体表現力 教材・指導案 教材研究 教育の技術 教育の方法 教育の理念や思い 教育史(教育の歴史と変化) 教育改革 教育法規 教育行政(国・地方の教育委員会) 新学級づくり 特別支援教育 理科の授業 研究会開催情報 社会環境(社会・マスコミ・地域) 社会科の授業 算数・数学科の授業 経営とは 英語科の授業 評価 話の聞きかた