カテゴリー「教師の話しかた」の記事

授業中の話し方のツボとは何でしょうか

 教師の話が子どもたちに伝わらないのは教師の責任です。
 朝の教室で、教師が入ってきて「はい、静かに」と言っただけで静かになる場合も、いくら教師が叫んでも静かにならない場合もあるでしょう。
 同じ言葉を発しているにもかかわらず、大きな違いが出てくるのです。
 子どもたちに伝わる話し方にはポイントがあります。
 教師の話しが伝わらなかった理由を、教師自身がどうだったかという視点で考えていきます。
「声の大きさは適切だったか」「速さはどうだったのか」「教師の視線、立ち位置はどうだったのか」「全体を意識した話し方だったのか」「話す内容は、具体的なものだったか」
などチェックするポイントはいくつもあります。
 教師にも正しい発声ができなければいけない。「正しい発声」とは、教師が「自分の感情やイメージがちゃんと表現できる声を出せる」ことである。
 教師の感情をうまく声にのせるためには、まず自分の感情を変えることが大切です。そして、感情をうまく声にのせるためには、声の「大きさ、高さ、速さ、間、音色」を意識することが大切である。
 あなたは何種類、使い分けていますか。それに、話に「間」と「速さ」でリズムとテンポをつくるようにするとよいでしょう。
 授業中の話し方のツボは
(1)
笑顔で話す
 笑顔の教師が笑顔の子どもたちを育てます。
 一日の大半をしめる授業時間の間、常に教師がしかめっ面だと、授業を受けている子どもたちの気分も滅入ってきます。
 だから、何よりも大切なことが「笑顔で話す」ということになります。
(2)
余計なことは話さない
 教師は、本当に余計な言葉が多すぎます。発問や指示をした後も、何やかんやと話し続けます。教師は沈黙が耐えられないのです。
 でも、子どもとっては迷惑千万です。
(3)
子どもたちを「ほめる」基準をはっきりさせる
 授業時間こそ「ほめて、ほめて、ほめまくる」時間です。
 ただし、「ほめる」基準をしっかりと持つ必要があります。
 そうしなければ、ある時は「ほめられる」のに、ある時は「スルーされる」といったことが起こり、子どもたちの心は教師から離れていきます。
 その「ほめる」基準を「できたか」「できていないか」にしてはいけません。
 
「伸びたか」「伸びていないか」というのが、私の子どもたちを「ほめる」基準です。
 
「ほめる」ことが、一部の子どもに偏ったり、逆に多くの子どもをほめようと、わざとらしくほめたりすることが出てくるからです。
(
俵原正仁:1963年生まれ、兵庫県公立小学校教頭、笑顔の教師が笑顔の子どもを育てる実践はマスコミにもとりあげられた)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子どもが一番聞きたい話題はなにか、どうすれば子どもたちが教師の話を聞きたくなるか

 子どもたちが一番聞きたいのは「自分のことが出てくる話。クラスの友だちが出てくる話」です。
 朝の登校時、教室に着く前に子どもとひと言、二言、言葉を交わす。もし、そこで少しでもおもしろいやりとりがあれば、すぐさまそれをクラスで話します。
 たとえば、
「今朝、先生が通学路を歩いていたら、誰に会ったと思う?」
「まあ、朝から楽しませてもらったよ」
「だって『彼』に会ってしまったからね。『彼』に」
などと話を始めます。本人はニコニコしています。
その子が歩いてきたときの様子を具体的に話してみます。
「タッタッタと小走りに先生の横を通り過ぎていったんだよ」
その子の表情も詳しく話します。
「通り過ぎるときに、サイトウくんが先生の顔を見てね、ニターっと笑うわけ」
「もうわかるよね、みんな知ってるよね。サイトウくんのこの顔、何か企んでいるときの顔だよね」
 このように、直前の出来事であれば、聞き手もライブ感覚で聞くことができます。
 話すほうも、エピソードをはっきりと覚えているので、具体的な描写も交えて話をすることができるというわけです。
「話の『鮮度』が高いうちに話す」わけですね。
 子どもたちは自分が話に登場するとうれしいのです。「先生、あのこと話して」と、私に言いに来ます。
 話の中で自分が主人公になることは、とても特別な感じがするものです。
 話の中に「子どもたちの具体的なエピソード」を入れましょう。「個人名を入れてエピソード」を話してみましょう。
 それだけで、子どもたちの「食いつき」は明らかに変わっているはずです。
 どんなに些細な出来事でも「エピソード」として話すことができれば、それは「ドラマ」に変身する。だからこそ、ふだんから「話の瞬発力をもつ」ということです。
 
「話の瞬発力」を磨くためには、毎日毎日、とにかく子どもたちの前で話し続けること。これ例外に方法はありません。
 
「あと5分でチャイムが鳴るから、ここはちょっと短めに話そう」
 
「けっこう時間があるから、本題までの伏線を具体的に話しても大丈夫だな」
このような判断を実践の中でくり返すことで、私は日々、自分の話し方を磨いています。
 話を聞いている子どもたちに
「大きな笑いが起こった」
「予想していたよりも、反応が薄かった」
といった様子を見つめながら、次に生かします。
 何より、教師の話し方を磨いてくれるのが「子どもたちの反応」です。
 私は「子どもたちにウケた話」は、その都度記録しておくようにしています。休み時間や、放課後にです。
 些細な話でも、クラスの子どもたちの反応がよかったら、それを忘れないように記録しておくのです。
 記録していることは、その時点で強烈に意識していることになります。
 毎日、話しては考え、記録する。それを習慣のように続けていきます。
 今、クラスの子どもたちは「先生、話して!」とせがんでくれます。
(
森川正樹:兵庫県生まれ、兵庫県私立小学校教師。研究教科は国語科。教師塾「あまから」代表、教師の笑顔向上委員会代表、基幹学力研究会幹事、読書会「月の道」主宰)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子どもたちや保護者が好感を持つ教師の話し方とは

 教師の話は長い、くどい、繰り返しが多いと言われます。正しい日本語で、にこやかな表情で、簡潔な表現と発音で、歯切れよく短文で話すことができたら、子どもも保護者も好感を持つに違いありません。
 「・・・でぇー」「・・・みたいな感じ」などと中学生のような話し方は、即、改めましょう。話す前に構想を立てるようにすると、分かりやすく話せるようになります。
 
「話し上手」は、教師に最も要求されるスキルです。基本におきたいのは「生きた言葉を使う」ということです。
 マンネリ化した言葉や、抽象的な言葉、場当たり的で浮ついた言葉ではなく、新鮮みがあり、自分自身の「今、ここで」の気持ちがこもった言葉を使うことです。
 言葉には、その人の生きざまや日常生活が強く反映し、特に、体験することにより体の中に自分の言葉が生まれます。「話し上手」になるための前提として、日ごろから新鮮さを保ち、人と交わり、自分の体験を豊かにふくらませたいものです。
 また、なによりも大切なのは、「話が長くならないようにする」ということです。相手に話を聞いてもらうということは、予想以上に相手のエネルギーを消耗させています。そのため、大事なことだけを整理して言うなどして、配慮深い話し方を心がける必要があります。
 話し方で重要なことは、結論から先に述べることです。結論を簡潔に述べ、その後、状況の許す範囲で、具体的に説明をしたらいいのです。
 話す前に、メモや原稿をかならず準備するということが考えられます。その場合、少なくとも、どんなことを言いたいのか、伝えたいのかを整理し、箇条書きにしたり、絶対に伝えたいという内容はキーワード化し、色を変えて書いておくといいように思います。
 さらに、話を興味深くするためには、いわゆる「起承転結」を意識したり、体験談や会話文などを挿入したり、話す内容の順番や関連を工夫したりして、十分に吟味し、準備しておきたいものです。
 そうして、ゆっくりと、相手に伝わっているかを視線や顔の表情、ボディアクションで確認しながら、話していくほうがいいようです。
 わかりやすい話し方を身につけるには、次のことを心がけ、何をどのような順序でどう話すか準備をする。
(1)
話す目的と内容を確認し、何をどのような順序でどう話すか準備をする。
(2)
難しい言葉は避け、区切りながら、短文で話すようにする。
(3)
資料を用意したり、具体例を示したりして、目で確かめながら聞けるように配慮する。
(4)
自分がこの話し方は良いと思った人や先輩の話し方のコツを観察し、無理のないように真似たり、取り入れたりする。
(5)
話し方が上手でも中身がなければ意味がありません。本を読み、体験を重ねて、内容のある話ができるようにする。
有村久春:1948年鹿児島県生まれ、東京都公立学校教師・指導主事・小学校校長、昭和女子大学教授、岐阜大学教授、帝京科学大学教授を経て、東京聖栄大学教授。専門は教育学、生徒指導研究、特別活動研究、学校カウンセリング研究)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

子どもたちに「わかりやすい説明」をするためのポイントとはなにか

 NHKの子どもニュースを担当して、子どもたちに「わかりやすい説明」をするには、いくつかのポイントがあると考えるようになりました。
 
「こんな言い方をして、子どもたちにわかってもらえるのか?」「ひょっとすると、子どもたちは知らないのではないか」と、常に自問自答して、子どもたちへの想像力を持っていないと「わかりやすい説明ができないのだ」ということを思い知ったのです。
 出演者の子どもたちが「わからない」と言ってくれるとき「そんなことも、わからないのか」と言ってはなりません。「何がわからないか」がわかると、そのニュースの説明は八割方はできたようなものです。
 その点について「では、どう言えばわかってもらえるだろうか」と一生懸命に研究すればいいからです。
「うーん、これだったら、わかるかな?」「それでもわからない?」「では、これで、どうだ」「えっ、わかる? ありがという」「わからないと言ってくれたおかげで、こんなにわかりやすくなった、ありがとう」と、常に言うように心がけました。
「きみが、わからないと言ってくれたおかけで、わかりやすくなった」という言い方を繰り返すことで、子どもたちにも番組つくりに参加している実感がわきます。
 こうした経験の結果、私なりに「わかりやすい説明」の方法を編み出していきました。そのポイントを五つにまとめると、
(1)
むずかしい言葉をわかりやすく、かみ砕く
 ニュースにはむずかしい言葉が数多く登場します。意味のわからない言葉が出ると、そこから先は理解が進まなくなります。わかりやすく説明することができれば、見ている子どもたちは「ああ、そういうことなんだ」と腑に落ちることでしょう。
 むずかしい言葉の多くは、漢字の熟語です。その漢字の意味をおさらいするだけで、むずかしい用語の説明ができ、ニュースのポイントも理解できることが多いのです。
(2)
身近な「たとえ」に置き換える
 想像しにくかったりして理解しにくいテーマのとき、わかりやすい「たとえ」を使うと効果的です。
 例えば、H2ロケットの大きさの説明です。高さは50mです。私が思いついたのが「奈良の大仏」でした。高さが16mです。でも、私たちは大仏さまを足元から見上げるので高いというイメージを持っています。
 こうして、H2ロケットの横に大仏さまの模型を並べ「ほら、H2ロケットは、奈良の大仏さまの三倍もの高さがあるんだ」という説明になりました。
(3)
抽象的な概念を図式化する
 抽象的な概念のニュースは映像がなく「見てわかる」ことはできない。図や模型にすれば「見てわかる」ということになります。
 ある概念を子どもたちに伝えようとするとき「絵」として伝えることができないか、と考えます。ある出来事を自分の頭の中でそしゃくして、図解してみます。
 図解しようと努力すると、ものごとの枝葉の部分がそぎ落とされ、本質だけが見えてくることがあるものです。
 自分の頭の中に、その「絵」を描くことができれば、次は、その「絵」を言葉にして子どもたちに届け、子どもたちの頭の中に、その「絵」を再現してもらうのです。
(4)
「分ける」ことは「分かる」ことに
 わかりやすく伝えるためには、伝える内容をきちんと分けてみることです。雑多な情報の中から必要な要素を取り出し、その要素を的確に分け、適切な順番に並べて伝えることが「分かる」ことになります。
 必要な要素を分けて再構成して見せることで、子どもたちの頭の中が整理でき、理解しやすくなるのです。
(5)
バラバラの知識をつなぎ合わせる
 バラバラの知識に「関係性」があることを示すことです。
 ある出来事について、ひとつひとつの言葉や数字を説明するだけでは、本当にわかったとは言えないこともあるのです。
 自分が持っている断片的な知識をつなぎ合わせ、ジグソーパズルのようにはめ込みながら、全体像が作りあげられたとき「わかる」ということになるのです。
 
「わかった!」というのは、知識を得たのではなく、自分の持っている知識によって、ある状況が解釈できたという場合である。頭の中でひとつの「絵」にまとまったときです。
 それと、ただ、ひたすら淡々と説明するのではなく「間」やリズムを大切にして、子どもたちとの会話のキャッチボールができるように留意すると、会話ははずむのです。
(
池上 彰:1950年長野県生まれ、ジャーナリスト。NHKに記者、キャスター、東京工業大学、信州大学、名城大学などの教授歴任した)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

子どもの心をつかむ話し方のうまい教師になるには、どのようにすればよいか

 国語教育で有名な大村はまさんは「私は、ちょっとした小言にも話の構成を考えて話します」と言い「はじめは、こんなことばで、中にこんな例を入れて、終わりはこんなことばで結ぶ、と大まかな構成ですが、こんなことを考えて小言を言います」と述べています。
 このことは、いかに話というものを大切にされているか、教師としての生き方をいかに厳しくとらえられているかを感じさせてくれる。話ことばを愛し、話そのものを非常に大切にしている姿勢がひしひしと迫ってくる。
 話の準備と話す技術と能力の総合的な力が「話すということ」なのだと感じるのである。自分の話を聞いてくれる相手を尊重するからこそ、話す力を身につけようとするのである。準備していない話、出たとこ勝負の話は、相手を甘く見て、バカにしている現われである。
 私は見たり(テレビもふくむ)、聞いたり、読んだことで、これはと感じたことは、必ずメモする。メモはその日のうちに記録する。メモを見ながら、自分の考えを書いてみる。こういう習慣が私の話の準備になっている。
 上手な話し方は、話の内容の適否が大きくひびいてくる。子どもの理解力、生活経験によって話の中身を調整する必要がある。
 話すことは、声のひびき、韻律、抑揚、全体の調子、話し手の表情、ちょっとした身ぶり、話す人の人柄が醸し出すもの、その場の雰囲気、そういうもろもろの全体が、聞き手にイメージをつくらせると思う。
 好ましい話は、聞き手の身になって話すということである。聞き手にとって好ましい話になるためには、自分が人の話を聞くときに、どんな話が好ましいのか、うんざりなのかを調べるとよい。好ましい話のためのポイントは
(1)
短いこと
 長い話はくどくなる。好感が消える。もう少し聞きたいと思うところで止めておくのが、いい話のコツである。話に熱が入ってくると、自分本位になる。聞き手はそれを感じて鼻持ちならなくなる。
(2)
わかること
 自分の言いたいことは、これとこれだと、自分でわかることが大切である。その確認のために、話す原稿を書く。話の全体構成、筋書き程度はメモとして持っていていいが、原稿を読み上げる話し方は、聞き手に訴える迫力がなくなる。
 
「話すときは、書くように話せ」と言われるように、話すことばは自分のハートにあり、それを文章にしていくつもりで語ればいい。
 自分が考えながら話すとよい。それが聞き手にとって考えながら聞くということになって、自然な「話の間」が作られることになる。
(3)
言いたいことは三つ以内にしぼる
 多くの先輩たちが経験的に話の要点は三つ以内がよいと指摘している。話し手が三つ以内にしぼり込むことで、焦点化できる。それだけ訴える力があるといえる。生徒指導のときの話に迫力がでる。
(4)
単文の積み重ね
 わかりやすい話は、単文の積み重ねになっていることが多い。単文は「今日は寒い」というような主語と述語が一回だけである。わかりすさ、テンポの明快さが現代感覚にマッチする。
 教室での話し方は新聞の文章を身につけるとよいといわれる。自分の話を録音してみると、自分の癖がわかる。
(5)
韻律を大切にする
 日本語独得の七五調とか何かの標語など、語感のひびきに留意し、心地よいことばを使うようにする。例えば「ゆずり合う、心のゆとりが、身を守る」
(6)
論理性がある
 生徒に語るときは、比喩など交えてわかりやすく話したりするが、だからといって論理にはずれるようであってはいけない。
(7)
声の質、歯切れがよい
 子どもたちの耳に心地よく受け取れるように、教師は自分の声を変えていこうとする姿勢が大切だ。アンウンサーが毎朝、口を大きくあけて、はっきりした大きな声でアイウエオ・・・・と体操するという。これは歯切れをよくする訓練であると聞いた。
 自分の気にいった文章を読み聞かせるつもりで、感情をこめて読み、録音して聞いてみると訓練になる。
(8)
腹式呼吸で、音声にボリュームとひびきを
 吐く息の量が少ないと音声にもゆとりがなく、貧弱でボリュームがでない。話す前は数回腹式呼吸して、息を十分吸い込むようにする。
 腹いっぱい息を吸い込み、ゆっくり吐きながら話をするようにする。ひびく声が出せる。力強い張りのある話を引き出すことになる。
 聞いていてすてきだなと感じる講演がある。その人が話す調子を真似て話してみる。間の置き方、息つぎなどを体験してみる。こういうことも話す練習になる。
(9)
話すとき、話し手と聞き手がともに考える
 何かを話すとき、聞き手の子どもとともに考える。考えながら話し、話しながら考える。そうすると自然に「間」が出てくる。
 この「間」によって、ともに同じ歩調で考えることになる。教師が何か教えてやるという態度でなく、話し手の教師も常に学んでいるという態度である。
(10)
切れ味の鋭い話
 話が一本調子でなく、山あり谷あり平たんな道ありで、適当な変化があることが望ましい。話の筋にも緩急の変化があること。そして話の筋が明快なことが大切である。
 スカッとした感じ、爽快な感じが残る話がいい話である。
(
関根正明:1931年生まれ、小・中学校教師、指導主事、東京都公立中学校校長、大学助教授を経て、元山形大学講師)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子どもたちが教師の話を聞くようになるには、どうすればよいか

 文章を読むときは何回も読みなおしたりできるが、話し言葉は立ちどまれない。耳にわかる、やさしい言葉で話すようにしたい。これは初歩的なルールである。
 先輩教師が「教師は泣かせる話ができなくては、一人前とはいえない」と言っていた。たしかに、話の中味がよければ、子どもは身をのりだし、涙を流して聞いてくれる。しかし、それには話しかたも大切である。
 感動的な話だから、感動して聞くだろうと思ったら大まちがいである。どんなにすぐれたテーマでも、子どもの感情や感覚に根を下ろさないとだめである。感動的な話は、その感動に共鳴するように、感情的に話さなくてはならないのである。
 例えば「タバコはやめなさい。健康を害します」という話をしたら「タバコは怖い。ぶるぶるっ」という感情を植えつけなくては、ほんとうに話をしたことにはならない。
 子どもに聞かせる話をする最大の秘訣は、子どもに疑問を出し、聞けばいいのである。たとえば
「日本の子どもはほんとうに幸福なのでしょうか?」「たしかに腹いっぱい食べている。欲しいものは買ってもらえる。だが、心は病んでいる」
 というように、最初に疑問を提出し、以下、論をすすめる方法である。「・・・・・か?」と投げかけられると「はっ」として集中する。ときどき、問いかけながら話を進めてみるとよい。
 
「みんなは、どう思う?」と問いかけながら、話をすると、話に変化が出てくるし、子どもも「うむ」と考えたりして、子どもが参加する話になる。
 子どもを見ながら話すようにするとよい。
 それは、子どもの表情から、自分の話がどれだけ、理解されているかを見るためである。「わかったかな」といって、子どもたちの顔を見る。すると「わかった」「わからない」「とまどっている」顔と、いろいろな顔が見える。
 子どもの顔を見ながら、教師の話のしこみ具合を見るのである。「あきてきたんだな」と見えたら、ジョークを飛ばして笑わせる。脱線話をしてみる。そうして一息ついて、次にすすむ。
 このように、教師は子どもの表情、その身体に起こるすべての変化を身ながら、その変化が伝えるメッセージを読みとりながら、その変化に対応した話をしなくてはならない。
 それは、教師が自分の身体の全部を使って話しているように、子どももその身体全部を使って、教師の話を聞いているからである。そのことを忘れると、教師の話は一方的になり、子どもに聞かれない話になる。
 子どもに拒否される話し方は、話が長いと感ずる話である。それは、話が平板だからである。話にメリハリをつけることである。話に変化をつけるには、つぎのように留意して話すといいだろう。最初はぎこちなくても、やがて、話す内容に応じて、しだいに単調さから脱することができる。
(1)
大きな声、小さな声をまぜる。
(2)
強弱をつけて話す。力を入れて話したり、ときに、息をひそめて話す。
(3)
話の速度を変える。早くしたり、ゆっくりしたテンポで話したりする。
(4)
話のやま場、感動的な部分は感情をこめて話す。
(5)
「間」をとる。
 教師の話に反応し、子どもたちが頭の中で「なぜかな」と考える時間が「間」である。話の続きへの期待感を高める。日々実践的に試してみることである。また、同僚教師の話を聞き、間のとりかたを学習するといいだろう。
(6)
表情や身ぶり手ぶりをまじえて話す。
 表情も「目は口ほどにものをいう」ということわざにもあるように、言葉の一つととらえることである。話し方のどの本にも「笑顔で話せ」と書いてある。笑顔が、言葉に勝る力を発揮するからである。
 笑顔にも「明るい」「暗い」がある。教師の表情は、まず明るさが求められる。教師の明るい表情は「今日もめげずに、元気にいこう」というメッセージを子どもたちに伝える。元気のない子どもも、教師の笑顔をみて勇気づけられる。
 「大事なことが二つあります」というとき、指を二本、前に突き出し示す。子どもは、こうした教師の言葉と身ぶりによって、話の内容のイメージをふくらませたりする。なによりも、子どもたちは目を凝らし、聴き耳を立てて教師の話を聞こうとする。授業にも変化が出てきて、あきることはない。
 しかし、乱用すると、大げさになり、いやみ、押しつけがましくなったり、イメージをそこなうことがおこる。
 私は身ぶりがへたで、話のあとに、その録画を見せられて恥ずかしい思いをする。教師は、手話などを参考に、独自の、表情豊かな身ぶり語をつくりだすようにしたい。
 アジティション(社会運動で,演説などによって大衆の感情に訴えそそのかすこと)にもよく使われる自問自答法というのがある。たとえば
「それが、人間のすることだろうか、いや。血の通った人間のすることではありません」と話す。「いや」までは一気に強く、「いや」のあとに「間」をおいて、以下、やや声をひそめて話す。
「いや」のあとに間をおけば、子どもの心に「人間のすることではない」という否定的な方向での共感を呼びさますから、以下、その共感に寄りそうように、声をひそめて、あとを続けるのである。
(
家本芳郎:19302006年、東京都生まれ。神奈川の小・中学校で約30年、教師生活を送る。退職後、研究、評論、著述、講演活動に入る。長年、全国生活指導研究協議会、日本生活指導研究所の活動に参加。全国教育文化研究所、日本群読教育の会を主宰した)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教師は話す職業であるが、話すことに努力しているだろうか、話す力をつけるにはどうすればよいか

 私がNHKの朝早い番組に出演したときのことである。有名な司会者が楽屋で「あ、え、い、お、う、おはようございます」と口を動かしている。そうしながら、服装や髪を整え、ときどき笑ったり、きびしい顔をつくっては、自分の表情を点検している。その姿を見て、私は心を打たれた。話すことを職業とする者の、とうぜんの職業的努力とはいえる。
 ひるがえって、教師の場合はどうだろうか。教師から話をするという手段を取り去ったら、教師の仕事は成立しない。教師も話すことを職業とするものであるが、話すことに努力しているだろうか。残念ながら、教師にそうした自覚は弱い。
 教師の話すことは、子どもが黙って聞くのがあたりまえと考えているかぎり、話す力量は発達しない。子どもの聞く力も弱まっている。だとしたら、教師はいっそう言葉による「聞かせる話」をしなくてはならないのである。教師は話す力を自覚的に自ら育てなくてはならなくなったのである。
 私が話すことの大切さを考えるようになったのは、僧侶でもあった先輩教師のおかげであった。私の話しぶりが気になっていのだろう。あるとき「良寛 不妄語戒九十条」を渡してくれた。九十条からなる長い戒めだが、教師としての言葉を考えるうえで、大いに参考になった。
 少しだけ紹介すると、
「口数が多く、くどい」「ものの言いかたが乱暴」「しゃべりかたがはやい」「話が長い」「自慢話」「人の話が終わらないうちにしゃべり出す」「よく知らないことを人に教える」「いかつく、ものを言う」「理屈っぽい」「軽蔑したものの言いかた」「人の話を聞こうとしないで言葉をかわす」
 教師の話しかたは、理解しやすく、正確で、美しく、快くなければならないと言われる。そういう話しかたができれば、それにこしたことはないが、それが教師の話しかたを決定づける条件ではない。
 私は「教師の話しかたで、もっとも大切なことはなにか」と聞かれたら「子どもに届く力をもっているか、どうかだ」と答える。
 
「子どもに届く」とは、子どもの耳に、正確にわかりやすく伝わるだけでなく、子どものからだに快く触れ、心に響き、知にはたらきかけ、感情に訴え、行為・行動をやさしく導くように「届く」ということである。
 そうであれば、雄弁であってもよし、とつとつとした語り口であってもよいのである。要は「子どもに届く力のある話しかた」ができるかどうかである。
 では、どんな話しかたをすれば、子どもに届く力をもつことができるのだろうか。それは教師各人がそれぞれ創意工夫して個性的にアプローチしていけばよい。
 これまでの、多くの話し上手な教師のすぐれた語り口から、学ぶことも、個性的な話しかたの創造に、さらに磨きをかけることになると思う。
 たとえば、教師の声はどのような声であればよいのでしょう。
(1)
聞こえる声
 教師の声が小さく、聞きとれなくては教育は成立しない。最初に子どもにきらわれる教師の多くは「先生の声がよく聞こえない」理由からである。大きな声が出ない教師は、とりあえず、からだをつくることである。からだをよくほぐし腹式呼吸で、息をいっぱい吸う。吸った息の量に比例して大きな声が出る。
(2)
わかる声
 教師の話は明瞭に、その言葉が聞きとれなくてはならない。はっきりとした、澄んだ、透る声、つまり明晰な声でなくてはならない。
 声は聞こえるが、言葉が割れていたり舌がよく回らなかったり、くぐもったり、団子状だったりしては、よく聞きとれない。
 明晰な声を出すには、口先だけの不完全発声をなおすことである。明晰な声になるためには、口を大きくあけ、口の全部を使って一音一音を一番後ろの子どもに飛ばすような気持ちで発声する。口のなかに残さない。そんな発生をしながら、くっきりした声をつくっていく。
 話す速さは、知識が子どもにしみこむ速度にあわせて話すとよい。子どもが集中しなくなったら、話を中断し、吸収するまで、少し休憩するか、いったん終了して別のことに移るようにする。
(3)
明るい声
 教師の声は明るくなければならない。子どもが学校で教育を受けようとするときの気持ちが、後ろ向きの子どもが多くなった。ゆえに、教師の言葉は明るく、彩に満ちて、子どものやる気を引き出すものでなくてはならない。
 では、どうすれば明るく話せるようになるのだろう。なんといっても、明るい話題でなければならない。明るい話題は、指導によってつくりだすものなのである。ほっておいて、しぜんに生まれることはない。子どもたちによいことをさせ、それを取り上げ、ほめるのである。
 子どもの成長を励ますような明るい話題でなければ、明るい話しかたはできない。
 明るい話しかたをする教師は、生き生きして、人間としての勢いがある。姿勢がいいうえ、相手の顔を見て、安定した視線で、明るい表情と、しっかりした口調で、自信をもって話している。
 まずは明るく話そうと自覚するだけで、ずいぶん明るい話かたになる。そのためには、体調を整えて健康であると、しぜんに生き生きして明るくなる。また楽観的であると明るくふるまえる。
 明るく話すための技術は「語尾をはっきりと発音する」「メリハリをつける」「話を尻上がりに高くする」と明るい感じがでてくる。
(4)
豊かな声
 鋭角的でキンキン声などのような、やせた声はなんとなく訴える力が弱い。教師の声は、暖かな、包み込むような豊かさが求められる。
 まずは、口腔いっぱいに広がりを持った声を出して、声量の豊かな声にすることである。口をよく開けて腹から声を出し、腹に響くように、しかし、やわらかく発声する。
 他の教師の話を聞きながら、少しでも豊かな声を出すように心がけたい。
(
家本芳郎:19302006年、東京都生まれ。神奈川の小・中学校で約30年、教師生活を送る。退職後、研究、評論、著述、講演活動に入る。長年、全国生活指導研究協議会、日本生活指導研究所の活動に参加。全国教育文化研究所、日本群読教育の会を主宰した)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

授業で子どもたちを集中させる説明や話し方のポイントとは

子どもたちに話しや説明するときには、つぎのような点に配慮します。
1
最初に要点(結論)を短く話す
 最初に要点(結論)を話すと子どもたちは集中して聞くようになります。そのあとに理由を話すようにします。
2
わかりやすく説明する
 具体例を入れたり、子どもたちの身近なものにたとえたり、作業させたりして、説明をわかりやすくする工夫します。
3
やってみようと思わせる
 具体的にヒントになる説明をして、おもしろそうだな、やってみようと思わせます。
4
重要なことを単純化し、短く明瞭に説明します
5
実物を見せる
 子どもたちが集中しないときなどに、実物や知らない興味のあるものを見せます。
6
話し方に変化をつける
 一本調子で話すと、あきて集中しなくなります。ときには、ゆっくり話したり速く話したりして、話しにめりはりをつけると、子どもたちは集中して話しを聞くようになります。
 いつもより小さな声で話せば、どうしたのかなと、子どもたちは注目します。
 間をとって、子どもたちの顔を見つめながらゆっくりと話すと、話しがわかりやすくなります。
 重要なことばを高く、強く言うと子どもたちは大切なのだと思います。
7
納得させるには実演や経験や感動を伝える
 実演したり、子どもたちが経験したことと関連づけたり、教師が感動したことを伝え、子どもの共感を得るようにします。
8
ゆさぶりをかける
 一つの見方から結論を得るだけでなく、別の視点から教師が問いかけ、子どもたちが学び合うと、子どもたちの思考が深まります。
9
選択させる
 二つの方法を説明して、どちらかを子どもたちに選択させます。説明を聞くだけの立場から、能動的な立場に子どもを立たせるようにします。
10
問いかけながら説明すると緊張・集中がうまれる
 一人ひとりに問いかけながら説明すると緊張感が生まれます。
11
考えさせたいときは発問する
 子どもたちに問いかけることによって、考えさせます。
12
説明したことが理解されたか発問して確かめる
 説明したことが、どのくらい子どもたちに理解されたかを、発問によって確かめます。
13
板書する
 話すばかりでなく、説明する内容を黒板に書くと、こどもたちの注意を引きつけることができます。大切なところやまとめを板書したり、伝えたいことを文字・表・図にして視覚に訴えます。
(
加藤辰雄:1951年愛知県に生まれ、元名古屋市立小学校教師。愛知教育大学等非常勤講師。「読み」の授業研究会運営委員)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子どもへの話しかたは今の時代の教師としてどのようにすればよいか

 時代は大きく変わっているのに、変わらないのは教師の話しかたです。子どもを指導するための話術は、教師と子どもたちとのコミュニケーションの技術です。当然のことながら、子どもに対する教師の指導観がベースにあります。今の時代の教師として、子どもたちを指導するための話術は、どのようにすればよいのでしょうか。
1 やさしさの時代になったのに変わらない学校
 私が病気になって生まれてはじめて入院しました。なによりも驚いたことは、看護婦さんやお医者さんの患者への接し方がたいへんやさしくなったということです。看護婦さんが血圧をはかりにきますが「家本さん。お休みのところ、すみません。血圧をはからせてください」とは、なんというやさしさでしょうか。お医者さんもそうでした。点滴の注射を刺すとき「痛いですよ。ごめんなさい」と言いました。
 やさしい接し方で「この病院は患者を大切に扱ってくれるんだ」と、ハッピーな気持ちになります。精神衛生上からも快適な話し方でした。私が子どものころの医者は「治療してやっているんだから、痛いのをがまんするのは当然だ」という態度で接していました。時代は大きく変わったといえます。
 そんな目でみていくと、変わらないのは学校であり、教師の話し方です。子どもに対する教師の言葉は荒っぽく「早くやれ」というような指示・命令形で、しかも感情的で高圧的な話し方がめだちます。「いいか。一回しか言わないぞ」などと、不親切で思いやりに欠ける言葉づかいが少なくありません。
 学校の指導は管理することと思われています。指導は「注意、叱責、説教、脅し、処罰」によって子どもたちを動かすのではありません。
 
「指導」の本来の意味とは「子どもたちがやりたくなる、気持ちをおこさせる」働きかけをいいます。子どもたちが「やろう」という気になるように働きかけることです。そのためには、教師は指導する方法を学び、指導のための話術を磨くことが求められます。
 つごうのよいことに、教師は毎日、子どもたちに話をしていますから、毎日、話す練習ができます。とりわけ「朝の会で注意するとき」「問題が起きたときのアプローチ」「日常の話法」の3つは特に注目して練習するようにします。
 その場面のなかで「注意しないで指導しよう」「怒鳴らないで指導しよう」「脅かさないで指導しよう」という「指導するときの話法」を自覚して追究してほしいと思います。
 特に注目して練習する3つについて、順に述べます。
2 朝の会で注意するとき
 子どもたちは、朝の会で注意や伝達を聞くために朝早く時間通りに登校しているのでしょうか。朝っばなから「そんな話は聞きたくない」と思うのは当たり前のような気がします。
 例えば、教師の話が面白く、楽しく、何か新しい世界を切り開いてくれるようなものであれば、子どもたちは早く登校したくなります。今、必要なことは、子どもたちに自信をもたせ、朝は「やるぞ」という気にさせる明るい、楽しい話題を提供すべきです。注意しないでも指導できる工夫を考えるようにします。
 そのために、朝の教職員の打ち合わせであった注意・伝達事項を次の条件で仕分けし、工夫して指導します。
(1)
子どもたちの前で話してはいけないこと
 例えば、PTA会費の未納者がいるので催促してください。名簿は担任の机に置いてあります。
(2)
朝のうちに緊急に指導する必要のあること
 例えば「消火器のいたずら」は、子どもの命にかかわるからです。「昨夜、火事があったの知っている?」私はそう切り出します。日本のどこかで、かならず火事があります。「大やけどをした」と言うと子どもたちは「へぇ」とびっくりします。
 
「消火器が使えず人の命も奪いそうになった。火に関する物をいたずらすると寝小便するとお婆ちゃんに教わった。大きくなっても寝小便なんて、みっともないだろう」と、まあそんな話をすると、子どもたちは大笑いします。これが「注意しないで指導する話術」です。そのためには、エピソードをもっていなくてはなりません。
 ある高校教師は卒業生にかこつけて話をします。例えば、遅刻の多かった卒業生が家に遊びにきて「会社を首になりました」といって涙を流した話をすると、少しは遅刻が減ったといいます。
 注意事項はだいたい決まっていますから、いくつか作っておいて、小出しにしていけばよいのです。
(3)
ゆっくり時間をかけて指導すること
 例えば「ガムの食べ捨て」については、子どもたちが主体的に受けとめないと効果はありません。「どうしたらいいか」考えさせ、意見や感想を求めたりします。子どもたちが、自主的に取り組む姿勢へともっていきます。じっくり発酵させていきます。
3 問題行動へのアプローチ
 子どもの問題行動にどうアプローチするか、これが指導としての話術にとって大切な場面です。子どもを指導するときは、まず「身体」からみる、ついで「心」をみる、これがセオリーです。
 私は子どもの問題行動に際して「おい、どこか、具合悪いのか」と問いかけます。やさしさが伝わる問いかけです。この言葉を発見して以来「元気ないけど、どうしたんだ。調子が悪いのか」と問いかけることにしました。
 あるとき、掃除サボリをしている子にそう声をかけると「いえ、なんでもないよ」と言ったが、なんとなくぐずぐずしている。こういう場合は「身体」の次に「心」を見なくてはなりません。心にあるものを知るには、まわりの子どもたちにそっと聞くことです。
 しかし、まわりの子どもたちにもわからないことがあります。そういうときは、掃除が終わった後「ちょっと」とその子を呼びとめ「なにかあったのか」と聞きます。「なにもありません」と言ったら、サボリなので叱ります。
 要するに叱ることはいつでもできるから、最初に叱らない、最後にとっておくということです。原因がわかるまで、やたらに指導しないほうがいいということです。教師は一回、一回分析し、方針を立て、指導します。なぜなら子どもは異文化の存在なんですから。
4 日常の会話法
 教師は知らず知らずにその話法が権力的になりがちです。話が長く粘っこくて、威張った口調と解説的なバカ丁寧さ、しかも言って聞かせるといった一方的な話法になりがちです。これはなかなか抜けません。 
 教師の話し方は、対話的でなければならないのに、一方的で強い調子がめだつのは、学校のなかで管理しようと「教師の言うことを聞け」「学校の方針にしたがえ」といった命令調で話をしてきたからでしょう。
 教師のこうした命令的な語法は、子どもたちを苛立たせます。そこで、勧誘的な話法に切りかえるようにします。例えば「早くやろうな」「早くやりましょうね」と誘う言いかたに切りかえることです。子どもたちに働きかける親しみやすい表現です。横並びで「いっしょにやろうぜ」というようになります。
 この話法ができるようになると、子どもたちの人格を尊重する話法が身についてきます。例えば、どうしても朝の会で注意しなくてはならない場合「朝からいやな話で悪いが」と前置きして話はじめることができます。
 権力的な話し方を克服するには、まず人間の弱さに立つことが求められます。この気持ちを忘れなければ、子どもにたいするやさしさを失うことはないでしょう。人間の弱さに立たない教育は偽ものです。教師も至らないところがある人間だがという前提に立って、子どもを指導するということでもあります。
 教師は毎日、子どもの行動に接していますが、基本的に善意でとらえることです。例えば、遅刻する子どもがいます。悪意でとらえると、だらしのない子どもだということになります。そういうとらえ方をして、子どもに接するとよい結果をもたらしません。教師の悪意はすぐに子どもに察せられ、反発を招くからです。
 しかし、善意でとらえると「なにかわけがあって遅れたにちがいない。でも、よく登校してくれた。うれしいことだ」となります。今、善意をもって子どもをとらえることが望まれています。裏切られても善意でとらえ、信じてやる。それが教師の仕事だと思います。善意でとらえれば、またちがった教育の世界が開けてくると思います。
 今の子どもたちは当たり前のことができなくて困っているんですから、当たり前のことができたら「ありがたいことだ」と思えるのではないでしょうか。よく見ていると、子どもに好かれ信頼される教師は、かならず「ありがとう」と言っています。
 今の子どもたちは、自分に自信をもっていない子どもが多い。子どもに自信を持たせるには「ほめる」ことです。すぐに「ほめる」ことできるのは、事実を認めてやることです。悪いことをしなかった、めいわくをかけなかったこれすべて「よいこと」なので「ほめる」ことなのです。それでもほめることがないというなら、ほめることをさせてほめることです。
 話術は話す術と聞く術からなります。教師は子どもの話を聞くのがへたなようです。上手に聞くには「子どもの感情を聞く」「くり返しの技法」を用いることです。例えば、子どもが転んで「痛い」と泣きべそをかいているとき「痛いのか。どこ、ぶつけた。・・・・・・」と、最初に「痛い」という感情をやさしく受けとめる。「痛い」を繰り返して「の」をつけて送り返すのです。つまり「痛いの」です。こう繰り返すと「先生はきみの痛さを受けとめているんだよ」ということを子どもに伝えることができます。共感的な話法です。
 遊び心があると、教師の語法にゆとりが生まれます。指人形のようなものを用いて話をすると子どもたちの反応はよい。
(
家本芳郎:19302006年、東京都生まれ。神奈川の小・中学校で約30年、教師生活を送る。退職後、研究、評論、著述、講演活動に入る。長年、全国生活指導研究協議会、日本生活指導研究所の活動に参加。全国教育文化研究所、日本群読教育の会を主宰した)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教師が保護者と話をするときに気をつけることとは何か

 人は見た目で多くのことを判断します。見た目が大切です。保護者に対して、きちんとした身だしなみで臨むべきでしょう。保護者は教師の態度に敏感です。話してないときでも、常に全部みられているのだと思ってください。
 緊張していても、無理にでも笑顔を作りましょう。笑顔は、人の心をやわらかくしてくれます。鏡を見て口角をあげるようにします。目の周りを軽くマッサージして、目じりを少しさげるようにします。
 保護者に安心感を与える話し方というのは「熱意」の感じられる話し方です。保護者は教師の熱意に対しては敏感です。
 保護者はどういうことに不安を感じるかのかというと、やる気の見えない教師。視線が定まらない。下を向いて話す。声が小さくて聞き取りにくい。書いたものを読んでいる。というような教師に不安を感じます。やはり、見た目が大きいということです。
 教師が話しをしているとき、保護者が一番注目するのは、この教師は信頼できるかどうか、ということです。それを話のはしばしから嗅ぎ分けてきます。保護者が最も嫌うのは、自分の行為を言い分けすることが多い教師です。自分の身を守ろうとする行為ですから、保護者の信頼は絶対に得られないでしょう。
 大げさに自分を宣伝するような教師は「えらそうなことを言ってるわ」などと、保護者に反発されないよう、誠実に話をすることが肝要です。教師の話を聞きながら、教師の子どもへの姿勢がどのようなものかを保護者は見ているのです。
 教師の年齢や子どもがいるかいないかも、保護者が教師を見る一つの大きな要素です。教師は年齢、経験を踏まえて、等身大の自分を素直に語ることが一番よいと思います。
 教育には専門用語があります。教師は教育のプロですから、専門用語を知っていることを保護者に示さないと値打ちがありません。専門用語は、できるだけかみくだいて、中学生にでも分かる言葉に置き換えて話すべきです。
 保護者会で反応を見ていたら「どうもうまく伝わっている感じがしないな」と思ったときは、「今の話は、分かりにくかったですか?」と、たずねましょう。「ごめんなさい。もう一度、説明し直します」と話し直すことです。時間がなければ、通信などの文書を配布してフォローするしかありません。
 保護者会には、子どもたちの笑えるエピソードとか、オチのある話を用意しておきます。
 保護者会で話すとき、緊張してあがってしまうこともあります。そういう心配のある教師は、あがることを前提として、準備をしておくことです。「あがっていると感じたときは、こうする」というものを用意するのです。そうすると落ち着きます。
 個人面談のときに伝わっていないなと感じたときも、はっきり伝えて誤解のないよう分かり合える努力をするべきです。話の元となる事実の認識が違っている場合もあるので気をつけましょう。
 個人面談では、保護者一人ひとりに応じてていねいに対応しましょう。基本は、子どものよいところの事実をあげて話すことです。「○さんは、黙って黙々とそうじの後片付けをしています。おうちでも、そうですか?」というように具体的な事実で話しをします。
 個人面談では、私は保護者の話を「聞き切る」ことを大切にしていました。保護者の話をじっくりと聞いてあげれたら、保護者の方も、こちらの言葉に耳を傾けてくれるようになるのです。
 話し方には個性があっていいと思います。しかし、やってはいけない話し方があります。次にあげるような話し方は、気をつけたほうがよいと考えます。
 皮肉まじりに話す。第一声が小さな声になる。言葉づかいが乱暴である。同じことを何度もくり返して言う。話すときの姿勢がよくない。長話や長い説教。声が暗い。抑揚がない。
 話し方というものは、話す技術と同時に精神的な要素が大きいものです。話す技術だけを追求していけばよいというものではなく、教師の教育観というものが大きく関係してくると思います。
(
多賀一郎:1955年生まれ、神戸大学附属小学校を経て私立小学校教師。退職後は追手門学院小学校講師、専門は国語教育。在職中に日本私立小学校連盟国語部全国委員長歴任。親塾・教師塾等で保護者・教師教育の手助けをし、全国で講演)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

いじめの指導 | さまざまな子どもの指導 | ものの見方・考え方 | カウンセリング | 不登校 | 人間の生きかた | 保護者との協力関係をつくる | 保護者にどう対応するか | 保護者の実態 | 優れた先生に学ぶ | 優れた授業とは | 優れた教科授業例 | 先生の実態 | 危機管理 | 叱る・ほめる・しつける | 各国の教育 | 各教科の授業 | 同僚・管理職との関係 | 問題行動の指導 | 国語科の授業 | 地域 | 子どもから学ぶ | 子どもたちに対する思い | 子どもたちの関係づくり | 子どもと向き合う | 子どもの失敗 | 子どもの実態 | 子どもの成長をはかる | 子どもの指導の方法 | 子どもの見かた | 子どもへの話し方 | 子育て・家庭教育 | 学び合う学び | 学校の実態 | 学校経営と組織 | 学級づくり | 学級の組織と活動 | 学級の荒れ | 学級崩壊 | 学級通信 | 学習指導・学力 | 学習指導案 | 実践のための資料 | 家庭 | 掃除 | 授業づくり | 授業のさまざまな方法 | 授業の展開・演出 | 授業の技術 | 授業中の生活指導 | 教師との関係 | 教師と子どもの関係づくり | 教師に必要とされる能力 | 教師の人間としての生きかた・考えかた | 教師の仕事 | 教師の心の安定 | 教師の成長・研修 | 教師の話しかた | 教師の身体表現力 | 教材・指導案 | 教材研究 | 教育の技術 | 教育の方法 | 教育の理念や思い | 教育史(教育の歴史と変化) | 教育改革 | 教育法規 | 教育行政(国・地方の教育委員会) | 新学級づくり | 理科の授業 | 社会環境(社会・マスコミ・地域) | 社会科の授業 | 算数・数学科の授業 | 経営とは | 英語科の授業 | 評価 | 話の聞きかた