カテゴリー「経営とは」の記事

自分の長所とか短所にこだわる必要はない、持ち味を生かしていけばよい

 人の長所とか短所にこだわる必要はない
 お互い人間は、程度の差こそあれ、長所と短所を併せもっています。
 そこで人は、ときにその長所を誇り、短所を嘆いて、優越感にひたったり劣等感に悩んだりします。
 しかし、考えてみれば、お互いの日々の生活においては、長所がかえって短所になり、短所が長所になるようなことが、しばしばあるからです。
 長年のあいだに接してきた、たくさんの経営者の人たちについても、そういう例をよくみかけます。
 経営者の中には、知識も豊富で話もうまく、行動力も旺盛といった人がいます。
 そういうすぐれた能力を備えた人が経営者であれば、その会社はまちがいなく発展していくようにも思われます。
 しかし、実際には必ずしもそうでない場合が案外に多いのです。
 反対に、一見、特別にこれといったとりえもなく、ごく平凡に見える経営者の会社が、隆々と栄えていることもよくあります。
 どうしてそのようなことになるのか、非常に興味があるところですが、それは結局、経営者の長所がかえって短所になり、短所が長所になっているということではないかと思うのです。
 すぐれた知識や手腕をもつ人は、何でも自分でできるし知っていますから、仕事を進めるにあたっていちいち部下の意見を聞いたり相談をかけたりということをしない傾向があります。
 また部下にまかせても、いちいち細かく口出しをする。そういうことでは、部下はやる気をなくしてしまいます。会社の発展が妨げられるわけです。
 一方、一見平凡に見える経営者の会社が発展するというのは、その反対の姿があるからでしょう。
 部下の意見をよく聞き、仕事をまかせる。そのことによって全員の意欲が高まるといった経営を進めているわけです。
 そういうことを考えるとき、お互いにあまり長所とか短所にこだわる必要はない、という気がするのです。
 基本的には、長所と短所にあまり一喜一憂することなく、おおらかな気持ちで、自分の持ち味全体を生かしていくよう心がけることが、より大切なことではないかと思うのです。


(松下幸之助:18941989年、パナソニック創業者、経営の神様と呼ばれ、日本を代表する経営者)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

素直な心で懸命に仕事に取り組み反省を重ねると経営のコツが得られる

 素直な心で懸命に仕事に取り組み反省を重ねると経営のコツが得られるでしょう。
 いかに学問、知識にすぐれ、人格的に非のうちどころのない人であっても、経営者として成功するかといいますと、必ずしもそうとはかぎりません。
 成功するためには、それに加うるに経営のコツというものをつかんでいなければならないと思います。
 ある繁華街に、レストランが二軒あるとします。同じ料理のレストランをやっているのですから、同じように繁盛していいはずなのが、一方はいつも満員、もう一方は客がはいらないというようなことがよくあります。
 それも結局は、一方の店の経営者が経営のコツをつかんでいるが、もう一方はそうでない、というところから生じてくる、ちがいといえましょう。
 そのように経営者が経営のコツをつかんでいるかどうかによって、商売にしても企業経営にしても、発展に天地のちがいが出てくることになると思うのです。
 それでは、経営のコツとはどういうところにあるのか、どうすればつかめるのか、ということになりますが、これがまさにいわくいいがたし、教えるに教えられないものだと思います。
 経営学は学べますが、生きた経営のコツは、教えてもらって「わかった」というものではない。いわば一種の悟りともいえるのではないかと思います。
 お釈迦さまは、山にこもって修業されましたが、それでも悟れなかった。山を下って菩提樹の木のもとで乙女の差し出す山羊の乳を飲んで、ホッと悟られたといいます。フッと気がつかれたわけです。
 私は経営のコツをつかむのも、そんなものではないかと思うのです。つまり、日々、経営者としての生活の中で、一つ一つの仕事に一生懸命とり組みつつ、その都度、これは成功であったな、とか、ここのところは完全ではなかったな、という具合に反省を重ねていく。
 そしてそれが、やがて意識しないでも考えられるというか、反省できるようになることが必要だと思います。
 そういうことを刻々にくりかえしていると、だんだんまちがいをしないようになる。ということは、経営のコツがわかってきた、ということになるのではないかと思うのです。
 そして、さらにいえば、一つの心がまえとして、やはり素直な心にならなければいけないと思います。自分の利害や感情、欲望といったものにとらわれない素直な心にいつもなるということです。そうすれば、人から意見を聞いたような場合でも「そうですか。じゃあ一つやってみましょう」ということが、ごく自然にいえます。
 ところが、なまじ学問をして知識や技術を知っていますと、それにとらわれて、人のいうことでもなかなか素直に聞けない。そのために経営のコツを悟るのにも時間がかかる。そういった姿が少なくないのではないでしょうか。
 つねに素直な心になることができれば、人間というものは、物事のほんとうの姿、実相を見ることができるようになって、あたかも神のようにといってよいほど、強く正しく聡明になることができると思います。
 そうなれば、商売や経営において何が大切かといったことも的確につかむことができましょうし、人を生かしていくにはどうすればよいかというようなことも、その時どきに応じて正しく判断できるようになるでしょう。それは経営のコツを会得した姿にほかならないと思います。
 その意味では、素直な心になるところにこそ経営のコツを得るコツがあるといっても決して過言ではない気がしています。
(
松下幸之助:18941989年 パナソニック創業者、経営の神様と呼ばれ、日本を代表する経営者)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

指導者は説得力がなければいけない、どうすればよいか

 指導者として何かをなしていくにあたっては、人を動かすというこということが当然起こってくる。その場合、自分の考えに共鳴し納得してもらうことがどうしても必要であろう。
 指導者は、みずから信じ、思うことを人びとにたえず訴えなくてはいけない。同時に、そのことを率先実践することが大事であろう。身をもって模範を示すという気概のない指導者には、人びとは決して心からは従わないと思う。
 同じことを訴えるにしても、説き方、訴え方が大切で、説得力というものが必要になってくる。
 だから、根底に何が正しいかということに基づく信念を持ちつつも、時、場所、相手を考え、情理を尽くした十分な配慮というものがあって、はじめてその主張、訴えが説得力を持ってくるのだと思う。
 そのような説得力を持ち得ない人は、指導者として人の上に立ち、人を動かしていくことはできにくいといえるだろう。
 そのためには、根本に正しい理念、方針をもたなくてはならない。そういうものなくして、真に人を動かすことはむずかしいと思う。けれども、正しい主張であれば、人は何でも受け入れ、共感してくれるかというと、必ずしもそうではない。
 それを強引に相手に押しつけようとすれば、反発を招くこともある。自分の意図どおりに行ってもらうには、受ける側にそれを行おうという強い気持ちを起こさせることによってはじめて、生きてくるものである。
 そのためには、命令するよりも、相談するような感じで、相手の納得を得つつ自分の意図することを遂行してもらうほうがうまくいく場合が多い。命令に従うというより、自主性をもって行うようになるからである。
 しかし、相手が自分を軽んじているような場合は、なまじ相談的にやったのでは、ますます軽んじられてしまう。だから、何かみんなが認めるような権威を背景に、自らを権威づけしつつ、相手に行うことを自覚させていくとよい。
 説得力を生む一つの大きな要素は、その相手、相手にふさわしい説き方をする。いわゆる人を見て法を説くということであろう。だれかれかまわず同じことを言っていたのでは、決してうまくいくものではない。
 人により相手によって、大義を説き、あるいは利を説き、時に情に訴え、時に理に訴えるというように、適切に説いていくことが大切である。
 ただ、相手により説き方を変えるには、やはりそれだけの知識なり体験を持っていなくてはならない。だから、指導者はつねづね、いろいろと経験を積み、知識を養い高めていくことがきわめて大切だと思う。
 また、過去の考え方、やり方にとらわれることなく、日々に新たな観点に立ってものを考え、ことをなしていくよう心がけなくてはならないだろう。
 他の人のやり方の通りにやったらうまくいくかというとそうではない。むしろ失敗する場合が多いと思う。いろいろな意味で持ち味のちがう別の人がやってもうまくいかないものである。
 だから、他の人のやり方をそのまま真似るというのではなく、それにヒントを得て自分の持ち味に合わせて生かすことが大事なのである。
 人にはみんなそれぞれちがった持ち味がある。一人として全く同じということはない。だから、それぞれがその持ち味を生かした指導者としてのあり方を生み出していかなくてはいけない。
 指導者にとって、きわめて望ましいことは、人をひきつける魅力を持つことだと思う。「この人のためには・・・・・」と感じさせるような魅力があれば、その下で懸命に働くということにもなろう。
 そうした魅力的な人柄というものはある程度、先天的な面もあって、だれもが身につけることはむつかしいかもしれない。しかし、人を大事にするとかいったことも、努力次第で一つの魅力ともなろう。
 いずれにしても指導者は「ひきつける魅力」の大切さを知り、そういうものを養い高めていくことが望ましいと思う。
(松下幸之助:18941989年、パナソニック(旧名:松下電器産業)創業者。経営の神様と呼ばれた日本を代表する経営者)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人を育てるには「厳しさが1」で「やさしさは9」がよい

 人を育てるためには、やはり叱咤激励といいますか、そういうものがなけりゃいかんと思うんです。そういうものなくして、甘いことばかり言うて、ご機嫌とって人が育つというのであれば、私は楽やなと思うんですな。そうはいかんでしょう。
 人間は易きにつきやすいものです。厳しく注意されたり叱られたりする、ある種のこわさがなければ、ついつい安易に流れてしまう。こわさがあってはじめて、みずからを引き締めて事にあたるのが人間であると思います。
 だから指導者は、常にそういうこわさというか厳しさをもたなくてはならない。ふだんは、やさしくおだやかに相談的に接し、導くということでいい。しかし何か誤った点、ただすべきことがあったときには、やはり厳しく注意し、叱責するというものを一面にもたなくてはいけない。
 よくないことをしても罰せられないとしたら、人間は勝手気ままに、したい放題をするようになり、結局、人は育たないし、規律も秩序もメチャメチャになってしまうでしょう。
 私は人を育てるには、厳しさが10%、寛容が90%がよいと考えています。寛容な人がいない企業というのは絶対だめです。しかし、寛容であるためには、1の厳しさが10の厳しさにならんといかんのです。
 たとえば、10回の訓戒を1回にする。その訓戒が、10回の訓戒に相当すればよいわけです。1回の訓戒もなし、ということでもいけませんが、10回も訓戒したら、それはあきませんわ。
 もっとも「人を見て法を説け」とお釈迦様も言っておられます。なかには、10回でも言わないといかん人もいるでしょうが・・・・。
 しかし、企業として考えれば、トップの訓戒が、1回で全部に行き渡るようにならんといかんと思います。ですから、企業のトップというものは、1の訓戒で「寛厳よろしきを得る」というふうでないといけません。なかなかできることではありませんけどね。
(
松下幸之助: 18941989年、パナソニック創業者。経営の神様と呼ばれ、日本を代表する経営者)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

指導者は失敗の原因は自分にあると考えるべきである

 何か失敗したり、問題が起こったりすると、だれでもその原因をとかく外に求めがちである。だれが悪い、社会が悪い、運が悪いといった具合である。
 しかし、実際は、ほとんどの場合、失敗の原因は自分にあると思う。事前に十分な計画をたて、行う過程でも慎重な配慮を怠らなければ、たいていのことはうまくいくものである。
 まして指導者ともなれば、ほとんど100%その責任を自分に帰さなくてはいけないと思う。かりに部下に失敗があったとしても、その部下がはたしてその任にふさわしかったかどうか、またそれをさせるについて、十分な指導なり教育をしたかどうか、そういうことを指導者としてまず反省してみることが大事だと思う。
 用意周到な準備をし、あらゆる配慮をし、慎重にことを進めていけば、よほどの不測の事態がない限り、まず失敗ということはあり得ないのがほんとうである。指導者はそのことをはっきり知らなくてはならない。そして、もし部下に失敗があれば、部下を責める前にまず責任はわれにありという意識を持つことが必要だと思う。
(
松下幸之助: 18941989年、パナソニック創業者。経営の神様と呼ばれ、日本を代表する経営者)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感謝の気持ちが薄い人は不平不満が起こり、感謝の気持ちが強い人はすべてが喜びとなる

 感謝の心を持つということは、人間にとってきわめて大事なことである。
 人間は自分一人の力で生きているのではない。自然の恵み、他の人びとの働きによって、自分が生きているのである。
 そういうことを知って、そこに深い感謝と喜びを味わい、さらに、そうした自然の恵み、人から受けた感謝すべき行為に対して報いていくという気持ちを持つことが、大切だと思う。
 そういう心からは、いわば無限の活力とでもいうものが湧き起こってこよう。それが事をなしていくうえで、非常に大きな力となってくると思う。
 感謝の気持ちが薄ければ、何事よらず不平不満が起こり、心も暗くし、他の人も傷つけることになる。
 感謝の念の強い人は、すべてが喜びとなり、心も明るく、他の人とも調和するといった姿を生み出しやすい。
 そういうことを考えてみると、人に感謝し受けたことにこたえていく心は人間にとって一番大切な心がまえであり、特に指導者はこの念を強く持たなくてはならないといえよう。
(松下幸之助:18941989年、パナソニック(旧名:松下電器産業)創業者。経営の神様と呼ばれた日本を代表する経営者)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

策をろうするようなことでは、真の経営者とはいえない

 経営者というものは、つねにそのときの真実を訴えなければいけないと思います。
 仮にきのう言ったことと言うことが変わっても、真実を語れば説得力があります。ですから、経営者は、つねに真実というものに立たなければいけない。策をろうするようなことでは、真の経営者とはいえないように思います。
 私の場合、いろいろのことをやってきましたが、そのとき、そのときの瞬間というものを、真実に立って語ってきたということは明言できると思います。そのためでしょうか、大体においてあまり抵抗なしでこられました。
 労働組合との話でも、いざというときにはわかってもらえました。それは、つねに自分が本当のことを語り、真実に基づいて仕事をするよう心がけてきましたから、それをみなが知っていてくれたのだと思います。
 経営というものは、手品でもなんでもない。ごまかしでなく、一つ一つキチンキチンと正しくやり、やがてそれで信頼してもらうということに尽きると思います。
 そういうところに経営者としての一つのしっかりとした信念を持たなければ、経営者は弱いものだと思います。
 経営者というものは、知識は最高でなくてもかまわない。知恵も技術も最高でなくてかまわない。けれども、真実に基づいて経営をしなければならないという使命感だけは誰にも負けないものを持っていなければいけない。それでみなが働いてくれるのだと思います。
 知識で経営しようとか、技術で経営しようとか、そういうことでは真の経営者にはなれない。
 いまふりかえってみて、真実に基づいて経営をおこなうことが私の経営者としての一つの信念であったように思います。
(
松下幸之助18941989年、パナソニック創業者、経営の神様と呼ばれ、日本を代表する経営者)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

経営者は素直な心で決断し、全員がついていくか否かは経営者の識見しだい

 経営者の決断というものは、きわめて重要なものです。その決断いかんが、企業の存亡にかかわるということで、その責任の重さ、辛さは大変なものです。
 その決断の基準をどこにおくかといえば、真実を見ることだと思います。
 そのためには、個人の欲をもってものを見てはいけない。なにものにもとらわれず心を空にしてものを見るという、素直な心が必要です。名誉にとらわれたり、世間の評判にとらわれたりしない。そういうものにとらわれないで、自分は正しい道をいくんだ、という気持ちになる。そういうとらわれのない素直な心になれば、ものごとの真実の姿が見えてくるものだと思います。
 ただ、そうはいっても、実際の決断にあたっては、心を乱すいろいろな声が聞こえてきます。それを見抜けるだけのものを経営者はもっていなければなりません。それを聞きわけることで正しい決断が下せるわけです。
 経営者が決断を下したら、その決断の下に全員が足なみをそろえること。
 そのあとは経営者の統率力の問題で、統率力はすべて経営者の識見いかんということになると思います。この経営者が決めたことであればまちがいがない、ついていこう、となるもならぬも、経営者の識見しだいということになるのではないでしょうか。
(
松下幸之助18941989年、パナソニック創業者、経営の神様と呼ばれ、日本を代表する経営者)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

たえず自分を叱りつけ励まし、信念なり使命感をより強固にていくことがどうしても必要だ

 私の場合、事業を始めた当初は、いわば食わんがためにとにかく一生懸命に働いたにすぎませんでした。しかし、一年たち二年たつにつれて、また人が十人、二十人と増えるにつれて、”経営者は信念をもたなければならないとか、使命感に立たなければならない”ということをだんだん考えざるを得ないようになってきました。
 年中、なんとなしに働いていたのではすまない気がして、会社としての理想なり使命感といったものを、私自身のためにも、また社員に話をするためにも持たなくてはいけない、という気になったのです。いわば必要に迫られてそういう気分が生まれてきたわけです。
 それから私は、自分の考えたことをもとによく社員に、信念を持てとか、使命感を持って仕事をせよとかいうことをいってきたのです。
 しかし、その私自身がどうであったかといいますと、必ずしも人より強い信念や使命感を、つねに持っていたわけではありません。むしろ、ともすればくじけそうになり、また時に煩悶がはげしいこともありました。
 けれども、そのたびにまた心をとりなおし、勇気をふるい起こして社員の人たちにも話をする。そしてそのことによって、私自身、その信念なり使命感をより強固にしてきたというのが正直なところのように思います。
 人間というものは、強いことをいう人ほど、心のうちでは煩悶しているという面があるのではないでしょうか。ですから、たえず自問自答して、しっかりとしたものを持たなくてはならない、と自分で自分にいってきかせる。ともすればグニャッとなる気持ちを、自分で自分を叱りつけ励ましていくことがどうしても必要だと思っています。
 そういうことを日ごろ重ねていれば、何か事があったときに、はっきりしたものが持てると思うのです。その意味で、どういう道にあっても、人生なり仕事というものは一生が修業だという気がします。
(松下幸之助:18941989年、パナソニック創業者、経営の神様と呼ばれ、日本を代表する経営者)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

うまくいかない原因は自分自身にある

 およそ物事というものは、用意周到な計画をたてていったら、失敗はほとんどないといってもいいと思います。
 それが次つぎに失敗があるということは、やはりなすべきことをちゃんと考えていない。あるいは考えていても、実行していないというところに多くの原因があるものです。
 会社の経営でも、うまくいかない点があるという場合は、ほとんど100%といっていいほどその原因は会社自体にある、またお互い自身にあると考えられるのではないでしょうか。
 世間が不景気だからうまくいかない、といいます。なるほどそういう点はありましょう。
 しかし、それは、みずからをそこで慰め、やむを得ないことと諦めてしまっている姿ではないでしょうか。
 不景気というものについても、”なすべきことをしていれば、不景気によって影響される事柄は、ほんとうはないのであって、影響を受けるということは、その状態を会社やお互い自身がつくっているからである”と解釈すべきでしょう。
 競争が激しいから経営が困難になった、という場合でも、その会社がなすべきことをちゃんとなしていれば、競争が激しければ激しいだけ、かえって高く評価されて得意先が集まってくるということにもなると思います。
 得意先を他にとられるということは、ひきつける実力というか、魅力に欠けるところがあるからそうなってくるわけです。
 とかく私たちは、自分に都合のいいような解釈をしがちです。深い原因は自己にあるという反省をしなければならないと思います。
 実際、何かうまくいかないことがあったとき、あとからよく考えてみますと、「あのとき、こういうことをしておけばよかったのに」とか「ああいうことはやる必要のなかったことだった」とかいったことが、次つぎに出てくるものです。
 深く反省することによってそういうことに気がつくかつかないか。そのことは会社が順調に発展していくかどうかに大きくかかわっていると思っています。
 うまくいかない行きづまりの原因というものは、外部なりいろいろの事情はあるにしても、そのほとんど100%、まあ少し割り引くとしても95%までは自分にある。決して外部にあるものではない。
 そういう考えでやっていけば、そこに非常に新しい工夫がついてきて、不景気には不景気としてやっていく道、競争の激しい中では競争の激しい中でやっていく道というものが、必ずひらけてくるものだと思うのです。
(松下幸之助:18941989年、パナソニック創業者、経営の神様と呼ばれ、日本を代表する経営者)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

いじめの指導 さまざまな子どもの指導 ものの見方・考え方 カウンセリング 不登校 人間とは(心理・行動・あり方) 人間の生きかた 保育幼稚園 保護者との協力関係をつくる 保護者にどう対応するか 保護者の実態 優れた先生に学ぶ 優れた学級担任とは 優れた授業とは 優れた教科授業例 先生の実態 危機管理 叱る・ほめる・しつける 各国の教育 各国の教育改革 各教科の授業 同僚・管理職との関係 問題行動の指導 国語科の授業 地域 子どもから学ぶ 子どもたちに対する思い 子どもたちの関係づくり 子どもと向き合う 子どもの失敗 子どもの実態 子どもの成長をはかる 子どもの指導の方法 子どもの見かた 子どもの話し方 子育て・家庭教育 学び合う学び 学力 学校の実態 学校組織 学校経営と組織 学校行事 学級づくり 学級の組織と活動 学級の荒れ 学級崩壊 学級通信 学習指導・学力 学習指導案 実践のための資料 家庭 宿題 掃除 授業づくり 授業のさまざまな方法 授業の実態 授業の展開・演出 授業の技術 授業中の生活指導 教師との関係 教師と子どもの関係づくり 教師に必要とされる能力 教師の人間としての生きかた・考えかた 教師の仕事 教師の心の安定 教師の成長・研修 教師の話しかた 教師の身体表現力 教材・指導案 教材研究 教育の技術 教育の方法 教育の理念や思い 教育史(教育の歴史と変化) 教育改革 教育法規 教育行政(国・地方の教育委員会) 新学級づくり 特別支援教育 理科の授業 研究会開催情報 社会環境(社会・マスコミ・地域) 社会科の授業 算数・数学科の授業 経営とは 英語科の授業 評価 話の聞きかた