カテゴリー「ものの見方・考え方」の記事

心の悩みや苦しみをなくすには、どのようにすればよいのでしょうか

 実に多くの人々が苦しんでいます。生きがいが見出せないと悩んでいます。何をしても楽しくないと思っています。どうすればよいのでしょうか。
 心に苦しみを抱かえていては、地位も、財産も名声も意味を持ちません。「一番大事なのは心であり、心が苦しまない」ことほど大事なことはないのです。
 これこそ釈尊が一生をかけて伝えようとしたことなのです。私は心を楽にする方法として、禅の考え方が非常に大事だと思うようになりました。
 禅とは、私たちが「本来の心」に気づく方法です。人間の心は不思議なものです。心を覆う暗雲に気づくだけで、サーッと晴れ、ものすごく楽になれるのです。
 私たちを苦しめる最大の悩みは「過去を思い出す」ことです。失敗、つらい体験、受けた侮辱などを思い出し、人を憎み自分を責めます。
 恨みを晴らそうとしても何も得るところはないのです。その結果「自分はだめだ」と自己否定の気持ちがつのってきます。
 釈尊の「諸行無常」(すべてのものは一瞬として同じ状態になく、別の状態に変化する)の考え方が、この苦しみから私たちを救います。
 
「過去」の私や他人と「今」の私や他人は「別人で関係ない」ことがわかります。今のこの瞬間にしか存在しないということです。
 釈尊は、私たちが苦しむのは、不必要なことを考え、思い出すからだと言っています。考えても意味がないことは考えない、それが最も大事だというのです。
 過去を考えなければ地獄は生じません。心を気楽に保つためには「過去を思い出さない」のひとことに尽きるのです。
 将来は「思わず」が非常に大切です。考えることで将来への不安が生まれ、心配が強められるからです。将来への不安は、他人との比較が原因である場合が多いので「比べず」が重要なのだとわかってきます。
 何にもならない心配をして心を労するのは、ばかげています。そんな心配をしないよう、私は「思わず、思い出さず、比べず」と、毎朝、自分に言い聞かせています。
 思いだしても考え続けないことが、心を楽にする最も大事なことだと、私は思うようになりました。そこで、何かが思い出されたときは「五秒待てば必ず消える」を実践するようにしています。
 五秒の間は、思い出したことに取り合わないのです。すると、本当に嫌な思いが消えるのです。「五秒、妄想に手をつけないようにしよう」というのが、今の私の生き方です。
 釈尊は、私たちは無限の能力のある仏と同じ心を持っていると悟りました。能力を発揮できないのは、妄想、煩悩、欲望の雲が心を覆っているからです。この雲をできるだけ少なくするのが禅の修行です。
 
「禅は考えない修業だ」と言った人がいますが、まさにそうです。心を苦しめるさまざまな思いに満たされています。それを「考えない」「思いださない」のが禅の修行です。
 道元禅師は、座禅すると「宝蔵自開」するといいました。私たちの持っている無限の能力の蔵がおのずから開かれ、力を使うことができるというのです。何とすばらしいことではないでしょうか。
 私は毎朝、座禅しています。「心を正したい」「心を乱すことを考えない」ためです。
 私たちが「考えまい」「思い出すまい」とするのを邪魔するものがあります。いうまでもなく人間関係です。
 人間関係で大切な、他人への対し方は、他人の自分への対し方と合わせ鏡であるということです。
 人間は、自分を嫌う人を必ず嫌います。不思議なくらいそうなのです。ですから、人に好かれようと思ったら、こちらが好きになる以外にないのです。
 相手に親切にし、やさしくします。相手が反応しなくても、やめてしまってはいけないのです。こちらが思うように相手は変わらないからです。続けることです。続けているうちに相手の心は必ず開けます。
 あせるのはいけません。「なるようにしかならない」「時節がくればわかってくれる」と気楽に構えて努力すればいいのです。やがて事情が変わったり、理解してくれたりして、関係はよくなるでしょう。
 人間はどんなよい意見でも嫌いな人の言うことは信じません。つまり自分を信じてもらうには、まず好かれることが大切で、好かれるにはお世辞も大事だということです。
 人をほめることは非常に大事なのです。欠点は取り上げず、よいところだけほめると、人間関係をよくします。人は欠点を批判されると非常に傷つき耐えることはできません。
 私たちは意識せずとも、人の笑顔を見ると自分の顔もやさしくほころび笑顔になるのです。人は楽しい思いをしたいのです。明るい笑いがあることを望んでいるのです。
 ぜひ他人に笑顔で接しましょう。あなたが笑いかければ、それを見た相手は必ず楽しくなり、笑みを返すのです。
 私は、自分が欠点だらけだと思っていた頃は、自分自身が嫌いでした。同時に自分を批判しそうな人を嫌いました。その当時は、多くの人間関係がうまくいかなかったものです。
 ところが自分を好きになるように努力すると、他人の批判にもそれほど過敏でなくなり、嫌うことも少なくなって、人間関係が万事うまくいくようになったのです。
(
高田明和:1935年静岡県生れ、ニューヨーク州立大学助教授、浜松医科大学教授を経て浜松医科大学名誉教授。専門は大脳生理学、血液生理学。医学博士。テレビやラジオ、全国での講演を通じて、心の健康に関する幅広い啓蒙活動に勤しむ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

苦しいときこそ「笑いのある場」に身を置けたら救われる

 苦しいときこそ笑いましょう。意識的にわらうことが大切です。私は新聞記者として日々事件を追っていたが、なぜ「笑い」に魅せられたのか。明石屋さんまといった大阪の芸人さんを取材して、笑いに興味をもったのがきっかけです。
 面白いことを積極的に見つけ「多く笑う」ことが、今の世の中で最も強く求められていることではないか、と私は思います。
 東日本大震災で家を流失して避難所生活を送っている婦人がいました。仲間とともに食事を作っているときに、誰かが冗談を言うと、そのつど笑いがおき、笑うことでみんなが支え合っていたと後に彼女は語っています。
 避難所生活には、希望を取り戻そうとする人々の結束があります。同じ哀しみを抱く人々が寄り添う場があります。この場は被災者に限らず、すべての人が欲しているものだと思います。不安と孤独を抱えながら生きる人が「笑いの共同体」に身を置けたら、どれだけ救われるかわかりません。
 ここでの笑いに求められるのは、話術ではなく、まして毒舌や皮肉でもなく「やさしさ」です。「やさしさ」には強さも必要です。人を元気にしたいなら、自分の中にもパワーがなくてはなりません。そこで、「自分で自分を笑わせる」ことも、重要になってきます。
 「相手を笑顔にしよう」という思いやりに基づく、たわいのない冗談。これなら芸人なみの技術などなくとも、みんなにできるでしょう。
 それには、どうすればいいでしょうか。答えは簡単です。「笑顔をつくり、笑い声を立てる」だけでいいのです。笑顔をつくると、表情筋の変化を感知した脳は「面白いと感じている」と認識します。笑い声を立てると、同じく脳が「楽しいのだ」と思い込み、幸せな気分になれるのです。
 この笑いのトレーニングは、お風呂で、笑顔をつくって「ワハハハ」と五回、言ってみてください。言い終わったとき、確実に気持ちが明るくなっていることを感じるはずです。
 コミュニケーションに笑いを増やすには、ネタが必要です。相手を笑顔にできるような話題を、数多く仕入れておきたいところです。「ネタなんて見つけられない」などという心配はご無用。日常のあらゆるところに、笑いのモトは転がっているものです。
 例えば、先日、私がバスの中で聞いた女子高生たちの会話。「『煮炊きもの』ってなに?」「ニタキモノ? 知らない」「どこで売ってるんだろ」・・・・・笑いをこらえるのに苦労しました。
 劇作家の中島らもは、これを「笑いの天使」と表現していました。呼んでもいないのに笑いの天使が降ってくると語っていました。私たちの周りにも、必ず笑いの天使がいて、そっと目の前に立っているはずです。
 天使と目が合ったら、ぜひ笑ってください。そして、誰かにその話を伝えましょう。そうして人から人へと広がる笑いは、この世界をきっと、明るく照らすでしょう。
(
近藤勝重:1945年愛媛県生まれ、毎日新聞社特任編集委員)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人間には本来、悩みなどないと考えるべきだ、悩みが生まれるのはとらわれた見方をしているからだ

 人間には本来、悩みなどないと考えるべきだ。もし悩みがあるとすれば、自分がとらわれた見方をしているからだ。
 からだが弱い、失恋をした、人間関係がうまくいかない、仕事で失敗をした、など人それぞれにいろいろな悩みがあるでしょう。そうした悩みというものは、なぜ生まれてくるのでしょうか。
 本来、悩みなどない、と考えるべきではないかと思っています。本来ないものがあるのは、自分がとらわれた見方をしているからだ。
 人それぞれ事情があっていちがいには言えないと思います。けれども総じて言えば、そうした悩みというものは、物事の一面のみを見て、それにとらわれてしまっているところから生まれている場合が多いのではないでしょうか。
 私はどちらかといえば神経質な方で、毎日が悩み、不安の連続であった。しかし、あとで考えてみると、やはり一つの見方、考え方にかたより、とらわれていることが多かったように思う。
 ただ、不安に終始してしまうということはなかった。そのとらわれている見方から離れ、別の考え方に立つことによってその不安や動揺を押しきるというか、乗り越えるように努めてきたわけです。
 その一例としてつぎのようなことがありました。私の会社が大きくなり、社員を50人ばかり使うようになったころ、その中に一人、ちょっと悪いことをする者がいました。その人をやめさせたものかどうか迷い、気がかりで夜も眠れないのです。
 ところが、あれこれ考えているうちに、ハッと思いつくことがありました。それは、今、日本に悪いことをする人が何人ぐらいいるかということです。悪いことをする人を完全になくすことはできない。しかも、とくに悪いことをする人たちは監獄に隔離するけれど、刑法にふれない軽い罪の者はこれを許し、見のがされている。
 だとすれば、自分が、いい人だけを使って仕事をするということは、虫がよすぎる。そう考えると、悩みに悩んでいた頭がスーッと楽になりました。そして、その人を許す気になったのです。それから後は、そういう考えに立って大胆に人が使えるようになりました。
 こうした体験が、これまで数知れずありました。日々の悩みや不安、動揺がきっかけとなって物事を考え直し、それがかえって後々のプラスになることが多かったのです。
 考えてみれば、今日のように変転きわまりないめまぐるしい環境の中で、次々に生じてくる新しい事態に直面して、そこに何らの悩みも不安も感じないということはあり得ないと思います。あれこれと思い悩むのが人間本来の姿でしょう。
 やはりお互いに、日々、悩み、不安を感じつつも、敢然としてこれに取り組み、そこから一つの見方にとらわれずに、いろいろな考えを生みだすよう努めていく。
 そうすれば物の見方にはいろいろあって、一見マイナスに見えることにも、それなりのプラスがあるというのが世の常の姿ですから、そこに悩みや不安を抜けだし克服していく道もひらけてきます。
 つまり、それらが悩みや不安ではなくなって、ことごとく自分の人生の糧として役立つという姿が生まれてくると思うのです。
 そのようなことから、お互い人間には、本来、悩みなどない、と考えるべきではないかと思っています。本来ないものがあるのは、自分がとらわれた見方をしているからだ、と考えて自らを省みることが、悩みの解消のためには最も大切ではないかと思うのです。
(松下幸之助:18941989年、パナソニック(旧名:松下電器産業)創業者。経営の神様と呼ばれた日本を代表する経営者)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

才能のあるなしにかかわらず、とことん悩まないと成長はない

 東京美術学校の三年のころ、私は絵の才能がないと思い、転学受験のために成績表をもらいに行ったら、新任の先生に言われた。「君は池の底に足がついたんだ。君の絵はこれ以上、下手にならない。あとはゆっくり登っていけばいい。焦らなくていい」と言って、私をビアホールに連れていってくれた。ビールを飲んで私は絵をやめることをやめた。
 私は広島で中学生のときは戦争中であった。三年生のとき学徒動員で働いていた。そのとき被爆した。建物の中にいたが目の前に真っ黄色の閃光が走った。もし外にいたら失明し絵を描くことができなかったかもしれない。学徒動員は重労働で、ろくな食べ物もなかった。下宿に帰ってから絵を描き続けた。いつ死ぬかわからないから、生きたという証を残しておきたかった。自分らしさ、自分なりの価値観 
 今の学生は自由すぎて、かえって不自由になっていると思う。私が勤労動員していた当時は、将来への希望は見えず、空腹で疲れていた。「不自由な時代の自由」と、「自由な時代の不自由」このことを今の若者たちが考え、感じ取ってほしい。
 私が東京芸術大学の学生たちに伝えたいのは、アイデンティティ(自分の生き方や自分なりの価値観の確立)とオリジナリティー(独創性)だ。志をどこに置くのか。高く置くほど準備と才能が必要となるが、志が低ければ一流から遠ざかる。芸術の世界は長い勝負だ。いっときヒットを放っても後が続かないことも少なくない。才能のなさに気づくこともあるし、せっかく才能があっても磨かない人もいる。ただ、一つだけ断言できる。才能のあるなしにかかわらず、とことん悩まないと成長はないということだ。
 私も自分の才能に自信がなかった。結婚していたから生活に余裕はなく、成果を上げなければと焦った。しかし、被爆の後遺症で身体が衰弱し、心身ともに窮まった。このころ、私は原爆に対する怒りとか告発を絵のテーマにしていた。しかし、いくらスケッチしていても心が安まらない。怒りではなく「平和への祈り」こそが私のテーマなのだとやっと気づいた。
 それが、奈良・薬師寺に玄奘三蔵の壁画を描くことを思いついたきっかけである。玄奘三蔵は打ち首にされる寸前でも人の道を説き、相手は弟子入りした。なぜそんなことができたのか。命がけだったからなのだと思う。私の背後にも戦争で死んでしまった仲間が大勢いる。私も倒れるまでやるしかない。約30年描き続けてきた薬師寺の壁画が完成した。 私はまだ描き続ける。若者よ、あなたたちも自分を磨いてください。
(
平山郁夫:1930年-2009年、広島県生まれ、東京美術学校卒、前田青邨に師事、「仏教伝来」が注目を浴びる。シルクロードをテーマに旺盛な創作活動を続けた。東京芸術大学学長、日本美術院理事長を務めた。文化勲章受章)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめから新たな試みを成功させようとするのではなく、小さな失敗をくり返しながら試行錯誤していくことが大事だ 

 はじめから正解を当てようとするのではなく、小さな失敗をくり返しながら試行錯誤していくことが大事だ。
 僕は「よのなか科」の授業を考えついたら、まずワークシートをつくってやってみます。小さく始めてみるんですね。生徒にウケなかったところ、勘ちがいしていたところを実際の授業を通じて直していく。「正解主義」ではなく「修正主義」です。
 「スターバックス」というカフェを知っていますか?
 今、人気のカフェ「スターバックス」を見ると、ボクたちはそれがあたかもずっと以前から現在のような姿であったかのように錯覚してしまいます。はじめっから「正解」だったから当たったんだと。それに、親や学校の教師を「正解主義」の権化のように見えてはいませんか?
 じつは、親だって悩みながら子育てしているし、教師だって、何にでもそんなに確信があるわけじゃない。本当は「スターバックス」のようなカフェも試行錯誤の結果、ヒットするに至ったんです。
 このカフェの創業者は当初、完ぺきなイタリアンスタイルの店を考えていました。立ち飲みのほうがおしゃれだからと、椅子がなく、店員は蝶ネクタイ、オペラが店内に流れていたのです。
 これではうるさいし、落ち着けないし、客は入りませんよね。じつは、スタイルの修正と店舗の改善をくり返して、今日の姿にたどり着いたというわけです。
 はじめから成功を意図して正解を当てようとする「正解主義」ではなく、小さな失敗をくり返しながら試行錯誤していく「修正主義」が大事だということ。
 小さく賭けて、失敗に対して素早い学習をくり返すこと。このことは、子どもたちの学校生活や受験にも、教師の授業の改善や保護者のみなさんのビジネスや人生の選択にも通じる一大原則です。
(
藤原和博:1955年東京生まれ、リクルート社を経て、東京都初の民間人校長として杉並区立中学校の校長を務めた。身近なテーマを材料に世の中の仕組みを伝える授業「よのなか科」や進学塾と提携した夜間の有料授業「夜スペ」など斬新な手法で注目を集めた。2008年大阪府知事の特別顧問。14年から佐賀県武雄市特別顧問、16年奈良市立一条高校校長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知識や才能に乏しくても、強い熱意や信念があれば、磁石のように周囲の人を引きつけ、情勢も大きく動かしていく

 竹にはフシがある。フシがなければ、風雪に耐えるあの強さも生まれてこないであろう。せめて年に一回はフシをつくって身辺を整理し長い人生に耐える力を養いたい。
 そういう意味では、お正月は意義深くて、おめでたく、心もあらたまる。常日ごろ考えられないことも考えたい。そして、新たな勇気と希望も生み出したい。すがすがしいお正月はいいものである。
 私は高野山に登って、非常に教えられたことがあります。高野山は現在、日本仏教の聖地の1つである。「壇上伽藍」と呼ばれる根本道場を中心とする宗教都市を形成している。
 標高約800mのあれだけへんぴなところを開拓し、そこに道場をたてるという弘法大師の執念、信念というものは想像もできないほど強いものがあったと思うのです。
 私はそのとき、人の心、一念、信念というものは偉大なことを成し遂げるものだということを痛切に感じて、私も自分の分に応じた一念、信念をもたなければいけないなと感じたのです。
 いかに才能があっても、知識があっても、熱意の乏しい人は画ける餅に等しいのです。反対に少々知識が乏しく、才能に乏しい点があっても、一生懸命というか、強い熱意があれば、そこから次つぎとものが生まれてきます。
 その人自身が生まなくても、その姿を見て思わぬ援助、目に見えない加勢というものが自然に生まれてきます。それが才能の乏しさを補い、知識の乏しさを補って、その人の仕事を進行させ、全うさせる、ということになるわけです。
 あたかも磁石が周囲を引きつけるように、熱心さは周囲の人を引きつけ、周囲の情勢も大きく動かしていくと思うのです。
 また、人間がほんとうに真剣に何かに取り組み、ぜひとも成功させたい、させねばならないと思うとき、そこにおのずと何ものかに祈るというような気持ちが湧き起こってくるのではないか。
 そこには神仏に祈念するというかたちをとる場合もあろう。そういうことは真剣さの現われであり、また自らの決意を高めるという意味からも、大いにあっていいことだと思う。
(松下幸之助:18941989年、パナソニック(旧名:松下電器産業)創業者。経営の神様と呼ばれた日本を代表する経営者)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

人間は他人の欠点は目につきやすい、問題が起こると他人のせいで自分は関係がないと考えがちだが、自分を映し出す心の鏡はある

 自分の身なりを正すためには、鏡の前に立つ。鏡は正直である。ありのままの姿をそこに映し出す。自分のネクタイは曲がっていないと、がんこに言い張る人でも、鏡の前に立てば一目りょうぜんである。だから人は、その誤りを認め、これを直す。
 身なりは鏡で正せるとしても、心のゆがみまでも映し出しはしない。だから人はとかく、自分の考えやふるまいの誤りが自覚しにくい。けれど求める心、謙虚な心さえあれば、心の鏡は随所にある。
 自分の周囲にある物、いる人、これすべて、わが心の反映である。すべての物がわが心を映し、すべての人が、わが心につながっているのである。もうすこし周囲をよく見たい、もうすこし、周囲の人の声に耳を傾けたい。
 自分の言動を自ら反省する人は、自分というものをよく知っている。自分で自分をよく見つめているのである。自分の心を自分の身体から取り出して、外からもう一度自分というものを見直してみる。これができる人には、自分というものが理解できる。
 こういう人には、あやまちが非常に少ない。自分の適性は何か、自分の欠点はどうしたところにあるのか、というようなことが、ごく自然に、何ものにもとらわれることなく見出されてくると思うからである。
 人間というものは他人の欠点は目につきやすいものだ。なにか問題が起こると、すべて他人のせいで、自分には関係がない、と考えがちである。実際に他人のせいであっても、自分は全く関係がないと言いきれない場合も多々ある。
 少なくとも、問題が起こった場合には、他人のせいだと考える前に、まず自分のせいではないか、ということを一度考え直してみることが非常に大切ではないかと思うのである。
(松下幸之助:18941989年、パナソニック(旧名:松下電器産業)創業者。経営の神様と呼ばれた日本を代表する経営者)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どのような困難にぶつかろうとも、自然の理にかなっていれば必ず事は成り、道は開けてくる

 自然の理にかなっていれば必ず事は成ると思います。
 ナポレオンは「よの辞書には不可能という言葉はない」といいました。とはいっても人間にはできないことがいろいろあります。年をとることも避けられませんし、死ぬこともまぬがれません。
 しかし、また別の見方をすれば、これはやはり一つの真理をついた言葉ともいえるのではないでしょうか。
 というのは、確かに人間には不可能なことがいろいろあります。不可能はどういうことかと、いわゆる自然の理に反することが不可能だということです。
 たとえば、人間は必ず年をとっていく、それが自然の理です。ですから、その理に反して年をとりたくないと願ったところで、それは絶対に不可能です。
 けれどもこれは、逆に言えば、自然の理にかなったことであれば、すべて可能であるということでしょう。つまり、お互いのからだのことにしても、人間関係や商売など何ごとにおいても、自然の理にかなっていれば必ず事は成るということだと思います。そういった意味で、このナポレオンの言葉は一面の真理をついていると思うのです。
 平素からこのことを頭に入れて、何ごとにもとらわれない素直な心で、何が自然の理にかなうことなのかを見極めつつ行動していけば、どのような困難にぶつかろうとも、おのずから道はひらけてくるのではないでしょうか。
(松下幸之助:18941989年、パナソニック(旧名:松下電器産業)創業者。経営の神様と呼ばれた日本を代表する経営者)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感謝の気持ちが薄い人は不平不満が起こり、感謝の気持ちが強い人はすべてが喜びとなる

 感謝の心を持つということは、人間にとってきわめて大事なことである。
 人間は自分一人の力で生きているのではない。自然の恵み、他の人びとの働きによって、自分が生きているのである。
 そういうことを知って、そこに深い感謝と喜びを味わい、さらに、そうした自然の恵み、人から受けた感謝すべき行為に対して報いていくという気持ちを持つことが、大切だと思う。
 そういう心からは、いわば無限の活力とでもいうものが湧き起こってこよう。それが事をなしていくうえで、非常に大きな力となってくると思う。
 感謝の気持ちが薄ければ、何事よらず不平不満が起こり、心も暗くし、他の人も傷つけることになる。
 感謝の念の強い人は、すべてが喜びとなり、心も明るく、他の人とも調和するといった姿を生み出しやすい。
 そういうことを考えてみると、人に感謝し受けたことにこたえていく心は人間にとって一番大切な心がまえであり、特に指導者はこの念を強く持たなくてはならないといえよう。
(松下幸之助:18941989年、パナソニック(旧名:松下電器産業)創業者。経営の神様と呼ばれた日本を代表する経営者)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しいものを生み出す力、それは小手先の技術ではなく、自分で考えることのできる教養です

 教養が何より重要だということを私は大伯父(清水南山:美術工芸家の第一人者)から教わりました。
 大伯父は東京美術学校(現在の東京藝術大学)の教授として、学生の指導をしていました。美術学校に入ってくる「絵は上手だけれども、ほかの勉強は嫌だ」というような学生たちは、技術的には確かに優れていても、そこから先へは進めなくなることが多かったからです。
 本当の創作家となっていくためには、小手先の技術だけではどうしても頭打ちになってしまう。技術の上に創造性や独自性といった、まったく別のものを生み出していく力を持たなければ、本当の芸術家にはなれないということに大伯父は気がついていたのです。
 技術だけがうまくても、それは専門バカにすぎないと。そして、私に「技術だけがいかに優れていても、そこに教養が伴わなければ、真の画家にはなれない。自分で考えるだけの教養がなければ、ものは生み出せないからだ」と教えてくれたのです。
 これはどんなジャンルにも当てはまると思います。人生の岐路において最も役立つのが実は教養なのです。まだ人生の発展途上の人には、ピンと来ないかもしれません。
 大伯父も私も、長い人生の中で実感として教養の重要性を感じた。この事実は大きいと思います。新しいものを生み出す力、それが教養なのです。
(
平山郁夫:1930年-2009年、広島県生まれ、東京美術学校卒、前田青邨に師事、「仏教伝来」が注目を浴びる、シルクロードをテーマに旺盛な創作活動を続けた。東京芸術大学学長、日本美術院理事長を務めた。文化勲章受章)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

いじめの指導 | さまざまな子どもの指導 | ものの見方・考え方 | カウンセリング | 不登校 | 人間の生きかた | 保護者との協力関係をつくる | 保護者にどう対応するか | 保護者の実態 | 優れた先生に学ぶ | 優れた授業とは | 優れた教科授業例 | 先生の実態 | 危機管理 | 叱る・ほめる・しつける | 各国の教育 | 各教科の授業 | 問題行動の指導 | 国語科の授業 | 地域 | 子どもから学ぶ | 子どもたちに対する思い | 子どもたちの関係づくり | 子どもと向き合う | 子どもの失敗 | 子どもの実態 | 子どもの成長をはかる | 子どもの指導の方法 | 子どもの見かた | 子どもへの話し方 | 子育て・家庭教育 | 学び合う学び | 学校の実態 | 学校経営と組織 | 学級づくり | 学級の組織と活動 | 学級の荒れ | 学級崩壊 | 学級通信 | 学習指導・学力 | 学習指導案 | 実践のための資料 | 家庭 | 掃除 | 授業づくり | 授業のさまざまな方法 | 授業の展開・演出 | 授業の技術 | 授業中の生活指導 | 教師との関係 | 教師と子どもの関係づくり | 教師に必要とされる能力 | 教師の人間としての生きかた・考えかた | 教師の仕事 | 教師の心の安定 | 教師の成長・研修 | 教師の話しかた | 教師の身体表現力 | 教材・指導案 | 教材研究 | 教育の技術 | 教育の方法 | 教育の理念や思い | 教育史(教育の歴史と変化) | 教育改革 | 教育法規 | 教育行政(国・地方の教育委員会) | 新学級づくり | 理科の授業 | 社会環境(社会・マスコミ・地域) | 社会科の授業 | 算数・数学科の授業 | 経営とは | 英語科の授業 | 評価 | 話の聞きかた