カテゴリー「授業の実態」の記事

子どもたちが授業に飽きていることに気づけますか、どうすれば授業のマンネリを防げるか

 ワンパターンの授業が続き、授業がマンネリ化すると、子どもたちは授業に集中できなくなり、違うことに面白さを求めるようになる。
 時には、それが問題行動であったり、他者へのいじめであったりもする。
 あなたは、子どもたちが授業に飽きていることに気づけますか。
 授業をしながら、常に子どもを観察し、子どもの表情や動作などから、授業を子どもたちがどう感じているかを読むことができますか。
 授業がワンパターンになっていると、子どもたちはストレスをためる。
 常に「教え込み一辺倒」や常に「子どもの考え主体の授業」だと、嫌気がさしたり、手遊びを始めたりする。
 また「教え込み」と「練習」を繰り返す授業では、子どもは飽きてくる。
 子どもたちが授業に集中できずに、落書きを始めたり、足を動かしたり、勝手におしゃべりを始めたりする状況になると、もう子どもたちはあき始めていることになる。
 これを無視して教師本位の授業をしていくと、子どもたちは教師の話を聞かなくなり、学級崩壊のきっかけとなる可能性がある。
 常に子どもは変化のある授業を望んでいる。
 ある時は「教え込みの授業」と「練習」、またある時は「子どもの考え主体の授業」というように、さまざまに組み合わさっている授業だと、子どもは授業に引き込まれ興味を示す。
 このことがわかっていないと「私は子どもたちの考えを生かして授業をしているのに・・・・・」と言いながら、だんだん学級が荒れてくることがある。
 それは、子どもがマンネリを嫌っていることに気づいていない教師だからだ。
 だからこそ、子どもの動きに気を配れる教師である必要がある。そのためには、
(1)子どもの視線を読めること
(2)子どもの手の動きを読めること
(3)子どもが今、何をするべきかをわかっているかを読めること
 学級全員の考えを集結して「できた!」と実感できる授業。
 友だちの考えを聞いて「わかった」と言える授業。
 「できた!」という喜びを学級で実感できる授業をときおり行うようにする。
 この学びが成立する学級の子どもたちは、学習することが好きで、考えることが好きになる。
 子どもたち一人ひとりのよさを引き出し、よさを語ってあげることも大切だ。
 学級の子どもの反応のよかった授業はどんな授業であったかを分析する。
 子どもたち一人ひとりを逃がさずに、しっかりと「ねらい」にもっていく手だてを常に考える教師でありたい。
 授業のマンネリを防ぐ努力は、教師が子どもたちから信頼されるために必須のことである。
「子どもってすばらしい、面白い!」と思わない教師は、授業のマンネリ化の危険がある。
(成瀬 仁:新潟県公立小学校教師。国立大学教育学部非常勤講師、オーストラリア公立小学校での勤務経験がある。また、幼稚園の経験もあり、多彩な教職経験を生かし、子どもと環境、教師の雰囲気を考えている)

 

| | コメント (0)

子どもに嫌われる教師と好かれる教師は、ここが違う

1 子どもに嫌われる教師
(1)子どもが言う、嫌いな先生は、教師の性格面と、不用意な言動がある。
 どんな先生を嫌うのか、子どもの声は率直である。
・声が小さく、ボソボソ言うので、よくわからない。
・大声ですぐにどなりつける。
・ネチネチといつまでも小言を言い続ける。
・笑い顔を少しも見せない。いつも暗い感じ。
・公平ではなく、えこひきが多い。
・すぐに怒る。
・先生の言うとおりにやれと強制して、少しでも違っていると、やり直しをさせる。
・気分屋で、態度がしょっちゅう変わる。
・私たち子どもの気持ちを少しも聞こうとしない。
・いじめや悪いことがあっても、見ぬふりをして、かくれてしまう。
・悪いことがあると、全体責任だとして、班全員に罰を与える。
(2)自分をかくす
 嫌いな先生の一つに、先生が自分のことをかくすことがあげられる。自分のことをまったく語らない教師は嫌われる。
 子どもたちは好きな先生のことについては、家族や生い立ち、趣味や長所などをよく知っている。
「先生は、みんなと同じ三年生のとき、いたずらっ子でね、木に登ったりしてよく叱られたよ」こんな話を聞いているときの子どもたちの目は輝いている。
(3)不快感を与える容姿や言葉づかい
 容姿とは、ただの外見だけではない。子どもたちに嫌われる先生のなかにつぎのようなことがある。
・いつもゴテゴテ化粧している。
・服のセンスが悪い。
・授業中、ツンとすまして、お高くとまっている。
・乱暴な言葉を平気で使う、女の先生が男みたいな言い方で押さえようとしている。
・口からいやなニオイがする。
 心のもちようが風貌にあらわれたり、体にみなぎる活力が魅力につながったりする。暗い感じや青成りびょうたんでは、子どもは教師を敬遠する。
 明るくさわやかな笑顔、さっぱりした服装、背筋を伸ばした姿勢、快い言葉づかい、心のこもった聞き方、身軽な行動などをつねに心がけていくことである。
(4)完全主義者
 すべてにきびしく、完全でないと満足しない教師がいる。
 授業の研究も、生徒指導もすきをみせない。子どもたちへの要求も厳しい。
 保護者のなかにも良い先生にあたったと喜んでいる者が多い。
 しかし、子どもたちは、決してそうは思っていない。こういう教師は、どうしても好きになれないのである。
 毎日、息がつまってくる。教師から欠点を見いだせないだけに、うっぷんがたまっていく。
 あるとき、爆発する。完全主義者の欠点は、ゆとり、すなわち遊び心がなく、他人からの批判や忠告を受けつけないことである。
 教師自身が、遊び心をもつことの意味を理解したり、自らを省みることがない限り、嫌いな先生のレッテルを張りつづけられるのである。
2 好かれる教師
(1)教え方がうまい
 教え方がうまい教師は、よく分かる授業をする。
「先生、もう終わりなの」と、子どもの心を燃やし、時間がまたたく間にすぎてしまったと感じる体験を子どもに味わせることが大切なのである。
 子どもの心理をつかみ対応することがポイントになる。
・分からない原因を探る・・・・意欲不足か、新しい体験のためか、抵抗が大きい、なぜつまずくのか。
・分かりたい気持ちを大切にする・・・・探求心、求知心を刺激する、内発的動機付けを図る。
・わかる喜びを体験させる・・・・喜びを共感し認める、満足感・成就感・充実感を味わわせる。
(2)明るくて、ユーモアがある
 いつも、にこにこしている先生、面白い先生、愉快な先生が小学生に慕われる。
 ほがらかな先生、明朗な先生、親しみやすい先生が中学生に人気がある。
 教室内の笑いは、教師のユーモアや、しゃれによって生まれる。
 ユーモアは、ほのぼのとした雰囲気を生み出し、子どもと教師の関係を和らげる潤滑剤の役割を果たす。授業に活力を与える。
 教師の性格が明るく快活でユーモアに富んでいると、その人格が、授業や学級の雰囲気ににじみでるのである。
 授業や教室での教師の明るい表情、はつらつとした態度は、子どもの目にはカッコよく映り、さわやかさを与え、好感をもって受け入れられる。
 笑いは授業の緊張をほぐし、気分を変える。「あの先生の授業は面白い」と人気があるのは、先生の話術、ユーモアのセンスにある。
(3)やる気をおこす
 子どもがやる気をおこす授業の条件は、
・子どもの人間関係を育てる・・・・学級で友だちに受け入れられ存在感を得られ、自己表現・成長欲求を満たせるようにする。
・興味・関心を大切にする・・・・教材が子どもの興味・関心を誘発するものを。
・やりぬく力を育てる・・・・基本的には、努力への承認をくり返し味わわせ、子どもに、努力すれば達成できるという成就感をもたせることが大切である。
・学び方を身につける
 子どもが自ら進んで学ぶためには、授業における課題意識を大切にする、学習の仕方を身につけさせる授業を工夫する。
・自己評価の力を高める
(4)よさを認めて励ます
 子どもに好かれる先生は、叱るときは厳しい。だが、ひとあじ違うところは、ほめ言葉、認める言葉が必ずあることだ。
「なぜ」「どうして?」という知的好奇心をつくり出し、育てる授業を工夫している。
 一緒に遊び、学び、働くなどして、よさの発見する場を広げる努力をすることである。
 一人ひとりの顔が違うように、それぞれの性格のよさを認めることが大切である。
(5)真剣に教え、導く
 教師の日々の生き方が子どもに大きな影響を及ぼす。
 教育は、教師と子どもとの人間的なふれあいを通して行われるものである。
 毎日の授業における教師の言動から、子どもは人生観や生き方を学んでいる。
(下村 哲夫:1935年-2004年、高知県生まれ、香川大学助教授、東京教育大学助教授、筑波大学教授、名誉教授、早稲田大学教授在職中に死去。専門は教育法制学)

 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

いじめの指導 さまざまな子どもの指導 ものの見方・考え方 カウンセリング 不登校 人間とは(心理・行動・あり方) 人間の生きかた 保育幼稚園 保護者との協力関係をつくる 保護者にどう対応するか 保護者の実態 優れた先生に学ぶ 優れた学級担任とは 優れた授業とは 優れた教科授業例 先生の実態 危機管理 叱る・ほめる・しつける 各国の教育 各国の教育改革 各教科の授業 同僚・管理職との関係 問題行動の指導 国語科の授業 地域 子どもから学ぶ 子どもたちに対する思い 子どもたちの関係づくり 子どもと向き合う 子どもの失敗 子どもの実態 子どもの成長をはかる 子どもの指導の方法 子どもの見かた 子どもの話し方 子育て・家庭教育 学び合う学び 学力 学校の実態 学校組織 学校経営と組織 学校行事 学級づくり 学級の組織と活動 学級の荒れ 学級崩壊 学級通信 学習指導・学力 学習指導案 実践のための資料 家庭 宿題 掃除 授業づくり 授業のさまざまな方法 授業の実態 授業の展開・演出 授業の技術 授業中の生活指導 教師との関係 教師と子どもの関係づくり 教師に必要とされる能力 教師の人間としての生きかた・考えかた 教師の仕事 教師の心の安定 教師の成長・研修 教師の話しかた 教師の身体表現力 教材・指導案 教材研究 教育の技術 教育の方法 教育の理念や思い 教育史(教育の歴史と変化) 教育改革 教育法規 教育行政(国・地方の教育委員会) 新学級づくり 特別支援教育 理科の授業 研究会開催情報 社会環境 社会環境(社会・マスコミ・地域) 社会科の授業 算数・数学科の授業 経営とは 英語科の授業 評価 話の聞きかた