カテゴリー「理科の授業」の記事

手も頭も働かして面白いぞということを学校現場で

 今の理科教育は学校の中で閉じている。学校の中で役立つだけ。本当は生活の中で役立つ勉強をしているはずなのにそのように生かされていない。生活に活用できる理科の指導をして欲しいという願いで月刊誌『RikaTan』を創刊しました。
 学校で受けた理科の指導内容が家庭の夕食の会話にならなければならない。生活とリンクしたものにならなければならない。理科本来の勉強とはそのような姿だと思うし、欧米では暮らしに密着したものとして理科学習は扱われているのです。
 学校での理科教育の失敗は、点数は高いが意欲が低い子供たちが育ってしまうことです。丸覚えしてテストで答えられればそれで終わり。テストが終わって出題範囲でなくなれば忘れてしまう。
 私は理科教育の専門家です。今の日本の理科教育に疑問をいっぱいもっています。手を動かして頭も働かして面白いぞということを学校教育の現場でもやらなければいけない。それが今すごく弱い。
 面白くなくても、教えればいい、ということになってしまっている。そうじゃなくて、知的な面白さをもったもの以外は教えるなということを言いたい。つまんないことは教えるなと。
 子どもたちが「知ってよかった」と思うようなことを教えようという教育をどうやったら作れるのかを考えています。
 教える内容も大切ですよね。知的に意味のあることを教えるということと、それと結びついた実験・観察が必要です。小学校・中学校と進むにしたがって実験とかなくなっていってしまっている。
 しかも知的な面白さも、なにが面白いかというと受験問題が解けるから面白いとかね、それもある意味では面白いのですけど。
 それだけではなくて、その科学的内容の"意味"が面白いというようにならないといけない。そうなるように、教育を変えていかなければいけないと考えています。
(学研科学創造研究所、家庭教師のトライのインタビュー)
(左巻健男:1949年栃木県生まれ、埼玉県公立中学校、東京大学附属高校教師、同志社女子大学教授等を経て法政大学教授。新理科教育フォーラム代表、『RikaTan』(星の環会)編集長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

理科:理科の授業の流れ

荻須正義先生の理科の授業の流れは
(1)
見通しを立てて共有する(予想を十分にさせる)
(2)
解決の見通し(教師が考えていた意見が出ても、他の方法も聞く)
(3)
教師の実験
(4)
子どもが実験する
(5)
予想と結果を比べる
特に(1)(2)をじっくり、大切にされていた。
 子どもが「早くやりたい」という気持ちにさせることで、その後の実験が効果的に行われる。
 また、(3)をやることで、結果が出る前に子どもの考えがある程度深まり、実験のやり方も分かるようになる。
 荻須学級の子どもたちの目の輝きは、正に「理科好き」な子どもの証だった。
(荻須正義:19162008年、元東京教育大学付属小学校教師・常葉学園大学教授。問題や疑問を解決しながら理解を深めていく問題解決学習法を小学校の理科の授業で先駆的に実践した)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

理科:脱線話が子どもを理科好きにする

 私は小学校時代から、理科の授業中の「脱線話」が好きでした。担任の先生が当時話題になっているサイエンスを熱く語ってくれるからです。
 今思えば、好きだった理由は、自分では何となくしか理解できていないサイエンスのホットな話題について、わかりやすく解説してもらっていたからでしょう。お話を聞いた後も、友だちと続きを話したり、家に帰って調べてみたりしたことがあります。
 話を聞いていたとき、頭の中で想像がどんどん膨らみ、明るい未来が予見されるようで、とてもハッピーな気持ちになっていたことが思い出されます。例えば、人類が月に到着した話を聞いたとき、とても刺激を受けました。深く心に刻み込まれています。
 こうした経験は、その知識を単に受け入れるだけでなく、他の事象を見ても、そのちがいを探そうとしたり、新しく学んだ内容をその話に関連付けようとしたりすることにつながるようです。
 「学びは、知識の組み替えである」とよく言われるように、教室での「お話」が契機となって、子どもの頭の中では、どんどん知識の組み替え作業が起きているのです。さらに、新たな事物・現象を受け入れる準備もなされているようです。物を引っ掛けるフックのようなものが、いくつもできていく感じです。
 科学に関する知識の理解や能力向上において「お話」をしたり「お話」を聞いたりする学びのきっかけがあってもいいのではないでしょうか。
(溝邊和成:1957年生まれ、西宮市公立小学校、神戸大学附属明石小学校教師を経て、甲南女子大学教授。理科教育、生活科、総合学習のカリキュラム論や授業論、教師教育に関心を持つ)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

理科:子どもが夢中になる授業の条件

 理科の面白さは、自然を対象にして問題を見いだし、仲間と協力して解決を図ることで、自分の世界が広がったり、仲間とのつながりが一層増したり、自分自身の成長が感じられたりすることにある。理科は学ぶ喜びに満ちた教科なのだ。
子どもが夢中になって、取り組める授業の条件として考えることは、
(1)
教師がねらいをはっきりもっていること
 子どもにこのような能力・資質を引き出したいという具体的なイメージをもつことが大切である。
(2)
教材に工夫があること
 奇をてらうという意味ではなく、子どもの思考が発展するかどうか、ということである。少し視点を変えることで、子どもには新鮮に映る場合がある。
(3)
子どもの考える筋道を大切にすること
 教師が指導計画を立てても必ずしもその通りにはいかないことがある。そのとき、教師が新しく子どもに学ぶことができる。ズレを生かすことで、授業は動的に生き生きとなっていく。
(4)
子どもを理解すること
 子どものこれまでの経験を知っておくということのほかに「その子」はどのような子どもなのか、できるかぎり一人ひとりに即した理解を大切にしたい。一人ひとりの子どもが授業で生かされるようにしたいのである。
(筑波大学附属小学校・理科教育研究部)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

理科:教材との対面をどのように演出するか

 指導力は、最初から教師の中に内在するものではなく、子どもとしっかり向き合う中でこそ生まれるものである。また、現実の生きた文化にふれる中で、その文化を担う人たちとの出会いを通して、生み出されるものである。
 例えば、綿を育てて綿糸にする人や、藍(あい)や紅花を育て、染色し、機(はた)を織っている人たちを訪ね、綿から糸にする技術や草花から染料を取り出す息の長い手間ひまかけた仕事に感動をもって接したとき、子どもに出合わせたいとの強い欲求が生まれ、教師の指導力が高められる。
 子どもと現実社会の両方から切り離された建物の中だけでの研修の増加は、そうした意味で、指導力を豊かに育むとは思えないのである。蝶々のことを大学で講義するのは楽である。
 小学校の授業で求められているのは、複雑なものを複雑なままに実在の文脈の中で捉えさせることである。そこから基礎基本を発見させることである。
 例えば百マス計算の競争のような基礎を取り出したものをひたすら覚えても生きて働く学力にはならない。実在の文脈を読みとってこそ、基礎が見えてくるのだ。
 科学の知識が豊富であれば自動的に授業を構成できるわけではなく、教材世界との対面をどのように演出するか、それを授業としてどう構成していくか、ということが重要になってくる。
 子どもたちが発見をし、発見したことを友だちに伝え、さらに伝えあうことで深めていくという繰り返しの中で、科学の世界と子どもの関係性は深まっていく。
(金森俊朗:1946年生れ、元小学校教諭、北陸学院大学教授。「仲間とつながりハッピーになる」教育や人と自然に直に触れ合う命の授業を行う。NHKで日本賞グランプリ受賞)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

いじめの指導 | さまざまな子どもの指導 | ものの見方・考え方 | カウンセリング | 不登校 | 人間の生きかた | 保護者との協力関係をつくる | 保護者にどう対応するか | 保護者の実態 | 優れた先生に学ぶ | 優れた授業とは | 優れた教科授業例 | 先生の実態 | 危機管理 | 叱る・ほめる・しつける | 各国の教育 | 各教科の授業 | 問題行動の指導 | 国語科の授業 | 地域 | 子どもから学ぶ | 子どもたちに対する思い | 子どもたちの関係づくり | 子どもと向き合う | 子どもの失敗 | 子どもの実態 | 子どもの成長をはかる | 子どもの指導の方法 | 子どもの見かた | 子どもへの話し方 | 子育て・家庭教育 | 学び合う学び | 学校の実態 | 学校経営と組織 | 学級づくり | 学級の組織と活動 | 学級の荒れ | 学級崩壊 | 学級通信 | 学習指導・学力 | 学習指導案 | 実践のための資料 | 家庭 | 掃除 | 授業づくり | 授業のさまざまな方法 | 授業の展開・演出 | 授業の技術 | 授業中の生活指導 | 教師との関係 | 教師と子どもの関係づくり | 教師に必要とされる能力 | 教師の人間としての生きかた・考えかた | 教師の仕事 | 教師の心の安定 | 教師の成長・研修 | 教師の話しかた | 教師の身体表現力 | 教材・指導案 | 教材研究 | 教育の技術 | 教育の方法 | 教育の理念や思い | 教育史(教育の歴史と変化) | 教育改革 | 教育法規 | 教育行政(国・地方の教育委員会) | 新学級づくり | 理科の授業 | 社会環境(社会・マスコミ・地域) | 社会科の授業 | 算数・数学科の授業 | 経営とは | 英語科の授業 | 評価 | 話の聞きかた