カテゴリー「社会環境」の記事

家庭も社会も学校に責任を押しつけている

 家庭も社会も、教育的役割をはたそうとはせず、何もかも学校や教師に責任を押しつけています。
 わが子さえよければという親の過度の要求や、問題が起きれば学校を非難するマスコミが、学校の教育力を弱体化しています。
 しつけはがんらい家庭教育が担うべきことです。
 しかし、家庭はその責任を十分に果たしていません。
 それでいて、親は家庭で「先生の言うことをしっかり聞きなさい」と、いうような育て方がなされてない。
 そこにあるのは学校や教師に対する不平不満です。
 学校の指導が気にいらないと、わが子と一緒になって学校を非難する。
 集団のルールを守らない、わがままなわが子に迎合して、親が学校の指導を非難するのは、わが子から嫌われたくないという、その場しのぎの一瞬の親の幸せを望んでいるだけのためです。
 将来を見すえてわが子の成長を願おうとはしません
 家庭でそのような育て方をしているため、指導に従わない子どもが増え、教育活動で何か問題がおきれば親やマスコミは学校を非難します。
 マスコミの学校批判は現場の実態とずれています。
 マスコミが教育について論じているとき、現場の実態とずれていると教師たちは感じます。
 論議をしている人のほとんどが、学校現場で苦闘した経験を持たないからだと思います。
 学校現場で戦っている教師としては「あなたが教室に来て、実践して」と叫びたくなります。
 だから、学校も自己防衛するために教育活動が防衛的・消極的になって後退してきています。
 それにともなって、学校の教育力が低下しています。
 マスコミは教育の問題が起きても具体的な解決策を提案しないで、親の責任は問わずに学校の責任を追求ばかりいるのが今の社会の現実です。
 学校の教育力の低下の原因は、教師の指導力の低下だとするのではなく、学校と家庭・マスコミの関係を見直してみることが解決の糸口になるのではないでしょうか。
(千代多 勝:1946年生まれ、40年間、高校教師)

 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

いじめの指導 さまざまな子どもの指導 ものの見方・考え方 カウンセリング 不登校 人間とは(心理・行動・あり方) 人間の生きかた 保育幼稚園 保護者との協力関係をつくる 保護者にどう対応するか 保護者の実態 優れた先生に学ぶ 優れた学級担任とは 優れた授業とは 優れた教科授業例 先生の実態 危機管理 叱る・ほめる・しつける 各国の教育 各国の教育改革 各教科の授業 同僚・管理職との関係 問題行動の指導 国語科の授業 地域 子どもから学ぶ 子どもたちに対する思い 子どもたちの関係づくり 子どもと向き合う 子どもの失敗 子どもの実態 子どもの成長をはかる 子どもの指導の方法 子どもの見かた 子どもの話し方 子育て・家庭教育 学び合う学び 学力 学校の実態 学校組織 学校経営と組織 学校行事 学級づくり 学級の組織と活動 学級の荒れ 学級崩壊 学級通信 学習指導・学力 学習指導案 実践のための資料 家庭 宿題 掃除 授業づくり 授業のさまざまな方法 授業の実態 授業の展開・演出 授業の技術 授業中の生活指導 教師との関係 教師と子どもの関係づくり 教師に必要とされる能力 教師の人間としての生きかた・考えかた 教師の仕事 教師の心の安定 教師の成長・研修 教師の話しかた 教師の身体表現力 教材・指導案 教材研究 教育の技術 教育の方法 教育の理念や思い 教育史(教育の歴史と変化) 教育改革 教育法規 教育行政(国・地方の教育委員会) 新学級づくり 特別支援教育 理科の授業 研究会開催情報 社会環境 社会環境(社会・マスコミ・地域) 社会科の授業 算数・数学科の授業 経営とは 英語科の授業 評価 話の聞きかた